婚活アプリ・サイト

婚活のプロフィールが書けない時に参考にしたい例文集!自己prがうまくなる男性&女性別の書き方を紹介

婚活 プロフィール

婚活におけるプロフィールは、写真と並んで婚活の成功のカギを握る大事な要素!

  • マッチングアプリ
  • 婚活サイト
  • 婚活パーティーやお見合いパーティー
  • 結婚相談所

などの婚活サービスにおいて、異性から選ばれるためのカギを握っているのはあなたのプロフィールです。

婚活のプロフィールは、あなたの名刺であり、あなた自身の履歴書でもあるのです

「プロフィールに書かれていること=あなたの人物像」になるため、決して適当に書けばいいというものではありません。

とはいえ、いざ婚活のプロフィールを書こうとすると、何を書いていいのか分からず、手が止まってしまいますよね。

プロフィールを書くポイントは、例文を参考にすること。自由記述式の自己PR欄を0から考えるのではなく、例文を元に自分なりの文章にすると上手く書けますよ。

そこで今回は、婚活のプロフィールの書き方を例文付きで紹介。あなたの魅力を最大限に引き出し、ライバルに差をつけるプロフィールの書き方について解説していきます。

ゆめこん君
ゆめこん君
婚活プロフィールの例文を見ながら、あなたにぴったりのプロフィールを作り上げよう♪

婚活におけるプロフィールの役割

プロフィールは婚活で重要なアピールポイントになる

婚活アプリや結婚相談所、婚活パーティーで必ずと言っていいほどプロフィールを書きます。

そして、プロフィールの出来栄えによって成婚率が左右されるといっても過言ではないほど重要なものになります。

改めて、プロフィールが婚活で具体的にどのような役割を果たすのかを見ていきましょう。

1.プロフィールがあなたの第一印象を決定づける

1.プロフィールがあなたの第一印象を決定づけるあなたの写真とプロフィールは、相手から見たあなたの第一印象です

第一印象でお相手に好感を持たれたら、男女共お見合い成立の可能性は高くなります。

ご縁を引き寄せるためにも、質の高い写真と異性ウケするプロフィールにこだわりましょう。

プロフィールは自己アピールとしてのツールであり、コミュニケーションのきっかけを作るツールでもあります。

プロフィールに書いていないことは当然、相手には伝わりません。さらに、空欄や「特に無い」が目立つプロフィールの方は、異性から魅力がない人だなと思われてしまうでしょう。

プロフィールに書くべき項目は多岐にわたるため、非常に面倒に感じるかもしれませんが、婚活は生涯のパートナーを見つけるための取り組み。

妥協せずありのままの自分について書くようにしましょう。

2.相手に求める条件を伝える

自分の希望条件を伝えられるプロフィールには、「お相手への希望」を書く欄が用意されている場合が多いです。

  • 〇〇歳以下の男性と結婚したい
  • 将来、子供は2人欲しい
  • 結婚しても働き続けたい

など、基本的には相手の希望年齢や結婚後の家族計画について書くことがおすすめです。

あなたの結婚後のビジョンをお相手に伝える部分なので、素直な気持ちで書くようにしましょう。

単純な恋人づくりであれば、結婚観などはそれほど重要視されませんが、生涯のパートナーを選ぶ婚活では、非常に重要な項目となります。

異性にモテるプロフィールづくりも大事ですが、譲れない希望条件などをアピールするのも、プロフィールの大事な役割なのです

3.自分の人柄を伝える

3.自分の人柄を伝える人柄は実際に会って話をしてみないとわからない部分が多いものですが、婚活のプロフィールでもある程度自分の人柄や性格を伝えることができます。

年齢や収入などは結婚において大切な要素ですが、それ以上にふたりの性格や価値観の一致は幸せな結婚生活を送るために必要不可欠です。

そのために活用すべきが自己PRで、ここでは趣味や結婚観などをとおして自分自身の人柄を相手に伝えることが重要です。

  • ゴルフが趣味です
  • 幸せな結婚生活を送りたいです

だけでは、相手に人柄は伝わりません。

具体的なエピソードや第三者からの評価を織り交ぜて、親近感のわく自己PRを完成させましょう。

4.メッセージやデートでの話題づくり

1.プロフィールがあなたの第一印象を決定づける

友人の紹介や合コンなどと違い、婚活アプリ・婚活パーティー・結婚相談所などでは、カップリング(マッチング)が成立してから、本格的なメッセージ個別のコミュニケーションが始まります。

