婚活パーティーのペースと無駄に回数を重ねないためのコツ

婚活パーティーのペースと無駄に回数を重ねないためのコツ

婚活サイト・アプリや婚活パーティー、お見合いコンや街コンなど、最近は多種多様な婚活サービスが選べるようになりました。

とくに婚活パーティーやお見合いパーティーは、面倒な事前の個人情報の認証やプロフィールの登録などがないため、気軽に参加できるのが魅力です。

しかし、気軽に参加できるからこそ難しいのが、婚活パーティーに参加する回数やペース。

  • 回数が多すぎると、がっついているように思われるのでは
  • 少ないと出会いのチャンスを掴むのも難しい

など、悩みは尽きません。

婚活パーティーで何度も顔を合わせる人がいて、非常に気まずい思いをするというパターンもあります。

今回は適切な婚活パーティーの参加回数について考えてみましょう。

婚活パーティーに参加する回数が「多すぎ」は問題?

結論から言うと、婚活パーティーに参加する回数が「多すぎる」ということはありません

お見合い・婚活パーティーを開催する株式会社シャンクレールが、婚活パーティーに参加した男女2,727人に「パーティーの参加回数」について質問したアンケートでは、全体の7%が「5回以上パーティーに参加している」と答えました。

パーティーの参加回数

参考:https://www.2400.co.jp/guide/data.html

意外と少ないと思いませんか?

仮に婚活期間を1年間と考えると、2ヶ月に1回参加するかしないかくらいのペースです。

この先の人生を共にする相手を見つけるための婚活ですから、時間的な理由、金銭的な理由などがない限り、わざわざパーティーに参加する回数を制限する必要はありません

妥協なんかしないで、納得の行くまで婚活パーティーに参加されることをオススメします。

婚活パーティーへの参加を重ねることのメリット

婚活パーティーの参加回数を重ねるメリットとしては、婚活のコツを掴み、素敵な出会いの確率が高くなるということが考えられます。

パーティーに初めて参加したときは、誰もが右も左もわからない状況で、なかなか充実した時間が過ごせないものです。

でも、1回目の婚活パーティーで相手が見つからなかったり、上手く行かなかったからと言って、あきらめてはいけません。

たくさん参加することで、プロフィールカードの書き方だったり、会話のきっかけを掴むコツだったり、婚活がうまくいくためのコツが身についていきます

婚活パーティーの参加回数が3回目くらいになってくると、ずいぶんと気持ちに余裕が出てくるはずです。

そのため、婚活パーティーが初めての参加者に比べ、経験者の方がフリータイムでの会話や連絡先交換などで有利に立ち回れます。

出会いの幅が広がることもメリットのひとつ

回数を重ねることのもうひとつのメリットは、将来を考えられるパートナー候補が複数現れたり、婚活を一緒に頑張っていける知り合いが増えるということです。

そもそも1回や2回の婚活パーティーで、運良く結婚までを考えられる異性が見つかることはほとんどありません。

たとえ1回の婚活パーティーでカップル成立した相手がいたとしても、実際に二人きりでデートしてみたら印象がぜんぜん違ったなんてことはよくある話です。

それなのに、「婚活パーティーで結婚相手を探すなんて無理」とあきらめるのは、あまりに早すぎますよね。

その相手をキープしつつ、次の婚活パーティーに参加することは、別に悪いことではありません。

カップリング(マッチング)した相手がいたとしても、婚活パーティーに参加してはいけないなんてルールはありませんから。

また、婚活を頑張っている参加者同士で仲良くなれるというのも、婚活パーティーならではです。

一人で婚活すると、上手くいっていないときにどうしても孤独や挫折を感じてしまいます。

職場の同僚や友人に婚活していることを相談できない、という人もいらっしゃるかもしれませんね。

その点、婚活を通して出会った人とは仲間意識を持つことができます

一緒に婚活パーティーに参加したり、情報交換したりすることで、あなたの婚活はより充実することでしょう。

参加回数が多いことによるデメリット

パーティーの参加回数が多いことで得られるメリットもあれば、逆にデメリットになることもあります。

回数が多いことにどんなデメリットがあるのでしょうか?考えてみましょう。

「婚活疲れ」を引き起こす

婚活がスタートしたばかりの頃は「まだ始めたばかりだから、これから」と思って、気持ちで乗り切れるものです。

しかし、婚活の期間が延びたり、婚活パーティーへの参加回数が増えていくと、「いつになっても理想の相手に出会えない…」と、ネガティブな気持ちになっていきます。

また、周囲の人たちがどんどんカップル成立しているのに、自分はいつまでも相手が見つからないでいると、そのうちプレッシャーにも耐えられなくなってきます。

婚活がうまくいかないと、気持ちも前向きになりません。

婚活パーティーに参加する心の余裕もなくなりますし、恋愛自体に疲れを感じることでしょう。

婚活疲れを感じたときは、無理せず休むことです。

これまで毎週土日に婚活パーティーに参加していたのであれば、参加頻度を落として隔週にしたり、月に1~2回にして、その間はリフレッシュの期間に当てるのです。

これまで婚活に当てていた時間を家族や友達と過ごすことに当てると、良い気分転換になりますよ。

ストレスを抱えたままの婚活は、表情や言動にも影響が出ます。

婚活疲れを感じたら、ペースを落として無理のない活動を心がけましょう

サクラと勘違いされることも

婚活パーティーの参加回数を重ねていくと、そのうちパーティー自体に慣れてしまって、初対面の人とも気兼ねなく話せるようになります。

それ自体はいいことのように思われますが、この「小慣れ感」がクセモノで、相手によっては業者が雇ったサクラと勘違いされる可能性もあります

わざわざ婚活初心者を演じる必要はありませんが、サクラと勘違いされないように、他の参加者の雰囲気を合わせた立ち回りをすることも大事です。

毎週のように婚活パーティーに参加している人などは、参加するペースを落とすなどして、毎回気持ちを新たに参加するようにしたいですね。

パーティーの参加費がかさむ

婚活パーティーへの参加が増えれば、当然ながら出費も比例して増えていきます。

男性は女性に比べて参加費が高めに設定されている事が多いので、その分出費も大きくなります。

女性は女性で、参加費は抑えられても、婚活用の服装などの出費がかさむことが考えられます。

婚活は人生のパートナーを見つけるためのイベントですから、パーティーの参加費も将来への投資と考えて惜しみなく出せればいいのですが、生活費などの必要なお金を削ってまで婚活をするのは考えものです。

婚活パーティーの参加回数だけが多い人は、1回1回のパーティーの結果を精査して、自分の婚活を改善していきましょう

今回カップル成立しなかったのは、相手に求める希望や条件が厳しすぎるからか、積極的にコミュニケーションを取りに行かなかったからか。

そういった気づきを改善していけば、あなたの婚活はよりゴールに近づいていくはずです。

まとめ

今回は婚活パーティーの参加回数について考えてみました。

回数に制限はないと書きましたが、できれば婚活は早くにパートナーを見つけ、切り上げたいもの。

そのためにも、1回1回の婚活パーティーに真剣に参加し、毎回のパーティーが充実するように心がけましょう

また、婚活パーティーだけが、婚活の手段ではありません。

今では婚活サイト・アプリや結婚相談所など、インターネットを利用した婚活もさかんです。

婚活パーティーがうまくいかないという人は、別の方法を試してみましょう。案外、短期間で素敵な出会いが見つかるかもしれませんよ。

年齢別の婚活パーティー

婚活パーティーランキング

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTYは、東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活パーティー。しっかりした企業が運営しているから、安心感があります。
毎月100種類以上のパーティーを開催しており、会場はすべて婚活のために作られた自社会場!PARTY☆PARTYなら、素敵な相手と出会えるはずですよ。

\\【体験談レポ】30代婚活女子がPARTY☆PARTYに行ってきた!//

OTOCON

「パーティーには興味あるけど、チャラチャラした人ばっかりだったら嫌」「ちゃんと婚活ができるかな?」と不安な方におすすめしたいのが、OTOCONです。
OTOCONでは、「1年以内に結婚したい方限定」といった参加条件を設けたパーティーを開催するなど、「結婚」を明確な目標としている人が多く参加しています。
小規模パーティーが中心なので、大勢でワイワイするより、じっくり仲良くなりたい派の方向け。

エクシオ

9年連続婚活パーティー参加者数ナンバーワンに輝いたエクシオ。
それだけ参加者の満足度が高く、知名度もあります。
婚活中の3人に1人がエクシオの婚活パーティーに参加しているというデータもあり、婚活をするなら一度は参加しておいて損はないです!
参加するほどにポイントが貯まるおトク情報も豊富にあるので、チェックしてみてください。
婚活パーティー体験レポ
\\ 30代女子がガチンコ参戦 //
婚活パーティー体験レポ
30代女子がガチンコ参戦