婚活サイトで3回目のデートを成功させる方法

婚活サイトで3回目のデートを成功させる方法

婚活サイトで出会った女性との3回目のデートは、初対面の1回目デート、慣れてきた2回目デートの後で、いよいよ婚活の目標である結婚を意識するタイミングとなります。

二人でのデートも3回めとなると、結婚を前提とした真剣交際を決断するのに十分な期間・タイミングと言えるでしょう。

ここで結婚への意思表示ができなければ、ずるずると友達関係のまま続くか、どちらかがフェードアウトしてしまうことにもなります。

今回は真剣交際へ向けて、婚活サイトで出会った女性と3回目のデートの成功方法についてお伝えします。

3回めのデートの目的

マイナビウーマンが社会人男女を対象に実施したアンケート調査によると、「何回目のデートで告白されたい(したい)?」という質問に対し、もっとも多かった回答は「3回目」の46.0%でした。

参考:https://woman.mynavi.jp/article/170228-195/

実に半数近くの男女が3回目のデートが告白する(される)タイミングだと考えているということが言えます。

3回目で告白すると答えた男性の意見には、

  • 1回目は様子見、2回目はお互いを知るために、それを踏まえて3回目は多少なりとも好意がないと誘いを受けてくれないと思う
  • 3回2人で遊ぶということは脈アリだと思った

といった内容が見られます。

男性側としては、3回もデートをしていたら相手の女性も良い返事をしてくれるだろうという確信があるようです。

アンケートの結果はあくまで参考ですが、3回目の婚活デートの目的は相手の女性と結婚を前提として真剣交際するかどうか決断することです。

普通の恋愛であれば、1年から2年程度の期間をかけて、何度もデートを重ねてじっくりと愛情を育んでいくイメージがありますが、婚活は恋愛とは異なりスピード勝負です。

たとえば大手の結婚相談所ではお見合い後の仮交際(お試し交際)を3ヶ月と定めており、相談所の会員は3ヶ月で真剣交際に進むかどうかの決断が必要となります。

結婚相談所で成婚したカップルの交際期間は平均して半年から1年以内ですので、出会いが婚活サイトであっても3回目のデートでの決断が早すぎるということはないでしょう。

3回目のデートで決断する理由

「必ず3回目のデートで告白しなければならない」ということはありませんが、3回デートできた二人の関係だからこそ、告白のベストタイミングであると言えます。

ここでは3回目のデートで真剣交際を決断する理由を考えてみましょう。

ダラダラと付き合い続けるとただの友達で終わってしまう

婚活のデートは人生のパートナーを決めるための大切なイベントです。

性格や価値観が一致するか、結婚相手として相応しいかどうかを見極めなくてはなりません。

相手の女性とただ食事したり遊んだりするだけの遊び友達として慣れきってしまうと、その安心感から関係を崩したくなくなり、告白する気持ちがなかなか起こりません。

あるいは、どちらともなくフェードアウトして関係が終わってしまいます。

とくに年齢的に早く結婚したいと考えているタイプの女性たちにとっては、恋人として会うのか、友達止まりなのかの決断が遅くなると、婚期を逃してしまう原因となります。

3回会ってくれていると脈なしではない

3回目のデートがOKの女性は、相手もこちらに好意を持っていると考えて良いでしょう。

結婚の意思表示をするにはベストな状況です。

婚活中は複数人の異性と同時進行で交流を進めていくことが推奨されますが、1~2ヶ月の間にデートしたり、メールで連絡を取り続けているということは、他の男性よりも優先されているということが言えます。

告白して真剣交際に進むということは、結婚を前提とした関係になるということです。

これまで半信半疑だったお互いの心理も、告白することで安心して結婚に向けて一歩踏み出すことができます。

しかし、恋愛と同じように何度もデートを繰り返して彼氏・彼女の気分になっていると、相手の女性から「遊びで会っているだけなの?」と疑われてしまいます。

婚活はスピード勝負ですので、目安としても3回目のデートで告白をするつもりでのぞみましょう。

気持ちが一番盛り上がっている

1回目のデートは初めて直接会うことによる緊張感、2回目でようやくお互いを知ろうとする姿勢が整い、デート3回目となるとお互いに打ち解けデートを楽しめるようになっています。

この頃になると、デートを重ねてきたことにより気持ちが一番盛り上がっているときでもあります。

このタイミングで告白すれば成功率も上がり、告白する側も気持ちを込めて告白ができるはずです。

3回目のデートを成功させるためのポイント

3回めのデートで告白を考えているのであれば、それなりに準備と心構えが必要です。

ここでは、3回目のデートを成功させるためのポイントです。

女性と一緒にデートを楽しむ

3回目のデートを1回目、2回目と同じようなお店や場所、デートコースにしたり、自分の趣味や興味に合わせただけのデートはNGです。

結婚を目標にお付き合いをしていく女性とは、一緒に楽しめるデートを計画する必要があります。

結婚生活は自分だけが楽しければ良いというものではなく、お互いに楽しい時間を共有することが大切です。

男性が自分だけ楽しんで満足している様子を見た女性に、「この人は結婚しても自分中心なんだろうな」という印象を与えてしまいます。

3回目のデートは結婚生活のシミュレーションとして捉え、相手の女性に「この人と一緒なら楽しい時間が過ごせそう」と思わせるデートを計画しましょう。

二人で一緒に楽しめれば、告白もスムーズにできるはずです。

積極的に接する

デートも3回目になるとお互いにスキンシップも増え、真剣にお付き合いすることを考えています。

しかし、このタイミングに及んでも

  • まだ告白するのは早いかな?
  • もっと様子を見よう

と慎重になったり消極的になっていては、告白するタイミングを逃してしまいます。

デート初回、2回めの段階であれば、お互いにまだ微妙なので様子見しても良いのですが、

  • 断られたくない
  • 次のデートで告白しよう

と、意思表示を先延ばしてしまったら、女性としても

  • いつ告白してくれるんだろう?
  • 本気で結婚を考えてくれているのだろうか?

と不安になってしまいます。

婚活のスタートも、最後の告白のタイミングになっても、積極的に行動する人が成功を掴みます。

3回デートが続いているということで、自信を持って結婚の意思を伝えましょう。

デートの趣向を変える

1回目、2回目のデートがレストランで食事、ホテルのラウンジでお茶というパターンだったら、3回目は趣向を変えて別のデートコースを考えましょう。

2回目まではよくても、さすがに3回目も同じパターンでは、女性も飽きてしまいますし、

  • 退屈な人
  • つまらない人

というマイナスイメージを持たれてしまうこともあります。

まだ恋人同士ではないと言っても、デートにはバリエーションが必要です。

休日や仕事終わりの貴重な時間を割いてデートに参加してくれた相手に楽しんでもらうためにも、デートのプランは手を抜かずに真剣に考えるようにしましょう。

このタイミングになると、自然に手をつなぐ流れになっても女性に断られることはないでしょう。

2回目よりもお互いの距離が近くなるようなデートが理想的です。

たとえば風景や夜景がキレイなところ、周りに人が少なくて二人きりになれるようなところがおすすめです。

ただし、この時点でも家に誘ったり、終電に遅れるような時間帯まで連れ回すのはNGです。

結婚の条件を伝える

結婚を前提としたお付き合いに進むということは、結婚の条件をお互いに納得してから真剣交際をするということになります。

それから半年以内にお互いのご両親に結婚のあいさつにいくこともあるので、伝えておくべきことはこのタイミングで伝えておきましょう。

たとえば、

  • 子供がほしい
  • 両親と同居してほしい
  • 共働きしてほしい

など、結婚後の女性の生活に大きな影響を与えること、結婚する上で譲れない条件をこのタイミングで相手に切り出します。

条件によっては話題にしにくいこともあるでしょうが、女性心理としては、告白されたあとから重大なことを伝えられると、途端に気持ちが揺らいでしまう場合もあります。

結婚の条件を伝えることは、相手のためにも、自分のためにも避けられないことです。

3回目のデートのタイミングで、自分の意思をしっかりと示すようにしましょう。

慣れてきてもデートのマナーは守る

初回のデートではかっこ悪いところを見せないように、服装や立ち振舞に注意していても、慣れてくるとどうしても日頃のクセや素の部分が出てしまいがちです。

たとえお互いに打ち解けてきたと言っても、必要最低限デートのマナーは意識するようにしましょう。

たとえばデート中にスマホや時計をチラチラ見る、会話中に相手の顔を見ないなど、自分自身は無意識にやっていることが、相手にとっては不快に感じることもあります。

せっかく3回目のデートまでたどり着けたのに、終わってみたら女性がフェードアウトしてしまうなんてことも。

先にも触れましたが、3回目のデートともなると、結婚生活のシミュレーションをするくらいの心構えが必要です。

お互いに楽しい時間を共有するためにも、いま一度自分のクセや無意識にやっていることを見直しましょう。

まとめ

婚活サイトで出会った女性と3回目のデートを成功させる方法についてお伝えしました。

相手のためにも、自分のためにも、結婚までのリミットが限られている中で微妙な関係をズルズルと引き延ばすのはお互いにとって良い状態とは言えません。

3回目のデートのタイミングで、しっかりと自分の意思を伝えられるように、今回の記事の内容を参考に、事前の準備と心構えをしっかりとしてデートにのぞみましょう。

年齢別の婚活サイト

10代(大学生)向けのおすすめな婚活・恋活サイトランキング
20代向けのおすすめな婚活サイトランキング
30代(アラサー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
40代(アラフォー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
50代(アラフィフ)向けのおすすめな婚活サイトランキング
60代(シニア)向けのおすすめな婚活サイトランキング

婚活サイトランキング

マッチ・ドットコム

マッチ・ドットコムはアメリカ発祥のサービスで全世界では1500万人以上、日本国内では187万人の会員がいる人気の婚活アプリです。
6ヶ月で出会えなかった場合の補償制度あり、結婚を強く意識する年齢層が多く登録し活動しています。
厳しい本人確認も設けており、安心安全で真剣に婚活に取り組めるような環境が整っています。

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング