婚活サイトでのお断りメールの書き方

婚活でのお断りメールの書き方

婚活をしていてさけて通ることができないのが、連絡を取り合った人との交際や結婚を断ること。

相手を傷つけたくないという優しさから、どのようなメールを送っていいのか悩みを持っている人は多くいます。

今回は、断りメールを送るということはどういうことなのか、どのようなメールで断ればいいのかご説明します。

婚活をしていれば誰もが通る道なので、ぜひ参考にして新しい出会いに期待してください。

断ることは悪いことではない

相手を断ることに罪悪感を感じてしまうのは、断ることをどこか悪いことだと認識していう証拠です。

しかし結婚は1人としかできないのですから、相手選びに慎重になることは当然のことですし、結婚する1人以外は断らなきゃいけないことも当然のことなのです。

ここでは交際を断る際のルールについて説明します。

断る際はお早めに

ます、断る際の注意点は先延ばしにすることは相手に失礼であることを理解することです。

あなたとして本気でどうするか悩んでいる時間なので、そんなことを言われるのは心外かもしれませんが、その考えは結局自分のことしか考えていません。

あなたが悩んでいる時間も相手はあなたがどういう返事を返してくれるか気が気ではないですし、その期間が長ければ長いほど身にもならない無駄な時間を過ごすことになります。

