婚活パーティー別でカップリングを成功させるコツ

婚活パーティー別でカップリングを成功させるコツ

婚活パーティーというと、個室で男女が向かい合って座り、会話をするオーソドックスなスタイルがイメージされるのではないでしょうか?

そういったオーソドックスなスタイルの婚活パーティーはもちろん、昨今では

  • スポーツを楽しみながら婚活をする「スポーツ婚」
  • 男女が料理をしながら婚活をする「クッキング婚」

など、さまざまなスタイルの婚活パーティーが開催されています。

今回は婚活パーティーやお見合いパーティーのタイプごとに、それぞれの婚活のポイントやカップリングを成功させるための攻略法について解説していきます。

個室スタイルの婚活パーティー

婚活パーティーに参加したことのある方の多くが、個室スタイルの婚活パーティーの参加経験があることでしょう。

もっともオーソドックスな対面着席型スタイルで、気になる異性とカップル成立となるコツをチェックしていきましょう。

第一印象で勝負する

個室スタイルの婚活パーティーは男性が席を移動しながら、席に座っている女性と一対一になるケースが多いです。

大人数の婚活パーティーに比べて二人きりのシチュエーションになりやすいので、気軽に話ができそうな印象を受けるかと思います。

しかし、会話できる時間はフリータイムの1回あたりせいぜい3~7分くらいです。

限られた時間のなかで、お相手に好印象を持ってもらうことが重要になってきます。

婚活パーティーでカップリングを成功させるために大切なことは、会話の内容よりも第一印象です。

少人数制のパーティーならまだしも、10人くらいの異性と数分おきに話をしていると、最初の方にペアになったお相手の話の内容などほとんど覚えていません。

だからこそ、第一印象でいかに相手に覚えてもらうかがカギとなるのです。

婚活パーティーのエクシオが行ったアンケート調査によると、「パーティーご参加の際に一番気を付けていることは何ですか?」という質問に対し、もっとも多かった回答が「服装」、次いで「顔や髪型」と、20代から40代のどの世代でも見た目に関連する要素が来ています。

パーティーご参加の際に一番気を付けていることは何ですか?

参考:https://www.exeo-japan.co.jp/konkatsu_enq/0078.html

髪型や服装はもちろん、あいさつしたときの笑顔や会話の中のリアクションなど、目から伝わる情報ほど相手の印象に残ります。

アンケートの結果からも分かるように、会話術を磨くよりも見た目や身だしなみに注力するほうが、正しい婚活パーティーの攻略となるでしょう。

トークの技術はすぐに身につくものではありませんが、服装や髪型は努力次第でもいくらでも変えられます。

ファッションは上半身を意識

個室スタイルの婚活パーティーは着席対面スタイルが多いため、自己紹介タイムでも目線が集中するのは上半身です。

顔やフリートークは1日2日で変えられませんが、ファッションはだれでもテクニック次第で自己アピールの武器になります。

男性であればスーツやジャケットを羽織り、アイロンがかかった清潔感のあるシャツを着て誠実さをアピールしましょう。

女性であれば胸元は鎖骨が見えるくらいの露出で、上品なネックレスをすると良いでしょう。

過度に着飾ったり、露出を多めにすると、

  • お金遣いが荒そう
  • 遊んでいそう

といったマイナスのイメージを相手に与えてしまいます。

男女いずれにも共通して、清潔感のあるファッションであれば、自己紹介だけでも相手から好感を得られます。

参加するパーティーを意識しつつ、年齢に沿ったナチュラルなファッションやメイクをする人たちが異性からの人気も高いようです。

共通の話題で盛り上がる

会話の内容でもお相手に印象づけたいときは、お互いの共通の話題で盛り上がりましょう。

まだお互いのことを何も知らない、初対面の男女が出会う婚活パーティーでは、共通の話題こそ話のネタに最適です。

プロフィールカードやタブレットでお互いのプロフィールを確認しながら、共通点を探しましょう。

とくに「趣味」や「出身地」は共通点が見つけやすく、共感を得やすい項目です。

ぶっつけ本番よりも、あらかじめ自分の趣味や仕事について話すことを決めておくと、限られた会話の時間を有意義に使うことができます。

スポーツ系婚活

フットサルやゴルフ、ランニングなど、スポーツ施設を会場として、男女がスポーツを楽しみながら婚活をするスポーツ系婚活。

スポーツが得意な人も、そうでない人も気軽に参加でき、一緒に汗を流すことでお互いに親近感を持つことができます。

ここからは、スポーツ系婚活でカップルとなるコツを見ていきましょう。

異性と一緒に楽しむ

スポーツ系婚活に参加している人の中には、自分が活躍できるジャンルを選んでいる人もいらっしゃるでしょう。

自分の活躍を異性に見てもらうことはアピールになりますが、それ以上に大切なことは、参加者と一緒にスポーツを楽しむことです。

たとえば、スポーツ系婚活で人気のフットサル。

サッカーが得意な男性がチームメイトにパスしなかったり、アシストしないようなプレイをしていたら、他の人はどう感じるでしょうか?

その場にいる参加者の多くが、

  • 自分勝手
  • 自己中心的

とマイナスのイメージを抱くでしょう。

スポーツ系婚活の目的は、スポーツを通してコミュニケーションを取ることです。

相手への気遣いができない人は、恋愛相手にも結婚相手にも選ばれません。

一緒にプレイするの女性(男性)のこと、チームメイトのことを考えて楽しみましょう。

一生懸命さをアピールする

ときにはスポーツが苦手な人、チームプレイが苦手な人がスポーツ系婚活に参加することもあるでしょう。

その場合、

  • 自分は下手だから
  • 迷惑をかけるといけないから

と言って、遠慮してしまうのは非常に勿体無いことです。

女性であれば「お化粧が崩れるからあまり動きたくない」という人も。

スポーツ系婚活なので競技を楽しむことはもちろんなのですが、大前提である異性に自分の存在をアピールすることを忘れてはなりません。

スポーツが苦手だったり、なかなか競技のなかで活躍できなかったとしても、一生懸命な姿をアピールすることで、異性からモテる可能性は十分にあります。

むしろ上手すぎないほうがよくフォローしてもらえたりして、コミュニケーションがとれる場合もあるのです。

女性としては、メイクが崩れたり、汗をかいたりして少々恥ずかしいという面もあるかと思いますが、一緒にスポーツをして楽しむことで、よりお互いを知ることができるということを忘れずに。

スポーツ婚はそのスポーツが上手である必要はなく、「興味がある」程度でも参加できます。

普段と違う婚活を楽しむためにも、ぜひ積極的に参加してみましょう。

クッキング婚活

  • お料理婚
  • バーベキュー婚

など、トークタイムの代わりに男女が一緒に料理を楽しみながら婚活をするクッキング婚が注目されています。

参加率が非常に高く、開催日がネットで公開されたらすぐに予約で埋まるほどです。

料理上手な人は気になるお相手の胃袋をつかめますし、調理や配膳で気配り上手をアピールすることもできます。

女性は家庭的な一面をアピール

独身男性の多くが家庭的な女性を結婚相手にしたいと望んでいます。

昨今は夫婦共働きが当たり前のようになってきましたが、それでも「男は仕事、女は家庭」という考えは根強く、家庭的な女性は男性からの人気も高いのです。

クッキング婚はそんな男性たちに家庭的な一面をアピールできる絶好のチャンスです。

あまり料理に慣れていない男性をフォローしたり、テキパキした手際を見せたりして、男性に家庭的な一面をアピールしましょう。

お料理以外の細かいところにも気を配る

クッキング婚では調理の前後の準備や片づけを行なう場合もあります。

お料理が苦手な人は、そういった料理以外の作業で気配りや気遣いをアピールするのも有効な方法です。

ただお料理ができあがるのを待つのではなく、配膳をしたり取り分けたりすることで、結婚後の生活の役割分担をイメージしやすくなります。

さらに、作った料理を食べるときの表情や食事のマナーも、お互いに気持ちの良く婚活をするのに欠かせません。

お料理の時間だけでなくパーティー全体を通して、「一緒になったらどんな家庭生活を送ることになるだろう?」ということをイメージしながらイベントを楽しみましょう。

イベント参加型婚活

昨今の婚活パーティーでは、動物園や水族館、美術館などを男女ペアで見学しながら婚活をするイベントも開催されています。

ここでは、イベント参加型スタイルの婚活パーティーについて見ていきましょう。

連絡先交換は自由、積極的に行動する

イベント参加型スタイルの婚活パーティーの特徴は、連絡先交換が自由にできることです。

オーソドックスな婚活パーティーでは、カップリングした男女のみが連絡先を交換することができますが、イベント参加型スタイルは性質上、いつでも好きな相手と連絡先の交換ができます。

たとえば動物園をまわりながら婚活をするイベントであれば、動物の写真をスマホなどで撮影して、その場で相手と写真を交換したりできます。

これを利用して「スマホで写真を送るので連絡先を交換しましょう」と声をかけると、承諾しやすいですし、スムーズに連絡先が交換できます。

カッチリとした婚活パーティーよりも気軽に異性に話しかけられるメリットを活かして、積極的に行動できる人がイベント参加型スタイルの婚活を有利に進められます。

イベント内で次に会う約束をする

オーソドックスな婚活パーティーでは、連絡先交換後に「二人きりで会う」という流れが一般的です。

イベント参加型婚活はそもそも緊張するような改まったものではなく、気軽に参加できるので、連絡先の交換も次に会う約束もスムーズに取り付けることができます。

たとえば水族館を見学しながら婚活をするイベントの場合、

  • 次は◯◯の水族館に行きませんか?
  • 今度はふたりでここに来ませんか?

と、自然に次に会う約束につなげることができますね。

  • 婚活パーティーは緊張しそう
  • 初心者だから何をしたらいいかわからない

という人ほど、こういったイベント参加型婚活に参加されることをおすすめします。

まとめ

今回は婚活パーティーのタイプごとに、それぞれの特徴やカップリングを成功させるポイントを解説してきました。

いずれの婚活パーティーでも、大切なことは催し物そのものを楽しみながら、同時に異性にも自分自身をアピールすることです。

このバランスが取れていなければ、ただ単にイベントに参加しただけで成果が出せずに終わったり、周りへの配慮や気配りができていないというイメージで見られたりと、失敗につながるおそれがあります。

カップリングの成功率を上げるためにも、これから自分が参加するパーティーについて事前にリサーチしておき、当日のシミュレーションをしておくことをおすすめします。

最初は慣れないことも多く、上手く行かないかもしれませんが、回数を重ねることで立ち回り方、異性へのアプローチの仕方が身に付いてきますよ。

今回の記事を参考に、自分が有利になれる婚活パーティーで素敵な出会いを見つけてくださいね。

年齢別の婚活パーティー

婚活パーティーランキング

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTYは、東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活パーティー。しっかりした企業が運営しているから、安心感があります。
毎月100種類以上のパーティーを開催しており、会場はすべて婚活のために作られた自社会場!PARTY☆PARTYなら、素敵な相手と出会えるはずですよ。

\\【体験談レポ】30代婚活女子がPARTY☆PARTYに行ってきた!//

OTOCON

「パーティーには興味あるけど、チャラチャラした人ばっかりだったら嫌」「ちゃんと婚活ができるかな?」と不安な方におすすめしたいのが、OTOCONです。
OTOCONでは、「1年以内に結婚したい方限定」といった参加条件を設けたパーティーを開催するなど、「結婚」を明確な目標としている人が多く参加しています。
小規模パーティーが中心なので、大勢でワイワイするより、じっくり仲良くなりたい派の方向け。

エクシオ

9年連続婚活パーティー参加者数ナンバーワンに輝いたエクシオ。
それだけ参加者の満足度が高く、知名度もあります。
婚活中の3人に1人がエクシオの婚活パーティーに参加しているというデータもあり、婚活をするなら一度は参加しておいて損はないです!
参加するほどにポイントが貯まるおトク情報も豊富にあるので、チェックしてみてください。
婚活パーティー体験レポ
\\ 30代女子がガチンコ参戦 //
婚活パーティー体験レポ
30代女子がガチンコ参戦