婚活パーティーで連絡先を交換はLINE(ライン)がおすすめ

婚活パーティーで連絡先を交換はLINE(ライン)がおすすめ

婚活パーティーやお見合いパーティーで、晴れてカップル成立となった場合、連絡先交換に便利なツールとは何でしょうか?

20代30代の方であれば、その多くが「LINE(ライン)」を挙げるでしょう。

現在、スマホ利用者の9割近くがLINEを利用しています。そのため、電話番号やアドレス交換よりも、「連絡のやりとりといえばLINE」が浸透しています。

今回は婚活パーティーでの連絡先交換にLINEがおすすめな理由と、カップリングした相手との距離を縮めるLINE活用のポイントをお伝えします。

最近LINEを使い始めたという人必見の内容です。

連絡先交換にLINEがおすすめな理由

スマホを所持している人であれば、ぜひ連絡先交換はLINEにしましょう。

電話番号やメールアドレスよりもLINEの方が交換しやすい理由とは?

気軽に交換できる

電話番号やメールアドレスはなかなか1回では覚えきれませんし、メモするにしても記入ミスしたら取り返しがつきません。

LINEであれば、「ふるふる」機能や「QRコード」といった交換方法を使って簡単に、確実にID交換できます。

「個人情報を相手に伝える」という心理的なハードルが低いため、電話番号やメールアドレスよりも交換しやすいというメリットもあります。

困ったときのブロック機能

万が一、連絡先交換をした相手がしつこく返事を催促してきたり、非常識な時間に連絡してきたりした場合、LINEのブロック機能を使って簡単に連絡を遮断することができます。

ブロックは相手に通知されるものではありませんし、ブロックさえしてしまえば、しつこい連絡もそこで途絶えます。

ブロックじたいは気軽にできるので、電話番号を着信拒否するような後ろめたさなどもないでしょう。

電話機能も付いている

LINEには「LINE通話」という無料通話機能がついています。

LINEのIDを交換した相手とはメッセージのやりとりだけでなく、通話もできるため、わざわざ電話番号とメールアドレスの両方を交換する手間が省けます。

無料回線なので決して質は高いとは言えませんが、カップル同士で通話するには十分な機能です。

LINEのIDを交換するタイミング

多くの婚活パーティー、お見合いパーティーでは、カップリングした男女に連絡先交換の権利が与えられます。

その際、主催者が連絡先の交換を促す場合もあれば、カップル成立した二人の好きなタイミングで交換という場合もあります。

カップリングしたのに連絡先すら交換しないというのはマナー違反ですので、相手が会場を出る前にかならずLINEの交換をしましょう。

またパーティーのスタイルによっては、フリータイムならだれとでも交換できるものもあります。

その場合はペアを組んだ相手と一緒に行動している最中や、ペアを交換する前にLINEを交換すると良いでしょう。

最初のメッセージを送るタイミング

LINEのIDを交換したら、まずは

  • こんにちは
  • 交換していただきありがとうございます

といったメッセージを送り、IDの登録が成功したことを確認するかと思います。

それから二人で食事やお茶をした場合は、解散して家に着いた頃にお礼のメッセージを送りましょう。

  • 今日は楽しかったです。今度はお話されていたカフェに行ってみたいですね
  • 電車は間に合いましたか?今日は遅くまで付き合っていただいてありがとうございます

男性からこのような気遣いのメッセージが送れると、女性からの印象がアップします。

また、どうしてもパーティー終了後に二人きりの時間が作れなかった場合は、LINEを利用してデートや食事をするスケジュールを確認しましょう。

その際も、パーティーで会話したこと、カップリングしたことについてお礼や感想のメッセージを送ると良いでしょう。

お相手と距離を縮めるLINEの活用術

LINEは気軽に短文のメッセージを送り合う便利なチャットアプリです。

ビジネスメールなどと違って厳しいマナーやルールなどはありませんが、出会って間もない二人が距離を縮めていくのであれば、それなりに気遣いや気配りは大切です。

ここでは、お相手との距離を縮めるLINEの活用術をご紹介します。

慣れるまでは敬語を使う

LINEを交換したからと言って、友達や知人と同じ感覚で、婚活パーティーで知り合ったばかりの人と接することはNGです。

自分は早く仲良くなりたい、フランクな感じでやり取りしたいと思っても、お相手からすると

  • いきなり馴れ馴れしいな
  • 横柄な態度だな

と感じることもあります。

「いつ敬語からタメ語にシフトすればいいの?」という疑問が出てくるかもしれません。

タイミングは1回二人きりで会って意気投合してからでもいいですし、お相手が「敬語で話しませんか?」と提案してからでもいいでしょう。

最初は適度な距離感を保ちながら、お互いに慣れるまで敬語を使いましょう。

簡単な質問で話題をふくらませる

LINEでメッセージ交換を継続するコツは、お相手が答えやすい簡単な質問を送ることです。

婚活パーティーの会場では聞けなかったこと、プロフィールを見て興味を持ったことなどを質問すると良いでしょう。

たとえば「パーティーでは聞けませんでしたが、趣味のゴルフはいつから始められたんですか?」という質問したとします。

お相手が具体的な時期を答えてくれたら、次は始めたきっかけを聞くなどして、趣味の話題をふくらませていくことができます。

LINEで質問を送る際は、「メッセージ1件につき質問は1つ」が適切です。

1件のメッセージでいくつも質問をすると、相手は何を聞かれているのかわからなくなりますし、しつこい印象も与えてしまいます。

また、相手を不快にさせるような質問内容はNGです。

  • 他の男性(女性)ともやり取りしているんですか?
  • これまでどんな人とお付き合いしてきたんですか?

といったことは、何気ないようでいて実は、相手にとって聞かれたくないことであったりします。

長文は送らない

LINEはメール交換と違って、短文のメッセージを気軽にやりとりできるツールですが、長文の送信には向きません。

ひとつに、LINEのメッセージ1行に収まる文字数が少ないため見づらいという理由があります。

もうひとつは、知り合って間もない相手から長文のメッセージを送られてきたら、「重い」と感じるからです。

送信した側は熱意を持ってメッセージを送ったかもしれませんが、受け取る側は文字のボリュームだけで引いてしまいます。

たくさん会話がしたいときは、二人での食事やデートの時間を有効に使いましょう。

むやみに連投しない

LINEは短文を気軽に送り合うチャットアプリだからこそ、返信の頻度やペースが重要です。

メールでのやりとりであれば、一般的に1日に1~2通程度がちょうどいい頻度だとされています。LINEも多くて1日5通くらいが妥当な頻度と言えるでしょう。

なるべく1件のメッセージにつき、1件のメッセージでやりとりすることをおすすめします。

むやみにメッセージを連投したり、返信を待たずに何件も送るのはNGです。

意外と男性に多いのが、女性から返信がないと「既読なのにどうして返信してくれないんですか?」という催促のメッセージを送る人です。

婚活パーティーのカップル=恋人同士ではありませんし、相手女性には自分のスケジュールや、LINEを返信するタイミングというものがあります。

それを無視するような返信の催促は控えるべきですし、お相手から「自己中心的な人」というマイナスイメージを持たれ、ブロックされる可能性もあります。

長いことお相手から返信がない場合は、残念ながらご縁がなかったと気持ちを切り替えて、次の出会いを見つけたほうが良いでしょう。

画像やスタンプを使う

LINEの便利な機能として、気軽に画像やスタンプを送れる点が挙げられます。

とくに女性はLINEのやり取りにスタンプを活用する人も多いので、相手に合わせて使ってあげると、印象が良くなります。

ただし、女性は男性が使用するスタンプに敏感なところがあるので要注意です。

マイナビウーマンが行ったアンケート調査によると、「こんなスタンプだとちょっと引く!」というLINEスタンプに次のようなものが挙げられています。

  • アニメのスタンプ
  • ハートのスタンプ
  • 気持ち悪いスタンプ
  • かわいい系のスタンプ

参考:https://woman.mynavi.jp/article/160516-11/

女性はセレクトするLINEスタンプでその男性のセンスをチェックしています。スタンプ1つで恋愛感情が一気に冷めることもあります。

男性が使うスタンプでやり取りを続けるか、止めてしまうかが判断されてしまうと言っても過言ではありません。

返信のタイミングや頻度と同じように、スタンプも使いどころを見極めましょう。

まとめ

LINEは交換する心理的なハードルが低く、やりとりも気軽にできるため、婚活パーティーのカップル成立後のコミュニケーションツールとして非常に便利です。

実際にスマホ利用者の9割近くがLINEアプリを使っているので、電話番号やメールアドレスよりも喜ばれるでしょう。

ただし、手軽な連絡手段であっても、電話やメールと同じようにルールやマナーには気をつける必要があります。

まだお互いにこれから関係を深めていくタイミングで、相手を不快にさせるようなやり取りではNGです。

せっかく連絡先交換まで行ったのに、LINEのアプローチの仕方を間違ってご縁をムダにしてしまうのは、非常に勿体無いですよね。

あくまでLINEは連絡方法のひとつとして、二人のデートや食事を中心にお互いの距離を縮めていくことが大切です。

LINEに不慣れな人も今回の記事を参考に、お互いに気持ちのよいコミュニケーションを取れるような気遣いができると良いでしょう。

年齢別の婚活パーティー

婚活パーティーランキング

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTYは、東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活パーティー。しっかりした企業が運営しているから、安心感があります。
毎月100種類以上のパーティーを開催しており、会場はすべて婚活のために作られた自社会場!PARTY☆PARTYなら、素敵な相手と出会えるはずですよ。

\\【体験談レポ】30代婚活女子がPARTY☆PARTYに行ってきた!//

OTOCON

「パーティーには興味あるけど、チャラチャラした人ばっかりだったら嫌」「ちゃんと婚活ができるかな?」と不安な方におすすめしたいのが、OTOCONです。
OTOCONでは、「1年以内に結婚したい方限定」といった参加条件を設けたパーティーを開催するなど、「結婚」を明確な目標としている人が多く参加しています。
小規模パーティーが中心なので、大勢でワイワイするより、じっくり仲良くなりたい派の方向け。

エクシオ

9年連続婚活パーティー参加者数ナンバーワンに輝いたエクシオ。
それだけ参加者の満足度が高く、知名度もあります。
婚活中の3人に1人がエクシオの婚活パーティーに参加しているというデータもあり、婚活をするなら一度は参加しておいて損はないです!
参加するほどにポイントが貯まるおトク情報も豊富にあるので、チェックしてみてください。
婚活パーティー体験レポ
\\ 30代女子がガチンコ参戦 //
婚活パーティー体験レポ
30代女子がガチンコ参戦