婚活パーティーで最悪のトラブルに巻こまれないために - Yumecon(ユメ婚)

婚活パーティーで最悪のトラブルに巻こまれないために

婚活パーティーで最悪のトラブルに巻こまれないために

婚活パーティーやお見合いパーティーでは、素敵なお相手との出会いが待っています。

たとえ理想の異性がいなかったとしても、パーティー自体を十分に楽しみたいですよね。

しかし、ごく一部には「この人、最悪だな…」という出会いがあったり、予想だにしなかったトラブルに巻き込まれるケースもあります。

今回は婚活パーティーでのトラブルについて取り上げながら、最悪の事態にあなた自身が巻き込まれないために気をつけるべきことをお伝えしていきます。

これから婚活を開始する方は、事前の予防策としてぜひ参考になさってください。

婚活パーティーのケーススタディー

インターネットで検索するとわかるように、全国各地で毎日のように婚活パーティーは開催されています。

上場企業が運営しているパーティーもあれば、人数を絞った小規模なパーティーもあり、そのバリエーションは多岐にわたります。

ここでは、婚活パーティーに参加された方の口コミやレビューからピックアップした、トラブルの事例をご紹介します。

期限内にキャンセルしたのにキャンセル料を支払わされた

予約していた婚活パーティーを、怪我や病気などで予定をキャンセルせざるを得ない状況も考えられます。

キャンセル料の問題は、婚活パーティー運営会社と参加者の間で起こりやすいトラブルのひとつです。

口コミやレビューを調べてみると、運営会社のルールに「パーティー開催の1週間前までのキャンセルは料金の一部返金」と書いてあったにもかかわらず、2週間前に電話でキャンセルを申し出たら全額返金してもらえなかったというケースが散見されます。

単純に電話対応した担当者の認識不足なのか、運営会社自体が不当な対応をしているのかにもよりますが、キャンセルに関する規約は事前に必ず確認するようにしましょう。

万が一キャンセルに関してトラブルが発生した場合は、運営会社のホームページなどの記載が証拠になります。

ナンパやヤリ目で参加している

婚活パーティーに割りと多いのが、遊び半分で参加している人です。

真剣に婚活をしている人たちに紛れて、ナンパやヤリ目で参加している人がいるとも限りません。

ナンパ・ヤリ目は第一印象や見た目は普通で、実際に話してみたり、カップリングしないとわからないという厄介さがあります。

婚活パーティーの口コミサイト、レビューサイトに寄せられたナンパ・ヤリ目に遭遇した人の体験談をまとめてみると、その特徴は次のようになります。

  • ハイスペックをアピールしてくる
  • とにかく褒め倒してくる
  • 体が目的なので相手の内面を知ろうとしない
  • 二人きりになりたがる
  • やたらとお酒をすすめてくる

男女が出会う婚活の場では、どうしても気分が高揚しがちです。

ヤリ目と思われる人に出会ってしまった場合でも、冷静に判断するようにしましょう。

プロフィールを詐称していた

プロフィールカードでは上場企業の会社員だとか、年収1000万あるとかアピールしていてが、二人きりになったときに実は定職についていなかった、収入がなかったというケースが稀に見られます。

気軽に参加できる婚活パーティーでは、身分証明書等の提示を義務付けていないところが多く、プロフィールが嘘つき放題という現状です。

最悪の場合、婚活パーティーで知り合った相手が既婚者だったというケースも起こり得ます。

婚活パーティーでは、出会い目的の軽い気持ちで参加する人が多いのも事実です。

このような事態を避けるためにも、信用できる運営会社が開催しているパーティーを選ぶようにしましょう。

年齢の規定があるのに明らかに年齢が上すぎる

多くの婚活パーティーでは、ある程度の年齢制限が設けられています。

しかし、先ほど紹介したように身分証明書の提出が義務付けられていないところでは、見た目さえ若く見えればいくらでも年齢を詐称できます。

運営会社の方で参加者の男女比のバランスが取れない場合、募集年齢を超えた会員の参加を認めるところもあるでしょう。

悪質な運営会社であれば、ホームページでは年齢制限があるのに、実際はさまざまな年齢層の人を集めて「満員」としているケースも考えられます。

さらに、年齢の参加条件が「30歳位まで」という中途半端な設定のところも多く、どうしても参加人数の調整で対象外の年齢の人を通してしまう運営会社もないとは言い切れません。

一般的な婚活パーティーで「~歳位」で許容される年齢層は、+3歳までということを覚えておいてください。

セクハラ、ボディータッチが多い

婚活パーティーの会場では出くわさなくても、その後のプライベートな食事やデートなどでセクハラ、ボディータッチをされたというケースが報告されています。

とくに一対一になる個室タイプのパーティーは要注意です。

お互いに恋人同士になれば、ボディータッチは許容されるでしょうが、会ってすぐの段階でやられると不信感を感じますね。

回避する方法としては、恋人同士になる前の段階で二人きりになる状況を作らない、「ちょっとだけ」を許容しないなどが考えられます。

万が一、会場で明らかなセクハラや過剰なボディータッチで不快な思いをしたら、ただちに会場責任者に通報するようにしましょう。

ビジネスや宗教の勧誘

初対面同士の人が集まる婚活パーティーや街コンの場では、ビジネスや宗教の勧誘にまつわるトラブルが頻繁に報告されています。

街コンや婚活パーティーの主催者側は、ルールとしてあらゆるネットワークビジネスや宗教の勧誘を禁止していても、会場で明らかな勧誘活動でもしない限り、取り締まりようがありません。

そのため、「パーティー会場で連絡先を交換し、後日会ったらビジネスのセミナーに誘われた」というケースが後をたたないのです。

よくある手口としては、フリータイムで最初は普通に会話しているようでも、だんだんビジネスや宗教よりの話題を振ってくるというものです。

たとえば、ビジネスの勧誘休みの日の過ごし方やお財布事情など、時間やお金に関することを聞いてくる。宗教の勧誘は悩みや不安について聞いてくるなど、ある程度の特徴があります。

たとえタイプの異性であったとしても、自分の身を守るためには、あまりプライベートについて話しすぎないということが大事です。

カップルにならず出待ちしている

婚活パーティーの終了後、会場外で女性参加者の出待ちをしている男性がいるようです。

こういった男性には2パターンあり、ひとつはカップルにならなかったにもかかわらず、デートや食事に誘ってくる男性です。

多くの婚活パーティーの仕組みとして、カップル成立した男女はパーティー終了後に電話番号やメールアドレスを交換したり、そのままデートに出かけたりします。

カップル成立しなかった女性たちはひとりで会場を後にするため、出待ちの男性にとって格好のカモなのです。

言ってしまえば恋愛や結婚など考えていない、ナンパ・ヤリ目の類いです。

突然男性から声をかけられたことで動揺したり、思わずOKしてしまいそうになることもあるでしょう。

しかし、出待ちはマナー違反ですから、応じるかどうかは自分次第ですが、あくまでも冷静な判断を心がけましょう。

参加していないのに出待ちしている

もうひとつのパターンは、参加すらしていないのにパーティー会場で出待ちしている男性です。

どこかで仕入れてきたパーティー終了の時間に合わせ、会場から出てくる参加女性を狙った出待ち行為です。

あたかも参加していた男性のように装い、お目当ての女性に近づきます。

これはマナー違反どころか明らかなルール違反です。

参加費すら払っていない、だれとも知れない男性の誘いに乗る必要はありません。

毅然とした態度でお断りをするか、しつこいようなら運営スタッフに通報して相手にしないことが得策です。

変な人・最悪な人に捕まらないための対処法

せっかく参加した婚活パーティーで不快な思いをしないためにも、変な人・最悪な人に出会う前の予防策が大切です。

ここでは、事前にできる対処法をご紹介します。

本人確認を実施している婚活パーティーを選ぶ

だれでも気軽に参加できる婚活パーティーに変な人・最悪な人がいるのであれば、予約時や参加時にしっかりと本人確認を実施しているパーティーを選びましょう。

気軽に参加できるところでは、身分証明書の提示すらスルーできるところもあります。

これでは、変な人・最悪な人が参加者に混じっていても不思議ではありませんね。

運転免許証やパスポートなどで本人確認を徹底している会社が運営しているパーティーであれば、安心して参加できます。

最低限、パーティー内で何かあったとしても後追いで調査することができます。

婚活パーティーを予約する際には、本人確認が徹底されているかどうか、公式ホームページなどで確認することをおすすめします。

参加条件のある婚活パーティーを選ぶ

  • 参加してみたらかなり年齢が上の人だった
  • エリート社員だと自慢していたけど、実は無職だった

実際にこんな人と出会ったら、笑い話では済まされません。

最悪の場合、詐欺などの事件に巻き込まれることもあります。

この対処法としては、参加条件のあるパーティーを選ぶことが挙げられます。

年齢制限や職業限定、高学歴限定などの限定参加のパーティーは数多くありますが、さらに独身証明書、収入証明書、学歴証明書などの各種証明書の提出を義務付けている会社の開催するパーティーを選ぶと、最悪の事態を未然に防ぐことができます。