カップリングが成立しても、まだ相手のことをよく知らない間柄。メッセージやメールのやり取りをする場面でも、プロフィールの情報は話題づくりに欠かせません

しっかりプロフィールを埋めないと、コミュニケーションが手探り状態になりますし、プロフィールに書いてあることをわざわざ質問したりするようでは相手に失礼です。

カップリング成立後にスムーズなコミュニケーションが取れるように、プロフィール欄はしっかり埋めておきましょう。

婚活プロフィールに書く一般的な項目

婚活プロフィールに書く一般的な項目

婚活用のプロフィールに設定されている項目としては、

  • 自分の基本的な情報…名前(ニックネーム)、年齢、容姿、住まい、出身地、学歴
  • あなたの内面に関する情報…性格、趣味、特技、興味のあること、価値観
  • 仕事に関する項目…職種、年収、勤務地
  • 結婚相手への条件…理想の年齢、容姿、職業、年収、住まい
  • 結婚に対する考え方…結婚後の理想の生活、欲しい子供の人数、親と同居or別居

婚活のプロフィールの一般的な項目について、ざっと挙げてみました。これに加えて、顔写真、全体写真、自由記述式の自己PR欄などがあります。

見ていただくとわかるように、相手への希望や結婚に対する考え方など、婚活ならではの項目が設定されています

婚活プロフィールの例文集

婚活プロフィールの例文集

婚活プロフィールの重要性や基本項目がわかったところ、自己PRなどの自由記述の欄に書く例文を見ていきましょう。

婚活のプロフィールでは、最低限次の5つの要素を盛り込みましょう。

  • 出だしのあいさつ
  • 婚活をはじめたきっかけ
  • 趣味・特技のアピール
  • 理想の結婚についてのアピール
  • 終わりのあいさつ

自己紹介など長文を書くのが苦手な人でも、各要素に分けてしっかり組み上げれば、魅力的なプロフィールができあがります。

では、それぞれの要素を書く際のポイントを見ていきましょう。

「出だしのあいさつ」の例文

「出だしのあいさつ」の例文

婚活サービスには男女共に数多くの利用者がいて、常に複数の異性からアプローチを受けたり、メッセージをもらったりしています。

あなたのプロフィールを見に来てくれたということは、他の異性よりもあなたに興味を持ってくれたということ。感謝の気持ちを、最初の出だしのあいさつに盛り込みましょう。

  • はじめまして!たくさんのプロフィールの中から目を留めてくださりありがとうございます。
  • はじめまして。プロフィールを見て頂きありがとうございます。
  • 多くの会員のなかから、わたしのプロフィールを見に来てくださり、ありがとうございます。◯◯(あなたの名前)と申します。

プロフィールは単なるあなたの履歴書ではなく、相手に良い印象を与え、円滑なコミュニケーションへとつなげるツールです。

相手に「他の男性(女性)とは一味違うな」と思わせるためにも、出だしのあいさつはしっかりと書くようにしましょう。

たったこれだけで異性の興味をグッと惹くことができるので、ぜひあなたのプロフィールに盛り込んでみてくださいね。

「婚活をはじめたきっかけ」の例文

「婚活をはじめたきっかけ」の例文

プロフィールの出だしのあいさつの次に書くべきなのが、婚活をはじめたきっかけです。

職場での出会いや友人の紹介に頼らず、自分の意志で婚活アプリや結婚相談所などを利用していることには、それなりの理由があるはずです。

ここでは、「真面目に結婚を考えているけど、これまで出会いがなかった」ということを、さりげなくアピールしましょう。

友人や職場の同僚が次々と結婚していくのを見ていて、わたしも早く結婚したいという気持ちが芽生えてきました。

でも、私生活ではなかなか男性と出会うことなく、このままではいけないと一念発起して、婚活サイトに登録することにしました。

仕事も落ち着いてきたので、いまはプライベートの時間を楽しめるように心がけています。

大事なことは、「結婚したいという強い思いがある」というアピールです。

出会い系サイトやマッチングサイトなど、気軽な出会いを探す場所ならまだしも、婚活にはそれなりの真剣さが求められます。

婚活を真面目に、真剣に取り組んでいる姿勢が伝わるように書きましょう。

「趣味のアピール」の例文

「趣味・特技のアピール」の例文

プロフィールに趣味や特技を書く目的は、相手との共通点を見つけると同時に、「メッセージのやりとりで話題にできるネタを書いておく」という目的もあります。

あなたのプロフィールを読み、趣味・特技に共感してくれたり、興味を持ってくれたら、メッセージも盛り上がりますし、その後のデートへとスムーズに発展させることができますね。

学生のころにテニスを始めて、社会人のいまでも趣味として楽しんでいます。

読書が趣味で、一度ハマったら寝る間も惜しんで読んでしまうタイプです。つい最近も読み進めていたらいつの間にか朝を迎えていました。

映画鑑賞が趣味で、週に1回は必ず映画館で新作映画を観るようにしています。日常の慌ただしさを忘れて没頭できるところが好きです。

最近では◯◯という作品がお気に入りで、2回観に行ってしまいました!映画が好きな方がいらっしゃったら、ぜひ一緒に鑑賞に行きたいと思っています。

趣味や特技を書く際は、相手があなたの姿を想像しやすいように工夫しましょう

あなたの人物像や、お付き合いしたときのイメージが相手に伝わりやすくなり、婚活でカップリングしやすくなります。

また、同じ趣味を持つ人があなたにアプローチしやすいように、スポーツであれば「応援しているチームはありますか?」のような質問を書くのもおすすめです。

【参考】プロフィール「趣味」の書き方

結婚相談所のプロフィール「趣味」の書き方。婚活で会ってみたいと思わせる趣味とは
婚活のプロフィール「趣味」の書き方。結婚相談所や婚活サイトで会ってみたいと思わせる趣味とは

「性格のアピール」の例文

「性格のアピール」の例文

まだ会ったことのない相手でも、具体的なエピソードがあれば容易に人柄を想像することができます。

自分の性格を表すエピソードを加えることで、リアリティーが増しますよ

高校生の時にサッカー部のマネージャーをしていたので、今でも面倒見が良いと言われています。

料理が得意で、友達や家族に得意料理を振る舞っています。おかげで周りから『お嫁さんというよりお母さんみたい』と言われるのがちょっとした悩みです。

短いエピソードがあることで、人物像が想像しやすくなったのではないでしょうか?

印象に残っているエピソードから自分の性格を分析する方法も使えるので、ぜひ活用しましょう。

【参考】婚活で性格を書くときのポイント&例文

20代が結婚相談所で結婚するコツ
婚活のプロフィール「性格」の書き方。結婚相談所や婚活サイトで良縁に巡り合おう

「理想の結婚についてのアピール」の例文

「理想の結婚についてのアピール」の例文

婚活のプロフィールで、あなたの結婚観や「結婚したい」という強い思いをアピールすることは非常に大切。

特に結婚を前提に利用する人が多い婚活サイト・婚活パーティー・結婚相談所では、プロフィール内にしっかりと理想の結婚についてアピールしましょう。

休日は二人の時間を大切に、ときにはおうちでのんびりと過ごしたり、ときには外でアクティブに遊んだり、一日一日幸せを噛み締めながら過ごしていける結婚生活を送りたいです。

どんなときでも、喜びも悲しみも分け合えて、いつも笑顔の絶えない家庭を築きたいと思っています。

理想の結婚について書く際にNGなのが、相手への希望や条件ばかりを書き並べることです

NGポイントとして、

  • 一戸建てに住んで
  • 子供は2人くらいで
  • 毎月1回は旅行に行って

など、自分の願望ばかりを押し付けているようなプロフィールでは、相手に良い印象を与えません。

シビアな言い方ですが、「結婚はギブ・アンド・テイク」。男女共に、お互いが持つメリットを与え合い、足りない部分を補うからこそ、幸せな結婚生活、夫婦生活は築けます。

ありきたりな文章でも、さりげなく「一緒に幸せな人生を送りたい」というアピールをすることで、あなたの結婚に対する真剣な思いが伝わりますよ。

「終わりのあいさつ」の例文

「終わりのあいさつ」の例文

プロフィールの締めは、単に「よろしくお願いします」と書くよりも、相手の行動を促すような一文を入れるのがポイント

プロフィールを最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもわたしのことを知っていただけたら嬉しいです。

わたしの趣味や価値観に共感いただけた方からのメッセージをお待ちしています。いただいたメッセージには必ず返信します!

最後まで読んでもらったことへの感謝の気持ち、そしてメッセージを促す一文。これがあるだけで、メッセージの受信率は大きく変わってきます

男性の比率が多い婚活サービスでは、とくに女性の「必ず返信します」というアピールは、男性に強烈なインパクトを残します。

ただし、「メッセージお待ちしています」だけだと、相手によっては受け身の姿勢と思われる場合もあるので、ちゃんと「メッセージには必ず返信をする」という約束を入れておくようにしましょう。

【参考】結婚相談所の自己PRの書き方!

結婚相談所のプロフィール(自己pr)の魅力的な例文まとめ
【魅力的な例文付き】結婚相談所のプロフィール&自己PRの書き方。婚活で会いたいと思われるコツを一挙公開!

婚活プロフィール例文、活用のポイント

婚活プロフィール例文、活用のポイント

プロフィールに盛り込みたい5つの要素について、例文とともにポイントを解説してきました。

先ほども述べたように、プロフィールは婚活の成功のカギを握る大事な要素です。しっかりと読む側の立場を考えて書くようにしましょう。

例文を活用するときには、次のポイントに注意してください。

文章を書くときは段落に分けて、一文は短く簡潔に書く

文章を書くときは段落に分けて、一文は短く簡潔に書く

普段から文章を書き慣れていない人は、自由記述式になっている自己PR欄などに苦手意識を持ってしまうかもしれません。

文章を切らず、長々と続けてしまう癖のある人は、短く簡潔な文章を心がけましょう。1段落は長くても2〜3文。段落をわけて読みやすく書きましょう。

また、基本的にプロフィールや自己PRは相手に読んでもらうものです。

言葉遣いや文章表現は読み手のことを考えて選ぶ必要があります。

読みやすいように改行したり、段落を作ったりしましょう。

アピールポイントは多くても2つに絞る

アピールポイントは多くても2つに絞る

あなたが相手にアピールしたいポイントは、多くて2つまでに絞るようにしましょう。

  • 真面目に仕事に取り組んでいる
  • 友達思い
  • 話が上手

など、アピールポイントが多くなれば多くなるほど、一つのアピールポイントが軽くなり、あなたという人物像がブレてしまいます。

さらに、婚活のプロフィールはじっくり読み込まれることは希です。複数人(多い場合には何十人)ものプロフィールを同時に読んでいくことになるので、1つでもいいから覚えてもらうことが大切です。

仕事を頑張っているところをアピールするのか、性格の良さをアピールするのか、異性受けする趣味をアピールするのか、自己PR文などに書く前にシミュレートしておくといいでしょう。

客観的な評価を加える

客観的な評価を加える自分の性格に説得力を持たせるのであれば、客観的な評価を加えると良いでしょう。

たとえば「家庭的な性格です」だけでは、「どんなふうに家庭的なのか」がいまひとつ伝わってこないので、印象にも残りません。

ここに友達や親など第三者の評価を加えると、オリジナリティーのある個性的な表現になります。

マイペースで何事にも動じないタイプなので、友達からいつも落ち着いていると言われます。

仕事でもプライベートでも未体験のことにはチャレンジしたいタイプなので、会社の上司から好奇心旺盛だと評価されています。

このように第三者の客観的な評価を加えることで、より自分の性格についての説得力が増します。

自分の短所もポジティブに書く

自分の短所もポジティブに書く

自分の性格で短所だと思う部分、ネガティブに捉えている部分をあえて書く必要はありませんが、表現を変えると魅力的に思えたりするものです。

短所を否定せずに肯定的に書けば、それは長所になります。

ネガティブをポジティブに変換して書く例は次のとおりです。

飽きっぽい性格→何にでも興味を示す

好奇心旺盛で、未体験のことには何にでも興味を持って取り組むようにしています。最近では運動不足解消をかねて、ボルダリングに挑戦しました。

優柔不断→思慮深い

何事もじっくり考えてから行動するタイプです。

ときには石橋を叩いて渡るように慎重になりますが、常に自分の決断には信念を持っています。

会話が苦手→聞き上手

自分から話すのはあまり得意ではありませんが、その分まわりからは「聞き上手」と評判です。

よく職場の後輩や友達から相談事を持ちかけられるので、聞き役に徹して的確なアドバイスをするよう心がけています。

人より抜きん出た特別なことを書かなくてもいい

人より抜きん出た特別なことを書かなくてもいい

特別な才能や実績のある人が婚活で有利かというと、そんなことはありません。

例えば、誰もが羨む有名企業に勤めていることをアピールしても、相手によっては「自慢ばかりする人」「ナルシストな人」と受け取られる場合もあります。

むしろ、

  • 真面目に結婚を考えている
  • 幸せな家庭を築きたい

などのほうが、あなたの謙虚さや誠実さが伝わり、相手に好印象を与えます。

「自分には人にアピールできることがない…」なんて嘆く必要はありません。あなたの結婚への強い思いをしっかりと言葉にしてくださいね。

自己PRのNGワードとは?

自己PRのNGワードとは?婚活のプロフィールを書くうえで、相手にマイナスの印象を与えるNGワードが存在しています。

NGワードを使用することによって、

  • 合わなそう
  • 婚活に本気なのかな

といった印象を与えることに繋がることになるでしょう。

ここからは、婚活では使用しない方が良い言葉について説明していきます。

ネガティブな言葉

ネガティブな言葉自己PRにネガティブな言葉、ネガティブな表現はNGです。

それらを書いても相手からの評価が上がることはありません。

そもそもネガティブなことをあえて書く必要はありませんが、どうしても書きたい場合は先に紹介したようにポジティブ表現に変換して書くようにしましょう。

希望条件の指定

希望条件の指定プロフィールに結婚相手に対する希望を書く欄があるのに、わざわざ自己PRにまで希望条件を書く必要はありません。

相手に

  • 結婚する気がないのでは?
  • 自己中心な人

というマイナスイメージを与えてしまいます。

自己PRに書く内容は、

  • 幸せな結婚生活を送りたい
  • 価値観が同じ人と出会いたい

くらいにしておきましょう。

相手を否定する内容

相手を否定する内容相手を否定する内容を書くことも避けるべきです。

  • タバコを吸う人はNGでお願いします
  • バツイチ、再婚の方とはお見合いしません
  • 40代以上の方お断り

これらはプロフィールに書かなくても、実際に会ったときの会話のなかで確認することができます。

どうしても譲れない条件は、出会った後でお伝えしても遅くはありません。

「特にない」など真剣さが感じられない表現

「特にない」など真剣さが感じられない表現婚活のプロフィールの項目はすべて埋めるようにしましょう。

空欄や「特にない」は相手に、

  • 真剣に結婚を考えていない
  • 婚活にやる気がない

というマイナスイメージを与えてしまいます。

プロフィールは第一印象を決定づける大切な要素なので、妥協の余地はありません。

完成度の高いプロフィールを目指しましょう

ここまで、男女共通で婚活のプロフィールを書くポイントや例文を紹介してきました。

ここからは、男女別々に、異性から好かれる(いいねをたくさんもらえる!)プロフィールのコツについて紹介していきます。下記クリックで、該当の箇所に飛びます。

【女性編】男性に好印象を与えるプロフィールの内容

【女性編】男性に好印象を与えるプロフィールの内容

ここからは、婚活相手の男性に好印象を与える、女性のためのプロフィールの書き方について解説していきます。

ポイントを押さえて、あなたのプロフィールに反映してみましょう。

家庭的な趣味・特技を書く

趣味や特技は人それぞれあっていいのですが、こと婚活で男性ウケする趣味・特技となると、その内容も少しこだわって書く必要があります。

婚活中の男性が女性に求めるポイントとしては、結婚後に奥さんとして、

  • 家庭を大事にしてくれるか
  • おいしいご飯を作ってくれるか

といったところです。

料理やインテリアなどが趣味であれば、間違いなく男性からは注目されるのでおすすめです。

なるべく1つ以上は家庭的な趣味・特技を書くのがおすすめです。

さらに、結婚してからの長い夫婦生活では、休日の過ごし方が同じタイプの人の方が上手くいくので、趣味や特技と合わせて、あなたの休日の過ごし方についての項目も充実させるといいでしょう。

他の女性とは違う、あなたの魅力を書く

婚活を始めれば、必ずあなたのライバルとなる他の婚活女性がいます。

ある意味で、婚活は競争です。チャンスを掴むためには、相手にしっかりとあなたの魅力が伝わるようなプロフィールを書く必要があります。

その姿勢が、あなたの結婚したいという気持ちの強さのアピールにつながりますよ。

例えば、次のような自己PR例は、男性に良い印象を与えるでしょう。

接客の仕事を頑張っているので、日々お客様との会話を楽しみながら過ごしています。結婚後は、笑顔が絶えない幸せな家庭を築きたいと思っています。

ドライブが趣味で、運転するのも助手席に座るのも大好きです。パートナーが見つかったら、休日はドライブやプチ旅行を一緒に楽しみたいと思います。

あなたの魅力を伝えるときは、相手があなたと一緒に過ごしているシーンをイメージできるように、より具体的に書くといいでしょう

【女性編】絶対にNGなプロフィールの内容

【女性編】絶対にNGなプロフィールの内容

男性に好印象を与えるプロフィールの書き方を学んだら、その反対の、絶対にNGなプロフィールについても知っておきましょう。

もし自信のあるプロフィールを書いているつもりなのに、なかなか理想の男性とマッチング(カップリング)しないと思っているのなら、改善すべき点があるかもしれません。

嘘を書く、盛りすぎる

婚活中の男性に限らず、女性もプロフィールでは自分をよく見せたいと思うもの。しかし、プロフィールに嘘を書いたり、盛りすぎたりするのは絶対にNGです。

嘘偽りを書いたプロフィールで、たとえカップル成立までたどり着けたとしても、その先の個別メッセージやデートのときに、あなたの嘘がバレてしまったら、それまで築き上げてきた相手との関係が、そこで崩れ去ってしまいます。

最悪の場合、経歴詐称として運営会社に報告され、婚活サービスを強制退会させられるケースも起こりえます

プロフィールには、ありのままの、素直な自分を書くようにしましょう。

どうしてもネガティブに考えてしまう要素があった場合でも、ポジティブに変換して、相手に好印象を与えることもできますよ。

結婚相手への希望ばかりを書く

婚活のプロフィールでは、結婚相手の条件や希望などを書く項目が必ずあります。年齢、スタイル、年収、勤務地など、絶対に譲れない条件もあるでしょう。

しかし、希望条件ばかりを並べ立てて、結婚相手を狭めてしまうのはNG

例えば、「20代の男性で、身長180cm以上、希望年収1,000万円以上」という理想どおりの男性はなかなかいませんし、これを見た男性からは「高望みしすぎ!」と思われてしまうでしょう。

結婚はギブ・アンド・テイク」などと言われるように、理想を高く持つのは良いことなのですが、相手に高い条件を求めるのであれば、あなたもそれ相応の「相手に与えられるメリット」が必要になります。

空欄や「特に無い」が目立つ

婚活のプロフィールの項目は多岐にわたるため、作成には非常に時間がかかりますし、面倒な作業でもあります。

かと言って、空欄や「特に無い」が目立つプロフィールでは、お相手の男性に「本当にこの人は結婚したいのかな?」と思われてしまいます。

プロフィールの各項目に書いてある内容も大事ですが、「どれだけプロフィールを真剣に書いたか」という、あなたの婚活に取り組む姿勢も、相手にチェックされている大事な要素です。

プロフィールの項目はしっかり埋めて、あなたの結婚への強い思いが相手に伝わるように心がけましょう。

絵文字や顔文字を多用する

婚活サイトや婚活アプリなどの比較的ライトなサービスのプロフィールの失敗例として挙げられるのが、絵文字や顔文字を入れることです。

出会い系アプリやマッチングアプリなど、気軽な恋愛を支援するサービスならまだしも、婚活サービスでは裏目に出てしまいます。

絵文字や顔文字を使うことで、若さだったりユニークな感じはでるかもしれません。でも、真剣な婚活の場には相応しくないと思われる可能性もあります。

若さやユニークさをアピールするなら、絵文字や顔文字ではなく、プロフィールの写真を工夫したいですね。

【男性編】女性に好印象を与えるプロフィールの内容

【男性編】女性に好印象を与えるプロフィールの内容

繰り返しになりますが、婚活のプロフィールは単なるあなたの履歴書ではなく、女性に好印象を与え、コミュニケーションのきっかけを作るツールであるということ。

このことを肝に命じて、女性から好かれる男性のプロフィールのポイントを押さえましょう。

1.相手に仕事のイメージが伝わる文章を書く

女性があなたの仕事、仕事している姿をイメージしやすいプロフィールを心がけましょう。

婚活中の女性は、あなたの職業に強い関心を持っています

お金の部分で家庭を支えていくことになる仕事ですから、当然ですよね。

例えば、プロフィールに「会社員」とだけ書いても、どんな仕事をしているのか、会社はどれくらいの規模なのか、具体的なところは伝わりません。

この場合は

  • 銀行の営業職
  • 家電メーカーの販売職

など、あなたが働いている姿を想像できるような書き方がベター。可能であれば会社名も書いておくといいでしょう。

特に有名企業(一部上場企業や名前が知られている企業)であれば、会社名は婚活をする上で強い味方になってくれます。さりげなく会社名を記入しましょう。

2.女性と一緒に楽しめる趣味を書く

趣味はあなたの個性をアピールする大事な項目のひとつ。

日頃からあなたが取り組んでいる趣味について書けばいいのですが、ユメ婚編集部で女性にアンケートをとったところ、やはりスポーツやカメラなど、だれかと一緒に楽しめる趣味が好印象です。

