婚活サイトに登録する前にチェックすべき項目 - Yumecon(ユメ婚)

婚活サイトに登録する前にチェックすべき項目

婚活サイトに登録する前にチェックすべき項目

婚活サイトには無料登録と有料登録があり、無料登録でも一部の機能は使えます。

しかしマッチングした相手とメッセージ交換をしたりといった機能を使うためには、有料会員として登録することが必須となります。

婚活サイトで出会いを見つけるためにはスタートが肝心です。

サイト選びやプロフィール作成を適当に済ませてしまうと、他のライバルとなる会員にスタートで出遅れてしまいます。

ネット婚活はサイト選びからすでに勝負は始まっていると言っても過言ではありません。

今回の記事では婚活サイトに登録する前にチェックすべきこと、登録する際に必要となるものをご紹介します。

これからネット婚活を始めるという方は、ぜひサイト選びの参考にしてみてください。

婚活サイトに登録する前にチェックすべきこと

婚活サイトに登録する前に、そのサイトが自分に合っているかどうか、このサイトを選べば1年以内に相手が見つかるかなど、事前に確認しておきたい注意点があります。

メインの年齢層は自分の希望に沿っているか

婚活サイトの公式ホームページなどを見てみると、在籍している会員の年齢層のデータが公表されています。

そこで婚活サイトに登録する前は、メインの年齢層を確認するようにしましょう。

たとえば40代の男性が婚活サイトが20代の若い男女が中心の婚活サイトに登録しても、20代の女性とマッチングするのは非常に難しいですし、20代と40代では結婚に対する考え方も異なります。

容姿や収入以上に、年齢や年の差は相手に見られる部分です。

「自分より10歳以上若い人と結婚したい」という理想はあっても婚活をはじめるときは冷静に状況を見て、自分に合った婚活サイトを選ぶようにしましょう。

アクティブ会員数がどれだけいるか

どの婚活サイトも会員データのページで累計会員数(これまでに会員登録した数)を公表しており、自社の人気や支持率をアピールしています。

累計会員数が多いということは、それだけ長年婚活サイトしての運営実績、成婚実績があるということが言えますが、現在利用中のアクティブユーザーの数が多くなければ、実際に出会いのチャンスはありません。

アクティブ会員数を確認するためには、有料プランに登録する前に無料プランを利用する方法がおすすめです。

いったんサイトに無料登録し、会員検索機能で自分の住む地域や婚活の対象となる年齢の男性会員(女性会員)、結婚相手に求める希望条件に沿う人がどれだけ在籍しているかなどをチェックしましょう。

東京であれば数百人~数千人がヒットしても、地方在住のユーザーになるとかなり数が限られることもあります。

「婚活サイトに登録したが、自分の住んでいる地域に対象者がいない」ということを避けるためにも、1つではなく複数のオススメします。

どんなサービス内容か

会員同士のマッチング率を高めるために、婚活サイト各社が独自のサービスを提供しています。

サイトに登録する前にどんなサービスが提供されていて、それが自分に合っているかどうかも確認するようにしましょう。

ブライダルネット

たとえば日本国内最大級の婚活サイト「ブライダルネット」では、結婚相談所の仲人システムのような婚活コンシェルジュのサポートが提供されています。

注目されるプロフィールの作成方法や異性とのメッセージ交換など、活動中のあらゆる場面でアドバイスが受けられるため、ネット婚活初心者でも安心して利用できるというメリットがあります。

また男女がお互いに「いいね」してからマッチング、メッセージ交換というオーソドックスな出会いのシステムに限らず、「つぶやき」「日記」「コミュニティー」といった独自のアプローチ方法、コミュニティー機能を提供しているサイトもあります。

ゼクシィ縁結び

ブライダル情報誌『ゼクシィ』を発行するリクルートグループが運営する婚活サイト「ゼクシィ縁結び」は、価値観の一致によるマッチングを重要視しているため、利用者全員が性格診断や価値観診断を受けられるようになっています。

こういったサイト独自のサービス内容も、公式ホームページでチェックしたり、無料会員になって試しに体験してみるなどして、自分に合っているかどうかをあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

返金保証や優遇措置はあるか

婚活サイトに登録したからと言って、必ず結婚できるとは限りません。

自分に合っていない婚活サイトを選んでしまったら、6ヶ月、1年以上利用しても出会いが全くない可能性もあります。

そういった会員に対し、無料でのプラン延長措置や返金保証などを設定している婚活サイトもあります。

婚活がうまくいくかどうかは本人の活動次第ですが、万が一失敗したときの保険はあったほうが安心して婚活を継続できるというメリットもあります。

恋愛がしたいのか結婚がしたいのか

サイト選びの際には、自分はゆっくり恋愛がしたいのか、早く結婚がしたいのかについても考えるようにしましょう。

たとえば20代の若い年代の人は、1年以内に結婚したいというよりも、2~3年かけてじっくりお付き合いができる相手がほしいという人が多いはずです。

その場合は婚活サイトよりも、恋人探しをメインに提供する「ペアーズ」や「オミアイ」などの恋活サイトの方が利用目的に合っているでしょう。

逆に真剣に婚活を考えている人は、女性無料・女性完全無料をうたう恋活サイトでは、本気度の高い相手とマッチングするのは難しいかもしれません。

婚活サイトの目的は、結婚相手となるパートナーを見つけることです。

利用者の多くが20代後半から30代の、真剣な出会いを求める人たちなので、気軽な出会いやじっくりと恋愛を楽しみたいといった目的の人は恋活サイトを選んだ方が良いでしょう。

婚活サイトに登録する際に準備するもの

一般的な婚活サイトに有料登録する際に必要となるものをご紹介します。

身分証明書

婚活サイトの無料登録はフェイスブックのアカウントだったり、メールアドレスだったりが必要となりますが、本格的に有料登録をして活動を始める際は身分証明書の提出が必須となります。

多くの婚活サイトが会員の年齢確認や本人確認のために提出を義務付けています。

運転免許証やパスポート、クレジットカードでも本人確認できるようになっています(クレカでの確認は手数料がかかる場合あり)。

これがなければ有料登録してサイト内のサービスを利用することができないため、婚活を始めるサイトが決まったら必ず準備しておきましょう。

また身分証明書は大事な個人情報なので、登録するサイトが個人情報の取り扱いに十分気をつけているかどうかもチェックする必要があります。

各種証明書

結婚相談所では会員の質を高く保つために、必ずと言っていいほど身分証明書以外の証明書の提出を義務付けています。

婚活サイトでも新規登録の際の本人確認で身分証明書を提出する他にも、プロフィールの年収や会社に在籍していることの裏付けとして、

  • 収入証明書
  • 在籍証明書
  • 学歴証明書
  • 独身証明書

など、各種証明書を提出させるところもあります。

証明書の取得には手数料や手間がかかりますが、そのぶん相手に信頼感や安心感を与えることができるため、マッチング率も高くなるというメリットがあります。

クオリティーの高い顔写真

婚活サイトで本気の出会いを見つけたいのなら、必ず顔写真を掲載しましょう。

顔写真がなくてもプロフィールの登録ができるところもありますが、顔写真のあるのとないのとでは、もらえる「いいね」の数だったり、相手からの信頼感も段違いです。

  • 自分の見た目に自信がないから顔写真は載せたくない
  • 知り合いに身バレしないように

などあえて写真の掲載をしない人もいますが、お見合いをする男女がお見合い写真を見せ合うように、婚活サイトで真剣に結婚を目指すなら顔写真の掲載は必須です。

さらに、スマホのカメラ機能やスピード写真よりも、なるべくならフォトスタジオでプロのカメラマンが撮影した写真を使うようにしましょう。

その理由は、ネット婚活の性質上、マッチングできるかどうかは顔写真から受ける第一印象で決まってしまうからです。

顔かたちは変えることはできませんが、写真のクオリティーを高めることはできます。

撮影料金はかかりますが、出会いの機会を増やすためにもプロフィール写真にはこだわりましょう。

また恋活サイトやマッチングサイトでは、写真編集アプリ等を使って加工した写真を掲載している人もいますが、これは婚活では逆効果です。

サイトによっては写真審査を通過した顔写真しか掲載しないところもあり、過度な加工や顔を隠した写真はNGとなってしまいます。

誠実さが伝わるプロフィール

婚活サイトに登録したら、自分のプロフィールの項目は空欄のないようしっかりと埋めましょう。

サイトによっては100以上の項目を入力させるところもあります。

ネット婚活は婚活パーティーのように最初から直接対面してのやりとりができない以上、プロフィールの情報が非常に重要になってきます。

プロフィールの作成は手間がかかる分、すべて正直に書かれたプロフィールは、本人の人柄や誠実さが伝わってきます。

さらに、プロフィールは具体的に書くことが大切です。

たとえば男女共通で「趣味」の欄を書く際は、大雑把に「スポーツ」のような書き方をするのではなく、

  • ランニング
  • サッカー観戦

など具体的に、かつ自己紹介欄などを利用して詳しく書くことをおすすめします。

婚活サイトのプロフィールは自分のアピールだけでなく、マッチング後のメッセージ交換や直接会ったときの会話の話題として活用されます。

そのためにも具体的に、異性から見ても興味を引かれるような内容を書ようにしましょう。

まとめ

思い立ったらすぐに参加できる婚活パーティーや、気軽に登録して気軽に出会いを探せる恋活サイトと違い、婚活サイトは本格的なスタートが何かと面倒に感じることもあるかもしれません。

婚活サイトは事前の準備さえしっかりできておけば、あとは利用しながら改善していったり、軌道修正したりできます。

ここで紹介した事前のチェックや登録時に必要なものをしっかり把握して、ネット婚活のスタートに備えましょう。

年齢別の婚活サイト

10代(大学生)向けのおすすめな婚活・恋活サイトランキング
20代向けのおすすめな婚活サイトランキング
30代(アラサー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
40代(アラフォー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
50代(アラフィフ)向けのおすすめな婚活サイトランキング
60代(シニア)向けのおすすめな婚活サイトランキング

婚活サイトランキング

マッチ・ドットコム

マッチ・ドットコムはアメリカ発祥のサービスで全世界では1500万人以上、日本国内では187万人の会員がいる人気の婚活アプリです。
6ヶ月で出会えなかった場合の補償制度あり、結婚を強く意識する年齢層が多く登録し活動しています。
厳しい本人確認も設けており、安心安全で真剣に婚活に取り組めるような環境が整っています。

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング