婚活サイトでライン(LINE)のIDを交換するタイミングと断りたいときのメール例文

婚活サイトでLINEのIDを交換するタイミングと断りたいときのメール例文

婚活サイト・アプリでマッチングした会員同士、まずはサイト内のメール機能でメッセージ交換をすることになりますが、なるべくなら早めにLINE(ライン)やプライベートのメールアドレス、電話番号等の連絡先交換をしてそちらでやりとりしたくなるものです。

婚活サイト初心者の方だったり、恋愛経験が少ない方だと、

  • どうやってLINEの交換を申し出たらいいんだろう?
  • LINEの交換を断られないタイミングっていつ?

ということが気になるのではないでしょうか?

今回は、婚活サイトでLINEのIDやアドレス等を交換するタイミングと断りたいときのメール例文をご紹介します。

婚活サイトでLINE交換するタイミング

婚活サイトでマッチングしたばかりの二人は、まだまだお互いのことを何も知らない状態です。

サイト内のメッセージ機能を使ってすぐにLINEを交換しようと申し出ても十中八九お断りされます。

ここでは、参考程度ですが婚活サイトでLINE交換が上手くいくタイミングをご紹介します。

1~2回目のメッセージではほぼ断られる

マッチングした直後はお互いに不安と期待が入り混じっている状態です。

これからメッセージの交換で相手のことを知ったり、お互いの共通点を探っていこうという段階でいきなり

  • LINEを交換しませんか?
  • お話したいのでぜひ電話番号を教えてください

と申し出ても、サクラや業者の疑いをかけられ、相手を警戒させるだけです。

とくに女性は男性に比べて、ネット婚活に不安を抱えている人も多いです。

男性はマッチングした女性とLINEのIDを交換したい場合、慎重に申し出るタイミングを考えましょう。

まれにマッチング後すぐにLINEの連絡先を交換できることもありますが、「社交辞令で断るのが面倒だから」という理由も多く、LINEの内容次第では音信不通となってしまう場合もあります。

目安は5回目以降

結婚相談所の楽天オーネットのアンケート調査によると、「LINEの連絡先はいつ交換する?」という質問に対し、「親しくなってから」と回答した人が最も多く、次いで「すぐにでも教えて良い」という結果となったようです。

参考:https://onet.rakuten.co.jp/konkatsu/survey/knowledge/data/2016052501.html

アンケートに回答した女性のコメントを見ると、

  • ある程度話してみて、信頼できそうな人であれば
  • 勢いだけでは失敗してしまいそうな気がする

など、LINEの交換するタイミングにこだわるよりも、相手が信頼に足る人であるとわかればすぐに交換できるという声があがっています。

LINEのIDを交換するベストタイミングは人それぞれ、お互いの相性によったりしますが、あえて目安を提示すればメッセージやりとり5回め以降が成功する可能性が高くなります。

メッセージ交換が5往復も続いていれば、お互いに意気投合しているはずですし、LINEの交換を申し出ても何ら不自然ではありません。

女性から言い出すのを待つ

婚活サイトの女性会員はネット婚活に慎重な姿勢の人も多いので、男性会員からLINEの交換を申し出ることに抵抗を感じる人もいます。

なかには、直接会ってからフィーリングが合えばLINEを交換してもOKという女性も。

ある程度お互いの距離が縮まってからであれば問題ないので、余裕を持ってLINEの交換を申し出ましょう。

メッセージ交換がある程度続けばたいていの女性はLINE交換もOKしてくれますが、サイト内メールという連絡手段があるうちはそちらを使い、まずは一度会って見ることを目標にした方が良いでしょう。

初めてのデートの前の交換

サイト内メールの役割は、「直接会ってデートするまでの連絡手段」です。

マッチングしたお相手との仲を深めて真剣交際へと進展させるには、直接会ってデートを繰り返すことが重要になります。

最初のデートの約束を取り付けることができればLINEの交換もスムーズな流れでできるので、まずはデートの約束ができるように連絡を取り合い、デートが決まってからLINEを交換しても遅くはありません。

成功率は相手との距離次第

成功率の高さで言えば、マッチングしてすぐのファーストメールでのLINE交換は成功率が低く、最初のデートの約束ができた後であれば成功率は高いです

これはマッチングしたお相手との距離感が成功率に関係していると言えます。

まだお互いに距離がある段階でのLINEの交換の申し出は、相手も目的が読めず警戒してしまいます。

どうしてもLINEを交換しなければならない理由がない場合は、断られる確率、サイト内メールが途絶える確率も高いです。

マッチングしたお相手との関係を進展させたいなら、相手との距離感を読みながら、「LINEを交換しても不自然ではないタイミング」を図りましょう。

婚活サイトでLINEを聞かれたときの断り方

タイプではないお相手からLINEのIDを聞かれたとき、まだ交換するには不安がある、それほど気が向かないということがあると思います。

ここでは、婚活サイトでLINEを聞かれたときの上手な断り方を考えてみましょう。

まだお互いのことを知らないので不安だと伝える

婚活サイトでは、とくに男性の方からサイト内のメール交換1~2回のやり取りで「LINEを交換しよう!」と誘ってくることがあります。

こういったタイプの男性は「数撃ちゃ当たる」の考えで、婚活サイトで出会う女性に手当たり次第コピペのメールを送り付けている場合も多いです。

この時点でLINE交換することに不安を抱えていたり、あまりタイプではない男性だった場合は、次のような文章のメールでお断りをしましょう。

せっかく連絡先を聞いてくださって申し訳ありませんが、まだメッセージのやり取りも数回しかしていないので、正直少し不安です。

お互いのことをもっとよく知ってからLINEの交換をしたいと思うので、今はまだ控えさせていただきたいと思います。

このメッセージでたいていは引き下がってくれますが、それでもしつこく聞いてくるようであれば、サイト内メールの非表示機能を使ってシャットアウトしましょう。

自分ではふさわしくないと伝える

自分は相手のことがタイプでなかったとしても、相手は真剣に結婚相手探しのために婚活サイトを利用している場合があります。

なるべく相手を傷つけたくないときは、自分のほうが一歩身を引くようなメッセージを送ると良いでしょう。

何度かメッセージのやり取りをさせていただき、ありがとうございます。

とても素敵な方だと感じましたが、もしかしたら◯◯さんに相応しいのはわたしではないと感じます。

◯◯さんならきっと、他に素晴らしい方と出会えると思います。

ご縁がなかったということで、今回は本当に申し訳ありません。

「LINEの交換を断る=ご縁を断る」というくらいの意味合いがあります。

LINEを交換しないと決めた以上は、だらだらとメールを続けても進展がないため、やりとりそのものを断るつもりで対応しましょう。

LINE交換後の連絡で失敗しないためのコツ

晴れてLINEが交換できたとしても、結局は連絡手段が変わっただけです。

マッチングして以降は、「二人の関係を深めるには直接デートすることが大切」であることには変わりありません。

ここではLINE交換後の連絡で失敗しないためのコツをお伝えします。

返信は相手のペースに合わせる

LINEのメッセージの返信の頻度は基本的に1日に1~2通がちょうどいいくらいですが、メッセージ交換をしていくうちに相手のペースが掴めてきたら、返信のタイミングもメッセージの頻度も、相手に合わせてあげると良いでしょう。

毎日LINEをしないと気がすまない人もいれば、2日に1通のやりとりでいいという人もいます。

わざわざ「LINEのメッセージは1日に何回送ったらいいですか?」といったお伺いを立てる必要はありません。逆に相手に気を遣わせることになります。

こちらからメッセージを送り、相手の返信が2時間後であれば、次のメッセージは1時間後から2時間後くらいの間隔を空けると良いでしょう。

何度かやり取りしていくうちに、自然と心地の良いタイミングと頻度がわかるようになります。

どうしても相手のメッセージのタイミングが自分と合わないようであれば、無理に合わせる必要もありません。

非常識な時間帯に送らない

こちらが暇な時間帯でいつでもLINEのメッセージ送信・返信ができるタイミングであっても、それが相手にとって非常識な時間帯であれば避けましょう。

人にはそれぞれ生活リズムや仕事の関係でLINEができない時間があります。

たとえば平日昼間に働いている相手に対して、仕事中と思われる時間帯に何度もLINEを送ると迷惑ですし、明日が休みでもないのに深夜にLINEを送るのは非常識です。

さらに、相手のペースを無視して、返信を催促するようなことは止めましょう。

意外と男性に多いのが、女性側からLINEの返信が遅くなると

  • どうしてLINEの返信が遅いんですか?
  • 僕のことが嫌いになったんですか?

と、無意識にプレッシャーをかける人です。

  • 必死な人だな
  • 自己中心的な考えの人だな

というマイナスのイメージしか持たれないですし、しつこいようであればブロックされてしまいます。

相手にとって都合の良い時間がわからない場合は、LINEで「いつ頃ならメッセージを送っても良いですか?」と聞いてみるのもひとつの手です。

むやみに駆け引きをしない

恋愛の駆け引きとして、わざとLINEのメッセージ返信を遅らせて相手の反応をうかがう方法があります。

メッセージの駆け引きは相手の感情を揺さぶり、興味を惹きつける効果がありますが、これは「相手が自分に恋愛感情を抱いている、好意を寄せている」ことが前提となります。

婚活サイトでLINEの交換が成功したからといって、相手も自分のことを恋愛対象として見ているとは限りません。

そのことを考慮せずにLINEのメッセージを遅らせたところで、何の駆け引きの効果もありません。

恋愛経験の少ない人ほど、むやみなLINEの駆け引きでせっかくのご縁を棒に振る失敗をしがちです。

相手が自分に強い恋愛感情を抱いているかどうかを確認するには、豊富な恋愛経験やテクニックが必要です。

慣れない駆け引きでせっかくのご縁をムダにしないためにも、相手のペースに合わせたLINEのやりとりを心がけましょう。

まとめ

婚活サイトでLINEのIDを交換するタイミングと上手な聞き方、LINEを交換してからのポイントをお伝えしました。

LINEを気軽な連絡手段と捉えるか、貴重な個人情報と捉えるか価値観は人それぞれです。

ネット婚活での出会いに慎重な女性にとっては、望まない相手とのLINE交換は避けたいと思う傾向にあります。

婚活サイトでマッチングした関係から真剣交際へと進展させたい場合、デートや食事など直接会って話すことが一番、お互いの心理的な距離感を縮めます。

つまり、LINEのやりとりを何度続けようが、長く続けようが相手の好感度は上がりませんし、お付き合いをしているという気持ちにもなりません。

LINEであろうがサイト内メールであろうが、恋人同士のような連絡の取り合いではなく、必要最低限の連絡をするツールでしかないのです。

今回の記事を参考に、婚活中のメールやLINEは、

  • デートの予約をするための連絡手段
  • 会えない時間のコミュニケーション手段

以上のものではないことを十分に理解しておく必要があります。

年齢別の婚活サイト

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。