婚活においてスピードとタイミングは非常に重要になってきます。

あなたが悩んで返事を送らせた時間は、それだけ相手が次に行くのを送らせていることになることも考えましょう。

その人との先がないと感じた時点で、できるだけ早くお断りのメールを送りましょう。

この時注意して欲しいのは、判断してからの行動を早くすることは大切ですが、判断自体を早めるわけではないことも理解してください。

1度会ったからといって相手のこともよくわからないうちに断っていては、出会いの幅を狭めることになります。

そもそも婚活をしている人は自分の魅力を相手に伝えることが苦手な人が多いです。

相手の上辺だけを見て判断するのはもったいないので、ある程度の時間をかけて相手の魅力を探すようにしましょう。

決断してからの行動を急ぐことは大切ですが、判断自体を焦る必要はないので気をつけてください。

断りの部分ははっきりと

相手を傷つけたくないないと思いから、何を言いたいかわからないメールを送ってしまう人もいますがこれもNGですし、相手に対しても失礼です。

書いている側からすると、ここまで書いているから察してよという気持ちもあると思いますが、受け取った方からするとどう受け取ったらいいか分からなくなります。

例えば「価値観の開きを感じました」と文言もお断りのメールとして受け取る人は多いですが、中には「これからその開きを埋めていきましょう」と受け取る人もいるのです。

特に婚活をしている人は恋愛経験が少ない人も多いので、異性とのコミュニケ―ションに慣れておらず、あなたにとっての普通が通じないことはよくありません。

曖昧な表現は余計に関係をこじらせる結果に注意しましょう。

先述したように断ることは相手を傷つけることではないので、しっかりともう会わないということを伝えてください。

お断りメールの構成

実際にお断りメールを作る際の構成の説明します。

テンプレになってはいけませんが、次の要素は必ず盛り込むようにしてください。

断ることが悪いことではありませんが、少なくとも失礼のないようにはしましょう。

これは礼儀的な意味もありますし、トラブル防止や今後の婚活にも大切になってきます。

婚活をしている人の中には失礼な断りをされたことに腹を立てて、あなたの予想外の行動に出る人もいないわけではありません。

また結婚相談所や誰かのサポートを受けている場合、失礼な断り方をしている相手に次からいい人を紹介するのを躊躇うのは人として当然でもあります。

結婚相談所の場合は相談所の人がお見合い相手に断りを入れてはくれますが、それでも相手への感謝を伝えてもらうと相談所からの印象もよくなります。

チャンスの終わりは新しいチャンスの始まりでもあります。

ひとつの恋の終わらせ方が、次の恋の始まりを決めると思ってください。

今までのやり取りへのお礼

まずはこれまで時間をとってやり取りしてくれたお礼は伝えましょう。

短い長いに関わらず、少なくとも貴重な婚活の時間をあなたのために省いてくれたことは確かなので、素直に感謝してください。

特に何度か会っている場合はできるたけ具体的な感謝を込めて、テンプレートのようにならないようにしましょう。

この部分の充実度で、その後の断り文句の受け取り方が全然変わってきます。

断る理由

相手に納得してもらうためにも、断る理由は必ず入れてください。

しかし必ずしも正直に書く必要はありません。

会った際にルックスがどうしても生理的に受け付けないという場合でも、

  • 価値観に開きを感じました
  • 将来一緒にいるイメージがつかめなかった

などと言った方が無難です。

曖昧な理由に感じるかもしれませんが、具体的な理由を書く必要はありません。

そもそも男女が付き合うのにも、別れるのにも特別な理由などがいらないのですから、断る理由だって特別である必要もありません。

フィーリングが合わなかったと言われれば、断られた方も納得せざるを得ないのです。

定型文にしてはいけませんが、ある程度断る際の理由はいくつか用意しておきましょう。

お断わり

先ほども書きましたが、断りの部分は短くてもいいので必ず盛り込むようにしてください。

よくあるのが、断る理由まで書いて結論が書かれていないケース。

断る理由だけであればどうとでもポジティブに解釈することができるので、断りの解釈しかできない文言を入れましょう。

  • 断り入れさせてもらいました
  • ご縁がありませんでした

という文句を、一文必ず添えるようにしてください。

お断りメール例

実際にどのような断りメールを入れればいいのか例を出してご説明します。

そのまま使うのはいただけませんが、ぜひ参考に利用してください。

実際に会う前

ネット婚活をしていると実際に会うまでにやり取りができるのに、会う前に断りのメールを入れることもあります。

できれば会ってから判断した方がいいのですが、メールの時点で絶対に合わないと判断した場合には、実際に会うことを提案された時に断りのメールを入れましょう。

お見合いのご提案ありがとうございます。

○○さんとやり取りを始めてから数週間になりますが、その間楽しい時間を過ごさせて頂きました。

○○さんのお話は勉強させていただくことも多く、将来のビジョンもしっかり持たれている方なので私自身とても刺激になりました。

しかし、○○さんが思い描くビジョンにどうしても自分がマッチするイメージがわきませんでした。

お誘い頂いたことは本当にうれしいのですが、今回はお断りさせてください。

忙しい中で私とのやり取りする時間を作っていただきありがとうございました。

○○さんがビジョンにマッチする素敵な人と出会えることを心から願っております。

一度会った後

実際に相手に会ってしまうと、相手の雰囲気を感じてしまいますし、断る時も顔が思い浮かぶので断るのにより勇気が必要になります。

特に女性の場合はカフェでいっぱいおごってもらったぐらいであればいいですが、レストランでのお見合いで男性に食事をごちそうになったりすれば余計断りづらくなります。

1回会っただけではなかなか相手のこともわかりませんし、できれば2回目も会ってほしいとは思いますが、1回目で判断できてしまった場合は2回目のデートの話になった時やあった日に断りましょう。

本日はわざわざお時間を頂きありがとうございました。

またお店を選んでいただいた上に、ご馳走までして頂きありがとうございます。

メールでやり取りしていた時とは違い、実際に声が聴くとまた印象が違い楽しい時間を過ごすことができました。

しかし本日直接話したことで○○さんとは結婚に対する考え方や、未来の方向性に対する考え方に開きがあると感じました。

このまま一緒にいてもお互いに苦しくなってしまうのではないかという不安を感じました。

私が至らないが故の不安ではありますが、今回はご縁がなかったということにさせてください。

せっかくお時間を頂いて遠方から来ていただいたのに申し訳ありません。

○○さんに今後いいご縁があることを心から願っています。

複数回会った後

複数回会っていることはあなた自身も結婚意識していた可能性が高いので、断るのは余計勇気がいる上に失望の気持ちもあるでしょう。

それでも今後、二人の関係の発展が望めないようであればできるだけ早めに、断りの連絡を入れてあげるのが相手に対する礼儀です。

これまで時間を作ってくれた相手に感謝の気持ちを表すことがポイントです。

また複数回会って正式にお付き合いをしている場合には、メールで一方的に断るのはマナー違反になります。

あなたが今後関係を続けていくのが難しいと思っても、できるだけ二人で話し合って、会うのが気まずくてもせめて電話でお互いに納得できるようにしましょう。

いつも忙しい中で、デートの時間を作って頂きありがとうございました。

お会いするたびに、○○さんの話に刺激を受け、勉強になりながらも楽しい時間をすごすことができたことに感謝してます。

しかし、何度かお会いしてお互いの価値観や将来像を話しながら、どうしても埋まらない溝のようなものを感じました。

お友達としてはこういう溝も受け入れて、お互いを高めあう関係を築けるかとも思いましたが、実際に家族となって夫婦関係を築くとなるとどうしてもイメージがわきません。

○○さんが考える理想の家庭を作っていくには私ではどうしても至らないように感じましたし、それがお互いのストレスになってしまうのではないかと思えてなりません。

なんども私のためにお時間を作って頂いてお断りするのも心苦しいですが、今回は縁がなかったということでお許しください。

本来であればお会いしてお話することですが、顔を見てしまうとうまく言葉がまとまらない気がするため、このような方法になってしまい申し訳ありません。

仕事が忙しいなかでデートプランを考えてくれた上に、私のわがままにも付き合ってくれた○○さんの優しさが心にしみています。

今後○○さんに素敵な出会いがあって幸せな家庭を築けることを心から願っています。

これからは別々の道を歩むことになりますが、これまでの心遣いに感謝しています。

ありがとうございました。

まとめ

最近では離婚のハードルが下がっているとはいえ、結婚を選ぶことは人生を左右する大きな決断の一つです。

そのためこの人で本当にいいのか、この人を手放したらこれ以上の人にはもう会えないのではないかと不安になることもたくさんあります。

しかし、大切なことはあなたがどんな判断をするかよりも、決断したあとにどのような行動をとるか。

断ることは相手を傷つけるのではないか、という不安があるのと同時に、一つのチャンスを失ってしまうか、という不安もあると思います。

しかし、一度決断したあとにその選択が正しいか間違っているかを決めるのは、その後のあなたの行動です。

断ることは不安と恐怖が戸惑いますが、最後にあなたが幸せになることですべての選択が肯定されます。

ですので決断した後は迷わず、失礼の無いように断りのメールを送りましょう。

年齢別の婚活サイト

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。