50代(アラフィフ)におすすめな婚活サイトの選び方

50代(アラフィフ)におすすめな婚活サイトの選び方
  • 会社一筋で頑張ってきた
  • 価値観の違いでパートナーと離婚した
  • 子供も独り立ちしたので、次は自分が幸せになりたい

など、50代で結婚・再婚を目指して婚活を始めようという方は少なくありません。

昨今の日本では晩婚化や未婚率の上昇がメディアなどで報道されているように、老後を控えた50代で一度も結婚の経験がない、あるいは離婚経験があり、現在独身という方も珍しくなくなりました。

現在では婚活サイトをはじめ、婚活パーティーや結婚相談所など、さまざまな婚活サービスが提供されており、自分の性格や生活スタイルに合った婚活方法を選ぶことが重要です。

今回は、アラフィフ・50代~シニア世代の方を対象に、50代の婚活事情や婚活を始める際の心構え、おすすめする婚活方法についてお伝えします。

50代におすすめの婚活サイト

出会いを提供するネットサービスには、大きく分けて恋活サイトと婚活サイトがあります。

より真剣に結婚を考えているのであれば、婚活サイトの利用をおすすめします。

50代に婚活サイトをおすすめする理由を踏まえ、ここからは婚活中の50代向けのおすすめ婚活サイトをメインにご紹介します。

ブライダルネット

ブライダルネット
  • 1ヶ月あたりの利用料金:3000円

婚活サービス最大手のIBJが運営する婚活サイトです。

30代40代がメイン層で、新規登録時の身分証明書による本人確認の徹底、プロフィール写真に審査を設けるなど、会員のプロフィールの信憑性を高めるための施策を徹底しています。

結婚相談所の仲人やアドバイザーのように、婚活のプロである婚活コンシェルジュのサポート体制が整っているため、婚活初心者や女性会員でも安心して活動できます。

利用料金は何ヶ月利用しても一律月3000円なので、お試しで利用するにも便利です。

youbride(ユーブライド)

ユーブライド
  • 1ヶ月あたりの利用料金:2970円(3ヶ月プラン)、2320円(6ヶ月プラン)

大手SNSのmixi(ミクシィ)が運営する婚活サイトがユーブライドです。

月額料金に2980円プラスすることでプレミアムオプションが選択でき、専門の婚活コンシェルジュのサポートを受けることができます。

婚活に不安を抱えている方や婚活中の悩みなどを、婚活コンシェルジュに個別でのメール相談ができるようになっています。

異性にモテるプロフィールや顔写真の選び方、デートに誘うときに気をつけるべきことなど、初めて婚活をする方、長らく婚活から離れていた方でも安心して活動ができるでしょう。

無料登録でお相手検索まではできますが、異性にアプローチするなら有料登録が必要です。

マッチドットコム

マッチドットコム
  • 1ヶ月あたりの利用料金:3980円(1ヶ月プラン)、2467円(6ヶ月プラン)

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト・アプリがマッチドットコムです。

外国人のユーザーも多く、国際結婚を希望する方にもオススメのサイトです。

マッチドットコムでは各種証明書を提出することで自身のプロフィールの信憑性を高めることができます。

身分証明書による本人確認のみならず、収入証明書や在籍証明書、卒業証明書などを提出することで、たとえば男性会員は自身の職業や年収の裏付けができますし、女性会員は証明済みマークが付いている男性会員と安心してやりとりができます。

デザインは少々古い印象を受けますが、活動している会員の真剣度は高いため、希望する異性との出会いに期待できるでしょう。

こちらも無料でプロフィールの閲覧まではできますが、メッセージ交換をするなら有料登録が必要です。

エキサイト恋愛結婚

エキサイト恋愛結婚
  • 1ヶ月あたりの利用料金:3500円(1ヶ月プラン)、2083円(6ヶ月プラン)

伊藤忠グループが運営している婚活サイトです。

エキサイト恋愛結婚は累計会員数24万人を超え、毎月1500組のカップルが誕生しています。

結婚を前提とした真剣な婚活をしているユーザーが多く、新規登録時には身分証明書の提出による本人確認を100%徹底しているため、初めて婚活サイトを利用する方でも安心できます。

メインの会員層は30代ですが、50代の男性会員が全体の20%以上、女性会員は15%以上と、婚活サイトの中では50代以上のユーザーの利用率が高いことも特徴です。

パートナーズ

パートナーズ
  • 1ヶ月あたりの料金:1980円~

9年の実績を持つ人気の婚活サイトの一つです。30代40代がユーザーの年齢層のボリュームゾーンとなっていますが、50代も11%と婚活サイトの中では比較的多い方です。

お見合いの身上書(釣書)をイメージしたプロフィールを利用して、お相手とのマッチング率や相性、ログイン状況やメールのやり取り状況、お互いの住まいの距離などを考慮して、理想に近いパートナーを紹介してもらえます。

また男女のマッチングは性格や相性を重視しているため、性格診断・相性診断を実施しています。

さらにパートナーズでは他業者やなりすましを徹底排除するための本人確認を徹底しており、身分証明書による年齢確認や、プロフィールの信頼度を高めるためのクレジット証明・写真証明・収入証明・独身証明なども実施しています。

アラフィフ・50代でも婚活の需要は高まっている

  • 50代ではもう結婚は遅すぎる
  • 婚活をしても相手がいない

など、年齢的な不安を抱える人は多いでしょう。

結論から言うと、今はアラフィフ・50代・中高年の婚活の需要が高まっています。

理由として考えられることは、昨今の晩婚化・中高年の未婚率の高さが挙げられます。

2015年の国勢調査によると、50歳までに一度も結婚したことのない人は、男性で23.37%、女性で14.06%と50代の未婚率は年々上昇傾向にあります。

参考:http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka.htm

男性のおよそ4人に1人、女性のおよそ7人に1人が生涯未婚という、「結婚離れ」が進んでいると言えるでしょう。

さらに、離婚の件数もここ数年で増加しています。

昨今では結婚したカップルの3組に1組は離婚していると言われるほどです。

平成28年の厚生労働省の調査によると、離婚件数は21万7000件で、30年前に比べるとプラス5万件も増加したことになります。

人口動態総覧の年次推移

参考:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei16/dl/2016suikei.pdf

婚活パーティー・お見合いパーティーでも50代以上を対象とした企画が開催されていますし、結婚相談所や婚活サイトでも50代で登録している人も多いです。

未婚率の上昇と離婚件数の増加、さらにはひと昔前に比べて離婚が珍しいものではなくなった、離婚しやすい環境になったということも含めて、再婚を目指して婚活をするアラフィフ・50代以上のバツイチ・子持ちの方が増えたと考えられます。

