婚活サイトで結婚の成功率を上げる方法

婚活サイトで結婚の成功率を上げる方法
  • 婚活が成功する人
  • 婚活を有利に進められる人

と聞くと、多くの人が

  • ルックスが優れている人
  • 年収や職業が魅力的な人

をイメージするのではないでしょうか?

世間一般的にはスペックやプロフィールが平均以上の人が婚活に有利、成功しやすいと思われがちですが、婚活サービスを通じて結婚を実現した人のすべてが平均以上のスペックやプロフィールの持ち主ではないことは明らかです。

それら表面上のアドバンテージよりも、本当に婚活を左右するのは心構えや戦略といった部分にあります。

今回の記事では婚活サイト、婚活サービス全般で結婚の成功率を上げる方法をご紹介します。

婚活をスタートする前に目標を明確にする

何の目標のないまま、ただ「結婚したい」という熱意だけで婚活を始めた人は、上手く行かない状況になると路頭に迷ってしまう傾向にあります。

婚活という結婚のための手段が、いつしか目標になってしまって、「婚活しているからいつか結婚できる」といった間違った考え方をしてしまいます。

婚活における目標とは恋愛を楽しむことではなく結婚することです。

  • いつまでに
  • どんな婚活方法で
  • どんな相手と

といったことを決めてから婚活をスタートさせましょう。

いつまでもダラダラと婚活を続けても埒が明かないですし、婚活サイトが上手く行かなかったら次は婚活パーティー、それも上手く行かなかったら結婚相談所……というように、婚活の方針にブレが生じることになります。

最初に決めた目標を修正することに問題はありません。

婚活を続けていくと自己分析や自分磨きができて人間的にも成長できるので、本当に自分が結婚したいタイプの男性(女性)が明確になったり、上手く進めば1年の婚活期間が半年で終わる場合もあります。

婚活で成果を出すにはしっかりとした戦略が成功のポイントとなります。

自分の強みを知ること、婚活方法のメリット・デメリットを知ることが結婚への近道となるので、そのためにも婚活のスタートには必ず明確な目標を立てるようにしましょう。

第一印象の重要性を知り実践する

婚活サイトに限らず、婚活パーティーやお見合いパーティー、結婚相談所、街コン、合コンや友達の紹介でも、第一印象で相手に好感を持ってもらわなければ、結婚を前提としたお付き合いに発展することはありません。

とりわけオンラインでのやりとりから始まるネット婚活では、顔写真やプロフィールがマッチングできるかどうかの決め手となります。

またマッチングに成功し、実際に会うことになっても、「写真やプロフィールの印象と違う」と思われてしまったら、進展がないまま終わってしまうでしょう。

第一印象の重要性に気付いている人は、相手に「写真よりも素敵ですね」と言われるほど容姿に気をつけています。

若々しくて清潔感があり、安心感を与えられるような雰囲気のある人は、年齢にかかわらずどんな婚活方法でも成功をおさめることができるでしょう。

逆に「自分はもうおじさん(おばさん)だからと、外見を疎かにする人は、婚活サイトでマッチングすらできません。

さらに、第一印象は見た目や雰囲気だけではなく、雑談や会話のコミュニケーション能力も重要です。

見た目が良くても自分から会話をしない、相槌を打たないような人は「話していても面白くないな」と思われてしまいます。

会話で上手く相手の緊張を和らげたり、盛り上げたりできる人は結婚後の生活も楽しそうと思ってもらえるので、どうやったら相手の心を開かせる会話ができるかという点についても意識する必要があります。

気になる異性には実際に会ってみる

第一印象の大切さに気づき、見た目や会話力を磨いたとしても、シミュレーションだけで婚活は成功するわけではありません。

婚活サイトは出会いのきっかけに過ぎず、マッチングした会員同士が本当にパートナーに相応しいかどうかを見極めるには、実際に会ってみないと何もわからないのです。

そのため、婚活に成功していない人ほど出会いが少ないということが言えます。

婚活に失敗する人によくある特徴としては、相手を選り好みしすぎて、出会いのチャンスが巡ってこないことです。

  • 年収は500万円以上じゃないと嫌だ
  • 結婚するなら20代の若い子がいい

と欲張った条件を掲げても、理想どおりの人とマッチングすることはありません。

条件は多ければ多いほど、高ければ高いほど、出会いの幅を自ら狭めることになります。

婚活に成功する人は、相手に求める条件の最低ラインだけを決め、ある程度は条件を許容して、とにかく多くの異性と会う機会を作っています。

プロフィールや顔写真、メッセージ交換以上に、お互いが直接向き合って会話しないことには、本当の相性やフィーリングを知ることはできないのです。

実際に会って話をしてみると、婚活サイトでは知り得なかった相手の性格や価値観などが見えてきます。

結婚において年齢や年収といったプロフィールで見える部分もたしかに大切ですが、何十年と苦楽を共にする結婚相手を選ぶときには、性格や価値観が一緒であることが何よりも重要です。

出会いの数が多い人ほど相手の内面をしっかりと見る目が養われているので、結婚の成功率も高くなります。

相手をデートに誘うときは、なるべく男性会員の方から女性会員をリードしてあげると、実際に会う前に好感度を上げることができます。

周囲の意見に流されない

  • 周りが次々に結婚している焦りから
  • 両親からのプレッシャーを感じて

といった理由で婚活を始める人も少なくありません。

また婚活サイトを選ぶ際も、ネット上の

  • 料金が安いからおすすめ
  • 会員数が多いからマッチング率も高い

といった情報で決めてしまうのも考えものです。

何がきっかけにせよ婚活を始めたからには真剣に取り組むべきですが、いつまでも周囲の意見に流されていては、相手を決めること、結婚を決断することができません。

結婚相手というのは個人の意志で決めるものであり、親や友人の意見に左右されるものではありません。

まれに第三者の意見を取り入れたら相性がバッチリの人と結婚できたというケースもあるでしょうが、その確率は極めて低いと言えるでしょう。

他人任せにして婚活する人ほど、成功は程遠くなります。

婚活が上手く行かなくなると周囲に責任転嫁した言い訳も多くなるため、いずれ婚活疲れになってしまいます。

婚活サイトを利用する場合も同じように、

  • 友達に勧められたから
  • 出会いが見つかると聞いたから

といった理由からではなく、自分の意志で選び、入会する必要があります。

また「婚活サイトに入会したから結婚できる」と過信してもいけません。

婚活サイトには真剣に結婚を考えている人が在籍していますし、婚活アドバイザーも手厚くサポートしてくれますが、最終的に決断をするのは自分自身です。

  • 相手がバツイチでいいの?
  • 年収は低くても大丈夫なの?

といった周囲の意見に左右されるようでは、本当に幸せな結婚はできません。

自分が見極めた相手であれば、最後まで自分の決断を信じましょう。

上手くいっていないときに直ちに軌道修正する

結婚相談所の成婚率は国内最大手と言われるところでも、だいたい10パーセント前後と言われています。

婚活サイトはそれよりも低く、マッチングからメール交換、デートのお誘いとふるいにかけていくと、結婚を前提としたお付き合いができる人と出会える確率は非常に低くなります。

そもそも婚活とは、何の苦労も努力もせずスムーズにいくものではないのです。

婚活に成功する人は、いま自分の婚活が上手くいっていないということを客観的に分析し、どこを起動修正すれば良いかただちに判断できる人です。

「なんとなく上手く行っていない」状態を長く引きずると、だれとも出会えないまま1年、2年と月日が過ぎていってしまいます。

婚活サイトを利用して出会えた男女は、平均在籍期間半年~1年ほどで結婚相手と出会えています。

マッチングできないときは顔写真やプロフィール写真をブラッシュアップする。

マッチングはできてもメッセージの途中で関係が切れてしまう人は、メッセージの内容や返信の頻度を見直す。

そういった環境や方法など上手くいっていないことに対して的確な軌道修正ができれば、短期間での成功も決して難しい話ではありません。

複数の婚活方法を併用する

さらに効率的な出会い、結婚の成功にこだわるなら、複数の婚活方法の併用も検討しましょう。

婚活サービスのなかでも婚活サイトだけが、会社までの通勤時間や自宅の就寝前などのスキマ時間を利用して婚活ができます。

時間や資金に余裕があるのであれば、休日は婚活パーティーやお見合いコンに参加してみたり、結婚相談所を婚活のメインにして、空いた時間を婚活サイトで活動するといった方法も可能です。

またサービス内容やシステムの異なる婚活サイトを2つ以上併用しても良いでしょう。

一つのサイトでは出会えないようなタイプの異なる会員とマッチングする可能性もあります。

あるいは、独自に婚活をしながら友達や知人に紹介を依頼したり、趣味サークルなどに通ってみるといった出会いのルートを複数持つことも有効です。

1つの婚活方法では出会える確率が10パーセント未満でも、複数ルートを活用するとそれだけ出会いのチャンスが増えますし、婚活方法の組み合わせは、異なるタイプの人との出会いやリスク分散の効果もあります。

自分の気持ち次第で成功率は変わる

婚活サイトでもそれ以外の婚活サービスでも、成功率は自分の気持ち次第で大きく変わってきます。

「自分の理想どおりの人でないとデートする気はない」という人と、「どんな人でもとりあえず会ってみる」という人では、断然後者のほうが成功率が高くなります。

婚活の積極性だけでなく、自信を持って婚活できているかどうかも重要です。

年齢に自信がない、収入に自信がないという人が、その気持を引きずって婚活しても、相手が魅力的に感じることはありません。

たとえば、40代50代でも真剣に出会いを求めて婚活をしている人はいますし、「共働きをするつもりだから収入は低くても大丈夫」と、相手の年収を気にしない人もいます。

改善できる部分は直ちに改善すべきですが、今すぐにはどうしようもないことをいつまでもくよくよ悩んでいては、婚活の成功には一向に近づきません。

さらに、婚活中のメッセージ交換やデートなどで、無理をして相手に合わせようとするのも婚活失敗の原因となります。

たとえば、本当はお断りしたい相手なのに、熱意に押されてデートを承諾してしまうと、モヤモヤした気持ちのままデート当日を迎えることになります。

婚活で無理をすればそのまま婚活疲れや婚活うつに直結し、仕事や私生活でもストレスを抱えてしまいます。

婚活は義務的にやるものではなく、自分の意志で楽しみながらやるものです。

自分が望まない婚活はしないように、目標と心構えをしっかりと持って婚活に臨みましょう。

まとめ

ただ漠然と婚活をスタートし、ダラダラと続けても結婚の成功率は上がりません。

結婚に向けて明確な目標を立て、積極的に行動し、上手く行かなくなったら軌道修正をするというように、婚活の成功のカギは戦略性や試行錯誤であったり、これまでの自分の行動パターンや意識を変えるという部分にあります。

意識と行動が伴っていれば、自分が想定していたよりも早い段階で結婚を前提とした交際ができる相手との出会うことも可能です。

今回のアドバイスを参考に、自分自身の婚活を見直して成功率アップを実現させましょう。

年齢別の婚活サイト

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング