婚活パーティーのカップリング

婚活パーティーでカップリングした後のLINE・メールの頻度!注意点や距離感を縮めるテクニックを紹介

婚活パーティーでカップリングした後のLINE・メールの頻度!注意点や距離感を縮めるテクニックを紹介

婚活パーティーのメールで以下のように悩む方も多いのではないでしょうか?

  • ファーストメールをなんて送れば良いのか分からない
  • メールの頻度や内容に迷う

婚活パーティーでカップリングしたとはいえ、ほぼ初対面と変わらない関係なので、メールの内容に困ってしまいますよね。

また、異性との関係をメール通して進展させるにはポイントが存在します。

そこで今回は、婚活パーティーでカップルとなった相手と、気持ちよくやり取りするためのメールのやり取りについて考えていきましょう。

婚活パーティーのメールの役割とは?

婚活パーティーのメールの役割とは?多くの婚活パーティーやお見合いパーティーでは、カップル成立後に連絡先を交換することになります。

電話番号やメールアドレス、最近ではLINE(ライン)を交換する人も多いようです。

婚活パーティーのカップリングは彼氏・彼女の関係になったのではなく、「二人で会う権利」を得たに過ぎません。

お互いに初めて出会って間もないため、カップリングしてからが本当の婚活のスタートです。

婚活パーティーのメールの役割はあくまでも、以下の場合がほとんどです。

  • 次に会う約束を取り付けるもの
  • 直接会えないときの連絡手段

カップリングが成立したら、初回は婚活パーティーの感想や感謝の気持ちを表すメールを送ると良いでしょう。

以下の様なメールは相手に不快感を与えるので注意が必要です。

  • カップルになった気持ちでダラダラとメール
  • 馴れ馴れしい感じでのメール

気に入った相手との交際をスタートさせるために、メールの役割をしっかり把握し、お互いに仲良くなるツールとして役立てましょう。

【参考記事】婚活パーティーでカップリングした相手から連絡がこない4つの理由▽

婚活パーティーでカップリングした相手から連絡がこない4つの理由と対処法
「婚活でカップリングした相手から連絡がこない…」連絡がこない4つの理由と対処法

婚活パーティー後の最初のメールを送るタイミング

婚活パーティー後の最初のメールを送るタイミング

連絡先を交換して最初のメールを送るタイミングは、「気持ちが盛り上がっているうち」です。

早ければその日のうち、遅くても次の日の朝までには送るようにしましょう。

その理由は、パーティーから1日2日空いてしまうと、気持ちが盛り下がってしまい、メールを送るのが億劫になってしまうからです。

ファーストメールの内容はシンプルなもので構いません。

以下の様な内容で送りましょう。

  • 昨日はお話できて楽しかったです
  • カップリングできて嬉しいです

婚活パーティーを振り返るような内容だと、相手から好感を得られます。

【参考記事】婚活のお礼メールの送り方

感謝の気持ちを書くにつなげるメッセージのポイント
婚活のお礼メールの送り方。サイトやアプリの初デート後に、次につなげるメッセージのポイント

異性との距離を縮めるメール術

異性との距離を縮めるメール術ここからは、婚活パーティーでカップリングした異性との距離を縮めるメール術のポイントを見ていきましょう。

思いやりの気持ちが伝わる内容のメールは、相手に良い印象を与えます。

感謝の気持ちを伝える

感謝の気持ちを伝える婚活パーティー後のファーストメールや、二人でデートした後のメールでは、必ず感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

カップリングの相手として自分を選んでもらったこと、楽しく会話してくれたことなどに対し感謝の気持ちを表すと、メールを受け取った相手から喜ばれます。

初デートのときに次のデートに繋がる話題が出たら、感謝の気持ちとともに、

  • 連れて行ってほしい
  • お誘いしたい

という要望を書くのも良いでしょう。

最初は敬語を使う

最初は敬語を使う婚活パーティーではお互いに敬語で会話していたのに、カップリング後にメールでコミュニケーションを取るようになったら、途端にタメ語を使い出す人がいます。

まだ出会って間もないタイミングでは、お互いに距離感を測っている状態です。

そうであるにもかかわらず、いきなりタメ語を使われると

  • 軽薄だな
  • 馴れ馴れしいな

と思われてしまいます。

たとえ相手が自分より年下でも、最初は敬語を使うことをおすすめします。

敬語からタメ語にシフトするタイミングは、お互いの関係が深まっていくのを見計らいながらが理想です。

直接会って食事やデートができてからでも遅くありません。

【参考記事】婚活でメールを無視される行動をとってないか見てみよう▽

お見合いで条件に合う人とめぐり会えない場合
婚活サイトでメールが無視される理由と対処方法

メールの頻度は相手に合わせる

メールの頻度は相手に合わせる友達や知人とのメールと違い、婚活パーティーで出会った相手とのメールで悩ましいのは、送信や返信の頻度ではないでしょうか?

  • マメに返信したほうがいいのか
  • 1日に1件くらいでいいのか

など、人によってメールの頻度はさまざまです。

二人の間でメールの頻度にズレがあると、

  • しつこい
  • 冷たい

といったマイナスのイメージにつながるおそれもあります。

慣れないうちは、1日に1~2通というペースがベターでしょう。

以下の様な内容は、返信を強要しないので相手に負担がかかりません。

  • 朝の出勤前に、「今日も一日頑張りましょう」
  • 仕事の後に、「今日もお疲れ様です」

1度二人でデートに行って意気投合してからは、メールの頻度を相手に合わせることをおすすめします。

仲良くなったからと行って、相手の都合を顧みずメールを連投するのはNGです。

メールの頻度については、相手の生活スタイルや仕事の時間などを婚活パーティーやデートのときに聞いておくとよいでしょう。

【参考記事】婚活相手とのライン(LINE)やメールの頻度は?▽

婚活サイトの相手とのライン頻度はどのくらいが理想なのか
婚活相手とのライン(LINE)やメールの頻度はどのくらい?意中の相手を落とす適切なやりとり回数を徹底解説

質問をして話題を膨らませる

質問をして話題を膨らませるカップリングして連絡先も交換できたら、「たくさんお話しがしたいし、相手のことをもっと知りたい!」という気持ちになるでしょう。

会話を盛り上げる最適な方法が、相手に質問をすることです。

婚活パーティーで時間がなくて聞き損ねたこと、もっと詳しく知りたいことなどをメールで質問すると、話題が膨らんでいきます。

ただし、一方的に質問攻めするのはNGです。

趣味について質問したいのであれば、まずは自分の趣味の話をする。

質問をする際は自分の話を書いてから相手に質問を投げるなど、まずは相手が読んで楽しくなる、返信したくなるメールを意識しましょう。

その際、メール1通につき質問は1つに絞るほうが、話題が散らかったり、聞きたいことが散漫になったりしません。

【参考記事】婚活でメールのやりとりを盛り上げたい方は参考にしてみては?▽

婚活で知り合った相手とのLINE・メッセージで話題を膨らませるコツ!実際に使えるネタや話の内容を紹介
婚活で知り合った相手とのLINE・メッセージで話題を膨らませるコツ!実際に使えるネタや話の内容を紹介

適度に絵文字・顔文字を使う

適度に絵文字・顔文字を使うメールだからこそ活用したいのが、絵文字や顔文字といったカジュアルな表現です。

男性ではメールに絵文字・顔文字を使わないという人も多いですが、もしお相手の女性が使っているようであれば、ぜひこちらも使ってみましょう。

相手が絵文字・顔文字をメールに使っているということは、それだけ親しみを感じているということです。

メールの文章の感情表現したい部分に顔文字・絵文字を入れることで、ただの文字の羅列だったメールが明るく楽しいものになります。

ただし、相手がメールに絵文字を使わないタイプの人なのに、絵文字・顔文字たっぷりのメールを送るようなことは控えたほうがいいでしょう。

温度差の違いに相手が引いてしまって、メールが続かなくなることもあります。

ちょうど良いメールの頻度4つのポイント

結婚相談所のノッツェが行ったアンケート調査によると、「婚活で知り合った人とのメールの頻度は?」という質問に対し、もっとも多かった回答は「2~3日に1回」で全体の56%、次いで「1週間に1回」が全体の23%でした。

婚活で知り合った人とのメールの頻度は?
参考:NOZZE

人によってメールが好きなタイプ、仕事のやりとりでしかメールしないタイプなどさまざまです。

婚活パーティーでカップリングしたんだから、毎日メールのやりとりをしたいという人もいるでしょう。

しかし、相手の生活スタイルやスケジュールなども考慮した、配慮のあるメールの頻度や返信のタイミングが必要です。

メールが苦手な人でも、以下のポイントを守ってやりとりすれば、相手から不快に思われることはありません。

ここからは、上記の4つのポイントについて詳しく説明していきます。

①ちょうどよいメールの頻度は1日に1〜2通

①ちょうどよいメールの頻度は1日に1〜2通人によってメールの頻度も返信のタイミングも千差万別ですが、一般的には、1日に1件から2件くらいのメールのやり取りがちょうどいいとされています。

1日に1件、週に3~5回ほどやりとりができていると、多くもなく少なくもない、ほどよいペースと言えます。

ただし、1回も直接会うことがないまま2ヶ月、3ヶ月と経過しているのであれば「見込みなし」と判断したほうがいいでしょう。

先ほど触れたように、婚活パーティーのメールは「次に会う約束を取り付けるもの」であって、ダラダラとメールが続けても関係は発展しません。

男性の方から女性へ、一緒の食事やデートのお誘いのメールを送りましょう。

②ベストなメールの頻度は相手のペースに合わせる

②ベストなメールの頻度は相手のペースに合わせるメールの頻度は1日に1~2通がちょうどいいとお伝えしました。

基本的にはこれでも良いのですが、メールをしていくうちに相手のペースが掴めてきたら、返信のタイミングもメールの頻度も、相手に合わせてあげると良いでしょう。

毎日メールをしないと気がすまない人もいれば、2日に1通のやりとりでいいという人もいます。

「メールは1日に何回送ったらいいですか?」といったお伺いを立てる必要はありません。逆に相手に気を遣わせることになります。

こちらからメールを送り、相手の返信が2時間後であれば、次のメールは1時間後から2時間後くらいの間隔を空けると良いでしょう。

何度かやり取りしていくうちに、自然と心地の良いタイミングと頻度がわかるようになります。

③メールを非常識な時間帯に送らない

③メールを非常識な時間帯に送らないこちらが手持ち無沙汰でいつでもメールの返信ができるタイミングであっても、相手にとって非常識な時間帯にメールを送ることは避けましょう。

人にはそれぞれ生活リズムや仕事でメールができない時間があります。

相手の返信のタイミングや頻度を無視して、返信を催促するようなことは止めましょう。

相手の立場からすると、「自己中心的な考えの人だな」というマイナスのイメージしか持たないですし、最悪ストーカー気質な人だと判断されてしまいます。

相手にとって都合の良い時間がわからない場合は、メールで「いつ頃メールをするのが良いですか?」と聞いてみるのもひとつの手です。

【参考記事】メールでめんどくさいと感じる行動をとってない確認したい方はこちら▽

婚活相手のライン(LINE)がめんどくさい理由と対処方法!ほどほどの回数でラインを終わらせるテクニックを紹介
婚活相手のライン(LINE)がめんどくさい理由と対処方法!ほどほどの回数でラインを終わらせるテクニックを紹介

④メール返信のタイミング・メールの頻度にこだわりすぎない

④メール返信のタイミング・メールの頻度にこだわりすぎないここまでちょうど良い返信のタイミングやメールの頻度について、いくつかちょうど良いものを提案してきました。

しかし、あまりにガチガチにこだわりすぎるのも考えものです。

普段は1日に1件しかメールを送ってこない人でも、話の内容だったり、暇なタイミングでは、テンポよくやり取りがしたい場合が多いです。

メールの頻度に「誰にとってもベストなタイミング」というのはないので、以下のように臨機応変に対応するようにしましょう。

  • スムーズにやり取りが進んでいるときはこちらもテンポよく返信する
  • 忙しいときは良いタイミングを待つというように返信する

こんなメールのやり取りはNG

こんなメールのやり取りはNGメールのやり取りを行う上で、相手の対応に不快感を感じる場合があります。

自分の送ったメールが、相手に不快感を与えてないか確認してみましょう。

ここからは、メールのやり取りを行う上でのNGな行動についてご紹介していきます。

駆け引きはしない

駆け引きはしない婚活パーティー後のメールのやり取りでは、頻度と同じように返信のタイミングに悩む人も多いもの。

  • すぐにメールに返信したら、暇な人と思われないだろうか?
  • 間を空けたら『興味がないのかな』と思われてしまわないだろうか?

会って間もない相手だからこそ、返信のタイミングが難しいと考えがちです。

メールはいつ読んでも、いつ返信しても良いものだからこそ、以下のようになるべく早めの返信を心がけましょう。

  • 仕事中にメールが届いていたら、仕事が終わって寝る前までに返信する
  • 寝ている間にメールが届いていたら、朝起きてから返信する

遅れた際は、

  • 仕事中でした
  • 遅くなってごめんなさい

といった一言を添えるのも忘れないようにしましょう。

相手の気を引くために意図的に返信を遅らせるような「駆け引き」は、相手がこちらのことを好きになってくれている段階でないと逆効果です。

返信の催促をしない

返信の催促をしないメールのやり取りで、主に女性から挙がる声として「男性のメールの催促がしつこい」というものがあります。

メールを送ったにもかかわらず、女性から返信がないと以下の様な内容を送る男性もいるので、注意が必要です。

  • どうして返信してくれないんですか?
  • 僕のこと嫌いになったんですか?

メールと同じように、最近ではLINE(ライン)がコミュニケーションツールとして普及しています。

「既読スルー」という言葉があるように、LINEでは相手がメッセージを見たことを示す「既読」が付くことで、ますます返信が待てない人が多くなっています。

相手には相手の都合やスケジュールがあります。

また、婚活パーティー以外で出会った男性とやり取りをしている可能性もあります。

お互いに彼氏・彼女の関係でない以上、お相手の女性が誰とメールしようが自由です。

それを無視して自分の都合だけを先行させるメールはやめましょう。

2~3日待っても返信がない場合はご縁がなかったと諦めて、別の出会いを探した方が良いでしょう。

【参考記事】婚活でラインを既読無視されたときのNG行動!▽

婚活サイトやマッチングアプリでメッセージ・ラインを既読無視されたときのNG行動!既読スルーの対応で関係が変わる!

長文を送らない

長文を送らないメールはLINEのようなチャットアプリに比べて、あまり文字数を気にならない連絡手段です。

しかし、知り合って間もない相手とのメールやりとりで、長文を送ることは控えるべきです。

まるでブログのような長文のメールでは、相手に

  • 重い
  • 読むのが億劫

といったマイナスの印象した与えません。

伝えたいことがたくさんある場合はいったん自分の中で内容を整理して、メール1通ずつ小出しにした方が良いでしょう。

あらかじめ電話番号を交換しておいて、電話で伝えるというのも一つの手です。

まとめ:メールのやり取りをデート繋げよう

今回の記事では、婚活パーティーの相手とのちょうど良いメールのやり取りのポイントについてご紹介しました。

大切なのは、お互いが楽しくやり取りができること、メールで次に会う約束を取り付けることになります。

婚活パーティーでのメール交換の目的はメル友になることではなく、相手と恋愛や結婚へ向けて確実にステップを踏んでいくことです。

メールだけで自分の気持ちをアピールしたり、好きになってもらうことには限界があります。

あくまで直接会うことをメインとして、メールはその補助ツールくらいに位置づけておくのが良いでしょう。

【参考記事】初デートに誘うタイミングや場所を解説▽

婚活の1回目デートを成功させる7つのポイント!初デートに誘うタイミングや場所も解説
婚活サイトで1回目の初デートを成功させる7つのポイント!初デートに誘うタイミングや場所も解説

【参考記事】本気の恋が始まる婚活パーティーおすすめ人気ランキング!▽

婚活パーティーおすすめランキング
【2019最新】本気の恋が始まる婚活パーティーおすすめランキング!料金・規模・参加年齢・お見合いスタイルを徹底比較

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です