婚活サイトでメールがつまらない人と会うべきか

婚活でメールがつまらない人と会うべきか

最近では婚活サイトが増えており、ネット婚活が主流になってきたため、実際に出会う前にメールをやり取りする人も多いでしょう。

そのためメールでその人と会うかを判断する機会も増えてきました。

そしてネット婚活の経験者なら相手のメールがつまらなくて、実際に会うかどうか悩んだ経験が1度はあるでしょう。

写真の容姿やスペックは自分の理想なのにメールだけがつまらない人と会うべきかどうかという疑問は、ネット婚活していれば一度は持つ疑問です。

今回はメールがつまらないとはどういうことか、またメールがつまらない人と会うべきかについて説明します。

これからネット婚活をする、もしくはしている人はぜひ参考にしてください。

メールがつまらない人の特徴

そもそもメールがつまらないとはどういうことでしょうか?

一言でまとめるのは難しいですが、メールがつまらない人は次のいずれかに該当します。

それぞれどういう対処をとればいいかも説明しますが、あまりにやり取りするのがしんどいなら切ってしまうのもありです。

とにかく受け身

話題を振るのが常に自分になり、向こうから話題が振られることがないタイプです。

質問をしてもその回答だけの返事で、なかなか話題が膨らみません。そのため常に自分から話題作りをしなければいけず、正直疲れます。

しかし自分が振った話題に関して乗ってくれるだけでも、まだ会話をする気があるだけマシともいえます。

まだあなたと心が開いていないため、どんな話題を振っていいのか分からない、もしくは普段から聞き役で話題を出すのが苦手な人である可能性が高いです。

しかし本人に悪気がなければあなたから降った話題には乗ってくれるので、余裕があるうちは相手を楽しませる話題を振ってあげましょう。

また単純にあなたが出している話題が回答しづらい可能性も0ではありません。

できれば共通の趣味など相手が回答しやすい話題を振ってあげることを意識してみましょう。もし話題を出すのに疲れてきたら自分のペースで返信するようにしましょう。

無理して返信をしていると、勝手に自分が疲れて相手のことがイヤになってしまい、仮に出会うことになってもよくない思い込みを持って出会うことになります。

相手に悪気がない場合が多いため、自分で自分を疲れさせないために、あなたのペースでメールするよう心がけましょう。

反応が薄い

自分が盛り上げようとしても、返信が薄くてなかなか会話が盛り上がらないパターンです。

たまたまその時疲れているのか、そもそも大人しい人なのか、あなたの盛り上げ方がすべっているのか考えられる理由はたくさんあります。

しかしメールの反応が薄いからといってその人自体がつまらないとは限りません。

案外会うと明るいという人もいますし、メールは最低限情報が伝わればいいという人もいます。

特に婚活サイトに新規登録したばかりで、どのようなことを話せばいいか分からないかもしれませんし、恋愛経験が乏しく緊張しているだけかもしれません。

実際に交際したり結婚するのに、メールの反応が薄いかどうかというのは実はあまり関係がありません。

あなたが薄いと思っていても、相手からすれば一生懸命返してくれている可能性だってあるのです。

相手からのメールの反応が薄くて苛立ったり疲れている場合は、あなたがメールをするのに無駄に力が入っている可能性があります。

まだ出会っていない人とやり取りをしているのですから緊張するのも当たり前ですが、すこしあなたも肩の力を抜いてメールをしましょう。

相手のテンションが低いならそのテンションに合わせて話をしてあげるのも一つの手です。

どちらにしても反応が薄いというだけで、その人を判断するのは少しもったいない気はします。

自分のことばかり話す

メールで自分ことばかり話される、それがまだ会ってもいない人からされるのは確かに気持ちのいいものではありませんね。

自分のことばかり話す人は、その内容が自分を卑下するものであっても、自慢するものであっても根本的に自分に自信がないのでしょう。

仮に出会ったとしてもあまり相手のことを考えられる余裕がない可能性は高いです。

相手に悪気がないとは思いますが、その自信のなさが恋愛の障害になることも多いです。

あなたがその人のことを受け入れられなる自分に自信を持てる可能性はありますが、婚活をしていてそこから始めるのは正直しんどいものです。

相手の話を聞いていてあなたが負担を感じないようでしたら会ってもいいと思いますが、出会う前から負担を感じるようであれば会わなくてもいいでしょう。

自分の意見がない

自分の意見がない、決断できない人の話をきくのもあまり楽しいものではありません。

相手が女性であれば自分がリードすればいい話ですが、相手が男の場合は考え物です。

まだ出会ってもいない相手なので単純に遠慮しているだけかもしれませんが、1回目のデートを決めるのに手こずるようであれば問題です。

あなたが決断力があって引っ張っていくタイプであればあまり問題にならないかもしれませんが、それが疲れるのであればあまりお勧めできません。

また男性の場合は自分の意見がない人は、一般的な会社では出世もしにくいので年収が上がらないことも予測できるでしょう。

中には異性とのコミュニケーションに慣れていなくて、異性にのみ自分の意見が言えないという人もいます。

メールだけでそこまでを判断するのは難しいので一度会ってみるのもいいですが、メールの時点でしんどいのであればフェードアウトするのもアリでしょう。

ネガティブ・自虐的

何に対してもネガティブな意見を言う人とのメールはつまらないだけでなく、自分にも悪影響です。

仮に他の条件が良かったとしても、交際してから、結婚してからいずれしんどくなるので出会わなくてもいいでしょう。

むしろメールをしているだけでもネガティブな雰囲気は相手にも伝わるものです。

もしあなたがそれで疲れているのであれば、既にその雰囲気にやられているので早急にメールをやめるのがおすすめです。

メールでつまらない人と会うべきか

メールがつまらない人とメールを続けるかどうかというのは、結局会うべきかどうかという話だと思います。

会わない方がよければすぐにメールをやめるし、会ってもいいならもう少しメールを続けてみようとなるわけです。

実際にネット婚活をしている人は誰かに恋愛相談として、一度は回答を求めたことがある人も多いと思います。

婚活系の記事では出会いの数を増やすために、1度は出会うことを勧めているものも多いですし、結婚相談所に相談しても会うのを勧められることが多いですが参考程度に聞いた方がいいでしょう。

ここでは会うべきどうかについての考え方に触れるので、悩んでいる人は参考にしてください。

会うとおもしろい人の可能性

どういう風につまらないかにもよりますが、メールがつまらなくても会ってみたら話が盛り上がる人はいます。

例えばネット婚活に慣れていない人はメールで何を言っていいか分からずに、当たり障りのないことしか言えませんが、会えば安心して話すことができます。

また人見知りの人はメールでも人見知りをするので、何回か会って仲良くなればメールも明るくなる可能性もあります。

メールの時に反応が薄かったり、受け身というのは相手も悪気があってやっているわけではないので、メールだけで判断するのは難しいでしょう。

もし反応が薄くても会えるのであれば、一度会ってから判断してもいいと思います。

たいていは会ってもいまいち

メールだけ判断できることも多いので、会ってもメールのキャラそのままということもあります。

特にメールで自分のことばかり話す人やネガティブな人は実際に会っても、その通りです。出会った時は気を遣って隠す人も、メールでのその人が本当の人間性である可能性が高いです。

また自分のことばかり話す人もネガティブな人も、本人には悪意はなく、なぜ結婚できないのか本気で悩んでいる人も多いです。

しかし悪気がなかったとしても、自分の言ったことで相手がどのように思うのかイメージできないのは想像力が欠如している証拠。

出会ったとしても人に気遣いができない可能性が高いため、いまいちだと思って終わるケースが多いです。

人間関係を壊したくなくてダラダラ連絡を続けてしまう人もいますが、時間と労力の無駄にもなるので、フェードアウトするのも一つの手でしょう。

気乗りしないなら会わぬが吉

メールをしていて会うのが気のりするまでは会わない方がお互いのためです。

気のりをしていない時点で相手の印象はマイナスからスタートすることになります。

その状態だと相手の大したことないことでもマイナスに移りますし、いいことがあってもなかなかプラスに受け取れません。

またそのようなあなたは相手にはなかなか魅力的には映らない可能性が高いため、お互いの魅力が伝わらないためお見合いもうまく行かないでしょう。

会うのには気のりしないけど、まだ終わらせるのはもったいないと思うのならメールを続けて様子を見てみましょう。

メールを続けても一向に会う気ならなければその時は諦めてもいいですし、連絡が続いて少し緊張がとれれば案外面白い人かもしれません。

婚活において人に出会うことは大切ですが、出会いに焦るとうまくいかず、自分の首を絞めることになるので気をつけましょう。

まとめ

メールがつまらないと言っても、ちゃんと話すけどその内容がつまらないタイプと、反応が薄いなどの消極的でつまらないという大きく2つに分かれます。

このうち消極的な方は潜在的に面白い可能性があるのでまだ希望があります。

しかしやり取りはしっかりしているのに、その内容がつまらない場合はそれがその人のポテンシャルである可能性が高いため、会ってもそのままであることが多いです。

無理せずフェードアウトしてもいいでしょう。

ネット婚活は一度にたくさんの人をやり取りができるところなので、メールが消極的な人に疲れたら他の人メールをしながら疲れないようにやり取りを続けてみましょう。

年齢別の婚活サイト

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング