婚活サイトで2回目のデートを成功させる方法

婚活サイトで2回目のデートを成功させる方法

婚活サイト・アプリで出会い、マッチングした女性と初回のデートを無事に済ませたら、なるべく早いうちに2回めのデートを申し込みましょう。

初回のデートが上手く行けば、2回めのデートはよりリラックスした雰囲気で、より親密な会話ができるようになります。ただし、初回のデートで意気投合したとしても、まだまだお互いに探り探りの状態であることは変わりありません。

真剣交際に向けての大事なタイミングだからこそ、しっかりと前準備・シミュレーションしておくことが大切です。

今回は婚活中の男性に向けて、婚活サイトで出会った女性との2回目のデートを成功させる方法についてお伝えします。

2回めのデートの目的

初回デートの目的は「相手をもっとよく知ること」「お付き合いを続けていくかどうか見極めること」でした。婚活は恋愛を楽しむことよりも、相手が結婚相手に相応しいかを見極めることが重要です。2回めのデートも同じように、結婚へ向けての意識を持って望む必要があります。

婚活情報サイト「婚活のミカタ」が女性157人に行ったアンケート調査によると、「どうして2回目のデートをOKしたのですか?」という質問に対し、もっとも多かった回答が「1回目のデートがNGではなかったため」、次いで「その男性との相性を確かめるため」という結果が出ています。

画像:https://onet.rakuten.co.jp/column/research/20151209.html

参考:https://onet.rakuten.co.jp/column/research/20151209.html

アンケート調査の結果を見ると、2回めのデートにOKの返事をした女性は「脈アリ」と見ていいでしょうし、なおのこと結婚に向けて2回めのデートを成功させたいものです。

2回めのデートの目的は、1回目のデートで知り得た情報を深掘りすることです。

最初のデートで知った相手の女性の趣味や特技を、2回めのデートまでに自分なりに調べたりしてより話題を膨らませていくことで、「あなたに興味を持っている」「もっと仲良くなりたいと思っている」ということがアピールできます。

最初はお互いのことをまだよく知らなかったことで噛み合わなかった会話も、2回めのデートに向けてしっかりと情報収集しておくことで、より親近感が湧きますし、女性側も安心してデートにのぞめます。

結婚は男女のコミュニケーションの積み重ねです。お互いに性格や価値観が一致しないことには、幸せな結婚を生活を送ることはできません。相手の女性に「この人と一緒に居ると落ち着く」「フィーリングが合っていて居心地が良い」と思ってもらうために、目新しいことをやるよりもコミュニケーションの深掘りが大切なのです。

2回めのデートを成功させるポイント

2回めのデートの目的が明確になったら、二人で楽しい時間が過ごせるように前もってシミュレーションしておきましょう。ここからは、2回めのデートを成功させるポイントやコツをご紹介します。

初回デートから2~3週間以内が目安

なるべく初回デートを終えての別れ際、あるいはその日のメールやLINEで2回めのデートの約束をします。次のデートの日時は初回デート後の2~3週間以内がおすすめです。間が空くと気持ちが冷めてしまうこともありますし、女性の方も別の男性に気が向いてしまう可能性もあります。

デートの時間は初回デートと同じように、2~3時間位がベターです。休みの日に会えない場合は、仕事終わりで終電までに余裕のある日を狙ってデートの約束を取り付けましょう。

半日、あるいはまる一日デートするのは、お互いに恋人同士や結婚を前提としたお付き合いが決まってからでも遅くはありません。

デートのパターンを変える

2回めのデートで何をするかは、初回デートのときに二人で予定を立てても良いですし、連絡を取り合っている問に話し合うのも良いでしょう。できれば、2回めのデートは初回デートとは異なるお店、シチュエーションにしたいものです。

前回のデートと同じ場所・シチュエーションだと、女性から「デートプランをあんまり考えてないのかな?」と思われてしまいます。初回デートがカフェだったら、2回めのデートは相手の女性が好む料理を出すレストランにする、おしゃれなバーなど軽くお酒が飲めるところにするなどです。

特別なイベントを考える必要はありませんが、お互いが一緒に居て楽しめるデートコースを考えましょう。初回デートやメールのやりとりなどで事前に相手の好みを聞いておけば、2回めのデートのプランニングがスムーズにできます。

服装・身だしなみは清潔感を意識する

お互いに慣れてきたと言っても、休日の家で過ごすようなラフすぎる格好はNGです。1回目のデートと同様に、ノーネクタイのカジュアルスーツか、清潔感のあるジャケットスタイルといった、真面目さや誠実さを感じる服装がおすすめです。

2回めのデートになると、女性の方も気持ちに余裕が生まれるため、男性の身だしなみや服装の細部に目が行きます。

髪はボサボサでないか、髭や爪は伸びていないか、靴のかかとが磨り減っていないかなど、男性が気づきにくい細かいところまでチェックされているという意識を持ちましょう。

先ほどのアンケート調査にあったように、「初回のデートが良かったから2回めのデートもOKした」という女性は多いです。1回目で高まった好印象を崩さないためにも、2回めのデートの服装にも気を配りましょう。

騒がしい場所より落ち着ける場所

2回めのデートでも、遊園地や動物園、映画などはなるべく避けたほうが良いでしょう。恋人同士が遊びに行く場所として選択するのはアリですが、結婚相手に相応しいかどうかを見極めるデートでは、ゆっくり落ち着いて話せるお店選び・場所選びが重要です。

カフェやレストランを選ぶ際も、居酒屋やファミレスなどファミリーで過ごす場所、友達同士でガヤガヤ騒げるような場所では、お互いの会話に集中できません。ホテルのラウンジやおしゃれなダイニングバーなど、落ち着いた雰囲気の場所のほうが相手の女性とじっくり会話ができます。

相手に関心を持っていることを示す

2回めのデートで告白やプロポーズはまだ早いですが、こちらが関心を持っていること、好意を持っていることは伝えましょう。

たとえば「他にお付き合いをしている女性はいますか?」と聞かれたら、「◯◯さん(相手の女性の名前)以外とは今のところありません」と伝えたり、今後デートで行きたいところを話題にしたりすることで、ストレートな言葉を選ぶよりも相手に好意を持っていることが伝わります。

ただし、まだ真剣交際に進むかどうかも決まっていない段階で、結婚後の生活の話をしたり、子育てや親の介護についての話をしても女性は引いてしまいます。

相手の女性と2回めのデートの段階であったとしても、まだ「お友達関係」以上のものではありません。この段階では「3回目のデートにも行きたいと思っている」「もっとお互いの相性を確かめたい」くらいの気持ちを伝えるだけで十分です。

話し足りないときは2軒めに誘う

2回めのデートになると相手の女性も慣れてくるので、まだ話し足りないと判断したら、2軒めにお誘いするのもアリです。

ランチでもディナーでもOKですが、終電を逃すまで連れ回したり、いきなり自宅に誘ったりするのはNGです。大人としての節度を守り、女性の了承を得た上で、2軒めの場所を考えるようにしましょう。

女性と手をつなぐかどうか

「もう2回直接会ってるんだし、手を繋いでもいいのでは?」と考える男性もいるでしょう。女性から積極的にスキンシップをしてくるのであればチャンスですが、男性からスキンシップする場合は慎重にタイミングを見計らう必要があります。

男性側は「もう行動しても大丈夫」と思っていても、女性はまだ決め兼ねている場合もあります。突然のスキンシップは嫌われる原因にもなりますので、2回めのデートの段階では控えましょう。

前回のデートに比べて温度差がなくなったとは言え、交際期間が短いとまだお互いに正式に付き合うかどうか決めていない段階です。男性としては気持ちが先走ることもあり、手をつなぎたいという思いもあるでしょうが、ちゃんと告白をするまで取っておいたほうが女性も安心します。

会計は男性が持つ

2回めのデートでも、なるべく男性が食事代やデート代を支払うことが婚活のマナーです。

会計を男性が持つことにより、経済的に余裕があることのアピールにもなります。女性が割り勘を申し出てきたり、全額払うと言ってきても、男性の方が多く払うなどして女性に負担をかけないよう気を配りましょう。

3回目のデートの誘い方

基本的に2回めのデートに誘ったときと同じように、デート中に3回目のデートを申し出るか、遅くとも別れた次の日の朝までにメールやLINEで誘うようにしましょう。3回目のデートのOKが出たら、いよいよ真剣交際に向けて結婚を前提としたお付き合いを申し込む段階となります。

2~3回のデートくらいでは、女性もまだまだ完全に打ち解けてくれているとは限りません。引き続き良好な関係を続けていくためにも、相手の反応を見ながら心理的な負担にならないよう配慮することが大切です。

まとめ

今回は、婚活サイトで出会った女性との2回目のデートを成功させる方法についてお伝えしました。記事の内容を参考に、初回デートよりもリラックスして2回めのデートにのぞみましょう。

基本的に初回のデートと大きく変わるところはなく、デートを通じてお互いの相性やフィーリングを確かめ、真剣交際に進むかどうかを見極めます。

ただし、2回めのデートだからと言って、まだ恋人同士の関係になったわけではありません。カップル気分で馴れ馴れしく接したり、過剰なスキンシップをすることは、女性を不快にさせる可能性もあります。

2回めのデートにこぎつけたとは言え、まだまだ「仲良くなった」レベルであって、ちょっとしたことがキッカケでいつ関係が壊れるかもわかりません。初回よりもリラックスした雰囲気になったとしても、初回デート以上に相手の女性への気配りを忘れないようにしましょう。

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。