婚活サイトですぐに退会する人の目的

婚活サイトですぐに退会する人の目的

恋活サイトや婚活サイトなどネット婚活を利用した出会いは、おおよそ次の順序で進んでいきます。

  1. こちらから相手に「いいね」する(相手から「いいね」をもらう)
  2. マッチングする
  3. サイト内でメール交換をする
  4. 個別に連絡先を交換する
  5. デートや食事など直接会う

実際にネット婚活をやってみると実感しますが、デートや食事など二人きりで会うところまで進めるのは、マッチングした相手のなかでもほんの一人握りしかいません。

感覚としては50人とマッチングしたら、そのうち1人か2人という確率です。

そのため、出会いのチャンスを逃したくないとメール交換にも慎重になりますが、あるときマッチングしているにもかかわらず突然相手が退会しているケースがあります。

マッチング後、サイト内のファーストメール直後やメールでのやり取りの途中、個別の連絡先交換後など、それぞれのタイミングにおいて相手が退会した場合の考え方、注意点についてご紹介します。

相手が突然退会する理由

「ペアーズ」や「オミアイ」など会員数の多い人気の婚活サイト・アプリで、マッチング率が低い中ようやくマッチングしたのに、メール交換ができていたのに、あるとき突然相手が退会となっているケースはよくあります。

昨日まで活動していた会員が退会する、あるいは退会となる理由を考えてみましょう。

運営による強制退会

マッチングした相手を誹謗中傷するような内容のメールを送ったり、他の会員から通報されたりした場合、運営が審査のうえ不適切とされた会員は強制退会となります(あるいは、イエローカード)。

強制退会となった会員は「強制退会となりました」という表示とともに、一切のメッセージ交換などができない状態となります。

婚活サイトに1ヶ月以上在籍している人が強制退会となるパターンは少なく、新規会員でほとんど活動らしいことをしていないアカウントほど強制退会になっているパターンが多いようです。

強制退会となるからには、何らか他の会員に害をなすような行いをしていたということなので、ある意味では事前に発覚して安心できるということは言えるでしょう。

他に良い人が見つかった

他に希望どおりの相手が見つかったり、彼氏 or 彼女ができたという場合に退会することが考えられます。

この場合、マッチングが成立してメールの返信も順調に来ていたのに突然相手がフェードアウト、そのまま退会という流れも考えられます。

婚活サイトでの活動をスタートさせたばかりの方にぜひ知ってほしいことは、「婚活サイトのマッチング=恋人関係の成立ではない」ということです。

複数の異性とマッチングしてメール交換が可能である以上、友達の一人としてカウントされているに過ぎません。

そこからメール交換、直接会ってのデートを重ねて告白成功、恋人関係、結婚を前提としたお付き合いへと発展させていくことになります。

婚活をやめた

株式会社マクロミルが実施したアンケート調査によると、婚活経験者に「婚活を止める理由」を質問したところ、もっとも多かった回答が「なかなか相手が見つからず疲れたから」と6割近くを占め、次いで「パートナーが見つかったから」となっています。

婚活をやめた理由

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000248.000000624.html

「他に良い人が見つかった」と同じように、マッチングした他の相手との将来を考えて婚活をやめ、退会する人もいます。

あるいは自分が思うような婚活ができず、他の婚活サービスの利用やいったん婚活を休むためにサイトを退会する人もいます。

知り合いバレをおそれて

婚活サイトを始めた理由として「友達に誘われた」と自己紹介文でアピールしている人も一部にはいますが、それ以外の多くの人が周囲の友人や知人に内緒で婚活サイトに登録している人がほとんどです。

そのためプロフィールの顔写真に鮮明なものを設定していなかったり、詳しいプロフィールを書かずに活動している人もいます。

そのように知り合いバレをおそれている人が、偶然同じ婚活サイトで知り合いのアカウントを見つけたり、私生活で婚活していることが知人にバレそうになると、せっかくマッチングした相手がいるのに退会してしまうということも十分に考えられます。

女性無料のサイトの場合はやめてもリスクがない

おもに恋活サイト、マッチングサイトでは、男性側は月額料金を支払わないとほとんどサイトの機能が使えないのに対し、女性は完全無料で「いいね」もメッセージ交換もできるところがほとんどです。

女性は無料会員でも十分に活動できるため、有料会員にならなければほとんど活動できない男性会員に比べ、退会の際にリスクを感じることがほとんどなく、気軽に退会できるということが考えられます。

  • なんとなく婚活に飽きた
  • 良い相手が見つかりそうにない

と思ったら、頑張って続けようというよりも、退会して別の婚活方法を模索する女性もいるということが言えるでしょう。

気分の問題

ここまでに挙げた理由以外に、なんとなくサイトの利用をやめようと思って退会する人もいます。

とくにこれと言った理由もなく、要は本人の気分の問題です。

  • なんとなく面倒臭くなった
  • 特に気になる人がいないから
  • 忙しくなってサイトを見ることが少なくなったから

など、まだ結婚を焦らなくても良い20代の女性に多い傾向と言えるでしょう。

このようなタイプの人は、マッチングした相手と連絡先を交換していてもとくに気にせず、「疎遠になったらブロックすれば良い」くらいに考えているので、退会もなんとなくの行動である可能性が高いです。

個人情報回収業者の可能性

退会する理由の中でもっとも問題のあるケースが、相手が個人情報回収業者の可能性です。

個人情報回収業者・連絡先回収業者は、不特定多数の男女が出会いを求めて登録しているサイトに一般のユーザーになりすまして潜り込み、マッチングした相手の連絡先を集めて転売することが目的の業者です。

いわゆるサクラは大手婚活サイト等ではほとんど見かけなくなりましたが、このような悪質業者に連絡先を教えてしまうと、迷惑メールやビジネスの勧誘が増える可能性があります。

しかし、相手が一般のユーザーか個人情報回収業者かは一見しただけでは見分けがつきません。実際にマッチング後にメール交換をしてみて発覚するパターンが多いです。

個人情報回収業者は多くのユーザーから効率的に個人情報を回収しようとするため、1人に対し長々とメールをすることはありません。

もしサイト内メールの内容が明らかに恋愛や婚活とかけ離れていたり、メール交換1~2通めで個人のメールアドレスやLINEの連絡先を交換しようと言ってきたら、業者である可能性が高いと言えます。

遭遇してしまった場合は・・・

対策としては、メールの内容が終始恋愛・結婚とは異なるものであったり、メールのメッセージ内容や返事が噛み合っていなかったり、メール交換1~2通目で連絡先交換を申し出てきた場合は、運営会社の相談窓口に通報するか、ブロックするようにしましょう。

迂闊に連絡先を教えてしまったら取り返しの付かないことになってしまいます。

ただし、なかなか女性とマッチングすることのない男性は、業者の格好のターゲットとなりがちです。

恋活サイトや婚活サイトは「女性不足・男性余り」のところが多いため、マッチングしても連絡先交換まで発展させることがなかなか難しいからです。

メール交換後すぐに連絡先交換を申し出てくる女性と出会うことは非常に嬉しいことですが、多くの女性ユーザーはネットでの出会いを警戒しながら活動しているため、積極的に連絡先交換を申し出てくる女性は非常に少ないです。

男性の「このチャンスを逃したくない!」という気持ちは理解できますが、あくまで冷静に対応するようにしましょう。

もし業者に連絡先を奪われた可能性が高い場合は、運営のサポートセンターに通報しましょう。

被害の拡大を防ぐには、迷惑メールフィルタを設定したり、アドレスを変更するなど最小限のことしか防御策はありません。

それでも、この手の悪質会員の事例はほんの一部です。

婚活サイトを利用している9割以上のユーザーは真面目に出会いを求めていますし、新規登録時に身分証明書などで本人確認を徹底している婚活サイトであれば、悪質な業者と遭遇する確率も極めて低くなります。

婚活サイトに潜む悪質な業者の特徴や対処法などはこちらの記事もご参考に。

まとめ

婚活サイトで出会った相手がすぐに退会するには、何かしらの理由があります。

マッチングした相手が気になっていたり、何通かメッセージ交換をしている状況での退会は残念な気持ちになりますが、相手が退会してしまっている以上、こちらからアクションを起こすことはできません。

つとめて冷静に「この人とはご縁がなかった」と諦め、気持ちを切り替えて次の出会いに向けて準備をしましょう。

年齢別の婚活サイト

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング