婚活とは|結婚する意味について考えてみる - Yumecon(ユメ婚)

婚活とは|結婚する意味について考えてみる

婚活とは|結婚する意味について考えてみる

だれもが当たり前のように結婚をし、家庭を築き、子を産み育てる将来を思い描きます。

厚生労働省が18~34歳の未婚者を対象に行った調査では、結婚願望があると答えた男性は全体の86.3%、女性は89.4%という結果が出ています。

しかし、婚活をする意味とは、結婚をする意味とは、いったい何なのでしょうか?

どれだけ婚活を頑張っても、強い結婚願望を持っていても、おそらく明確な答えを導き出せる人はほとんどいないでしょう。

人生を左右する結婚、その結婚というゴールへ向かうための活動である婚活、今回は婚活と結婚の意味について考えてみましょう。

婚活について

まずは、婚活について考えてみましょう。

おそらく多くの人の本音は、「婚活に膨大な時間やお金を使うことなく、職場や友人の紹介で出会った理想の人と恋愛して、結婚できればいいな」ではないでしょうか?

たまたま職場に自分のタイプの異性がいて、その人と恋に落ちて、将来的に結婚して幸せな家庭を築く…

結婚までのステップがこれだけ上手く行けば、何も言うことはありませんね。

しかし、婚活をしている人というのは、身近に出会いがないから止むに止まれずやっている人も少なからずいるのではないでしょうか?

婚活を振り返って、「こんなに時間をかけてるのに、こんなにお金をかけているのに、上手くいくのかな?やっている意味あるのかな?」と気持ちが落ちることもあるかもしれません。

結論から言えば、あなたが

  • 結婚して幸せな家庭を築きたい
  • 一生独身ではいたくない

と考えているなら、膨大なお金や時間をかけて婚活をする意味はあります。

婚活にお金や時間をかける意味とは

婚活にお金や時間をつぎ込むことで、あなたには「絶対に婚活を成功させて、結婚する」という覚悟が生まれます。

人間は何もなければ楽な方、楽な方へと身を任せてしまう生き物ですが、ある程度強制された環境に身を置けば、結果を出すために必死になるものです。

お金も時間も、限りあるリソースです。

それを結婚という理想に投資するわけですから、婚活のために費やしているお金も時間も、一切無駄にはできませんよね。

ただし、ダラダラと続けていてはダメですよ。

婚活は1年なら1年と区切りをつけて、結婚というゴールに向かって全力で取り組むべきです。

結婚すると幸せになれるのか?

10代20代の若い頃は、仕事もバリバリできたし、プライベートも充実していて、一人でいることに何も不安なんて感じなかったのではないでしょうか?

ところが、周りの友人・知人が次々に結婚していく、いわゆる結婚適齢期になってくると、だんだんと「このままでいいのかな?」という思いが芽生え、いつしか「パートナーがほしいな」と考えるようになってきます。

生涯をともにするパートナーを見つける婚活、そのパートナーと生涯をともにする契約をする結婚、それは人生の一大イベントです。

まずは、自分が生涯をともにするパートナーを得て、どんな人生を送りたいのかを考えることが重要です。

ここでは、男女共に結婚することで得られるメリット、デメリットを考えてみましょう。

結婚のメリット

まずは結婚のメリットを考えてみましょう。

必ずしも結婚をメリット・デメリットで判断するべきではありませんが、あくまで参考までに。

結婚のメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

  • 共に支え合える人がいるという安心感がある
  • 家庭という拠り所ができる
  • パートナー、子ども、義理の両親と、家族が増える喜びがある
  • 家庭を支えていくという使命感ができる
  • 共通の趣味などに使える時間が増える
  • 1人のときよりも光熱費、水道代などが経済的
  • 国や自治体から様々な補助が受けられる

人生には悲しいこと、辛いことがたくさんあります。1人では耐えきれない孤独を味わう場面もあるでしょう。

しかし、喜びも悲しみも分け合えるパートナーがいるというのは、何ものにも代えがたい喜びであり、あなたの人生をより充実させるものです。

すでに結婚している方に話を聞いてみても、経済面などでメリットを感じる以前に、人生を一緒に歩んでいける相手がいることが一番の幸せという答えが返ってきます。

結婚のデメリット

どんなことにもメリットがある反面、デメリットも存在します。

結婚することによるデメリットも考えてみましょう。

  • 一人の自由な時間が少なくなる
  • 生活上のストレスが増える
  • 価値観ズレでパートナーと喧嘩になりやすい
  • 収入面で劣等感や罪悪感が生じる
  • 相手の両親とのしがらみなどが生まれる

結婚のデメリットは、結婚相手と一緒に暮らしてみてはじめて気づくものばかりです。

結婚する前の交際期間では気づかなかった、相手の嫌なところや価値観のズレが一緒に暮らすことで明るみに出て、それが一生つきまとうケースも少なくありません

また、結婚する前までは自由に使えていた時間も、結婚してからはパートナーのため、子どものため、家族のために使わなければならず、不自由さを感じることもあるでしょう。

結局はパートナー選びが大事になってくる

数ヶ月前、数年前まで赤の他人だった独身男女が、交際を通じて一緒になるのが結婚です。

結局のところ、運命の人と出会い、その人と結婚して幸せになれるかどうかは、相手とあなたの相性にかかっていると言っても過言ではありません

先ほど婚活の意味を考えたように、生涯のパートナー選びに膨大な時間やお金をつぎ込むことは、結婚して幸せになれる相手を見つけるための投資なのです。

婚活を支援するサービスで生涯のパートナーを見つけよう

  • 周りの友達や同僚も次々に結婚してるし、自分もそろそろ結婚を考えたい
  • 友達の紹介や合コンで会う人とは、いまいち相性が合わない

そんな思いを抱いている人は、これから紹介する婚活支援するサービスを利用して、理想のパートナーを見つけてください。

どのサービスもプロのコンシェルジュがあなたの婚活を手厚くサポートしてくれますよ。

婚活アプリ

結婚を前提とした相手を探している男女が登録する婚活アプリは、もっとも気軽に利用できるサービスです。

あなたの名刺代わりとなるプロフィール、顔写真を設定し、様々な検索機能を使ってパートナー候補となる人を探します。

お互いに連絡が取り合いたいという意思表示である「マッチング」が成立したら、晴れて個別にメッセージの交換が可能となります。

婚活アプリではプロのコンシェルジュが、デートプランの立案から結婚式の段取りまで、様々な場面でカップルをサポートしてくれるので、安心して婚活ができるようになっています。

婚活パーティー

いわゆるお見合いパーティーです。

結婚相手を探している男女がパーティー形式で対面し、食事や会話を楽しみながら、気になる異性を絞っていきます。

一般的な婚活パーティーでは、フリータイムの後に気なる異性の名前を書くカードが配られ、そこで一致した男女がカップル成立となります。

婚活アプリと異なる点は、相手と直接対面して話ができるため「顔が見えない」という不安がないことです。

最近では、大手ブライダル企業が運営する大規模な婚活パーティー頻繁に開催されていますので、興味のある方はぜひ調べてみてください。

結婚相談所

ひと昔前までは、デパートの最上階の隅にこじんまりと設置されていたイメージの結婚相談所ですが、最近ではネットで申し込みができ、パートナー探しまでをほぼオンラインで完結する結婚相談所が主流となっています。

プロのコンシェルジュがあなたのプロフィール作成をアドバイスし、あなたの理想に当てはまる相手を見つけてきてくれます

婚活アプリや婚活パーティーに比べ料金が割高で、入会の条件も厳しめです。

その分マッチング率が高く、登録者はみんな結婚に対する真剣度が非常に高いところがポイントです。

まとめ

今回は、婚活をする意味、結婚をする意味について考えてみました。

なんとなく漫然と

  • 結婚しなきゃ
  • 婚活はじめなきゃ

という気持ちで取り組んでいる人は、

  • 自分は結婚に何を求めているのか
  • 結婚してどうなりたいのか

いま一度振り返ってみてください。

この記事を参考に、結婚というゴールをしっかりと見据えることができれば、あなたの婚活はより充実した、身のあるものになりますよ。

婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング