50代の結婚相談所の選び方

50代の結婚相談所の選び方

最近ではテレビや雑誌などのメディアで、中高年世代の恋愛や結婚についての特集がよく見られるようになりました。

婚活ブームや晩婚化などという背景もありますが、確実に50代以上をターゲットにした婚活サービスが増えてきています。

  • 50代で結婚はもう手遅れ
  • 50代のおじさん・おばさんとだれが結婚したいと思うの?

などは、もはや時代遅れの考えとなってきているのです。

今回は50代の婚活をテーマに、現在の婚活市場の状況と、50代におすすめの結婚相談所をご紹介します。

50代が婚活をする背景

昨今の婚活ブームの流れで、50代からのシニア婚活に力を入れている婚活業者が増えているようです。

実際に結婚相談所では50代以上の会員数が増えています。その背景にはいったい何があるのでしょうか?

熟年離婚が増えた

厚生労働省の人口統計によれば、結婚歴20年以上の夫婦が離婚する「熟年離婚」が、平成27年はすべての期間で前年より増加しています。

同居期間別にみた離婚件数の年次推移

参考:http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/81-1a2.pdf

熟年離婚の理由はさまざまあります。

リタイアした夫が自宅にいることが妻のストレスになり、離婚したという人もいれば、子どもが成人するまで、あるいは退職金をもらうまで我慢していたという人もいます。

さらに平成19年4月からは、離婚後に年金を一部を配偶者が受け取れるという「年金分割制度」が施行されました。熟年離婚を後押しするようなかたちとなっています。

晩婚化が進んだ

アラフィフや50代で独身という男女も珍しくありません。

総務省の平成27年(2015年)の国政調査によると、50~54歳の未婚男性は20.3%、45~49歳で16.1%となっています。一方、50~54歳の未婚女性は11.4%、45~49歳で7.8%となっています。

参考:http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/pdf/gaiyou1.pdf

実に、50代男性たちの5人の1人、50代女性たちの10人に1人は独身者ということがわかります。アラフィフ・50代の未婚率は毎年確実に高まっているのです。

昨今は「晩婚化」が進み、毎年0.1~0.3歳ずつ結婚する年齢が遅れていると言われています。

今の50代は見た目も中身も若々しく健康な人が多く、長い老後をともに過ごせるパートナーがほしいと考える人も増えています。

仕事が落ち着いた

50代後半になると、一般的なサラリーマンは会社での仕事がいったん落ち着き、定年退職の準備を始める人もいらっしゃるでしょう。

定年まで結婚せずに独身だった人は、リタイア後の生活を共にするパートナーが欲しいと考える人も多いはずです。

リタイア後は家にいる時間も多くなるため、先を見越して婚活をするには50代はベターな時期と言えるでしょう。

インターネットの普及で情報が集めやすい

ひと昔前までは、50代からパートナー探しをしようにも、場所や方法に関する情報がありませんでしたが、今ではインターネットが普及し、情報が集めやすくなっています。

「50代 婚活」で検索すると、婚活サイトやお見合いパーティー、結婚相談所に至るまでさまざまな情報が入手できます。

アラフィフ・50代の婚活状況

ここまでに見てきた熟年離婚や晩婚化の影響もあって、50代の婚活市場は活発化してきています。

50代まで未婚のままで来た人でも、一人で老後の人生を送るのは寂しい、残りの人生を共に過ごすパートナーがほしいと考える人が多いことの表れでしょう。

しかし、婚活市場が活発化してきているとは言っても、50代の婚活は20代や30代の若い世代と同じように進められるものではありませんし、10歳以上年下の相手と年の差婚も難しくなります。

50代が婚活を成功させるためには、50代~60代をターゲットとした婚活サービスを上手く利用して積極的に活動する必要があります。

アラフィフ・50代は結婚相談所がおすすめ

婚活サイトや婚活パーティーなどのさまざまな婚活方法がありますが、アラフィフ・50代が効率的な婚活で短期間の成婚を目指すなら、結婚相談所がおすすめです。

結婚相談所は在籍する会員の質を高く保つために入会審査を実施しており、身元の確かな人たちが入会しているところがポイントです。

さらに、他の婚活サービスに比べて入会費や月会費などが非常に高額なため、結婚相談所の利用者は結婚を真剣に考える人だけが集まっています。

ここからは、50代が効率的に婚活するための結婚相談所の選び方についてお伝えしていきます。

50代の結婚相談所の選び方

結婚相談所には2つのサービス体系があります。

「仲人型」結婚相談所

婚活アドバイザーやカウンセラーなど、プロの手厚い婚活サポートを受けながら成婚を目指します。

専門家が会員に密着して婚活をアドバイスするので、成婚率も高くなります。

おもに個人経営~小規模の結婚相談所に多いシステムです。

「データマッチング型」結婚相談所

こちらは結婚相談所のデータベースで希望条件に合う異性を検索し、お見合いや交際の申込みをして成婚を目指します。

仲人型に比べてサポートは少なめですが、自主的に活動ができます。

おもに大手の結婚相談所に多いシステムです。

50代が効率的に婚活を進めるのであれば、仲人型の結婚相談所がおすすめです。

データマッチング型は、主に携帯やPC、スマホを利用して活動します。

アラフィフ・50代の方でネットや電子機器に対して抵抗のある人が多いため、なかなか同年代から年上でネット婚活を利用している人は少ない傾向にあります。

仲人型の結婚相談所は、婚活中の悩みや不安をアドバイザーがしっかりとフォローしてくれるため、婚活初心者でも安心して活動ができます。

さらに、お見合い率・交際率も他の婚活サービスに比べて高く、半年から1年以内で成婚できる可能性があるのも結婚相談所の強みです。

50代の婚活に不安を抱えている方や、自分一人での婚活に自身のない方は、仲人多々の結婚相談所を利用しましょう。

アラフィフ・50代におすすめの結婚相談所

アラフィフ・50代が20代~30代を中心する結婚相談所で活動しても、理想とする結婚相手は見つかりませんし、異性から選ばれることも難しいでしょう。

50代が婚活を上手く進めるためには、適材適所を選ぶ必要があります。ここからは、50代以上の方に人気の結婚相談所をご紹介します。

男性は入会時に年収や職業などの入会条件が課せられる場合があるので、事前に必要な証明書などを確認しておきましょう。

パートナーエージェント

パートナーエージェント

婚活支援サービスの大手パートナーエージェントは、成婚率28.6%、会員の1年以内の交際率93.2%という実績があります。

アラフィフ世代には男性50代以上、女性40代以上が中心の「パックスメンバーズ」コースがおすすめです。

専任コンシェルジュが会員一人ひとりを深く理解した上で、お相手の紹介やお見合いのサポートを行います。

また会員データベースの中からアラフォー、50代、60代のお相手を検索することもできます。アラフィフ、50代でも安心して婚活ができる、手厚いサポートが魅力です。

料金の目安

初期費用 9万5000円 月会費 1万6000円
入会金 3万円 成婚料 5万円

パートナーエージェントの詳細

サンマリエ

サンマリエ

質をとことん重視したお相手の紹介、お見合いの設定を実施している結婚相談所です。

サンマリエでは会員にじっくりとヒアリングをしたうえで、担当スタッフが会員の仲介役となり、お互いの希望条件や、人柄や将来の希望などピッタリなお相手を紹介しています。

60代以上・中高年向けのプラン「セレガ」など、中高年世代の婚活にも力を入れているところもサンマリエの特徴です。

料金の目安

初期費用 12万円 月会費 1万3500円
入会金 3万円 成婚料 10万円

サンマリエの詳細

ノッツェ

ノッツエ

結婚相談所のノッツェも、50代・中高年世代の婚活を応援するプランを提供しています。

「お見合いアシストコース」では、婚活カウンセラーが専任で密着し、お見合い相手の紹介から成婚に至るまでのあらゆる活動をサポートします。

交際や結婚に関するあらゆる疑問や悩みに、結婚アドバイザーがしっかりと相談に対応してくれるのも仲人型結婚相談所のノッツェならではの強みです。

料金の目安

初期費用 4万7500円 月会費 4500円~
入会金 3万円 成婚料

ノッツェの詳細

茜会

茜会

東京・横浜・大阪で運営している、40代以上の会員が中心の結婚相談所です。

従来の一対一のお見合いと、多数の異性との出会いが期待できる婚活パーティなどのイベントを提供しています。

専任カウンセラーがマンツーマンで対応するため、婚活初心者の方でも安心です。

料金の目安

初期費用 月会費
入会金 成婚料

M’sブライダル・ジャパン

M'sブライダル・ジャパン

「大人の結婚相談所」をコンセプトに東京で運営している、中高年・シニア世代の再婚・結婚に強い結婚相談所です。

多くの結婚相談所が20代から30歳前後の男女を会員の中心にしているなか、M’sブライダル・ジャパンは40代以上が中心の「大人ファースト」のサービスを提供しています。

カウンセラー経験が豊富な専門家ばかりで、会員の理想や要望をじっくりヒアリングしたオーダーメイド・カウンセリングが魅力です。

料金の目安

初期費用 月会費 1万円
入会金 10万円 成婚料 20万円

まとめ

今回は50代からの婚活をテーマに、50代の婚活状況を踏まえた、賢い結婚相談所の選び方についてご紹介しました。

ここまで見てきたように、50代はまだまだ結婚のチャンスがあり、「遅すぎる」「手遅れ」などと結婚を諦めるような世代ではありません。

多くの結婚相談所がアラフィフ・50代向けの婚活プランを提供していますし、実際に結婚相談所で幸せな結婚生活を手に入れた50代カップルもたくさんいます。

自分自身に「結婚したい」という強い気持ちがあれば、今すぐにでも活動を始められるのです。

50代には50代の魅力があります。自信を持って、結婚あるいは再婚に向けて充実した婚活を進めていってくださいね。

結婚相談所ランキング

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。

IBJメンバーズ

東証一部上場企業の株式会社IBJが運営している結婚相談所が、「IBJメンバーズ」。会員数6万人と、圧倒的なボリュームを誇ります。
また、入会審査が厳しく設定されているため、職業や年収などハイクラスな会員が多く在籍しているのも特徴の一つ。
返金保証制度を導入しており、他社と比べて返金率がかなり高く設定されています。