女性は年齢が若くないと婚活パーティーで不利!?有利になる方法

女性は年齢が若くないと婚活パーティーで不利!?有利になる方法

これから婚活を開始する女性が気になることは、「自分の年齢で果たして結婚できるだろうか?」という悩みではないでしょうか?

とくにアラサー女性、アラフォーの女性となると、周囲の結婚ラッシュや両親からの期待、妊娠・出産などあらゆるプレッシャーに晒されます。

厚生労働省が平成24年に発表した女性の平均初婚年は29.2歳と、年々高齢化しており、30代で独身・未婚・絶賛婚活中という女性たちも珍しくありません。

一方で、

  • 女性は年齢が若いほど婚活で有利
  • 男性は年下女性が好き

という意見も聞こえてきます。

今回は婚活女性向けに、年齢が若いほど婚活パーティーで有利になるのか考えてみましょう。

婚活パーティーの女性参加者の中心は何歳?

大手婚活パーティー運営会社のシャンクレールがパーティー参加者の年齢層を調べたところ、女性の参加者のボリュームゾーンは「25歳~34歳」でした。

女性の婚活パーティー参加者の年齢層

参考:https://www.2400.co.jp/guide/data.html

シャンクレールは他社と比べて参加者の年齢層の若さを打ち出しており、男女共に結果的に20代後半~30代前半のいわゆる結婚適齢期の異性がもっとも多いという結果が出ています。

もちろん、婚活パーティーの運営会社のなかには、30代以上の女性が多いところ、40代以上の女性に特化したところなど、さまざまなコンセプトを掲げています。

一概に何歳の女性が一番多いとは言えませんが、シャンクレールのデータから女性の初婚平均年齢の29歳前後の女性が婚活の場に多いと言えるでしょう。

婚活市場における女性の市場価値

婚活パーティーのエクシオが実施したアンケート調査によると、「結婚するならコレだけは欠かせないと思うものは何ですか?」という質問に対し、もっとも多かった回答が「子ども」で、回答者の4割程度に達しています。

結婚するならコレだけは欠かせないと思うものは何ですか?

参考:https://www.exeo-japan.co.jp/konkatsu_enq/201608.html

男性意見には、

  • 私が結婚したいと思う理由の一つであり、それもかなり重要なものが『自分の子供をもちたい』ということです

とあり、女性意見にも、

  • 必ず子供が出来るとは限らないが、好きな人と結婚して、好きな人との子供が出来たら幸せだと思う

という意見が挙がっています。

現実的な話をすると、「結婚後は子供が欲しい」と考えている男性ほど、いわゆる妊娠適齢期の女性を選ぶ傾向になります。

妊娠適齢期とは、女性の閉経から逆算して健康的に妊娠・出産できる年齢のことを指し、具体的には35歳あたりが上限とされています。

近年では不妊治療の技術も進化し、40歳を過ぎて出産する女性もいますが、たいていは「妊活や不妊治療などそれなりの努力や治療をした結果」というのが注意点です。

男性側としても無理なく女性に妊娠・出産して欲しいと考えているため、婚活市場ではどうしても20代、30代前半までの女性に注目が集まります。

つまり、子供がほしいと考えている男性に限った話では、女性は年齢が若いほど男性に選ばれやすいということが言えます。

婚活市場における女性の市場価値は、若いほど市場価値が高いのです。

女性が若いうちから婚活を始めるメリット

婚活パーティー参加者の意見を伺っていると、「結婚相手に希望すること」に価値観やフィーリング、職業や年収などと言ったことは挙がっても、結婚相手の年齢を挙げる人はほとんどいません。

それは「結婚相手は何歳でもかまわない」というよりも、自分との年の差や妊娠・出産を考慮した暗黙のルールとして表に出て来ないことがポイントです。

先ほど見た「結婚するなら欠かせないこと」で「子ども」という回答が最も多かったことをからもわかるように、多くの男性、あるいは女性が「子どもを産める歳までに結婚したい」と考えているようです。

では、女性が若いうちから婚活を始めるメリットとは何でしょうか?

