婚活サイトの相手とのラインで話題を膨らませるコツ - Yumecon(ユメ婚)

婚活サイトの相手とのラインで話題を膨らませるコツ

婚活相手とのラインで話題を膨らませるコツ
  • 婚活アプリで知り合った人とラインの交換ができたのに、そこから先が続かない

そんなお悩みを抱えている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

普段から顔見知りの友達や家族と違い、ネットで知り合った相手というのは、まだ直接会ったことがない人がほとんど。

ラインのやりとりにもそれなりのアプローチやマナーが必要となってきます。

この記事に行き着いた人のなかには「相手のことをまだよく知らなくて、なかなか話題が膨らまない」という声も多いのではないと思います。

今回は、「婚活相手とのラインで話題を膨らませるコツとは?」をテーマに、あなたの婚活を成功に導くアドバイスをお伝えしたいと思います。

婚活相手とラインを続けるための心構え

婚活アプリで知り合った相手とメールアドレスやラインのIDを交換したら、アプリ内のメッセージよりもプライベートなやりとりが始まります。

ここでは、婚活相手とラインを続けるための心構えについてお伝えしていきます。

婚活相手に絶対ウケる話題

絶対にウケる話題、いわゆる鉄板ネタのようなものがあれば、お互いにまだ知り合って間もない関係でも、ラインを盛り上げていくことができますね。

結論から言えば、婚活相手に絶対ウケる話題はありません

「十人十色」というように、相手が違えばウケる話題も違ってきますので、臨機応変に話題を変えていく必要があります。

そのために、婚活アプリのプロフィール欄や、それまでのメッセージのやりとりで、事前に相手のことを知っておくことが大事です。

相手と自分の共通の価値観を知る

婚活相手とラインを盛り上げ、恋愛関係に発展させていくためには、何よりも相手が何に興味を持っているのか、どんな価値観を持っているのか、知っておくことが重要です。

例えば相手の趣味だったり、仕事関係のことだったり、結婚観だったり、ラインを交換する前、ラインでやりとりしている間に積極的に聞いていきましょう。

婚活アプリは、面と向かって話をする合コンや婚活パーティーと違い、「相手のことをよく知らない」というナーバスな感情がつきまといます。

そのナーバスな感情を和らげるのが、共通の価値観なのです。

共通の価値観は、ラインによる会話が盛り上がる話題になりますし、お互いが共感することで緊張感も薄らいでいきます。


ラインでの話題をつくるコツ

せっかくラインでやりとりするようになった相手と、天気や時事ネタなど日常の会話がダラダラ続いては、恋愛感情が薄らいでしまいます。

では、ラインによる会話が盛り上がる話題をつくるコツというのはあるのでしょうか?

ここからは、ラインのやりとりで実践したい話題づくりのコツについて解説していきます。

相手が何に興味を持っているかを知る

先ほど「相手に共感することが大事」と述べたように、適切な話題を選べば、相手との距離はグッと縮まります。

婚活を支援するサイト「まりおねっと」のアンケートによれば、「婚活で話が弾んだ話題は何ですか?」の質問に対し、寄せられた答えは意外にも4つに絞られたそうです。

その4つの話題とは、次のとおりです。

  • 仕事の話
  • 過去の恋愛体験や結婚観
  • (お互いに)共通点のある話題
  • 休日の過ごし方や趣味

参考:https://marihonnete.com/knowhow/konkatsu-wadai.html

婚活アプリで知り合った相手であれば、自然にラインの会話に挟み込むことができそうな話題ばかりです。

「相手と何を話せばいいのかわからない」とお悩みの方は、まずはこの4つの話題から振ってみてはいかがでしょうか?

他にも、

  • 食べ物の話題
  • 好きな服装の話題
  • 出身地の話題
  • 異性が好みそうな趣味(カフェ、映画、写真など)
  • 今日のニュース
  • 日々の出来事

などなど、お互いをより深く知り合えば、様々なジャンルの話題で余裕を持って会話できるようになりますよ。

相手に適宜質問をする

インタビューなどを見てもわかるように、相手に質問をして、答えを聞き出すというのは、コミュニケーションを盛り上げていくうえで、基本中の基本となるテクニックです。

適宜ラインのメッセージの中に、相手が答えたくなるような質問を織り込んでいきましょう。

ここで重要なのは、質問の仕方です。

相手に質問するなら、YES/NOで答えられるよりも、具体的な答えを必要とする方をオススメします。

次の質問例文を見てください。

例文

  • ペットを飼うなら、やっぱり猫ですか?
  • ペットを飼うなら、どんな動物がいいですか?

どちらの内容が、具体的な答えを必要とする質問でしょうか?

前者の質問なら、「はい」か「いいえ」で答えたらそこで会話終了となってしまいますが、後者の質問なら、猫や犬といった具体的な答えが必要です。

相手から返ってきた答えに対して、さらに話題を膨らませていくことができますね。

さらに、相手に質問をする際は「質問しすぎない」ように注意しましょう

1件のメッセージの中に質問を2つも3つも織り込むと、「質問攻め」のようになってしまいます。

ごちゃごちゃした会話ネタになってしまいますし、相手に「この人は質問するだけで、自分は答えてくれない」という良くない印象も与えてしまいます。

質問の答えから話題を膨らませていく

質問の答えから上手く話題を膨らませていけば、次の会話につなげることができ、お互いの価値観をより深く共有できます。

例文として、「得意料理はなんですか?」という質問の答えが「お酒のおつまみ」だったら、まずはその答えに共感し、なぜお酒のおつまみという答えに共感したのかという理由を話せばいいのです。

相手の答えが自分の意にそぐわない答えだったとしても、決して頭ごなしに否定してはいけません。

ラインで話題を膨らませるためには、何よりも「相手に共感すること」がポイントです。

ラインでやり取りするときの注意点

ここまでで、ラインを続けるための心構えと、話題づくりのコツはご理解いただけたかと思います。

そしてここからは、ラインのマナーやエチケットについてお話していきます。

婚活相手とのラインのやりとりは、気心の知れた友人や家族とするラインとはまた違ったお作法が必要となってきます。

婚活を成功させたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

相手の文章の書き方に合わせる

ラインには、絵文字、顔文字、スタンプなどの様々なデコレーション機能が備わっています。

相手によっては、スタンプを多用する人もいれば、絵文字や顔文字の類を一切使わない人もいるでしょう。

これらのデコレーション機能は、文字だけのやりとりが中心のラインでは、想像以上に相手に情報を伝えます

あなたも経験がありませんか?

  • 最後にハートマークを使ってるってことは、こちらに気があるんじゃ?
  • この人スタンプばっかり使ってて、何かチャラい

このような余計な詮索を避けるために、相手がどの程度デコレーション機能を使うかに合わせた文章づくりがベターです。

細かいところですが意外と効果があるので、ぜひ試してみてください。

ラインの頻度は相手に合わせる

1日に何通もメッセージを送ったり、1日に1件だけメッセージを送ったりと、相手によってラインの返信のペースは様々です。

気持ちよくラインを続けたいなら、ラインの頻度は相手に合わせるようにしましょう

例えば、あなたが送ったメッセージに対し、相手が12時間後に返信してきたら、あなたはその半分の6時間以降に返信をする、といった感じです。

ラインのタイミングがあまりに合わないと、相手は返信を面倒に感じたり、返信がないことに不安を覚えたりします。

さらに、ラインのマナーとして絶対にNGなのが「返信を催促するメッセージを送ること」です。

男性に非常に多いのですが、メッセージに既読が付いているのに、女性から24時間以上待っても返信がなかった場合、「どうして返信してくれないんですか?忙しいですか?」といったメッセージを再投稿するケースです。

これは女性にプレッシャーを与えますし、「神経質な人」という悪い印象を与えてしまいます。

催促メッセージ1件で、せっかく築き上げた信頼関係が無駄になる可能性も高くなりますね。

良好な関係を続けたいなら、気長に相手からの返信を待つようにしましょう。

どうしても返信がない場合は、ご縁がなかったと気持ちを切り替えることも大事です。

自分のことばかり話さない

先ほど、ラインで話題を膨らませることの一つに、「適宜質問を入れること」を挙げました。

適宜質問を入れることで、質問→回答→話題を膨らませる→次の質問→回答…というコミュニケーションの流れができるからですが、これが一方的に自分のことばかり話してしまうと、そもそもコミュニケーション自体が成立していません。

とくに男性側にありがちなのが、会社であったことや仕事の自慢話を延々としてしまうケースです。

最初は相手もそれなりに反応してくれますが、次第に返事がしづらくなり、最悪の場合、沈黙させてしまいます。

度を越した自慢話や一方的な悩み相談などは、せっかくの出会いを棒に振るNG会話なので、知り合って間もないタイミングでは、控えたほうがいいでしょう。

信頼関係は、

  • お互いを知ること
  • 共感すること

で深まり、婚活は成功へ向かいます。

あなたの猛烈なアピールだけでは、当然ながら信頼関係は築けませんよね。

もし相手からの質問に答えてばかりだと感じたり、

  • そうなんですね
  • なるほど

といった相槌レベルの返答しかしてなかったとしたら、会話の内容が自分語りになっていないか見直すようにしましょう。

まとめ

今回は、婚活相手とのラインで話題を膨らませるコツについて解説してきました。

婚活をしている人の多くが、婚活アプリで知り合った相手と電話番号の交換やメール交換、ライン交換をした時点では、まだお互いに直接会っていない状態ではないでしょうか?

婚活相手とのラインは、単にデートの日程を決めるだけの連絡手段ではなく、お互いのことをよく知り、信頼関係を築くための大事なツールです。

ここまで読んでおわかりいただけたように、トークの上手さや女性(男性)モテする内容よりも、婚活相手とのコミュニケーションでは、相手の共感を引き出すことをもっとも重要視すべきなのです。

ここでご紹介した、ラインを盛り上げるための方法やマナーなどを参考に、ぜひあなたの婚活を成功に導いてくださいね。

年齢別の婚活サイト

10代(大学生)向けのおすすめな婚活・恋活サイトランキング
20代向けのおすすめな婚活サイトランキング
30代(アラサー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
40代(アラフォー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
50代(アラフィフ)向けのおすすめな婚活サイトランキング
60代(シニア)向けのおすすめな婚活サイトランキング

婚活サイトランキング

マッチ・ドットコム

マッチ・ドットコムはアメリカ発祥のサービスで全世界では1500万人以上、日本国内では187万人の会員がいる人気の婚活アプリです。
6ヶ月で出会えなかった場合の補償制度あり、結婚を強く意識する年齢層が多く登録し活動しています。
厳しい本人確認も設けており、安心安全で真剣に婚活に取り組めるような環境が整っています。

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング