婚活サイトのメールの役割と相手をデートに誘うコツ

婚活サイトのメールの役割と相手をデートに誘うコツ

多くの婚活サイト・アプリでは、気になる異性に「いいね」を送り、相手も「いいね」を返してくれたらマッチング成立となり、会員同士でメール機能を使ってメッセージ交換ができるようになります。

婚活サイトで気になるお相手とマッチングしたからこそ、上手くメールを活用して自分が本気で婚活していることをアピールしたり、デートの約束を取り付けたりしたいもの。

しかし、メールの使い方によっては相手にマイナスのイメージを与えてしまうこともあるため注意が必要です。

今回は婚活サイトのメールの役割と、サイト内でのコミュニケーションから相手をデートに誘うコツについてお伝えします。

婚活サイトのメール機能の役割とは

マッチングはあくまでも「サイト内メールでやり取りをする権利の獲得」であって、カップル成立でもなければ、ましてや相手に恋愛対象として見られているわけでもありません。

サイト内メールの役割は直接会う約束をすることです。

プライベートのメールアドレスやLINEのIDなど連絡先を交換した場合でも、ツールが代わっただけで役割は同じです。

メッセージのやりとりでお互いに「会ってみたい、会ってもいいかな」という印象アップを図り、デートに誘うことが目的。

そのあたりを勘違いして、恋人同士のようなメッセージを送ったり、いきなりタメ口を使ったりしては、相手に不快感を与えるだけです。

婚活サイトのメール機能の役割を踏まえて、デートのお誘いができるまでメールを続けるポイント、メールを送る際の注意点を見ていきましょう。

デートに誘えるまでメールを続けるポイント

気になる異性とマッチングに成功しても、メッセージのやりとりを通してデートに誘うことができなければ、その後の交際につなげることはできません。

ここではサイト内メールを続ける方法をご紹介します。

いつもお相手とも話す話題がなくて困っている、なかなかデートに誘うまでメールが続かないという方は参考にしてみてください。

お互いのプロフィールから共通点を見つける

メールで話題をふくらませるコツは、お互いのプロフィールから共通点を見つけることです。

プロフィールのなかでも趣味やライフスタイル、自己紹介文からは共通点が見つけやすく、メッセージのやりとりも持続します。

プロフィールは「いいね」をもらったりマッチングのきっかけにもなるため、なるべく詳しく書くことは大前提ですが、さらに異性とメッセージの交換することも念頭に置いて書くことが大切です。

たとえば女性が趣味に「エステ」や「ヨガ」と書いても、よほど女性の美容に詳しい男性でなければ趣味について話題をふくらませることは難しくなります。

この場合、補足としてプロフィールの自己紹介文などに男性でもとっつきやすい別の趣味を書いたり、好きな動物や食べ物など、男女関係なく話題にできる内容を書くと良いでしょう。

適度に質問をする

マッチングしたばかりの関係から恋愛関係へと距離感を縮めるためには、お互いに親近感を高める必要があります。

新規感を高めるために共通する話題、メッセージのやりとりに相手が答えやすい質問を挟むと、そこから会話が広がっていきます。

たとえば趣味が「旅行」の人とメールのやり取りをする場合は、

  • これまでにどんな観光地に行きましたか?
  • 好きな観光地はどこですか?

など、イエス or ノーで答える質問よりも、具体的な回答を求める質問をすると、より会話が弾むでしょう。

注意点としては、質問は1通のメールにつき1つまでにすること、自分も質問の答えを書くことです。

1通のメールにいくつも質問を入れると相手は何が聞きたいのかわからなくなりますし、一方的に質問攻めすると相手が不快に思うこともあります。

相手のペースに合わせる

一般的な婚活中のメールのやり取りは1日に1~2通とされています。

人によって返信のタイミングやメールの頻度はさまざまですが、相手の負担にならないようにメールを続けるのであれば、相手のペースに合わせることが重要です。

たとえば相手が1日に1通しかメールを送ってこないタイプの人であれば、こちらも1日に1通、相手のメッセージに返信して終わるという感じでやり取りをしていけば、返信率も高くなりますし、無理なくメールを続けることができるでしょう。

婚活中のメールの役割で述べたように、サイト内メールはあくまでもお相手をデートに誘うための手段であり、会えない時間のつなぎでしかありません。

メールが1日に1件しか送られてこない、返信のタイミングが遅いからと言って相手に嫌われたわけではないので、余裕を持ったメールのやり取りを心がけましょう。

デートに誘う期限を決めておく

サイト内のメールのやり取りをしている間に、メールアドレスやLINEのIDを交換してサイト外で連絡を取り合うこともあるでしょう。

そこからまたメッセージのやり取りが続くわけですが、連絡手段が変わってもやるべきことは「お相手をデートに誘うこと」です。

具体的な「このときまでにデートに誘った方がいい」というものはありません。

あえて期限を提示するなら、最初のメッセージ交換からなるべく1週間以内、メールの往復5回以上をめどにデートに誘うと良いでしょう。

メールのやり取りが1日に1回、あるいは2日に1回程度のペースでも、1週間前後あればデートに誘えるくらいの関係にはなっているはずです。

逆に1週間以上経っているのにデートに誘えないようでは、ただのメル友になってしまう可能性があります。

メールはあくまで連絡手段であって、メールで近況報告をしたり、告白をしたりするものではありません。

結婚を前提としたお付き合いをしたいと考えているのであれば、なるべく早めにデートに誘うことをおすすめします。

デートに誘う際の例文

趣味をキッカケにデートに誘う場合

◯◯さん(相手の名前)が話されていたねこカフェの話、とても興味があります!

私も猫好きなので、ぜひ一緒に行ってみたいのですがいかがでしょうか?

今月は▲日と▲日が空いているのですが、もし◯◯さんの都合が悪ければ、別日で調整もできます。

では、お返事待っていますね。

お互いに共通する趣味があれば、それをきっかけにしてデートに誘うことが自然な流れとなります。

デートに誘うときのメールは、

  • 何がしたいか具体的に書く
  • 具体的な日時を提案する
  • 相手がスケジュールを調整しやすいように配慮する

といったところを気をつけましょう。

仕事終わりなどに会う場合

◯◯さん、▲日のお仕事終わりに2時間ほどお会いできませんか?

以前のメールでお話していたカフェに案内したいので、お時間に余裕があればぜひ。

もしお急がしければ、◯◯さんがお休みの日で構いません。

それでは、良いお返事を楽しみにしています!

仕事終わりでも休みの日の日中でも、最初のデートで相手を長時間拘束するのはNGです。

とくに女性側は、夜遅くに終電を逃すようなデートだと警戒してしまいます。

最初のデートの時間は2~3時間を目安として、場所もなるべく相手にとって都合の良いところを選びましょう。

上記のメール例文を参考に、お相手のプロフィールや過去のメールの内容をチェックして、自然な形でデートに誘えるメールの内容を考えてみてください。

やってはいけないNGメール

文字情報だけでやりとりするメールだからこそ、気をつけなければいけないことがあります。

ここでは、婚活サイトでやってはいけないNGメールとその理由を見ていきましょう。

いきなりデートに誘う

メールが苦手で、カップリングできればすぐにデートをしたいという方もいらっしゃるでしょう。

「サイト内メールはデートに誘うためのもの」という説明をしましたが、だからと言ってまだお互いにマッチングしただけの関係性でいきなりデートに誘うのはNGです。

これも先ほど述べたように、婚活サイトでのマッチングはあくまでも「サイト内メールでやり取りをする権利の獲得」に過ぎず、カップル成立ではありません。

メールを1~2通交わしただけでデートに誘うと、詐欺やヤリ目を疑われてしまいます。

お互いの信頼関係をしっかりと築き上げるためにも、カップリング後は1週間ほどメールのやり取りを続けましょう。

返信を催促する

恋愛経験が少なかったり、一人のお相手に固執しがちな男性に多いのが、女性からの返信が来ないときに返信を催促する行為です。

メールを続けるコツとして「相手のペースに合わせる」と説明しましたが、これを無視して

  • どうして返信してくれないんですか?
  • 返事がないですけど忙しいんですか?

など返信を催促するようなメールはかえって音信不通になる原因となります。

お相手にも私生活や仕事がありますし、メールのやり取りをしているのは自分一人とは限りません。

お相手が仕事で忙しい時間や深夜にメールを送ることは非常識な行為でもあります。

お相手から返信がない状況でどうしてもメールを続けたいのであれば、前回のメールから1週間ほど間を置いて再度メールを送るか、ご縁が無かったと諦めるかして、次のご縁にかける方が効率的です。

個人情報をしつこく聞く

サイト内のメッセージ交換では、1通目からメールアドレスやLINEのIDを教えることは禁止されています。

それ以外にも、まだカップルにもなっていないのに相手の詳しい住所を聞いたり、会社の場所を聞いたりするのはNGです。

だれしも恋人関係でもない相手から自分の住所や会社の場所、プライベートなことなどをしつこく聞かれて不快に感じない人はいません。

自分では何気なく質問したつもりでも、相手に嫌な思いをさせる場合もあります。

ネット婚活に不安を抱えている人たちであればなおのこと、あれこれと質問攻めされるのは怖いと感じてしまいます。

マッチングから真剣交際のステップに進むためには、直接会って会話したり、フィーリングを確認し合うことが重要です。

何度も指摘していますが、婚活中のメールはデートに誘うための手段、会えない時間の連絡手段以上のものではありません。

いきなりタメ語

マッチングしたお相手が自分より年齢が下のケースが多い男性側は、特に意識すべきポイントです。

相手が自分より年下の人であっても、相手からいきなりタメ語で話しかけられて不快に思わない人はいません。

お互いに慣れるまでは、社会人のメールのマナーとして、基本的にメールの文章は敬語で書きましょう。

丁寧な敬語のメールであれば、アプローチの謙虚さや誠実な気持ちが伝わり、好感度がアップします。

敬語からタメ語へ移行するのは、お互いに距離が縮まってきた頃合いを見計らってから、あるいは仰いてから「敬語を使わなくても大丈夫ですよ」と言われたタイミングでOKです。

まとめ

今回の記事では婚活サイトのメールの役割と、メールで相手をデートに誘うコツをお伝えしました。

昨今は携帯電話やスマートフォン、パソコンの普及により、電話よりもメールやチャットでコミュニケーションを取る機会が増えました。

気軽にメッセージを送りあえるのがメールの利点ですが、そこには守るべきルールやマナーがあり、婚活中はなおさら意識しなければなりません。

友達同士でするメールと、婚活で出会った相手とするメールは違います。

相手への気遣いと誠実な姿勢で向き合うことができれば、難しいテクニックは何一つ必要ありません。

何よりも婚活中のメールはデートに誘うため、会えない時間に連絡を取り合うためのものということを意識しておきましょう。

年齢別の婚活サイト

10代(大学生)向けのおすすめな婚活・恋活サイトランキング
20代向けのおすすめな婚活サイトランキング
30代(アラサー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
40代(アラフォー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
50代(アラフィフ)向けのおすすめな婚活サイトランキング
60代(シニア)向けのおすすめな婚活サイトランキング

婚活サイトランキング

マッチ・ドットコム

マッチ・ドットコムはアメリカ発祥のサービスで全世界では1500万人以上、日本国内では187万人の会員がいる人気の婚活アプリです。
6ヶ月で出会えなかった場合の補償制度あり、結婚を強く意識する年齢層が多く登録し活動しています。
厳しい本人確認も設けており、安心安全で真剣に婚活に取り組めるような環境が整っています。

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング