婚活サイトで顔出しNGの人に写メを要求された場合の対処法

婚活サイトで顔出しNGの人に写メを要求された場合の対処法

婚活サイトや恋活サイト、あるいは出会い系サイトでも、結婚相手を探して婚活をする人が増えています。

ネット婚活では、顔バレしたくない、サイト内で知り合いと遭遇することを避けたいなどの理由で写メ(=顔写真)を掲載しないという人は少なからずいます。

しかし、恋活サイトなどでマッチングが成立すると、相手からメッセージ交換の途中に「顔を確認したいので写メを交換しませんか?」などと要求されることがあります。

今回の記事は婚活サイト・恋活サイトで顔出しNGの人に写メを要求された場合の対処法についてお伝えします。

ネット婚活におけるプロフィール写真の役割

相手と直接対面してのコミュニケーションではないネット婚活では、プロフィール写真の掲載はルックスの良し悪し以上に、信頼できる相手かどうかという点で重要視されます。

相手の素性がわからないうえに顔までわからないとなると、相手からすれば

  • 本当に婚活をしている人なのか?
  • 業者やサクラではないのか?

と疑いたくなるのも当然と言えます。

まずは婚活サイト、恋活サイトそれぞれで顔写真の取り扱いについて解説していきます。

婚活サイトで顔写真の掲載は必須

ここでは、

  • 結婚を前提としたパートナー探しのために利用する
  • 男女とも同じだけの料金を払って利用する

サイトを婚活サイトと定義します。

代表的なところでは、「ブライダルネット」「ユーブライド」「ゼクシィ縁結び」などです。

男女がお見合いするときはあらかじめお互いのお見合い写真を見せ合うように、真剣に結婚を考えている人が利用する婚活サイトでは、顔写真も大事な個人情報のひとつなので、プロフィール画像の掲載は必須となります。

「写真を掲載しなければ規約違反」とまではいきませんが、たとえばブライダルネットでは顔写真の掲載に審査が設けられているため、審査に通過しないとサイトを利用できません(無料登録はできます)。

先ほども述べたように、婚活における顔写真はユーザーの信頼性を高めるためのものです。

婚活においてお互いの信頼関係は何よりも大切なので、顔写真を掲載していない人はマッチングすら難しくなるでしょう。

恋活サイト・マッチングサイトは顔写真を掲載しなくてもOK

気軽な出会いから真剣な婚活まで、さまざまな出会いを提供するサービスが恋活サイト・マッチングアプリです。

代表的なところでは「ペアーズ」「オミアイ」「ゼクシィ恋結び」などです。

婚活サイトほど顔写真の登録にうるさくないので、プロフィール写真を掲載していなくても活動できます。

もちろん、顔写真はないよりもあったほうが相手も安心して「いいね」することができるので、あるに越したことはないというものです。

写メを要求する人の心理

婚活パーティーや合コンなどでは、そもそもリアルの出会いなので顔写真をめぐる問題は何もありませんが、ネット婚活となると顔写真のある・ないに関して人それぞれ考え方があるかと思います。

「写真を見せたら、突然相手と音信不通になった」といった苦い経験を持つ人もいるかもしれません。

ここからは、相手に写メを要求する人の心理を考えてみましょう。

あらかじめ顔を確認しておきたい

「結婚は外見よりも中身が大事」とは言え、だれでも自分の好みのタイプと異なる顔の人とお付き合いをしたいとは思わないはずです。

それだけ、見た目の情報というのは隠されていると非常に不安になるものです。

プロフィールやメッセージの雰囲気は良いと感じていても、いざ実際の顔を見たら好みと違ってがっかり……ということはもちろん起こり得ます。

とくに男性は女性に比べて見た目を重要視する傾向にあるため、直接会う前に相手の顔を確認しておきたい気持ちは女性よりも強いと言えるでしょう。

また自分がイメージしていた顔と、実際の相手の顔との答え合わせの側面もあります。

顔がわからない段階では、人間だれでも相手を自分の理想に近い顔でイメージします。

相手の顔が許容範囲ならそのままやりとりは続くでしょうし、好みでなければそのままフェードアウトする可能性もあります。

業者やサクラでないか確認したい

顔写真を確認したいという人のもうひとつの心理は、相手が業者やサクラといった悪質なユーザーでないか確認しておきたいというもの。

安心・安全をうたっている婚活サイト・恋活サイトでも、新規登録時に身分証明書で年齢確認はしていますが、業者かどうかまでのチェックをしているわけではないため、一般会員になりすました悪質な業者や詐欺を100パーセントブロックすることはできません。

「自分がやり取りしている顔がわからない相手は、業者はサクラではないだろうか?」という不安は、少なからずあるはずです。

実際の顔写真を提示することに比べたら、どれだけメッセージを尽くして業者やサクラでないことをアピールしても、相手を安心させることはできないでしょう。

写メを要求された場合の対処法

プロフィール写真を設定していない人には、それぞれ理由があることでしょう。

しかし、「実際に会うまで顔写真は見せなくても大丈夫」という人は非常にまれです。

いずれデートなり食事なりに行く約束をするのであれば、遅かれ早かれ自分の顔写真を相手に見せるタイミングがやってきます。

ここでは、マッチングした相手から顔写真を要求された場合の対処法をご紹介します。

実際に写真交換を申し出たいとき、されたときの参考にしてみてください。

お互いに写メ交換を申し出る

もっとも最善の方法は、相手にも「一緒に顔写真を交換しませんか?」と顔写真の提示を持ちかけることです。

「返報性の法則」と言って、人は相手が何かしてくれたら、自分も同じくらいのお返しをしなければならないという心理が働きます。

本人の同意のもと、お互いに顔写真の見せ合えば不公平な感じもありませんし、快く応じてくれる相手ならフィーリングが合う人かもしれません。

婚活サイトのメッセージが画像添付機能付きならそのまま送っても良いですし、添付機能がない場合はLINEの連絡先やプライベートのメールアドレスを交換し、そちらで送っても良いでしょう。

あらかじめクオリティーの高い写真を準備する

遅かれ早かれ、ネット婚活では顔写真を見せるタイミングが来ると心得ておきましょう。

最初から最後まで顔出しせずに婚活が成功するなどということはあり得ません。

自分のルックスに自信がない、手元に相手に見せても恥ずかしくないお見合い写真がないという人は、あらかじめクオリティーの高い写真を準備しておくことをおすすめします。

クオリティーの高い写真とは、画像編集アプリで加工したものではなく、プロのカメラマンにフォトスタジオで撮影してもらった写真です。

最近ではスマホや携帯電話のカメラも高機能となり、デジカメと比べても遜色ない写真が撮れるようになりましたが、専門家の撮影技術であればさらにクオリティーの高い写真ができあがります。

結婚相談所の楽天オーネットが実施したアンケート調査によると、「婚活写真をどこで撮りましたか?」という質問に対し、7割程度の人が「写真館」と答えています。

婚活写真をどこで撮りましたか?

参考:https://onet.rakuten.co.jp/konkatsu/survey/knowledge/data/2016110802.html

無料で撮影できるスマホのカメラとは違い、多少撮影の費用はかかりますが、見た目が重要視されるネット婚活では、写真1枚のために時間とお金をかけても良いくらいです。

「顔に自信がないから顔写真を載せていないんだ」と思っている相手の予想を覆すような高クオリティーの写真なら、好感度アップも間違いありません。

ただし加工のし過ぎは本人とかけ離れてしまう場合が多々見られるのでおすすめしません。

どうしても見せたくないなら断る

やり取りをしている相手が面白半分で顔写真を要求してきたり、明らかに顔重視でパートナーを選んでいる人だった場合、いさぎよく断るというのもひとつの方法です。

相手の顔写真を悪用しようという人はほとんどいませんが、こちらが不利益を被るような相手であればお断りしたり、あるいは返信の頻度を徐々に下げていってそのままフェードアウトしてもいいでしょう。

せっかくマッチングしたとはいえ、自分と性格や価値観の合わないような人とお付き合いしてもうまくいくわけがありません。

スッキリお断りして次の出会いのために気持ちを切り替えたほうが、本当の良縁を掴むことができます。

まとめ

今回は婚活における顔写真の重要性と、婚活サイト・恋活サイトで顔出しNGの人に写メを要求された場合の対処法についてご紹介しました。

真剣に婚活を考えているのであれば、自分のルックスに自信がなかったり、サイトに顔写真を公開するのが不安であっても、やはり顔写真はあったほうが良いでしょう。

顔写真を掲載することで、異性から容姿で判断されてしまうということもありますが、写真のある・なしでは「いいね」をもらう数にも大きな差があります。

当然ながら、写真はあったほうが良いに決まっています。

自分自身の信頼性アップのため、真剣に婚活をしているというアピールのために、なるべくクオリティーの高い顔写真を掲載することをおすすめします。

年齢別の婚活サイト

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング