結婚相談所でのお見合いを成立させるためのポイント - Yumecon(ユメ婚)

結婚相談所でのお見合いを成立させるためのポイント

結婚相談所でのお見合いを成立させるためのポイント
  • 自分にお見合いの申込みが来るだろうか
  • お見合いの申込みをしたのに、なかなかOKがもらえない

結婚相談所に入会すると、多くの方が直面する悩み事です。

人生のパートナーを見極めるための婚活だからこそだれもが慎重になりますし、お見合いはそうそう簡単に成立するものではありません。

しかし、こちらからのお見合いの申し込みをOKしてもらったり、相手から申し込んでもらったりしなければ、結婚を前提とした交際をスタートできません。

今回は結婚相談所のお見合いまでの流れを踏まえ、お見合いを成立させるためのポイントについてお伝えしていきます。

結婚相談所でのお見合いまでの流れ

婚活サイトや婚活パーティーとは異なり、結婚相談所は男女が対面して会話することが重要視されます。

まずは結婚相談所の入会後からお見合いまでの流れを見ていきましょう。

結婚相談所によって多少の差異はありますが、基本的に以下のような流れとなります。

プロフィール作成・婚活プラン設定

結婚相談所に新規登録が完了したら、まずは自分のプロフィールの作成と婚活プランの設計を行います。

プロフィールの作成は結婚相談所のシステムを使って、氏名や年齢といった基本情報から希望条件、自己PRなど活動中に必要な情報を入力していきます。

作成したプロフィールは、紹介書やデータベースの会員情報として登録されます。

婚活プランは担当のアドバイザーやカウンセラーと一緒に、自分の性格やライフサイクルに合わせたものを設計します。

お見合いの申込み、異性へのアプローチ

プロフィールの登録が終わったら、お見合いの申込み(申し込み待ち)を行います。

自分と同じように結婚相談所に登録されている会員の中から、自分の希望条件や好みに合う異性にお見合いの申し込みをするパターン、あるいは担当者を介してお見合いの申込みを受けるパターンがあります。

結婚相談所のシステムによっては、会員データベースを利用して希望条件に合う異性を検索、個別メッセージでやりとりを開始するケースもあります。

お見合い成立

こちらからお見合いの申し込みをするか、あるいはお相手から申し込みを受けるかして、「会ってみたい」「お話してみたい」となったら、お見合いOKの返事をしてお見合い成立となります。

お見合いが成立したら、日時や場所をすり合わせます。その後、指定の日時に会員同士で会ってお見合い開始となります。

結婚相談所ではお見合い成立後の交際を「仮交際」と位置づけており、この仮交際期間中(多くは3ヶ月以内)は複数の異性とお見合いすることが可能となっています。

お見合いを成立させるポイント

結婚相談所の本格的な婚活のスタートは、お見合いが成立してからです。

どれだけ見た目や年収などのスペックが優れた人でも、お見合いが成立しなければ出会いはありません。

ここでは、お見合い成立の可能性をアップするポイントについて解説していきます。

質の高いプロフィール写真を撮る

仲人が提示した紹介書、あるいは結婚相談書のデータベースの情報を見たお相手がお見合いを承諾、あるいは自分にところに来たお見合いの申込みを承諾することで、お見合いは成立します。

いずれにせよ、プロフィールがお見合い成立のきっかけとなることは間違いありません。

なかなかお見合いが成立しない原因は、写真やプロフィールが魅力的でないことが考えられます。

「見た目が9割」と言われるように、プロフィール写真は大きなアピールポイントとなります。

写真はスマホの自撮りやスピード撮影などではなく、プロのカメラマンにスタジオで撮影してもらったものを使いましょう。

結婚相談所によっては、提携先のフォトスタジオで格安で撮影してくれたり、無料の撮影会を開催したりといった、写真撮影に関するサービスを提供しているところもあります。

大手結婚相談所の楽天オーネットが行ったアンケート調査によると、「婚活写真をどこで撮ったか?」という質問に対し、もっとも多かった回答は「デジカメでセルフ」の37%、次いで「地元の写真館」の32%、「婚活や就活写真に強い写真館」の31%という結果が出ています。

婚活写真をどこで撮ったか?

参考:https://onet.rakuten.co.jp/konkatsu/survey/knowledge/data/2016110802.html

実に10人に6人の方が写真の有用性に気づき、婚活写真を写真館でプロのカメラマンに撮影してもらっています。

スタジオ撮影は自撮りやスピード写真に比べて費用はかかりますが、プロの技術によって自分自身の魅力が引き出された一枚が出来上がります。

なかなかお見合いが決まらず延々と活動費を払い続けるよりも、いくらかのお金をかけてクオリティーの高い写真を撮ったほうが婚活成功の近道です。

プロフィールや自己PRをしっかりと作り上げる

写真と同じように、自己紹介や自己PRの役割を持つプロフィールもしっかりと作り上げます。

プロフィール出来しだいで、お見合い率はもちろん、成婚率をも左右すると言っても過言ではありません。

男性であれば年収や職業、女性であれば年齢などが異性から着目される項目ですが、こればかりは一朝一夕で変えられるものではありません。

もし自分のスペックに自信がなければ、熱意のある自己PRで勝負しましょう。

ただし、

  • 結婚したい
  • 素敵な人に選ばれたい

という気持ちが先行した自己PRでは、独りよがりの自己中心的な雰囲気が出てしまいます。

自己PRに結婚相手への希望や条件ばかり書いているようでは、どんな結婚生活を送りたいのか相手に伝わりません。

幸せな結婚は男女が二人で築き上げて行くものなので、「プロフィールを読む相手の立場に立って書く」ということが大切です。

プロフィールのはお見合いや交際中の会話の話題にもなりますので、空欄を残さないようにすべて埋めます。

自己PRには自分の結婚観や結婚後の展望など、読み手が結婚をイメージしやすい内容を意識して書きましょう。

気持ちが伝わるプロフィールであれば、

  • ぜひ会ってみたい
  • 詳しく話を聞いてみたい

と思われること間違いありません。

申し込むお相手の条件の幅を広げる

結婚相談所に入会したのに、なかなかお見合いができない」という人の多くは、お見合い相手の条件を絞りすぎている傾向にあります。

  • 20代の可愛い女性
  • 30代で年収600万円以上の男性

一見するとよくありそうな希望条件ですが、婚活市場では20代の若い女性会員、年収の高い男性会員の市場価値は非常に高くなります。

結婚相談所で上記の条件に当てはまる会員は、非常に人気で競争率も高いため、お見合いのチャンスを掴むことは非常に難しいです。

お相手に望む希望条件が厳しいほど、お見合いできる異性を絞ることになります。

どうしても譲れない条件は別として、許容できる条件の幅を広げることは大切です。

例えば、お相手に希望する収入。理想として「年収600万円」を掲げるのはいいですが、現実的には「年収400万円前後からOK」と選択肢の幅を広げることで、お見合い成立の確率が高まります。

お見合いの申し込み件数を増やす

5人のお相手にお見合いの申込みをして、何人くらいのお相手から承諾の返事が返ってきますか?

そもそもお見合いの申込みの件数が少ないようでは、お見合い成立の確率は低いままです。

だいたい月平均10人から15人くらいの方にお見合いの申し込みをすると、1件お見合い成立するくらいが一般的な確率です。

お見合いの申込みをためらう必要はありません。積極的にお見合いを申し込んで、ご縁を大切にして行きましょう。

お見合いの申し込み件数は多ければ多いほど、お見合いの成立だけでなく、お見合いの成功率も高めます。

よき理解者たる担当者と連携する

仲人型の結婚相談所で活動する場合は、自分の担当であるアドバイザーやカウンセラーなど婚活の専門家のサポートが必要不可欠です。

担当者が自分の性格や結婚観、結婚相手に求める条件をしっかり把握していなければ、見当ハズレの人からしかお見合いの申し込みが来ません。

たとえお見合いが成立したとしても、担当者と良好な関係が構築できていないと、その後の交際や成婚まで不安が残ります。

どうしても担当者とウマが合わない場合は、交代してもらうことも検討したほうが良いでしょう。

結婚相談所選び、担当者選びで失敗しないためには、事前に資料請求をしたり、口コミサイトなどで情報収集して、事前のリサーチを徹底しましょう。

さらに、素晴らしい担当者がサポートしてくれると言っても、活動する本人がアドバイスを素直に聞いたり、実践したりする姿勢がなければ婚活は上手く行きません。

結婚相談所で短期間で成婚を達成する人は、担当者のアドバイスを素直に聞き入れ、実践している人です。

婚活中の悩みや疑問は担当者と連携して解決し、二人三脚で成婚を目指す姿勢が大切です。

まとめ

今回の記事では、結婚相談所のお見合いを成立させるためのポイントについてご紹介しました。

  • 結婚したい
  • 良い人と出会いたい

という気持ちだけでは、お見合いは成立しません。

しっかりと現実を見据え、プロフィールから担当者との相性まで、抜かりなく準備をすることが肝心です。

もちろん、お見合いが成立したからと言って満足するのは早いです。お見合い当日はしっかりとお相手とコミュニケーションを取り、交際を通じてパートナーにふさわしい人か見極めます。

婚活を成功させる人は、活動が上手くいっていない状況を良しとせず、積極的に改善していく心構えと行動ができています。

決して安くない料金と貴重な時間を使って結婚相談所で婚活するからこそ、いま現在婚活が上手くいっていない状況なのであれば、しっかりと改善策を実践していきましょう。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開