男性からの人気が高い

年齢を気にしないという男性、年上の女性が好きという男性、好みはさまざまですが、もっとも男性人気が高いのは20代の若い女性です。

最近では20代~50代が一堂に会するような、年齢制限のないパーティーはほとんど見かけませんが、年齢別の婚活パーティーを見ても、やはり20代の女性が参加するパーティー、20代女性限定のパーティーは予約が集まりやすい傾向にあります。

先ほどのシャンクレールの調査でも、男性参加者の年齢層のボリュームゾーンである25歳~35歳の世代は、自分と同じ年代かマイナス5歳差までの女性を選ぶ傾向にあるため、必然的に20代の女性は男性からの注目が集まります。

当然、フリータイムにも男性からアプローチされることが多いので、カップリングの成功率も高くなります。

若さという絶対的なアドバンテージ

これまで解説してきたように、女性の年齢が若いということは、何ものにも代えがたいアドバンテージです。

妊娠・出産の例を持ち出すまでもなく、婚活パーティーで30代と20代の女性がいたら、ほとんど無条件で男性の人気を集めるのは20代の女性です。

もちろん、30代・40代以上でも20代の独身女性に負けない、モデルや芸能人並みの美人で見た目やスタイルの維持できている人は、大人の女性の魅力で有利に立てる可能性があるかもしれません。

ただしそうではないとしたら、年齢のアドバンテージを年齢以外の要素で覆すのは、かなりの至難の業と言わざるを得ません。

結婚を焦らなくて良い

女性の多くは30代が目前に迫ると、妊娠や出産を意識して結婚に対して焦りを感じ始めます。

同年代の友人・知人の結婚ラッシュで周囲からのプレッシャーを強く感じるようになるのも、アラサーあたりからでしょう。

20代も前半であれば、まだまだ結婚までのタイムリミットに猶予があるため、焦る必要がありません。

30代・40代以上の女性でも婚活で有利になる方法

ここまで、30代からそれ以上の女性にとって、辛辣と思えるような内容でしたが、「女性が婚活の場で有利な立場」を考えると、どうしても年齢のアドバンテージは捨て置けません。

しかし、

  • だったら、早くから婚活しておけばよかった!
  • 恋愛・結婚できる自身がなくなった

と落ち込むのはまだ早いです。

30代・40代以上の女性でも婚活で有利になる方法、有利になる婚活パーティーの選び方があります。

自分が若い方の世代に入るパーティーを選ぶ

たとえば年齢が39歳の女性が参加条件24歳~39歳のや30代女性限定のパーティーに参加することはできますが、年齢では一番上となってしまうため競争では不利になります。

肝心なことは、男女とも競争相手が若いほど苦戦を強いられるということです。

つまり、自分が若い方の世代に入るパーティーを選ぶことで、年齢のアドバンテージを活かせるということが言えます。

先ほどの例の39歳の女性であれば、年齢制限が34歳~44歳までのパーティーでは若い方に入ります。

男性は自分の年齢よりも年下の女性を好む傾向にあるため、アラフォー女性であれば40代、50代くらいまでの年上男性がよく参加している「40代以上の男性限定」のパーティーでは有利な立場に立てるでしょう。

自分の趣味や特技が活かせるパーティーを選ぶ

男性が結婚相手に求める条件のなかには、趣味が一致していることや女性らしい家庭的な一面などが挙げられます。

家庭的な一面がアピールできるパーティーとしては、参加者たちでペアやグループを組んでで料理をしながら婚活をする「お料理コン」などがあります。

また趣味の一致ということでは、共通の趣味を持つ人たちが参加する「趣味コン」などもあります。

さらには、ぽっちゃり体型の女性を好む男性が集まる「ぽっちゃり好き男子限定パーティー」などの特別企画も開催されており、人気を博しています。

先ほどの、自分の年齢のアドバンテージが活かせて、なおかつ自分の趣味や特技が活かせるパーティーを選ぶことで、婚活を有利に進めることは十分に可能です。

30代以上の女性におすすめのパーティー

ここでは、30代~40代以上、50代以上と、女性におすすめの婚活パーティーを年代別にご紹介します。

ご自身の年齢や活かせそうなスペックと照らし合わせて参考にしてみてください。

PARTY★PARTY 奥さんを大切にする男性

PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)
パーティー詳細
対象年齢

  • 男性:33歳~39歳位まで
  • 女性:30歳~39歳まで
  • 料金の目安

  • 男性:4500円
  • 女性:1500円
  • 男女共30代が中心の婚活パーティーです。同い年、あるいは年齢差5歳位までのカップルを想定した年齢構成と言えるでしょう。

    男性は年齢制限の他に、大卒もしくは正社員もしくは年収550万円以上であることが参加条件となっているので、女性にとっては高収入の男性と出会えるチャンスです。

    PARTY☆PARTYの詳細

    エクシオ プレミアム女性40歳代・男性30歳代~女性年上編~

    エクシオ
    パーティー詳細
    対象年齢

  • 男性:30歳代
  • 女性:女性40歳代
  • 料金の目安

  • 男性:2500円
  • 女性:7000円
  • 年上女性が好きな30代の男性が集まる、40代の女性が有利になれる婚活パーティーです。

    女性の参加費が平均より高めに設定されていますが、それ以外にはとくに厳しい参加条件はありません。

    女性人気が高く、公開後すぐに予約で埋まる人気のパーティーです。

    40代で婚活を始めた女性でも、「まずは年下の男性と出会いたい」といった気持ちで気軽に参加できます。

    男性は年収500万以上であることが参加条件となっているので、女性にとっては年下のハイステータス男性と出会えるチャンスと言えるでしょう。

    エクシオの詳細

    茜会 サロンパーティー

    茜会
    パーティー詳細
    対象年齢

  • 男性:45~62才
  • 女性:女性フリー
  • 料金の目安

  • 男性:3000円
  • 女性:3000円
  • 茜会は40代、50代、シニア世代向けの婚活パーティーを多数開催しています。

    こちらのサロンパーティーは、男性45~62才、女性は年齢制限のないフリーとなっており、アラフォー女性が同年代男性~年上男性を探すのにぴったりのパーティーと言えるでしょう。

    パーティー中は連絡先交換が自由なので、初心者の方も安心して参加できます。

    まとめ

    今回の記事では女性の年齢が婚活に及ぼす影響を踏まえ、婚活パーティーやお見合いコンで年齢が不利になるのか、30代以上でも婚活を有利に進める方法についてお伝えしてきました。

    結論を言えば、女性の年齢は若いほうが有利ではありますが、若くないからと言って全てにおいて不利ということはありませんし、「不利=結婚ができない」ということでもありません。

    30代でも40代でも、それ以上でも、ここで紹介した方法を実践し、「絶対に結婚する」という心構えを持って婚活に取り組めば、結婚チャンスを掴むことができるでしょう。

    年齢別の婚活パーティー

    婚活パーティーランキング

    PARTY☆PARTY

    PARTY☆PARTYは、東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活パーティー。しっかりした企業が運営しているから、安心感があります。
    毎月100種類以上のパーティーを開催しており、会場はすべて婚活のために作られた自社会場!PARTY☆PARTYなら、素敵な相手と出会えるはずですよ。

    \\【体験談レポ】30代婚活女子がPARTY☆PARTYに行ってきた!//

    OTOCON

    「パーティーには興味あるけど、チャラチャラした人ばっかりだったら嫌」「ちゃんと婚活ができるかな?」と不安な方におすすめしたいのが、OTOCONです。
    OTOCONでは、「1年以内に結婚したい方限定」といった参加条件を設けたパーティーを開催するなど、「結婚」を明確な目標としている人が多く参加しています。
    小規模パーティーが中心なので、大勢でワイワイするより、じっくり仲良くなりたい派の方向け。

    エクシオ

    9年連続婚活パーティー参加者数ナンバーワンに輝いたエクシオ。
    それだけ参加者の満足度が高く、知名度もあります。
    婚活中の3人に1人がエクシオの婚活パーティーに参加しているというデータもあり、婚活をするなら一度は参加しておいて損はないです!
    参加するほどにポイントが貯まるおトク情報も豊富にあるので、チェックしてみてください。
    婚活パーティー体験レポ
    \\ 30代女子がガチンコ参戦 //
    婚活パーティー体験レポ
    30代女子がガチンコ参戦