婚活サイトでよくあるトラブルと巻き込まれないための対策

婚活サイトでよくあるトラブルと巻き込まれないための対策

婚活サイトはスマホやパソコンさえあればいつでも好きな時間に婚活ができ、普段出会うことのない異性と出会えるというメリットがあります。

一方で、婚活サイト利用中、過去に利用していたにかかわらず、何かしらのトラブルが報告されるケースも非常に多いです。

探偵事務所・興信所の公式ホームページなどを見ても、婚活サイトのトラブルの相談事例のページが掲載されているほどです。

大手の婚活サイトは女性でも安全・安心して利用できるように体制を整えていますが、個人対個人になると自分の身を自分で守る対策が必要になってきます。

今回は婚活サイトでよくあるトラブルと対策のポイントを見ていきましょう。

婚活サイトのトラブルとその対策

婚活サイトを利用していると、大なり小なり何かしらのトラブルやマナー違反に見舞われることがあります。

デートのドタキャンや突然のフェードアウトはもちろん、業者による勧誘や独身者になりすました既婚者との遭遇など実害をこうむるケースもゼロとは言えません。

実際にネット婚活で起こりうるトラブルと注意点を見てきましょう。

サクラ・業者・なりすまし

出会い系サイトとは異なり、大手運営会社の婚活サイトでは新規登録時に身分証明書による年齢確認・本人確認が徹底されています。

そのため、一般のユーザーになりすましてサクラや業者が潜り込んでいる可能性はほぼゼロに近いのですが、100パーセント防ぎきれているとは限りません。

会員数が十分に確保できている大手の婚活サイトであれば、わざわざサクラを雇って賑やかしをする必要はありません。

ただし、安全性の高い婚活サイトでどれだけ本人確認が徹底されていても、登録時に一般ユーザーと業者を見分けることはできないため、業者と出遭ってしまう可能性は無きにしもあらずです。

婚活サイトに潜む業者の目的は、メールアドレスや電話番号などの個人情報の回収や、ビジネスの勧誘、高額商品の販売などです。

メッセージ交換の最中に恋愛や結婚とは関係のない話題に発展したら、業者アカウントを疑うようにしましょう。

サクラ・業者の見分け方、対策についてはこちらの記事も参考に。

婚活サイトのプロフィールと実際の本人が違う

婚活サイトは入会時に利用者の本人確認・年齢確認は徹底していても、年収や職業のチェックまではできていないのが現状です。

たとえプロフィールに

  • 年収:1000万円
  • 職業:医師

といった魅力的な金額や職種が並んでいても、実際は、

  • 年収:300万円未満
  • 職業:フリーター

なんてこともあります。

プロフィールを偽っているかどうかは、実際に会ってみるまでわかりません。

気軽な出会いやネットナンパが目的の人たちからすると、直接会うことさえできれば目的達成となるため、メッセージ交換で年収や職業についての話題にならないからです。

あまりにも魅力的なプロフィールの相手とマッチングし、直接会うことになったら、気になるプロフィールの項目についてさり気なく聞いてみましょう。

高収入なのに仕事の内容について詳しくなかったり、チープな服装をしていたらプロフィールをサバ読んでいる可能性があります。

写真と実際の見た目にギャップがある

  • マッチングした相手と実際に会ってみたら、プロフィール写真とまるっきり別人だった

というケースは非常にまれですが、写真編集アプリ等で加工していたり、数年前の写真を使っていたことで実際の見た目との間にギャップがあるということは無きにしもあらずです。

プロフィールの顔写真があまりにイケメン・美人すぎたり、加工したような形跡がある場合は、メッセージ交換の際にでも現在の写真を送ってもらうように頼んでみましょう。

こちらから写真を提供すると相手も断りづらくなります。

見た目に自信がなかったり、見た目で判断されることを嫌う人は少なくありませんが、婚活サイトのマッチングの決めては100パーセント写真とプロフィールの印象です。

たとえマッチングしたとしても、自分の見た目に嘘を付いて婚活をしている相手と上手く付き合っていけるか、ということを改めて考えた方が良いでしょう。

マッチング=恋人関係と勘違い

まれに婚活サイトでマッチングしたことで恋人同士になったと勘違いして、馴れ馴れしく接してきたり、1回目のデートで過剰にスキンシップをしてくる人がいるようです。

あくまでもマッチングは、

  • 興味がある
  • 友達関係から始めたい

の意思表示であり、婚活サイトのマッチング=彼氏・彼女のカップルの関係ではありません。

お互いにメッセージ交換やデートを重ね、結婚相手に相応しいと思ってからが真剣交際のスタートです。

恋愛経験の少ない人ほどマッチングしたチャンスを逃したくないため、気持ちが先走ってしまうことがあります。

結婚相談所では婚前交渉(婚約前の性交渉)は会員規約で固く禁じられており、発覚した場合は高額な違約金を支払ったうえで強制退会という重いペナルティーが課されています。

婚活サイトであっても同様に、社会人としてマナーやモラルを守ったお付き合いが必要です。

相手の男性が実は既婚者だった

婚活サイトを利用する女性が注意すべきトラブルのひとつです。

多くの婚活サイトでは登録者が既婚か独身かをチェックする機能がありません。

独身証明書のような独身を証明する書類等の提出が義務付けられていない以上は、既婚者の男性と出遭ってしてしまう可能性もあります。

既婚者が婚活サイトを利用する目的は、浮気相手探し、セフレ探しです。

夫婦生活の不満やセックスレスを別の女性と肉体関係になることで解消したいと考えています。

人間性を疑うような目的ですが、実際に口コミサイトなどでこの手の投稿は跡を絶ちません。

このようなタイプの男性は、

  • 身長が高い
  • 高収入
  • ハイステータス職業

など、女性に人気のプロフィールやスペックを持っています。

既婚か独身かについても、プロフィール詐称を見抜くことは困難で、実際に会ってみて会話の中で相手からカミングアウトしてきたり、不審な言動などで発覚するケースがほとんどです。

マッチングした男性が既婚者と疑わしい場合は、相手と体の関係になる前に自宅や職場の住所を聞いてみる、薬指に指輪の跡が付いていないかチェックしてみるなどして探りを入れてみましょう。

既婚者が独身を装って婚活サイトに潜む行為は立派な経歴詐称・詐欺行為です。

何らかの実害を受けた場合は慰謝料などのことも考え、運営と弁護士の両方に相談するようにしましょう。

既婚者の見分け方、対策についてはこちらの記事も参考に。

デートのドタキャン

  • メッセージ交換でデートの約束をし、直前までデートの話題で盛り上がっていたのに、いざ待ち合わせ場所に行くと本人はいない

婚活サイトではよくあるトラブルのひとつです。

マイナビウーマンが実施したアンケート調査によると、「デートをドタキャンしたことがありますか?」という質問に対し、男性の24.4パーセント、女性の33.0パーセントが「デートをドタキャンしたことがある」と回答しています。

デートをドタキャンしたことがありますか?

参考:https://woman.mynavi.jp/article/170220-70/

ドタキャンする理由としては、男性が

  • 急に仕事が入った
  • 面倒くさくなった

と答えており、女性は

  • 面倒くさくなった
  • 体調が悪くなった

と答えています。

理由がどうあれ、せっかくマッチングからメールのやり取りを経て、ようやくデートにまで漕ぎ着けたのにドタキャンは腹立たしいものです。

他のアンケートでは、ドタキャンした半数近いの人がドタキャンした相手は「脈なし」と答えています。

つまりは「デートの約束はしたが本命ではなかった」という意思表示なので、その後は音信不通になるケースが非常に多いです。

文句の一つも言いたい感情を抑え、次の出会いのチャンスのために気持ちを切り替えた方が良いでしょう。

それでも食い下がったり、ドタキャンを問い詰めたりするだけ時間のムダです。

ストーカーまがいの行為

婚活サイトでの出会いの機会が多くなってくると、断った相手の中から1人くらいはストーカー化する人が出てくるケースがあります。

ストーカー化する人の特徴として、被害者意識がないということが挙げられます。

本人は誠実で一途な人間だと思い込んでいるため、好意を受け取らない相手に対して気持ちを押し付けてきたり、攻撃的になったりします。

サイト内のメッセージのやりとりの段階であれば、非表示にしたりブロックしたりすれば済む話ですが、連絡先を交換していたり、住所を教えていたりすると被害が拡大していきます。

具体的な被害を受けたのであれば、警察や弁護士などに相談してプロのサポートを受けるようにしましょう。

突然のフェードアウト

婚活サイトを利用していたらおそらく最も遭遇することの多いのが、昨日まで連絡を取り合っていた相手が突然フェードアウトすることでしょう。

トラブルと言うほどのことはありませんが、相手のためにデート代やプレゼント代などを奮発してしまった人にとってはかなりショックな出来事となります。

最初は順調にメッセージ交換ができていたのに突然連絡が取れなくなったり、相手のアカウントが消えている理由としては次のことが考えられます。

  • やりとりに飽きた
  • 他に本命の相手ができた
  • 退会した(強制退会も含む)

マッチングしたからと言って、引き際も礼節を尽くさなければならないということはありません。

デートのドタキャンと同じようにフェードアウトも突然やってくるので、「そういうこともあるだろう」と気持ちを切り替えて次の相手探しへ移ったほうが効率的です。


退会したつもりが月額料金の引き落としが止まらない

月額費用を支払うタイプの婚活サイトにありがちなトラブルです。

退会を希望して必要な手続きまで完了したつもりでも、数ヶ月間にわたってサイトの利用料金の引き落としが発生していたというケースはよくあります。

新規登録が気軽にできるところが婚活サイトのメリットではありますが、一方で退会時には何度もサイト継続の勧誘をしてきたり、複雑な退会手続きを踏まなくてはならないという手間がかかってしまいます。

基本的に、サイトを利用していなかった間の料金の引き落とし分が返金されることはありません。

気づかずに半年、1年放置していたらかなりの額が無駄に支払われていたことになります。

退会の意思表示を1ヶ月前に申し出なければならないというサイトもあります。

大切なお金を守るためにも、新規登録が完了したら退会の方法もチェックしておきましょう。

婚活疲れ

  • 婚活サイトを何ヶ月も利用しているのに、なかなか良いご縁がない
  • デートまではいくけど、なかなかその先へ発展しない

こういったことが婚活中に連続すると、婚活が上手く行かないことで心理的なストレスを抱えてしまう「婚活疲れ」「婚活うつ」の原因となります。

真剣に結婚を望んでいる人、プライベートの時間を削ってまで婚活に没頭している人ほどなりやすく、仕事や私生活にも支障が出てくる場合があります。

インターネット情報サイト「Honote(ホノテ)」が20~69歳の未婚男女を対象に行ったアンケート調査によると、「婚活をやめた理由」としてもっとも多かった回答は「なかなか相手が見つからず疲れたから」でした。

婚活をやめた理由

参考:https://beauty.oricon.co.jp/pressrelease/17118/

半数以上の婚活経験者が相手が見つからないことで疲れを感じ、婚活を途中でやめてしまっています。

前向きな気持ちで婚活をはじめたはずなのに、だんだん婚活が億劫になってきたのであれば、それは婚活疲れの黄色信号です。

幸せな結婚を目指してはじめた婚活を健康を害してまで続けることは本末転倒です。

婚活に疲れを感じてきたら、焦る気持ちを抑えて1~2ヶ月ほどリフレッシュ期間を設けるようにしましょう。

婚活のためにあてていた趣味の時間や友達との時間を思いっきり楽しんでください。

気持ちをリフレッシュしてから、改めて婚活を再スタートすることをおすすめします。

まとめ

インターネットでの活動が中心となる婚活サイトでも、人と人とのやり取りである以上は何らかのトラブルが起こる可能性があります。

婚活サイトを利用しているすべての人が上手くいっているわけでもなければ、人それぞれ結婚への真剣度も異なります。

今回ご紹介したトラブルやマナー違反については、いずれも1から10まで婚活サイトの運営が対応してくれるわけではないため、自分自身で対策を講じなければなりません。

万が一自分がトラブルの当事者になった場合も、どのような行動が適切か冷静に判断できるように理解しておきましょう。

年齢別の婚活サイト

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング