婚活パーティーでカップル成立後にやるべきこと

婚活パーティーでカップル成立後にやるべきこと

婚活パーティーでは、プログラムの最後あたりに必ず「カップリングタイム」が設けられています。

男女が気になる相手の名前や番号をカードに記入し、相手が一致したらカップル成立となります。

婚活パーティーにおけるカップル成立は「次に二人で会う権利の獲得」であり、ここからが二人の関係を深めていけるかどうかの大事な段階です。

では、実際に婚活パーティーでカップル成立となった場合、何をするべきなのでしょうか?

男性側はとくに女性をリードしたい立場なので、どういったアクションで女性をエスコートすれば良いのか悩みどころかもしれません。

婚活ーパーティーでカップル成立後にやるべきこと、やるべきではないことをチェックしてみましょう。

婚活パーティーでカップリング後にやるべきこと

  • 婚活パーティーやお見合いパーティーでめでたくカップル成立!

……と安心したいところですが、カップル成立した後こそが本格的な婚活のスタートです。

カップリング後、なるべく当日中にやるべきことは次のとおりです。

  • 連絡先(メールアドレス、LINE)を交換する
  • 軽くお茶か食事に行く or 近日中に会う約束をする

婚活パーティーは出会いのキッカケに過ぎません。

あくまでカップリングは「次に二人で会う権利を獲得すること」であり、そこから彼氏・彼女であったり、結婚相手として相応しいかどうかを見極めます。

婚活パーティーを運営するエクシオが行ったアンケート調査によると、「パーティーが終わってカップルになった後、2人で行きたい場所、または行って良かった場所はどこですか?」という質問に対し、もっとも人気だったのが「喫茶店やレストラン」でした。

パーティーが終わってカップルになった後、2人で行きたい場所、または行って良かった場所はどこですか?

参考:https://www.exeo-japan.co.jp/konkatsu_enq/0041.html

エピソードなどを読んでみると、多くのカップルがその日のうちに喫茶店やレストランで会うことを希望していたり、実際に何かしらのアクションを起こしたりしているようです。

それでは、カップリング後から交際のスタートまで、具体的な行動を見ていきましょう。

連絡先を交換する

カップリング成立後に必ずやるべきことは、お互いの連絡先を交換することです。

婚活パーティーによっては、カップリング後のメール交換や電話番号の交換までをイベントに組み込んでいるところ、パーティーの間であればいつでも連絡先交換自由というところもあります。

たとえば、動物園や水族館を会場として楽しむ婚活パーティーでは、スマホやカメラで撮影した写真をその場で送り合う、といったスムーズな連絡先交換ができます。

カップリング後に参加者同士で連絡先交換をするようなパーティーであれば、とにかくすぐに交換するようにしましょう。

このときはなるべく男性から女性に声をかけ、連絡先交換することをおすすめします。

なぜなら、婚活中の女性は男性からリードしてもらいたいという気持ちがあり、イベント中の男性の一挙手一投足に注目しているからです。

せっかくカップリングしたのに男性が声をかけてくれないと、女性は

  • 頼りない
  • 男らしくない

という印象を抱いてしまいます。

たとえパーティー後に別の予定が入っていたとしても、連絡先交換じたいは1~2分もあればできます。

連絡先交換はカップリング後の「お約束」です。

ご縁をムダにしないためにも、ぜひ男性から声をかけて連絡先交換を促しましょう。

当日中に軽くお茶か食事をする

婚活パーティーのフリータイムやトークタイムでは、二人きりで話せる時間はせいぜい5分、長くて10分程度です。

カップリングした時点でも、まだ「お相手の第一印象が良かった」の域を出ず、お互いに相手のことをよく知らない状態です。

連絡先交換をしたら、パーティー終了後に会場近くのお店で軽くお茶かご飯に行ったりしましょう。

時間としては1時間~2時間くらいがベターです。

カップリング後に二人きりで会う時間を設ける目的は、婚活パーティーのプロフィールカードや会話中では足りなかった部分を補うことです。

婚活パーティーでは趣味の話だったり仕事の話だったりで盛り上がりますが、5分や10分ではコミュニケーション不足と言わざるを得ません。

  • どうして印象に残ったのか
  • 今後どのようにしていきたいか

など、二人の関係を深めていくようなコミュニケーションを取ると良いでしょう。

ポイントは「当日中」です。婚活パーティーで盛り上がった雰囲気があれば、相手を誘いやすいですし、誘われた方もOKしやすいものです。

これが後日になってしまうと、頭も整理された状態で冷静になってしまい、「あのときはカップリングしたけど、今は特に興味がない」なんてことにもなりかねません。

どうしてもパーティー後の予定が詰まっていて当日中に二人きりになれない場合は、せめて電話で話す時間を設けましょう。

気分が高まっているうちに相手にアプローチして、次のデートにつなげることが大切です。

交際を決めるまでにデートを重ねる

カップリング後に二人きりの時間を設け、その後も何度か会う約束をしましょう。

婚活パーティーの場では盛り上がったのに、「後はとくに何もなし」では、パーティーに参加した意味がありません。

最初のうちは週に1回、2~3回デートを重ねて、お相手と彼氏・彼女として付き合うなり結婚を前提に付き合うなりを決めましょう。

ポイントは、交際の決断をするまでの期間や回数を決めることです。

たとえば「カップリング後に2回二人きりで会って、3回目に告白する」のように、具体的な期間や回数を決めてデートに臨みましょう。

「なんとなくカップリングしたから、その後も二人で会っている」では、お互いの人間関係に何の発展もありません。

婚活パーティーに友達と来ていた場合

自分が友達と一緒に婚活パーティーに参加した場合も、カップリングした相手が友達と参加していた場合でも、言えることはひとつです。

友人のことを気にするよりは、ご縁を大切に。

友達と一緒にいることで、気楽に婚活パーティーに参加できる、緊張がほぐれるというメリットがあります。

しかし、婚活パーティー参加の目的はパーティーを楽しむことよりも、恋人候補や結婚相手を探すことのほうが優先されるべきです。

たとえカップリングした相手が友達と一緒に参加していたとしても、カップル成立した以上は自分から声をかけて連絡先を交換したり、食事に誘ったりしましょう。

躊躇していては、せっかくのご縁を無駄にしてしまいます。

友達と一緒に参加した人たちも、次に参加するときは一人で参加してみるなどして、「異性と二人きりになれる余裕」を作ってあげることも大切です。

いずれにせよ友達をとるのか、カップリングした異性をとるのかの話になるので、婚活をしている以上は自分の目的を明確にしてパーティーに参加するようにしましょう。

カップリング後のNG行為

カップリング後にやるべきことについてご理解いただけたでしょうか?

ここからは婚活のマナーとして、カップリング後にやってはいけない、やるべきではないNG行為についても理解しておきましょう。

カップリング後に何もアクションしない

婚活パーティーでカップリングしたということは、「自分の意志でお相手の名前を書いた」ということで、成立した以上は連絡先を交換したり食事に誘ったりして何らかのアクションをするべきです。

しかし、なかにはカップリングが成立したのに何もアクションを起こさず会場を後にする人がいるのも事実。

「絶対に連絡先を交換しなければならない」ということはありませんが、カップリング後に相手を無視するような行為はマナー違反と言わざるを得ません。

パーティー後に外せない予定があったとしても、少し話をする時間は取れますし、次の予定までに余裕を持って行動することも大切なマナーです。

「どうしても奥手で自分から行動できない」という方は、連絡先交換がイベントに組み込まれている、連絡先交換をスムーズにできる婚活パーティーを選ぶ、というのもひとつの手です。

連絡先を交換したのにフェードアウトする

婚活におけるフェードアウトとは、相手に何の連絡もせず音信不通になることです。

具体的には、婚活パーティーでカップリングした相手と突然連絡が取れなくなったり、なんの前触れもなくメールやLINEがブロックされていたなどです。

実際フェードアウトは、婚活でカップリングしたことのある人は少なからず経験しています。

フェードアウトするときの心理としては、次のようなことが考えられます。

  • 二人きりで会ってみたら”ナシ”だった
  • 恋愛や結婚に対して本気度の差を感じた
  • お断りしたいけど上手い伝え方が見つからない
  • 断る理由が見つからず気づいてみたら長いこと連絡とらなかった
  • そもそも眼中にない

自分からフェードアウトした経験のある人、相手がフェードアウトしていった経験のある人さまざまかと思いますが、基本的に一度フェードアウトしたら次に会うことはほぼありません。

相手がしつこく関係を迫ってくる、交際のルールを守らないなどという場合、フェードアウトすることも一理あります。

ただし、お互いに同意して会う約束をしていたのにドタキャンするような行為は、マナー違反と言わざるを得ません。

何かしら理由があってフェードアウトするにしても、なるべくなら「相手の気に触らない連絡」はあった方が良いでしょう。

場合によって有効な手段と言えますが、相手を深く傷つけたり、社会人としてマナー違反となるようなフェードアウトはNGです。

相手を夜遅くまで拘束する、自宅に誘う

パーティー後に相手を終電近くまで拘束したり、出会ったばかりの段階で家に誘うような行為はNGです。

何度も指摘しているように、婚活パーティーにおけるカップリングは「次に二人で会う権利」に過ぎません。

パーティー後の軽いお茶や食事のお誘いはもちろんOKですが、まだ彼氏・彼女の関係でもないのに行き過ぎた行為はマナー違反です。

最悪の場合、主催者側に通報されてしまい、二度と婚活パーティーに参加できなくなる可能性もあります。

カップリングはあくまでもお付き合いのスタートラインにたっただけ。それから深い関係になるか、一度きりで終わるかはお互いの相性次第です。

真剣に恋愛がしたい、結婚を前提としたお付き合いがしたいと考えているのであれば、なおさら順を追ってお互いの距離を縮めていきましょう。

まとめ

今回は婚活パーティーでカップル成立後にやるべきこと、やるべきではないことをそれぞれまとめて解説してきました。

「やるべきこと」として挙げた連絡先交換も、その後の食事やお茶も、やらなかったからといってペナルティーを課されるようなことはありません。

しかし、カップリングした以上は、自分自身で意志を持ってお相手を選んだはず。

自分を選んでくれた相手のことを思いやり、二人で次の交際に繋がるような時間を作りましょう。

ただし、何事も「相手の気持ちを考えない行為」はNGです。

連絡先を交換するにしても、食事に誘うにしても、きちんと社会人としてのマナーや大人としての節度を守りましょう。

今回の記事を参考に婚活パーティーを充実させ、あなたの婚活を成功させてくださいね。

年齢別の婚活パーティー

婚活パーティーランキング

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTYは、東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活パーティー。しっかりした企業が運営しているから、安心感があります。
毎月100種類以上のパーティーを開催しており、会場はすべて婚活のために作られた自社会場!PARTY☆PARTYなら、素敵な相手と出会えるはずですよ。

\\【体験談レポ】30代婚活女子がPARTY☆PARTYに行ってきた!//

OTOCON

「パーティーには興味あるけど、チャラチャラした人ばっかりだったら嫌」「ちゃんと婚活ができるかな?」と不安な方におすすめしたいのが、OTOCONです。
OTOCONでは、「1年以内に結婚したい方限定」といった参加条件を設けたパーティーを開催するなど、「結婚」を明確な目標としている人が多く参加しています。
小規模パーティーが中心なので、大勢でワイワイするより、じっくり仲良くなりたい派の方向け。

エクシオ

9年連続婚活パーティー参加者数ナンバーワンに輝いたエクシオ。
それだけ参加者の満足度が高く、知名度もあります。
婚活中の3人に1人がエクシオの婚活パーティーに参加しているというデータもあり、婚活をするなら一度は参加しておいて損はないです!
参加するほどにポイントが貯まるおトク情報も豊富にあるので、チェックしてみてください。
婚活パーティー体験レポ
\\ 30代女子がガチンコ参戦 //
婚活パーティー体験レポ
30代女子がガチンコ参戦