婚活パーティーの男女比は女性余りで男性不足?

婚活パーティーの男女比は女性余りで男性不足?

婚活をしていると、一度は「婚活パーティーは女性余り・男性不足」と聞いたことがあるのではないでしょうか?

実際に婚活パーティーに参加してみて、「女性の参加者の方が男性よりも多かった」経験をお持ちの方もいるでしょう。

メディアでも婚活市場の「女性余り・男性不足」を取り上げていますし、多くの専門家も同様に指摘しています。

今回は婚活パーティーの女余り・男不足の実態を見ながら、婚活市場の男女比の真実を解説していきます。

婚活パーティーの男女比は1:1ではない?

婚活パーティーでは「参加者の男女比1:1」をうたうところが多いですが、実際に男女の参加者が均等になっているパターンは少ないです。

マッチングサービスの「マッチアラーム」が行ったアンケート調査によると、 婚活パーティーやお見合いパーティーに参加したことのある男性は全体の20%、女性は全体の26.9%で、男性よりも女性の方が「婚活パーティーへの参加経験あり」の割合は大きいという結果が出ています。

婚活パーティーやお見合いパーティーに参加したことのありますか?

参考:http://matchalarm.co.jp/news/archives/55

同じく、婚活サービスのひとつである結婚相談所でも同じように、会員の「女性余り・男性不足」が指摘されており、男性会員・女性会員の会員数の比率は「男:女=1:3」とも言われています。

このように、婚活市場では男女比に偏りがあり、男性よりも女性の方が婚活サービスを利用する人が多いという傾向にあります。

では、なぜ「女性余り・男性不足」のような状況になっているのでしょうか?

婚活市場で男性が少ない原因

まずは、男性が婚活市場に少ない「男性不足」とされている原因を見ていきましょう。

仕事が忙しい

多くの男性が結婚を意識し始める20代後半~30代は、職場の部下ができたり、責任のある仕事を任されたりする年代です。

「平日は仕事で疲れ、休日はゆっくり寝ていたい」となると、結婚よりも一人の生活を充実させたいと思う男性も少なくありません。

人間はどうしても現状をキープしたい、急激な変化を嫌う性質があるので、余暇をすべて婚活に捧げるくらいの覚悟がないと、なかなか本格的に婚活に踏み出す男性も少ないものです。

一方、婚活サービスのなかでもネットを利用した婚活サイトは、婚活パーティーや結婚相談所とは逆の「男性余り・女性不足」状態となっています。

いつでもどこでもアプリやサイトを開けば婚活ができるため、忙しい男性でも婚活サイトであれば活動できるからです。

一人の生活に満足している独身貴族

「独身貴族」という言葉があるように、ある程度収入があり、贅沢ができる男性は一人の生活を充実させたいと考えます。

とくに男性も30代後半あたりになると、家賃や生活費などを差し引いても十分に手元にお金が残るので、独身貴族化する傾向にあります。

結婚によって家庭に縛られたり、自分の自由な時間を失うくらいなら独身生活を謳歌したいという気持ちがあるため、なかなか婚活に踏み出せないのです。

独身男性の年収が低いため将来に不安がある

結婚適齢期とされる30代の男性でも、その多くが年収300万円以下で生活しています。

国税庁の民間給与実態統計調査によると、男性の年間給与額でもっとも多かったのは「300万円超400万円以下」の18.3%となっています。

参考:https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan/gaiyou/2015.htm

収入から家賃や生活費などを差し引くと、婚活に回せる余裕がないというのが日本の現状です。

多くの婚活女性が最低条件とする男性の「年収400万円以上」は、この現実の数字を見ると実は厳しいラインであると言えます。

結婚へのメリットが感じられない

結婚して家庭を支えていくほど収入に余裕がないという男性にとって、結婚にメリットが感じられないのは当然と言えるでしょう。

結婚にメリットが感じられなければ当然、婚活に対する積極性もありません。

家庭に縛られ、一人の自由な時間がなくなり、給与の大半が家庭の維持費に消えていくとなると、「結婚するよりも独身生活を謳歌したい」と考える男性が出てきても不思議ではありませんね。

草食系男子の増加

ここ数年、恋愛に奥手な「草食系男子」が増加していると言われています。

草食系男子は自分から積極的に恋愛をしようというタイプの男性ではありません。

独身貴族と同じように、女性との恋愛にお金と時間を使うよりも、一人の生活を充実させたいと考える男性も増えてきています。

婚活市場で女性が多い理由

婚活市場に男性が少ない一方、なぜ女性が多くなっているのでしょうか?

ここからは、婚活市場で女性過多となっている理由を見ていきましょう。

女性は早く結婚して子供が欲しいと考えている

女性は早く結婚して、若いうちに子供が欲しいと考えている人も多いのではないでしょうか?

医療の発達により高齢出産のリスクも減ってきましたが、それでも妊娠適齢期とされる35歳をひとつのリミットとして、それまでに結婚したいと考えて婚活サービスを利用する女性も多いです。

35歳までに出産をと考えると、逆算して20代後半までには結婚しておきたいというのが女性側の心理です。

実際に婚活市場では、女性は30歳を迎えると男性からのアプローチが少なくなり、35歳を過ぎてからは明らかに不利になります。

理不尽だと思われるかもしれませんが、これが婚活市場の現実です。

周りの人からのプレッシャー

独身男性に比べて独身女性の方が周囲のプレッシャーが大きく、それが結婚への焦りにつながることも、女性が婚活へ踏み出す理由の一つと言えるでしょう。

女性は20代後半に差し掛かると、周囲の友達が次々と結婚したり、両親から

  • まだ結婚しないの?
  • 孫の顔が見たい

などとプレッシャーを掛けられます。

男性は30代独身でもさほど周りから結婚を急かされることもありませんし、妊娠・出産しない以上、何歳で結婚しても「行き遅れ」と言われることはありません。

将来への漠然とした不安

女性に限った話ではありませんが、人間は年齢を重ねるとともに、老後への不安が大きくなっていきます。

女性に比べて男性は平均的に給与が高いということもあり、お金の心配はそこまでないものの、女性は男性以上に将来に不安を感じやすいものです。

最近の「今の若者が老齢になった頃には年金がもらえない」といったメディアの報道も、将来への不安に拍車をかけていると考えられます。

死ぬまで一生独身という寂しさ、働けなくなることによる経済的な不安は、女性の方が男性より大きいため、結婚して家庭を持ちたいと考えるのは自然なことと言えますね。

20代女性の婚活市場への進出

ひと昔前までは、婚活パーティーと言えば30代から40代の女性たちが年齢構成の中心となっていました。

最近は、20代の若い世代が婚活市場へ進出する「婚活女子」が急増しています。

婚活市場では、20代の女性の市場価値は非常に高く、婚活パーティーでも男性たちの人気が集中します。

大学を卒業して就職するよりも、若いうちにハイステータス男性と結婚して専業主婦になり、幸せな家庭生活を送りたいとか考える女子学生も少なくありません。

男性に比べて婚活パーティーの参加費安く、参加条件が緩い

多く婚活パーティーは、参加費用が「男性>女性」となっています。

20代の若い女性であれば、ワンコイン料金や女性無料で参加できるものも少なくありません。

一方、男性側は参加費3000円以上が相場です。

婚活パーティーの参加条件を見ても、男性は年齢制限の他に

  • 年収◯◯万円
  • 大学卒以上

といった制限も課されている場合が多いものです。

さらに

  • 人気職業の女性限定
  • 20代の女性限定

といった男性から人気のパーティーになると、1万円を超えるところもあります。

婚活パーティーの参加の敷居の低さからも、女性の参加者の方が多いということが言えそうですね。

まとめ

今回は婚活パーティーの男女比の実態と、婚活市場の「女余り男不足現象」の原因についてお伝えしました。

あくまでデータから見る実態なので、実際に婚活パーティーの場に参加してみると、女性が多く男性が少ないときもあれば、男性が多く女性が少ないときもあります。

メディアの報道などでも「女性余り・男性不足」が話題になっていますが、それも婚活パーティーの開催のタイミングや会場のアクセスのし易さなどで男女比が変わってきます。

基本的に婚活パーティーでは男女比が整ったタイミングで募集を終了したり、大きく偏ったときは開催を中止したりといったこともあります。

「女性余り・男性不足」だからと言って、女性が結婚を急ぐ必要はありません。

あまり男女比のデータを気にせず、出会ったお相手が結婚相手に相応しいかどうか、じっくりと見極めることが大切です。

年齢別の婚活パーティー

大学生向けのおすすめな婚活(恋活)パーティーランキング
20代向けのおすすめな婚活パーティーランキング
30代(アラサー)向けのおすすめな婚活パーティーランキング
40代(アラフォー)向けのおすすめな婚活パーティーランキング
50代(アラフィフ)向けのおすすめな婚活パーティーランキング

婚活パーティーランキング

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTYは、東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活パーティー。しっかりした企業が運営しているから、安心感があります。
毎月100種類以上のパーティーを開催しており、会場はすべて婚活のために作られた自社会場!PARTY☆PARTYなら、素敵な相手と出会えるはずですよ。

\【体験談レポ】30代婚活女子がPARTY☆PARTYに行ってきた!//

OTOCON

「パーティーには興味あるけど、チャラチャラした人ばっかりだったら嫌」「ちゃんと婚活ができるかな?」と不安な方におすすめしたいのが、OTOCONです。
OTOCONでは、「1年以内に結婚したい方限定」といった参加条件を設けたパーティーを開催するなど、「結婚」を明確な目標としている人が多く参加しています。
小規模パーティーが中心なので、大勢でワイワイするより、じっくり仲良くなりたい派の方向け。

エクシオ

9年連続婚活パーティー参加者数ナンバーワンに輝いたエクシオ。
それだけ参加者の満足度が高く、知名度もあります。
婚活中の3人に1人がエクシオの婚活パーティーに参加しているというデータもあり、婚活をするなら一度は参加しておいて損はないです!
参加するほどにポイントが貯まるおトク情報も豊富にあるので、チェックしてみてください。
婚活パーティー体験レポ
\\ 30代女子がガチンコ参戦 //
婚活パーティー体験レポ
30代女子がガチンコ参戦