婚活パーティー

婚活パーティーの参加頻度と「常連客」にならないための心得。少ない参加回数で理想の異性と結ばれよう

婚活パーティーの参加頻度と「常連客」にならないための心得。少ない参加回数で理想の異性と結ばれよう

婚活サイト・アプリや婚活パーティー、お見合いコンや街コンなど、最近は多種多様な婚活サービスが選べるようになりました。

婚活は結婚相手が見つかり、結婚が決まるまでがゴールなので、それまで婚活パーティーに参加し続ける男性・女性はたくさんいます。

とくに婚活パーティーやお見合いパーティーは、面倒な事前の個人情報の認証やプロフィールの登録などがないため、気軽に参加できるのが魅力です。

しかし、気軽に参加できるからこそ難しいのが、婚活パーティーに参加する回数やペース。

  • 回数が多すぎると、がっついているように思われるのでは
  • 少ないと出会いのチャンスを掴むのも難しい

同じようなパーティーに参加していると、「この人、前も違う会場で会ったかも?」と、お互いに気まずくなるような状況がたびたびあるのだとか。

実際に婚活パーティーやお見合いパーティーで成功した人は、

  • パーティー何回目で決めたのか
  • どれくらいの頻度でパーティーに参加していたのか

気になるところではないでしょうか?

今回の記事では成功するまでの婚活パーティーの参加頻度と、婚活パーティー「常連客」にならないための心得について解説していきます。

婚活パーティーに常連客はどれくらいいるの?

婚活パーティーに常連客はどれくらいいるの?

ここでは、数十回~100回超えのヘビーリピーターを常連客としています。

参加回数はもちろん、1日に複数の婚活パーティーをはしごしたり、月に10回以上という参加頻度も常連客の特徴です。

婚活パーティーのゼクシィ縁結びPARTYの報告によると、月30回以上参加したことのある猛者もいるとか。

確かな数字があるわけではありませんが、婚活パーティーの常連客は全参加者の8割程度とされています。

基本的に婚活パーティーは結婚相手を探すために参加するものですので、将来のことを考えれば、納得いくまで参加し続けたいという気持ちは理解できるかと思います。

【参考記事】婚活パーティーのカップリング成功率を上げるポイント▽

https://yume-con.net/archives/1505/

婚活パーティーに参加する回数が「多すぎ」は問題?

婚活パーティーに参加する回数が「多すぎ」は問題?

結論から言うと、婚活パーティーに参加する回数が「多すぎる」ということはありません

お見合い・婚活パーティーを開催する株式会社シャンクレールが、婚活パーティーに参加した男女2,727人に「パーティーの参加回数」について質問したアンケートでは、全体の7%が「5回以上パーティーに参加している」と答えました。

パーティーの参加回数
参考:https://www.2400.co.jp/guide/data.html

意外と少ないと思いませんか?

仮に婚活期間を1年間と考えると、2ヶ月に1回参加するかしないかくらいのペースです。

この先の人生を共にする相手を見つけるための婚活ですから、時間的な理由、金銭的な理由などがない限り、わざわざパーティーに参加する回数を制限する必要はありません

妥協なんかしないで、納得の行くまで婚活パーティーに参加されることをオススメします。

【参考記事】年齢別おすすめの婚活パーティー!▽

参加者の年齢層から見る年代別おすすめの婚活パーティー
年齢別おすすめの婚活パーティー!参加者の平均年齢や割合を理解してあなたにぴったりの婚活パーティーがきっと見つかる

婚活パーティー常連客になりやすい人の4つの特徴

婚活パーティー常連客になりやすい人の4つの特徴

婚活パーティーに何度も参加することが決してダメというわけではありません。

しかし、過去のパーティーでの失敗から何も学ばず、参加の回数だけこなしていては、ただの常連客になってしまいます。

ここでは、ただのパーティー常連客になりやすい人の特徴をご紹介します。

①身だしなみや服装を改善しない

①身だしなみや服装を改善しない

婚活パーティーは初対面の男女が集まるため、見た目や第一印象がカップリングに影響するウエイトは非常に大きくなります。

「結婚は中身が大事!自分は内面で勝負する!」と意気込むのは結構なことですが、それに外見が伴っていなければ異性から選ばれることはありません。

とくにパーティーの自己紹介タイムは、会話時間が3分~5分と限られているため、会話の内容よりも見た目の印象が重要になってきます。

実際に婚活パーティーでカップル成立した人の身だしなみや服装、対面したときの雰囲気など、自分に取り入れられるものがないかチェックしてみてください。

【参考記事】男女別、婚活パーティーで異性にモテる服装を完全ガイド!▽

https://yume-con.net/archives/306/

【参考記事】女性の服装はワンピースがおすすめ▽

https://yume-con.net/archives/308/

②プロフィールカードを活用しない

②プロフィールカードを活用しない

婚活パーティーのプロフィールカードは、自己紹介の役割と会話のきっかけを生む役割があります。

ここに着目しないで自分のアピールばかりを書いている人は、お相手との会話も上手くいきません。

たとえば男性参加者が趣味欄に、

  • 釣り
  • 競馬

と書いていたとして、果たしてその話題についていける女性参加者がどれくらいいるのかというのは疑問ですね。

この場合、自分のアピールしたいことが先行していて、女性との会話のきっかけが意識できていないため、コミュニケーションが失敗する可能性があります。

婚活パーティーで成功する人は、プロフィールカードがカップリング成功のカギを握っていることを熟知しているので、あらかじめ書くことを決めていたり、相手が思わず注目してしまう仕掛けを施しています。

プロフィールカードはただの「プロフィールのメモ」ではありません。

カップリングを成功に導くツールとして、大いに活用しましょう。

【参考記事】婚活パーティーのプロフィールカードの書き方完全ガイド▽

https://yume-con.net/archives/1181/

③異性に積極的にアプローチしない

③異性に積極的にアプローチしない

婚活パーティーでは男性であれ女性であれ、気になった異性がいたら積極的にアプローチすることが鉄則です。

婚活パーティーのエクシオが実施したアンケート調査によると、「婚活に一番必要だと思うのはどれですか?」という質問に対し、回答数の半数以上が「積極性」となっています。

婚活に一番必要だと思うのはどれですか?
参考:https://www.exeo-japan.co.jp/konkatsu_enq/201112.html

回答者の口コミを読んでみても、

  • 躊躇していては自分をアピールできません。パーティーのフリータイムでは特にそうです
  • 男性が女性に対して活動的にならないと恋が実らないと思う

といった、積極性を重要視する体験談が寄せられています。

ルックスや年収が平均以上で、よほど自信がある人であれば、受身の姿勢でも異性からモテることはあるでしょう。

しかし、そうでなければ自分から行動しないと、いつまでたってもカップリングはできません。

婚活パーティーでもときどきフリータイムに食事に夢中になっていたり、席を動かずスマホをいじってばかりの人を見かけますが、そういった人たちは声をかけづらいオーラが出てしまっています。

端から見ても、

  • 遊び半分で参加しているのかな?
  • 本気で結婚したいと思っているのかな?

と感じてしまいます。

  • 告白タイムが用意されているパーティーであれば、積極的に異性にアプローチする
  • 連絡先交換自由のパーティーであれば、遠慮せずに連絡先の交換を申し出る

など、行動が伴っていないと結果は出ません。

緊張や恥ずかしさを乗り越えてでも積極的にアプローチしないと常連組の仲間入りをしてしまいます。

【参考記事】好きな異性の連絡先をゲットするコツを紹介▽

https://yume-con.net/archives/1185/

④1つの婚活パーティーに固執する

④1つの婚活パーティーに固執する

最近では全国でさまざまな婚活パーティーが開催されています。

できればいろんなタイプの婚活パーティーに参加して、自分が有利になるパーティーを見極めたいのですが、1つの婚活パーティーに固執してしまう人もいます。

たとえば、

  • 「年収600万円以上の男性限定」のパーティーにしか参加しない女性
  • 年の差婚を狙って年齢の若い女性が対象のパーティーにしか参加しない男性
  • 参加費が安いところにしか行かない方

などです。

自分が理想とする結婚相手を追い続けることがダメというわけではありませんが、結果が出ないのに固執し続けていては、いつまでたってもカップリングは成功しません。

いろいろな婚活パーティーに参加することは、異なる属性の人と出会えて、結婚相手選びの間口を広げることにもなります。

パーティー主催者のサイトなどで検索してみると、実にバリエーションに富んだ婚活パーティーが開催されています。

婚活パーティーをメインに婚活を進めている人は、異なるタイプのパーティーに参加してみることをおすすめします。

【参考記事】本気の恋が始まる婚活パーティーおすすめ人気ランキング!▽

婚活パーティーおすすめランキング
【2019最新】本気の恋が始まる婚活パーティーおすすめランキング!料金・規模・参加年齢・お見合いスタイルを徹底比較

婚活パーティーへの参加を重ねることのメリット

婚活パーティーへの参加を重ねることのメリット

婚活パーティーの参加回数を重ねるメリットとしては、婚活のコツを掴み、素敵な出会いの確率が高くなるということが考えられます。

パーティーに初めて参加したときは、誰もが右も左もわからない状況で、なかなか充実した時間が過ごせないものです。

でも、1回目の婚活パーティーで相手が見つからなかったり、上手く行かなかったからと言って、あきらめてはいけません。

たくさん参加することで、プロフィールカードの書き方だったり、会話のきっかけを掴むコツだったり、婚活がうまくいくためのコツが身についていきます

婚活パーティーの参加回数が3回目くらいになってくると、ずいぶんと気持ちに余裕が出てくるはずです。

そのため、婚活パーティーが初めての参加者に比べ、経験者の方がフリータイムでの会話や連絡先交換などで有利に立ち回れます。

【参考記事】婚活パーティーの成功例に学ぶ成功の秘訣▽

https://yume-con.net/archives/1508/

出会いの幅が広がることもメリットのひとつ

出会いの幅が広がることもメリットのひとつ

回数を重ねることのもうひとつのメリットは、将来を考えられるパートナー候補が複数現れたり、婚活を一緒に頑張っていける知り合いが増えるということです。

そもそも1回や2回の婚活パーティーで、運良く結婚までを考えられる異性が見つかることはほとんどありません。

たとえ1回の婚活パーティーでカップル成立した相手がいたとしても、実際に二人きりでデートしてみたら印象がぜんぜん違ったなんてことはよくある話です。

それなのに、「婚活パーティーで結婚相手を探すなんて無理」とあきらめるのは、あまりに早すぎますよね。

その相手をキープしつつ、次の婚活パーティーに参加することは、別に悪いことではありません。

カップリング(マッチング)した相手がいたとしても、婚活パーティーに参加してはいけないなんてルールはありませんから。

また、婚活を頑張っている参加者同士で仲良くなれるというのも、婚活パーティーならではです。

一人で婚活すると、上手くいっていないときにどうしても孤独や挫折を感じてしまいます。

職場の同僚や友人に婚活していることを相談できない、という人もいらっしゃるかもしれませんね。

その点、婚活を通して出会った人とは仲間意識を持つことができます

一緒に婚活パーティーに参加したり、情報交換したりすることで、あなたの婚活はより充実することでしょう。

参加回数が多いことによるデメリット

参加回数が多いことによるデメリット

パーティーの参加回数が多いことで得られるメリットもあれば、逆にデメリットになることもあります。

回数が多いことにどんなデメリットがあるのでしょうか?考えてみましょう。

①「婚活疲れ」を引き起こす

①「婚活疲れ」を引き起こす

婚活がスタートしたばかりの頃は「まだ始めたばかりだから、これから」と思って、気持ちで乗り切れるものです。

しかし、婚活の期間が延びたり、婚活パーティーへの参加回数が増えていくと、「いつになっても理想の相手に出会えない…」と、ネガティブな気持ちになっていきます。

また、周囲の人たちがどんどんカップル成立しているのに、自分はいつまでも相手が見つからないでいると、そのうちプレッシャーにも耐えられなくなってきます。

婚活がうまくいかないと、気持ちも前向きになりません。

婚活パーティーに参加する心の余裕もなくなりますし、恋愛自体に疲れを感じることでしょう。

婚活疲れを感じたときは、無理せず休むことです。

これまで毎週土日に婚活パーティーに参加していたのであれば、参加頻度を落として隔週にしたり、月に1~2回にして、その間はリフレッシュの期間に当てるのです。

これまで婚活に当てていた時間を家族や友達と過ごすことに当てると、良い気分転換になりますよ。

ストレスを抱えたままの婚活は、表情や言動にも影響が出ます。

婚活疲れを感じたら、ペースを落として無理のない活動を心がけましょう

【参考記事】婚活に疲れた…婚活パーティーやお見合いで成果がでない時の対処法▽

https://yume-con.net/archives/1595/

②サクラと勘違いされることも

②サクラと勘違いされることも

婚活パーティーの参加回数を重ねていくと、そのうちパーティー自体に慣れてしまって、初対面の人とも気兼ねなく話せるようになります。

それ自体はいいことのように思われますが、この「小慣れ感」がクセモノで、相手によっては業者が雇ったサクラと勘違いされる可能性もあります

わざわざ婚活初心者を演じる必要はありませんが、サクラと勘違いされないように、他の参加者の雰囲気を合わせた立ち回りをすることも大事です。

毎週のように婚活パーティーに参加している人などは、参加するペースを落とすなどして、毎回気持ちを新たに参加するようにしたいですね。

③パーティーの参加費がかさむ

③パーティーの参加費がかさむ

婚活パーティーへの参加が増えれば、当然ながら出費も比例して増えていきます。

男性は女性に比べて参加費が高めに設定されている事が多いので、その分出費も大きくなります。

女性は女性で、参加費は抑えられても、婚活用の服装などの出費がかさむことが考えられます。

婚活は人生のパートナーを見つけるためのイベントですから、パーティーの参加費も将来への投資と考えて惜しみなく出せればいいのですが、生活費などの必要なお金を削ってまで婚活をするのは考えものです。

婚活パーティーの参加回数だけが多い人は、1回1回のパーティーの結果を精査して、自分の婚活を改善していきましょう

今回カップル成立しなかったのは、相手に求める希望や条件が厳しすぎるからか、積極的にコミュニケーションを取りに行かなかったからか。

そういった気づきを改善していけば、あなたの婚活はよりゴールに近づいていくはずです。

【参考記事】婚活パーティーは時間とお金の無駄?▽

https://yume-con.net/archives/1600/

参加する頻度は自分のペースで

参加する頻度は自分のペースで

自分は婚活パーティーに参加し過ぎではないか、あるいはぜんぜん参加していないのではないかという点は気になるところでしょう。

参加する回数が増えればそれだけ財布との相談になりますが、回数を重ねるほど異性との出会いの機会が多くなるというのもポイントです。

もちろん、参加回数が多ければ結婚相手が見つかりやすいというものでもありません。

やはり結婚というのはご縁あってのものなので、参加回数が少なくても多くても、自分のペースを守って参加することが大切です。

漫然と婚活パーティーに参加するのではなく、自分磨きを意識して参加することで、さらに自分の魅力を高めることができるようになり、良いお相手との出会いのチャンスも望めます。

さらには、婚活パーティーに何度も参加していると、運営会社のスタッフと仲良くなったり、参加者同士で婚活仲間ができることもあります。

異性へのアピール方法のアドバイスをもらえたり、自分が有利になるパーティーを紹介してもらえたりと、メリットもあります。

ただし、焦りで無理に婚活パーティーに参加することは禁物です。

無理をすると自分の生活リズムに合わなかったり、婚活疲れを引き起こすこともあるので、おすすめできません。

参加頻度や回数をあまり気にせず、自分のペースで婚活を進めていくことが大切です。

何度もパーティーに参加すればいいという訳ではない

参加する頻度は自分のペースで

婚活パーティーに何度も参加することで、婚活の雰囲気に慣れたり、自分磨きができたりといったメリットは先ほど紹介しました。

もちろん、これらのプラスの効果は意識しないと手に入れられないものです。

婚活がもっとも失敗しやすいのは、婚活パーティーは出会うための手段なのに、いつのまにか参加すること自体が目的になることです。

婚活パーティーの本来の目的は、結婚相手となる素敵な異性を見つけることであるはずなのに、参加することで満足してしまうと、ただただ回数を重ねていくだけになってしまいます。

婚活が成功している人は、たとえカップリングができなかったときも、必ず何かしら得るものを持ち帰っています。

「素敵な異性と出会う!」という大きな目標を掲げるとともに、上手く行かなかったときの反省をもとに、

  • 丁寧な言葉遣いを意識する
  • 積極的にアプローチする

といった、カップリングとは別の目標も持つことが大切です。

そういった地道な積み重ねが、最終的に希望どおりのお相手とのカップリング、恋愛へとつながっていきます。

【参考記事】婚活パーティーで盛り上がる話題と会話テクニック▽

https://yume-con.net/archives/1191/

まとめ:婚活パーティーには目的を持って参加しよう

今回は婚活パーティーの参加回数・参加頻度と、ただの「常連客」にならないための心得についてお伝えしました。

ちょうどいい参加回数・参加頻度は人それぞれですが、婚活で成功を収めている人は1回1回の婚活パーティーに真剣に参加し、積極的に行動しています。

婚活を始めた最初のころはなかなか結果が出ず、カップリングしたお相手とのお付き合いが上手く行かないこともあります。

その都度、反省点や改善すべきポイントを意識すれば、過去のパーティーよりも次のパーティーでは素敵な異性とのカップリングの確率は高まります。

婚活パーティーは回数や頻度が多ければ良いというものではありません。

参加回数が多くても、少なくても、1回あたりの質を高めるように意識しましょう。

【参考記事】婚活パーティーでカップリングしない人の10の特徴▽

https://yume-con.net/archives/1160/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です