婚活パーティーを知る

婚活詐欺の被害と対策。婚活パーティーやお見合いにいる婚活詐欺師の特徴も紹介

友達が少なく相談する人がいない

婚活アプリ 、婚活パーティー、結婚相談所など現在は婚活における様々なサービスが存在しています。

しかし、それに比例するかのように婚活詐欺の被害も年々増加傾向にあるといえるでしょう。

婚活詐欺に気をつける必要があるのは知っているが、どんな手口と特徴を兼ね備えているかは実際に被害にあってから気づくケースなどもあります。

結婚詐欺とは、一般的に異性の恋愛感情や結婚願望を利用して金銭をだまし取る詐欺行為です。

比較的結婚適齢期の女性が狙われるケースが多く、その被害件数はインターネットの普及とともに増加の一途をたどっています。

実際に出会い系サイトや婚活サイトでは、この手の結婚詐欺の被害が多数報告されています。

そこで今回は婚活パーティーでも起こりうる結婚詐欺の手口を知り、その対策を考えていきましょう。

婚活詐欺師の特徴

婚活詐欺師の特徴

実際に結婚詐欺師に出会ったり、結婚詐欺に遭った被害者女性の報告を見ると、いくつかの共通点が浮き彫りになります。

これから説明する内容にいくつか当てはまってる人物には注意が必要です。

ここでは、結婚詐欺師の特徴を見ていきましょう。

エリートを装う

エリートを装う

結婚詐欺師には「いかにも」というバレバレな人はいません。

多くの場合、結婚詐欺師の男性は高身長・高学歴で、婚活パーティーには高級車で乗り付け、きらびやかな服装やスマートな振る舞いで参加者女性からの注目の的になります。

顔写真を見てもイケメン、プロフィールカードの年収欄・職業欄も驚くほど高スペックです。

「どうしてこんなに素敵な人が結婚できないんだろう?」というレベルです。

そのため当然ながら女性からモテますが、もちろんこれらは設定で、エリート男性に弱い女性の心理につけこんだ悪質な詐欺です。

【参考記事】婚活パーティーで男性の年収の嘘を見抜く方法!経歴詐称の相手を見抜いて高収入男子と出会うコツ▽

婚活パーティーで男性の年収の嘘を見抜く方法!経歴詐称の相手を見抜いて高収入男子と出会うコツ
婚活パーティーで男性の年収の嘘を見抜く方法!経歴詐称の相手を見抜いて高収入男子と出会うコツ

結婚をちらつかせる

結婚をちらつかせる

そのような魅力的な男性が言い寄ってくるわけですから、「婚活パーティーで絶対に結婚相手を見つける!」という気合の入った女性ほど、格好のターゲットになりがちです。

結婚を前提としたお付き合いをしていくなかで、

  • 結婚式は盛大に挙げたいよね
  • 結婚したらいい家に住みたいよね

などと夢を見せるようなことを言ってきます。

結婚を焦る女性ほどこの手の会話に弱く、気づいたら収入や貯金額、クレジットカードの枠まで聞き出されているパターン。

結婚詐欺師は女性の心理を巧みに利用し、大切なお金を虎視眈々と狙っています。

少ない金銭から要求

少ない金銭から要求

結婚詐欺師は最初から高い商品を買わせたり、金額を要求するようなことをしません。

逆に最初は、高級レストランに連れて行ってくれるなど羽振りの良い雰囲気を漂わせています。

そのようにして信頼関係を築きながら、無理のない範囲の金額を少しつづ払わせ、女性の金銭感覚を麻痺させていきます。

【参考記事】婚活パーティーに参加するときの7つの注意点!▽

婚活パーティーに参加するときの7つの注意点!婚活初心者が緊張せずに良縁と恵まれるためのコツを紹介
婚活パーティーに参加するときの7つの注意点!婚活初心者が緊張せずに良縁と恵まれるためのコツを紹介

考える時間を与えない

考える時間を与えない

結婚詐欺師は高額な金銭を要求するときは、相手に冷静に考える時間を与えません。

とにかく

  • 今すぐお金が必要
  • このタイミングで買っておかないと損

という内容の煽り文句を使い、お金を出させます。

この時点ですでに、相手のことを信じ切って結婚詐欺とは微塵も疑っていないため、気づいたら後の祭りというケースが多いのです。

婚活詐欺の手法

婚活詐欺の手法

結婚を偽ることだけが結婚詐欺ではありません。

結婚詐欺師は非常に巧妙な手口で相手女性の財産を奪おうとしてきます。

実際に警察やNPO団体が注意を呼びかけても、被害女性は跡を絶ちません。

結婚詐欺のパターンは以下の通りです。

デート商法

デート商法

デート商法とは、恋愛感情を利用して高額な買い物や不動産ローンなどの契約を締結させる商法を指します。

一見すると彼氏・彼女の何気ない買い物に見えても、お店や不動産屋とグルになっており、儲けの一部が成功報酬として詐欺師にフィードバックされる仕組みとなっています。

いわゆる結婚詐欺とは異なりますが、婚活パーティーでカップリングした後にありがちな詐欺行為のひとつです。

【参考記事】婚活パーティーで最悪のトラブルに巻こまれないために▽

【総集編】これを読めば婚活でよくあるトラブルが全て分かる!トラブルの対処法と巻き込まれない対策を解説
【総集編】これを読めば婚活でよくあるトラブルが全て分かる!トラブルの対処法と巻き込まれない対策を解説

結婚詐欺

結婚詐欺

結婚を前提に交際をしながら、相手から金銭を巻き上げる行為が結婚詐欺です。

その手口は巧妙で、

  • 新しいビジネスを立ち上げるためにお金が必要
  • 親が病気で医療費がかかる

といった、もっともな理由で金銭を要求してきます。

お金を払ったが最後、連絡が途絶えて電話もメールも通じず、完全な「詰み状態」となります。

もちろん連絡先もデタラメなため、相手とそれ以上のコンタクトをとることはできません。

客観的に見ると「そんな見え透いた嘘に騙されるわけがない!」と感じるでしょう。

しかし、このような「見え透いた手口」でも、恋愛感情で浮かれている当人には信じるに十分な説得力があるものなのです。

マンション投資詐欺

マンション投資詐欺

2013年度の国民生活センターの調査によると、婚活サイトを介して知り合った相手に勧められ、投資用マンションを購入してしまったという事例がここ数年で急増しているようです。
参考:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140123_2.pdf

従来のデート商法は、高くても高級時計や高級車など数百万円単位の商品を購入させるケースが多かったものの、昨今では数千万円規模のかなり高額な投資詐欺の事案が報告されています。

1人当たりの被害額の平均は約3012万円、契約者の平均年齢は35.1歳で、被害に遭った人の性別は女性が男性の2倍以上だったそうです。

こんな人が婚活詐欺師に引っかかりやすい女性の9つの特徴

こんな人が婚活詐欺師に引っかかりやすい女性の特徴

詐欺被害に遭いやすい女性には共通するパターンがあります。

結婚に対して本気であるからこそ、婚活詐欺の対象になりやすいので注意が必要です。

自分がいずれかに該当しているかどうか、チェックしてみましょう。

①真面目な女性

真面目な女性

根が真面目で滅多なことでは相手を疑わないような女性は、詐欺に付け込まれやすい典型的なタイプです。

全良だからこそ、詐欺師もそこに漬け込んできます。少しでも不安に感じたら、親や友人に自分の状況を説明しましょう。

②押しに弱い

押しに弱い
  • 結婚してください
  • お願いを聞いて欲しい

と強く要求してくる男性に対し、お願いを聞いてしまう押しに弱いタイプの女性は、結婚詐欺師の都合の良いカモになってしまいます。

現在の状況を客観視し、もう一度理由や疑問に感じたことを考え直す時間を心がけるようにしてください。

③物事を他人任せで考える

物事を他人任せで考える

優柔不断な人、決断力がなく相手に物事の判断を任せてしまうような人は、いつのまにか相手の口車に乗せられて詐欺被害に遭う場合があります。

分で考えるのが苦手な人は、絶対に超えてはいけない線引きを通り過ぎないように心がけましょう。

例えば、

  • 結婚するまでは貯金額やクレジットカードについては話さない
  • 金銭の貸し借りは何があろうとしない

など、絶対にしないことをあらかじめ決めておきましょう。

④悩み事がある

悩み事がある

仕事やプライベートや人間関係に悩み事があったり、悩みを誰かに聞いて欲しいと望んでいる女性は、結婚詐欺師に心の隙間に付け込まれる可能性が高いです。

  • 悩みを聞いてあげる
  • 何度も話してごらん

と甘い言葉で近寄ってくる男性には要注意です。

⑤友達が少なく相談する人がいない

友達が少なく相談する人がいない

仕事で上京してきた人、一人暮らしで仕事が忙しい人などがこのパターンにはてはまります。

自分の悩みや不安を聞いてもらえる、相談できる友達がいないため、男性に言い寄られたり優しくされたりすると頼るようになってしまい、詐欺被害に遭いやすい傾向にあります。

⑥結婚を焦っている

結婚を焦っている

30代~40代以上の女性で結婚を焦っている人は要注意です。

  • 早く結婚したい
  • 最低ライン以上の男性ならOK

という焦りに付け込まれ、詐欺のターゲットになりがちです。

年齢のこともあって結婚に逸る気持ちも理解できますが、詐欺に遭ってしまっては本末転倒です。

急ぐことはあっても焦りは禁物です。相手の男性を冷静に見て、本当に結婚相手に相応しいかどうかじっくり見極めましょう。

【参考記事】婚活に疲れた…婚活パーティーやお見合いで成果がでない時の対処法▽

婚活に疲れた…婚活パーティーやお見合いで成果がでない時の対処法
婚活に疲れた…婚活パーティーやお見合いで成果がでない時の対処法

⑦恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない女性は、言ってしまえば恋愛に対して非常に純粋な気持ちを持っています。

恋愛が不慣れなために

  • 相手の期待を裏切ってはいけない
  • 相手の言うとおりにすれば大丈夫

という心理が働いてしまい、詐欺を働く男性の思うつぼです。

⑧恋愛に一途な人

恋愛に一途な人

一度人を好きになったら突っ走ってしまうタイプ、周りが見えなくなってしまうタイプの女性は要注意です。

恋人が見つかった喜びで視野が狭くなり、冷静な判断ができなくなっています。

このような浮かれた状態の女性は詐欺の罠にかかりやすく、当人は詐欺に遭っていることすら気づかないまま、騙されて終わりという結末を迎えてしまいます。

⑨絶対に騙されないと思っている

絶対に騙されないと思っている
  • 婚活パーティーに結婚詐欺なんているの?
  • 詐欺師がいたとしても自分は絶対に騙されない

こういった思い込みの強い女性ほど、実は結婚詐欺師の格好のターゲットになりやすいのです。

たしかにひと昔前に比べると、婚活サイトも婚活パーティーも規制が入ったり法律が整備されたりして、詐欺被害自体は減少しています。

そうであるにもかかわらず、結婚詐欺がゼロになったわけではありません。

万が一、自分が詐欺の被害者になることだって有りうるのです。

「絶対に騙されない」という思い込み以上の不注意はありません。

もし結婚詐欺に出会ってしまったら、詐欺被害に遭ってしまったらというシミュレーションをしておくことも重要な予防策となります。

婚活詐欺に遭わないために

婚活詐欺に遭わないために

婚活被害に遭わないために、必要なことを確認しましょう。

自分が万が一、似たような場面に遭遇した際にはどうするかをあらかじめ決めておくことも効果的です。

ここでは、詐欺被害に遭わないために、または詐欺被害に万が一遭ってしまったときにとるべき方法を学びましょう。

人に相談する

人に相談する

自分一人で抱え込まず、相談相手を持ちましょう。

婚活を内緒にしていたいという人もいらっしゃるでしょうが、詐欺に遭ってしまってからでは後悔しかありません。

また「恋は盲目」という言葉があるように、一度好きになってしまうと周りが見えなくなるタイプの人は、恋愛をすると冷静な判断ができないものです。

どれだけ怪しい状況になっても相手を信じきって「疑う」ということをしないため、気づいたら大きな被害を受けていたというケースも考えられます。

詐欺被害の相談は友達や両親よりも、結婚詐欺に詳しいNPO団体や、無料相談窓口を設けている弁護士に相談することをおすすめします。

悪質な場合は警察に被害届を提出することも忘れないようにしましょう。

相手の個人情報をきちんと確認する

相手の個人情報をきちんと確認する

相手の免許証やパスポートなど、個人情報が記載されている書類等で身元をしっかりと確認しましょう。

極端に見せることを嫌がったり、拒否するような怪しい挙動がある場合は、すぐに交際をお断りするべきです。

婚活パーティーの詐欺被害でよくあるケースは、相手が既婚者であることを知らされず、婚約後に逃げられるパターンです。

相手の交友関係や友人関係なども身元を割り出す大事な情報となるので、これらも知っておくと良いでしょう。

健全な関係であれば、拒否したり隠したりする必要もなく、普通に教えてくれます。

結婚詐欺師や経歴詐称の疑いがある場合、足がつくことを恐れて個人情報を教えない、自宅や職場を教えてくれないなど、自身のことのみならず周囲の人間関係まで隠したがります。

【参考記事】婚活パーティーで既婚者に出会ってしまった場合の対処法と見分け方▽

婚活パーティーで既婚者に出会ってしまった場合の対処法と見分け方
婚活パーティーで既婚者に出会ってしまった場合の対処法と見分け方

お金は絶対に渡さない

お金は絶対に渡さない
  • 生活費に困っていて…
  • ほしいものがあるんだけど…

と甘い言葉を使ってお金を要求されたとしても、絶対にお金は渡さないようにしましょう。

金銭を要求してくる結婚詐欺師は、相手が払えないような巨額のお金は要求しません。

多くの場合は数万円の金額を複数回にわたって要求したり、ローンを組んで買わせたりするような行為を働きます。

借金をするにしても「借用書を書く」などともっともなことを言ってきますが、もちろんこれも正式に履行することなくフェードアウトされるでしょう。

そもそも、交際中に相手にお金を借りる、無心するような男性と幸せな結婚生活など送れるわけがありません。

たとえ恋愛関係にあって、相手の男性のことがどれだけ好きでも、お金に関することはシビアに考えましょう。

貯金額やクレジットカードについて話さない

貯金額やクレジットカードについて話さない

先ほど触れた「結婚前の男性にお金を貸さない」と同じように、貯金額やクレジットカードの枠について聞かれたとしても、絶対に答えてはいけません。

貯金額やカード枠は、

  • いくらまでなら貸してくれそうか
  • いくらまでローンが組めるか

といった、お金を騙し取るための指標になるからです。

ストレートに「いくら貯金しているの?」とは聞いてきません。

巧妙な手口で聞き出そうとするため、お金に関する質問は一切答えないようにしましょう。

身元の確かな婚活パーティーに参加する

身元の確かな婚活パーティーに参加する

参加費用が安くてだれでも気軽に参加できる婚活パーティーは、一度に多くの異性と出会えるというメリットがある反面、結婚詐欺や経歴詐称が潜り込んでいる可能性もあります。

そもそも婚活パーティーで結婚詐欺に遭わないようにするためには、身元の確かなパーティーに参加することが最適な対策です。

たとえば会員制の婚活パーティー運営会社であれば、入会時に厳しい入会審査を行ったり、独身証明書などの身分証明書の提出を義務付けていたりするので、詐欺が入り込む余地がありません。

出費がかさんだり、ある程度の参加条件が課されるとしても、身の安全を確保するなら身元の確かな人たちが集まる婚活パーティーを選びましょう。

【参考記事】本気の恋が始まる婚活パーティーおすすめ人気ランキング!▽

婚活パーティーおすすめランキング
【2019最新】本気の恋が始まる婚活パーティーおすすめランキング!料金・規模・参加年齢・お見合いスタイルを徹底比較

まとめ:事前に対応策を決めておこう

「わざわざ参加費用を払ってまでパーティーに参加したからには、素敵な男性との出会いのチャンスをつかみたい」というのは、婚活女性であればだれもが持っているでしょう。

婚活パーティーはそういった「結婚を目的として出会いを探しにくる人たちが集まる場所」であるため、女性の心理につけ込んだ結婚詐欺の格好の釣り場です。

「自分は結婚詐欺に騙されない!」という女性ほど、じつは結婚詐欺の格好のターゲットになり得ます。

自分の身や財産を詐欺から守るためには、「絶対に騙されない!」よりも「万が一被害に遭ったらどうするか」という心構えが必要です。

今回の記事を参考に、実際の結婚詐欺の手口を知り、予防策を立てておきましょう。

もちろん、婚活パーティーで出会う多くの男性参加者が、真面目に結婚を考えて活動していることも忘れてはなりません。

【参考記事】年齢別おすすめの婚活パーティー!▽

参加者の年齢層から見る年代別おすすめの婚活パーティー
年齢別おすすめの婚活パーティー!参加者の平均年齢や割合を理解してあなたにぴったりの婚活パーティーがきっと見つかる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です