50代の婚活のポイント

20代・30代の若い年代の人と、アラフィフ・50代の人とでは相手への条件や結婚観も大きく異なります。

50代の人が20代の人と同じ感覚で婚活をしても、上手く行くとは限りません。

ここからは、50代が現実的に婚活を進めていく上でのポイントを整理してみましょう。

一緒に居て安心する相手を見つける

50代から婚活をしている人の特徴として、人生のパートナーに求めるのは年収や年齢・容姿などの外面的な条件よりも、

  • 一緒に居て安心できる
  • 居心地が良い

といった内面的なフィーリングが合うかどうかを見極めようとしています。

離婚の原因として一番に挙げられるのが、相手の経済面や容姿よりも、「価値観の不一致」「性格の不一致」です。

結婚した当初は相手の外面的な条件を受け入れて結婚したものの、長い夫婦生活の中で気持ちにズレが生じ、離婚に至るというケースが非常に多いです。

そういった自分自身の経験や、自分の周囲で離婚を経験した人の話を聞くなどして、50代の婚活はより慎重にお相手の内面を見極めるようになります。

そのため、プロフィールの年齢や年収、容姿よりも、マッチングして実際に会ってみてからのフィーリングを重要するというのが、50代の婚活の成功のポイントとなります。

老後の過ごし方を意識する

アラフィフ・50代は、定年退職後の老後の生活を意識する年代です。

若い男性・女性と年の差婚を狙うよりは、

  • 老後を独り身で過ごすのは寂しい
  • 老後の生活を一緒に過ごしてくれる相手がほしい

といった理由から婚活を始める人は非常に多いです。

婚活において大切なことは結婚を目指すことよりも、結婚した後にどのような生活を送るかです。

  • 結婚はゴールではない
  • 結婚にゴールはない

などと言われるように、結婚した後の目標が何もない状態では、お相手の見極め方や結婚に対する気持ちもぶれてしまいます。

アラフィフ・50代の婚活に老後の生活が切っても切れない要素であるならば、結婚相手とどのような老後を過ごしたいかをしっかりとイメージして、目標を持って婚活を進めていきましょう。

明確な目標のある人は、婚活にムダな時間やお金を費やすことなく、半年から1年以内にお相手が決まるような効率的な活動ができます。

50代だからこそ積極的な行動が必要

20代の若い女性・男性であれば婚活の場で黙っていても、相手の方から声をかけてくれたり、アプローチしてくれたりするものですが、50代で結婚を目指すのであれば「いい年して自分から積極的になるのは恥ずかしい」などと言っていられません。

婚活は積極的に出会いのチャンスを掴んだ人が成功するものです。

出会う人の数が多いほど、自分からアプローチするほど結婚のチャンスがあります。受け身でいることに一切のメリットはありません。

50代で婚活をしている人はだれでも、老後の幸せな生活を目指して活動しています。

「結婚する気がない」という気持ちで婚活に参加している人はいないので、ぜひ自分から積極的に行動しすることを心がけましょう。

50代に婚活サイトをおすすめする理由

婚活パーティーや結婚相談所など、50代でも利用できる婚活サービスはいろいろとありますが、そのなかでも婚活方法としておすすめしたいのがネット婚活・婚活サイトです。

婚活パーティーのなかには50代を対象としているパーティーもありますが、そもそも婚活パーティーは20代30代の参加を想定しているため、50代参加OKのパーティーは開催数があまり多くありません。

開催されていたとしても、「40代以上」で一括りにされてしまうため、参加者のなかでは不利になることもあります。

結婚相談所と婚活サイトに関しても、50代以上の利用者は全体の10%にも満たない数ですが、婚活パーティーに比べると出会いのチャンスは多いです。

ただし結婚相談所は入会金・月会費で10万円以上の先行投資が必要となる点がネックとなります。

まずは手軽に婚活を始めたい、仕事や私生活のスキマ時間を有効活用したいという方には、婚活サイトをおすすめします。

月額料金は3000円前後とリーズナブルで、最近ではアラフィフ・50代以上の利用者も増加傾向にあります。

パソコン・スマホ利用者であれば、アプリから簡単に新規登録でき、お相手へのメッセージのやりとりやデートのセッティングなど、プロのサポートを受けながら活動できるというメリットがあります。

ネットでの婚活に抵抗のある方も少なくないでしょうが、ご紹介した「50代のおすすめの婚活サイト」であれば、入会時の本人確認や24時間365日のセキュリティー体制も整っているため、安心・安全に婚活ができます。

まとめ

今回の記事ではアラフィフ・50代の方を対象に、婚活サービス需要の高まりやおすすめの婚活サイトについてお伝えしました。

ここまで見てきた通り、婚活を始める時期に早いも遅いもなく、結婚したいと思ったらその瞬間が婚活のベストタイミングです。

50代の婚活となると年齢的に不安を抱えることも多いでしょうが、ここでお伝えした心構えや婚活のポイントを踏まえれば、決して婚活をスタートしてから半年~1年での希望するお相手との結婚も難しいことはありません。

しっかりと目標を見据え、自身を持って婚活を進めていきましょう。

年齢別の婚活サイト

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。