参加料が安すぎないパーティーを選ぶ

婚活パーティーやお見合いパーティーでは、たいてい女性の参加費のほうが安く設定されています。

女性の参加費が安いこと自体は問題ありませんが、女性の参加費が無料だったり、男性・女性ともにワンコインで参加できるようなパーティーでは注意が必要です。

参加費が安いということはだれでも気軽に参加できるということであり、それだけ真剣に婚活をしていない参加者が増えることになります。

参加費の高さは、パーティーや参加者の質の高さの保証でもあります。

真剣に婚活をしている人ほど、本気で結婚を考えている異性に出会いたいですし、遊び半分で参加しているひとたちばかりの環境で婚活はしたくないものです。

目安としては、最低でも1000円以上の参加料が設定されているパーティーを選ぶようにしましょう。

パーティーのコンセプトが自分の希望に合っているものを選ぶ

自分自身は真剣に結婚を考えているのに「気軽に友達を作ろう」というコンセプトのパーティーに参加したところで、結婚相手になってくれそうな人を見つけるのは難しいでしょう。

婚活パーティーにはオーソドックスな一対一の着席スタイルのパーティーから、一緒に食事をしながら、イベントやゲームを楽しみながら、スポーツをしながらなどさまざまなバリエーションがあります。

出会いよりも人が集まるイベントに顔を出したいだけの人もいますし、主催者側で遊びに来ている人を取り締まることもありません。

自分の結婚への意志や真剣度と、パーティーのコンセプトを照らし合わせて、自分に合ったパーティーを選ぶようにしましょう。

万が一のときは運営会社に通報する

事前の準備は万端にして、いざ婚活パーティーに参加したら、最悪な人と出会ってしまった。

そんなときは、一人で悩まずにパーティーの運営会社に通報するようにしましょう。

通報の際は運営会社が的確に判断し、対処できるよう、できるだけ情報は詳細に伝えるようにします。

通報者のプライバシーは守られますので、自分の身を守るためにも、不審なことがあれば遠慮なく連絡をすることが大切です。

プライバシーマークを取得している運営会社を選ぶ

プライバシーマークとは、日本工業規格(JIS規格)に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等に使用を認める制度です。

つまり、プライバシーマークを取得している運営会社は適切に、かつ継続的に個人情報を保護している事業者と認められています。

参加者側(消費者側)としては、プライバシーマークを取得していることで信頼できる、安心できる会社であると判断でき、逆に取得していないことであらかじめ不安を回避できるというメリットがあります。

企業側の体制がしっかりしていて、かつ個人情報保護の適切な取り組みができている婚活パーティーは人気があり、口コミやレビューの評価も高いものです。

パーティーそのものの信頼性はもちろん、しっかりとした運営会社によって開催されているかどうかも判断基準となるでしょう。

まとめ

今回は婚活パーティーで起こりうるトラブルを未然に防ぐため、さまざまなケーススタディーをご紹介しました。

この記事に書き出したトラブル事案はほんの一部に過ぎません。開催されるパーティーの数だけ、トラブルが潜んでいると言っても過言ではないでしょう。

もちろん信頼できる運営会社のパーティーでは、トラブルが起こること自体が稀です。

しかし、人と人が関わり合う場所では、少なからず何かしらの問題が発生する可能性をはらんでいます。

貴重なお金と時間を使ってパーティーに参加する以上、最高の環境で素敵なお相手と出会いたいとだれもが思っています。

いつ起こるかわからないトラブルに対処するためにも、今回の記事を参考にして、事前の予防策や万が一のときの対応について学んでおきましょう。

年齢別の婚活パーティー

大学生向けのおすすめな婚活(恋活)パーティーランキング
20代向けのおすすめな婚活パーティーランキング
30代(アラサー)向けのおすすめな婚活パーティーランキング
40代(アラフォー)向けのおすすめな婚活パーティーランキング
50代(アラフィフ)向けのおすすめな婚活パーティーランキング

婚活パーティーランキング

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTYは、東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活パーティー。しっかりした企業が運営しているから、安心感があります。
毎月100種類以上のパーティーを開催しており、会場はすべて婚活のために作られた自社会場!PARTY☆PARTYなら、素敵な相手と出会えるはずですよ。

\【体験談レポ】30代婚活女子がPARTY☆PARTYに行ってきた!//

OTOCON

「パーティーには興味あるけど、チャラチャラした人ばっかりだったら嫌」「ちゃんと婚活ができるかな?」と不安な方におすすめしたいのが、OTOCONです。
OTOCONでは、「1年以内に結婚したい方限定」といった参加条件を設けたパーティーを開催するなど、「結婚」を明確な目標としている人が多く参加しています。
小規模パーティーが中心なので、大勢でワイワイするより、じっくり仲良くなりたい派の方向け。

エクシオ

9年連続婚活パーティー参加者数ナンバーワンに輝いたエクシオ。
それだけ参加者の満足度が高く、知名度もあります。
婚活中の3人に1人がエクシオの婚活パーティーに参加しているというデータもあり、婚活をするなら一度は参加しておいて損はないです!
参加するほどにポイントが貯まるおトク情報も豊富にあるので、チェックしてみてください。
婚活パーティー体験レポ
\\ 30代女子がガチンコ参戦 //
婚活パーティー体験レポ
30代女子がガチンコ参戦