  • デートで一緒に楽しめそう
  • 休みの日に退屈しなさそう

など、女性に興味を持ってもらうことができれば、メッセージのやりとりでも話題にできますし、実際にお付き合いをはじめてから、共通の趣味として楽しむことができます。

できるだけ具体的に、相手の女性が一緒に趣味を楽しんでいるところを想像できるようなプロフィールを書くことをおすすめします。

3.幸せな結婚生活をイメージできる文章を書く

婚活を前提にお付き合いしたいという女性も多いのが婚活市場。プロフィールでは、

  • いつまでに結婚したい
  • 休日の過ごし方
  • 欲しい子供の人数
  • 家事や育児に協力するか

などの結婚観を書いておくことも大切です。

結婚に関する項目がない場合は無理に書く必要はありませんが、項目がある場合に「わからない」はNG。女性が幸せな結婚生活をイメージできる書き方を心がけましょう

自由記述欄でも、自己紹介や自己PRだけでなく、結婚に対する意志や、結婚後の生活についても書くようにすると良いでしょう。

ただし、具体的な将来のプランのような結婚したいアピールでは、相手にプレッシャーを与えてしまいます。

以下の例文のように、ありきたりでも幸せな夫婦生活、家庭を築きたいという思いが汲み取れる文章であれば、女性も親近感を持ってくれますよ。

子どもが好きなので家事や育児は分担し、パートナーの方と支え合いながら、笑顔の絶えない家庭を築きたいと思っています。

【男性編】絶対にNGなプロフィールの内容

【男性編】絶対にNGなプロフィールの内容

女性に好印象を与えるプロフィールの書き方を解説してきました。

ここからは、ユメ婚編集部で実際に婚活をしている女性に聞いた、女性から見てNGな男性の婚活プロフィールの特徴について解説していきます。

もしあなたが、なかなか理想の女性とマッチング(カップリング)しないと感じているのなら、改善すべき点があるかもしれません。

嘘を書く、盛りすぎる

ひと昔前まで、高身長・高学歴・高収入の「3高」が、理想の男性像として語られてきました。

昨今では、高スペックの男性が必ずしも婚活で優位ということはなくなりましたが、それでも「3高幻想」に囚われている人は、男女関係なく少なからずいるのが現実。

しかし、プロフィールに嘘を書いたり、盛りすぎたりするのは絶対に避けるべきです。

プロフィールを飾り立て、一時的には女性にモテたとしても、マッチング後のメッセージ交換やデートの段階で、あなたの嘘がバレてしまったらどうでしょう?

相手を傷つけるだけでなく、マッチングするまでに費やした時間がすべて無駄になってしまいます。

最悪の場合、経歴詐称として婚活サービスの運営者に通報され、強制退会になるケースも考えられます。

高いスペックは確かに魅力的ですが、それだけが婚活の成功を左右するわけではありません。幸せな結婚を目指す上で大事なのは、相手との相性や価値観です。

近い将来、夫婦として長い時間を過ごす女性と結ばれるための婚活。ありのままのあなたの姿をプロフィールに書くようにしましょう。

ネガティブな表現が多い

人間、長所もあれば短所もあります。

しかし、婚活のプロフィールにネガティブな表現が多い人は、女性に良い印象を与えることはできません。

ネガティブな要素は、ポジティブ要素に変換して書けば、印象がガラリと変わります

例えば、「女性と話すのが苦手」であれば「聞き上手」に、「人見知りで恥ずかしがり屋」であれば「相手のことを第一に考える」など、短所は言い方一つであなたの長所にもなるのです。

短所を隠す必要はありませんが、婚活のプロフィールに書くのであれば、ポジティブ変換であなたの長所にしてしまいましょう。

結婚への強い思いが感じられない文章

婚活中の女性からよく指摘を受けるのが、「結婚への強い思いが感じられない男性が多い」ということです。

最近では、30代、40代でも結婚しない選択をする人も増えてきましたが、婚活中の女性は「早く結婚したい」という強い思いを持って活動しています。

男性の自己紹介文に、

  • 日ごろから出会いがなかったので登録しました
  • 職場が男性ばかりなのではじめました

という文章を見つけたら、どう思うでしょうか?

「そんな適当な理由で婚活をはじめたの?」と、思われるかもしれませんね。

このように「受け身で婚活をしぶしぶ始めた」と感じられる文章では、女性に良い印象を与えることはできません。

まだまだ年齢的に余裕があったとしても、婚活をはじめた以上は真剣に取り組むべきです。

プロフィールの自己PR文でも、その思いが伝わるような文章を書くようにしましょう。

タバコやギャンブルといった、女性が好まないもの

昨今、タバコや喫煙者に対する目は、以前にも増して厳しくなっていますが、婚活市場でもタバコを吸う男性は敬遠されがちです。また、パチンコや競馬など、ギャンブルも敬遠されます。

結婚して夫婦生活が始まれば、生活費や養育費などのお金の使いみちをシビアに考えなければならない場面が増えます

「ギャンブルが趣味」と書かれている男性のプロフィールが、女性に良い印象を与えるかというと…そうでないケースの方が多いと言わざるを得ません。

女性から見たら、結婚後もギャンブルに興じている男性は家庭を顧みないという印象を受けます。

タバコも、ギャンブルも、婚活を機に止めるくらいの覚悟を持ったほうがいいでしょう。

女性への希望が多すぎる

「身長180cm以上、年収1,000万円以上、上場企業に勤めている男性」という希望を掲げている婚活女性について、あなたはどう思いますか?

おそらくあなたは、「理想高すぎ!そんなので結婚できるわけがない!」と思うでしょう。

しかし、男性も同じように、相手に希望を押し付け過ぎている人を見かけます。

男性の場合は「20代の女性がいい」「美人がいい」など、女性の年齢や容姿にこだわりすぎる傾向があり、自ら門戸を狭めて婚活を難しくているのです。

もしあなたも心当たりがあって、実際に婚活の成功に結びついていないのであれば、女性への希望や条件が厳しすぎるのかもしれません。

結婚には多少なりとも妥協が必要な場合もあります。第一印象は自分のタイプとは違っていても、恋愛関係を築いていくなかで、相手のことをどんどん好きになっていくというのはよくあることです。

あくまで希望は希望、目安として捉えた方がいいでしょう。

空欄や「特に無い」が目立つ

婚活サービスのプロフィールは、出会い系アプリやマッチングアプリなど気軽な出会いを提供するサービスと比べて項目が多岐にわたるため、完成させるのに非常に時間がかかります。

かと言って、項目のところどころに空欄があったり、「特に無い」と書かれているようなプロフィールでは、相手の女性に

  • この人は本当に結婚する気があるのかな?
  • 何か隠したい情報でもあるのかな?

と思われてしまいます。

プロフィールでアピールできることは、各項目に書いたことだけではありません。

「どれだけプロフィールを充実させているか」というところも、女性があなたの真剣さをチェックするポイントです。

プロフィールの各項目や自己PR欄が充実している男性は、それだけ真剣に結婚について考えているという印象が伝わり、マッチングの可能性がグッと高まります。

また、手書きのプロフィールカードを作成する婚活パーティーやお見合いパーティーでは、項目を埋めることはもちろん、丁寧な文字を書いているかどうかも、結婚への強い思いをはかる指標になります。

時間はかかるかもしれませんが、プロフィールの項目はしっかり埋めて、結婚への強い思いをアピールしましょう。

まとめ

「婚活プロフィールがなかなか書けない」という方を対象に、自己PRなどのプロフィールに盛り込んでほしい項目ごとの例文を紹介してきました。

プロフィールに空欄があったり、ほとんど書けていない人は、それだけで「適当な気持ちで婚活をしている」というレッテルを貼られる可能性があります。

文章を書くことが苦手でも、婚活をはじめた以上は、プロフィールを使ってしっかりと結婚への思いをアピールしましょう。

良いプロフィールを作成することにかけた時間はきっと、あなたに理想の結婚という成果を残してくれますよ。

【参考記事】プロフィールが完璧になったら、あとはアプリをダウンロードするだけ▽

【2019最新】本気で結婚できる婚活サイト・アプリおすすめランキング!出会うためのサイトの使い方を徹底比較
本気で結婚できる婚活サイト・アプリのおすすめランキング!出会うためのサイトの使い方を徹底解説

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です