婚活サイトの女性のプロフィールの書き方 - Yumecon(ユメ婚)

婚活サイトの女性のプロフィールの書き方

婚活女性必見!男性に選ばれるプロフィールの書き方

最近主流となっている婚活サイト・アプリ、婚活パーティー、結婚相談所などでは、あなたのプロフィールが重要視される傾向にあります。

なぜなら、職場での出会いや友達の紹介と違い、婚活ではお互いに初対面の男女が出会い、そこからお互いのパーソナルな部分を知っていくからです。

今回は、婚活女性を対象に、男性に選ばれるプロフィールの書き方について解説していきます。

プロフィールは婚活で重要なアピールポイントになる

婚活におけるプロフィールにはどんな役割があり、どういった点で重要なポイントとなるのでしょうか?

改めて、プロフィールをしっかり書くべき理由について考えてみましょう。

プロフィールがあなたの第一印象を決定づける

最初に知っておいてほしいことは、婚活のプロフィールはあなたの履歴書ではないということです。

婚活用の写真があなたの見た目の第一印象を決定づけるものとすれば、プロフィールや自己紹介は、「見た目以外の要素の第一印象を決定づけるもの」と言えます。

例えば婚活サイト・アプリ、結婚相談所などネットを利用した婚活では、相手が最初に知ることになるあなたの情報は、登録されている顔写真とプロフィールです。

婚活パーティーでは、事前に手書きでプロフィールカードを書くことになります。これはパーティーで出会った相手と交換し、お互いにそれを見ながら会話を進めていきます。

このように、プロフィールは自己アピールとしてのツールであり、コミュニケーションのきっかけを作るツールでもあります。

プロフィールに書いていないことは当然、相手には伝わりませんし、空欄や「特に無い」が目立つプロフィールでは、アピールの効果が制限されてしまいます。

手書きのプロフィールカードであれば、文字を丁寧に書いているかどうかもポイントになります。

プロフィールに書くべき項目は多岐にわたるため、非常に面倒に感じるかもしれません。

しかし、婚活は生涯のパートナーを見つけるための取り組みです。妥協せずありのままの自分について書くようにしましょう。

プロフィールに書く一般的な項目

では、婚活用のプロフィールには、具体的にどのような項目が設定されているのでしょうか?

一般的なものを見ていきましょう。

項目

  • 自分の基本的な情報…名前(ニックネーム)、年齢、容姿、住まい、出身地、学歴
  • あなたの内面に関する情報…性格、趣味、特技、興味のあること、価値観
  • 仕事に関する項目…職種、年収、勤務地
  • 結婚相手への条件…理想の年齢、容姿、職業、年収、住まい
  • 結婚に対する考え方…結婚後の理想の生活、欲しい子供の人数、親と同居or別居

婚活のプロフィールの一般的な項目について、ざっと挙げてみました。

これに加えて、顔写真、全体写真、自由記述式の自己PR欄などがあります。

見ていただくとわかるように、相手への希望や結婚に対する考え方など、婚活ならではの項目が設定されています

各婚活関連会社のホームページをチェックすれば、登録時に必要な情報や、プロフィール項目についての詳細が書かれています。

登録前に確認してから、その婚活サービスを利用するかどうか判断するといいでしょう。

プロフィール欄に入れておきたい内容

ここからは、プロフィールの書き方や、真剣に考えて書くべき項目について解説していきます。

自由記述欄には、次に挙げる項目をなるべく盛り込むようにしましょう。

理想の相手像

婚活のプロフィールとして必ず記載するべき項目のひとつが、あなたが求める理想の男性像です。

容姿や職業、年収などの表向きの理想はもちろん、どんな性格で、どんな結婚観を持っている男性なのかといった、内面に関する部分もしっかり書くようにしましょう。

過度に理想ばかりを押し付けるのはNGですが、この部分をしっかり書いている女性は、男性から見ても真剣に婚活に取り組んでいるという姿勢が伝わります

自分の性格

女性が婚活のプロフィールでもっとも力を入れて書くべき項目が、性格や価値観です。

容姿や年収も、結婚相手を選ぶときには大事な要素ですが、婚活は長年連れ添う生涯のパートナー選びなので、やはりお互いの相性を最優先に考えたいものです。

  • 明るい
  • しっかりしている
  • 誰とでも仲良くなれる

など、相手にアピールできるような性格は、どんどん書くようにしましょう。

自分の性格について書くときに、

  • 人見知り
  • 話すのが苦手

といった、どちらかと言うと短所が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような場合は、例えば人見知りなら「相手を思いやる」、話すのが苦手なら「他人を傷つけないように言葉を選ぶ」というようにポジティブ言葉に変換すると、相手に好印象を与えることができます

ありのままの自分を自信を持って書くことができれば、男性に親近感を持ってもらえますよ。

結婚に対する考え方や価値観

婚活は、「結婚相手を見つけて終わり」ではなく、その先の夫婦生活や、子供も含めた家庭のことも考えて取り組む必要があります。

そこで、多くの婚活アプリ、婚活パーティー、結婚相談所などでは、あなたの結婚に対する考え方や価値観について記載する項目を設けています。

例えば、

  • 結婚後の住まい
  • 子供は何人欲しい
  • 親と同居 or 別居

といった項目です。

婚活を始めたばかりの時点では、結婚に対する考え方や価値観の項目を埋めるのは難しいかもしれません。

しかし、パートナーとの長い二人三脚の人生を考えたら、しっかりと自分の考えを書いておきたいところです。

男性に好印象を与えるプロフィールの内容

ここからは、婚活相手の男性に好印象を与えるプロフィールの書き方について解説していきます。

ポイントを押さえて、あなたのプロフィールに反映してみましょう。

家庭的な趣味・特技を書く

趣味や特技は人それぞれあっていいのですが、こと婚活で男性ウケする趣味・特技となると、その内容も少しこだわって書く必要があります。

婚活中の男性が女性に求めるポイントとしては、結婚後に奥さんとして

  • 家庭を大事にしてくれるか
  • おいしいご飯を作ってくれるか

といったところです。

料理やインテリアなどが趣味であれば、間違いなく男性からは注目されるのでおすすめです。

しかし、これがギャンブルやタバコであればどうでしょうか?

同じくギャンブル、タバコを好む男性からは選ばれるでしょうが、それ以外の多くの男性からは、敬遠されるおそれがあります。

プロフィールは嘘偽りなく素直に書くことも大事ですが、婚活は生涯のパートナーを見つけるためのものです。

なるべく1つ以上は家庭的な趣味・特技を書いた方がいいでしょう。

さらに、結婚してからの長い夫婦生活では、休日の過ごし方が同じタイプの人の方が上手くいくので、趣味や特技と合わせて、あなたの休日の過ごし方についての項目も充実させるといいでしょう。

他の女性とは違う、あなたの魅力を書く

婚活を始めれば、必ずあなたのライバルとなる他の婚活女性がいます。

ある意味で婚活は競争です。チャンスを掴むためには、相手にしっかりとあなたの魅力が伝わるようなプロフィールを書く必要があります。

その姿勢が、あなたの結婚したいという気持ちの強さのアピールにつながりますよ。

例えば、次のような自己PR例は、男性に良い印象を与えるでしょう。

接客の仕事を頑張っているので、日々お客様との会話を楽しみながら過ごしています。

結婚後は、笑顔が絶えない幸せな家庭を築きたいと思っています。

ドライブが趣味で、運転するのも助手席に座るのも大好きです。

パートナーが見つかったら、休日はドライブやプチ旅行を一緒に楽しみたいと思います。

あなたの魅力を伝えるときは、相手があなたと一緒に過ごしているシーンをイメージできるように、より具体的に書くといいでしょう

絶対にNGなプロフィールの内容

男性に好印象を与えるプロフィールの書き方を学んだら、その反対の、絶対にNGなプロフィールについても知っておきましょう。

もしあなたがプロフィールを書いているつもりなのに、なかなか理想の男性とマッチング(カップリング)しないと思っているのなら、改善すべき点があるかもしれません。

嘘を書く、盛りすぎる

婚活中の男性に限らず、女性もプロフィールでは自分をよく見せたいと思うもの。

しかし、プロフィールに嘘を書いたり、盛りすぎたりするのは絶対にNGです。

嘘偽りを書いたプロフィールで、たとえカップル成立までたどり着けたとしても、その先の個別メッセージやデートのときに、あなたの嘘がバレてしまったら、それまで築き上げてきた相手との関係が、そこで崩れ去ってしまいます。

最悪の場合、経歴詐称として運営会社に報告され、婚活サービスを強制退会させられるケースも起こりえます

プロフィールには、ありのままの、素直な自分を書くようにしましょう。

どうしてもネガティブに考えてしまう要素があった場合でも、先ほど紹介したポジティブ変換を使えば、相手に好印象を与えることもできますよ。

結婚相手への希望ばかりを書く

婚活のプロフィールでは、結婚相手の条件や希望などを書く項目が必ずあります。

年齢、スタイル、年収、勤務地など、絶対に譲れない条件もあるでしょう。

しかし、希望条件ばかりを並べ立てて、結婚相手を狭めてしまうのも考えものです。

例えば、「20代の男性で、身長180cm以上、希望年収1,000万円以上」という理想どおりの男性はなかなかいませんし、これを見た男性からは「高望みしすぎ!」と思われてしまうでしょう。

結婚はギブ・アンド・テイク」などと言われるように、理想を高く持つのは良いことなのですが、相手に高い条件を求めるのであれば、あなたもそれ相応の「相手に与えられるメリット」が必要になります。

空欄や「特に無い」が目立つ

婚活のプロフィールの項目は多岐にわたるため、作成には非常に時間がかかりますし、面倒な作業でもあります。

かと言って、空欄や「特に無い」が目立つプロフィールでは、お相手の男性に「本当にこの人は結婚したいのかな?」と思われてしまいます。

プロフィールの各項目に書いてある内容も大事ですが、「どれだけプロフィールを真剣に書いたか」という、あなたの婚活に取り組む姿勢も、相手にチェックされている大事な要素です。

プロフィールの項目はしっかり埋めて、あなたの結婚への強い思いが相手に伝わるように心がけましょう。

絵文字や顔文字を多用する

とくに婚活アプリのプロフィールの失敗例として挙げられるのが、絵文字や顔文字を入れることです。

これが出会い系アプリやマッチングアプリなど、気軽な恋愛を支援するサービスならまだしも、婚活サービスでは、裏目に出てしまいます。

絵文字や顔文字を使うことで、若さだったりユニークな感じはでるかもしれません。でも、真剣な婚活の場には相応しくないと思われる可能性もあります。

若さやユニークさをアピールするなら、絵文字や顔文字ではなく、プロフィールの文章を工夫したいですね。

まとめ

今回は、婚活女性を対象に、男性から選ばれるプロフィールの書き方のコツについて解説してきました。

もう一度、男性に好印象を与えるプロフィールの書き方についておさらいしておきましょう。

ポイント

  • 仕事のことよりも、プライベートのあなたの趣味や休日の過ごし方を充実させる
  • 自己PRには、あなたの魅力が伝わるような自己紹介文を書く
  • 空欄や嘘は絶対にNG!ありのままの自分自身について書く

プロフィールは、相手に好印象を与え、さらにその先の会話の話題を盛り上げる役割を持っています。

だからこそ、プロフィールはあなたの大事な「武器」なのです。

今回の記事を参考に、あなたの武器を磨き上げてください。

男性に選ばれ、他の婚活女性に差をつけるプロフィールを作ることができれば、好みの相手との距離がグッと近づきますよ。

年齢別の婚活サイト

10代(大学生)向けのおすすめな婚活・恋活サイトランキング
20代向けのおすすめな婚活サイトランキング
30代(アラサー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
40代(アラフォー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
50代(アラフィフ)向けのおすすめな婚活サイトランキング
60代(シニア)向けのおすすめな婚活サイトランキング

婚活サイトランキング

マッチ・ドットコム

マッチ・ドットコムはアメリカ発祥のサービスで全世界では1500万人以上、日本国内では187万人の会員がいる人気の婚活アプリです。
6ヶ月で出会えなかった場合の補償制度あり、結婚を強く意識する年齢層が多く登録し活動しています。
厳しい本人確認も設けており、安心安全で真剣に婚活に取り組めるような環境が整っています。

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング