婚活パーティーの会話を盛り上げ良い印象を残すコツ

婚活パーティーの会話を盛り上げ良い印象を残すコツ

婚活パーティーや街コンなどのイベントでは知り合う相手は、初対面であることがほとんどです。

そういった場では見た目の第一印象も大事ですが、見た目が良いだけではカップル成立とはなりません。

必ずお相手と会話するというプロセスが必要です。

  • いつも緊張していて会話を楽しむ余裕がない
  • お人数のパーティーだと本題に入る前に会話が終わってしまう

という方も多いのではないでしょうか?

だからこそ、婚活での会話は気持ちの余裕を持って、短い時間でも相手に自分のことを印象づけることが大切です。

今回は婚活パーティーで初対面の相手と

  • どのように話を盛り上げればよいのか
  • どのようにして良い印象を残せばいいか

会話のテクニックについてお伝えしたいと思います。

会話のはじまりは挨拶から

婚活パーティーやお見合いパーティーなどでは、なかなか一人一人の相手と落ち着いてゆっくり話をする時間はありません。

かと言って焦って会話を進めようとすると、ぎこちない態度になってしまいます。

落ち着いて会話をスタートさせるためにも、まずはハキハキと挨拶するところから始めましょう

基本的なことですが、できていない人が意外と多いものです。

緊張からボソボソとした声になっていては、婚活に慣れている人、コミュニケーションに長けた人に差をつけられてしまいます。

しっかりと相手の目を見て笑顔で挨拶ができれば、その表情と声は必ず相手の印象に残ります

簡単に実戦できる会話のテクニックですので、ぜひ意識してやってみてください。

話題は事前に用意しておく

ぶっつけ本番での会話は、何を話せばいいのかわからなくなったり、リアクションに困ったりするものです。

そういった事態を避けるために、婚活が始まる前からいくつかの話題を準備しておくといいでしょう。

会話が膨らむ話題としては、

  • 趣味や興味があること
  • 休日の過ごし方
  • 好きな食べ物

などです。

嫌いなものの話だったり、自虐ネタだったりはあまりおすすめしません。

会話していて気分が上がるポジティブな話題にしましょう。

男性の会話で注意してほしいのが、あまりに熱中しすぎてついつい一方的にしゃべりこんでしまうことです。

女性があまり興味がなかったり、知識がなかったりする話題だと、置いてけぼりにされたような気持ちになります。

会話の際は余裕を持って、自然なテンションで臨みましょう。

婚活パーティーでは、会話で相手を惚れ込ませる必要はありません

  • この人とまた話したいな
  • 連絡先を交換したいな

という、次に繋がるきっかけになりさえすればいいのです。

話題がふくらむ質問をする

会話を盛り上げるための大事な要素が質問です。

婚活の場ではついつい「自分が聞きたい質問」をしてしまいがちですが、それだけでなく、返ってきた答えで話題がふくらむようなものを取り入れていきましょう。

会話が苦手な人は、相手が「YES/NO」で答えられるような質問を連発してしまいがちです。

質問で会話を盛り上げるコツは、相手がついつい話したくなるようなことを聞くことです。

そのために、相手のプロフィールカードを事前に確認しておきましょう。

例えば、相手のプロフィールカードの趣味の欄に「野球観戦」と書いてあれば、

  • どのチームが好きなのか
  • 最近どんな試合を観たか

について質問するといいでしょう。

もしあなたに野球の知識がなかったとしても、「野球観戦のどこが魅力なのか」といった相手が語りたくなるような質問をすると、会話がどんどん盛り上がっていきます。

相槌とリアクションで聞き上手になる

会話が苦手な男性は少なくありません。

そんな男性こそ、聞き上手を目指しましょう。

婚活サービスを提供するマッチアラーム株式会社が、婚活中の男女を対象に行なった調査では、「『話し上手』と『聞き上手』のどちらの異性に魅力を感じるか」という質問に対し、「話し上手」と答えた女性は54.3%、「聞き上手」と答えた女性は45.7%でした。

『話し上手』と『聞き上手』のどちらの異性に魅力を感じるか

参考:http://matchalarm.co.jp/news/archives/121

話し上手の男性が魅力的なのはもちろんですが、同じくらい聞き上手の男性にも、女性は好感を抱くようです。

女性は自分の話を親身になって聞いてくれる男性に包容力を感じます。

会話に苦手意識のある男性は、女性が包容力を感じる聞き役になるテクニックを磨きましょう。

聞き上手に難しいトーク術は必要ありません。

  • ほどよい相槌
  • 適度なリアクション

これだけあれば十分です。

女性が話しているときは黙って聞くのではなく、

  • それいいですね
  • そうなんですか?

などの相槌を返しましょう。

相槌もただ淡々と返すだけでなく、時折驚いてみせたり、大きく頷いたりといったリアクションを取ると、相手は「ちゃんと話を聞いてくれている」という安心感を覚えます。

さらに、女性が話したことに対してオウム返し+感想を加えると「あなたの話に共感していますよ」という意思表示になります

真面目で誠実な印象を相手に与えるので、ぜひ会話の中に取り入れてみてください。

会話の内容に合わせて表情も変える

初対面の相手との会話は、緊張からどうしても表情が堅くなりがちです。

こういうときは「どんな話をすればいいんだろう」という気持ちが先行して、会話の中身ばかりに気を取られてしまいます。

会話は中身だけでなく、話す側と聞く側の表情も大切です。

興味がなさそうな表情をしていると、相手に「しゃべってて楽しくないのかな?」という不安を抱かせます。

たとえ会話の中身がたどたどしくても、笑ってみたり、驚いてみたりといったリアクションをとることで、相手は安心して会話することができます。

先ほど述べたように、会話で相手を惚れさせる必要はありません。

過度に緊張することなく、会話を楽しむという気持ちで臨みましょう。

男性は会話をリードする気持ちで

テレビのトーク番組を見ていると、司会者の人が上手く会話をリードしていることに気づくと思います。

婚活パーティーでも、あまり前に出すぎないで会話をリードできる人が好まれます。

男性でも女性でも、遠慮して話のきっかけを譲りがちです。

これでは一向に会話は盛り上がらないでの、できれば男性側が会話をリードするようにしましょう。

会話をリードするコツは、新たな話題を次々と放り込むのではなく、ひとつの話題に対し、数珠つなぎで会話を広げていくことです。

ひとつの話題の中でお互いの共通点を見つけていけば、自然と会話が広がっていきます。

例えば、映画についての話をしていたとしましょう。

お互いに好きな映画が同じであれば、「好きなシーン」や「感動したところ」などをピックアップして、次々と会話を続けていくことができますよね。

上手く会話をリードできれば、女性は

  • 自分に好感をもってくれているのかも
  • 余裕と頼りがいのある人だ

という良い印象を持ってくれますよ。

休憩タイムは作戦タイム

一般的な婚活パーティーなどでは、1対1のトークタイムとフリータイムの間に数分間の休憩時間が設けられています。

時間に余裕のある場合は休憩時間を使って、これまでの会話を振り返ってみたりして改善点を洗い出してみましょう。

休憩明けまでにしっかりと作戦を練っておけば、後半から落ち着いて会話を進めることができます。

タブーな質問や自慢話はしない

婚活での会話には、相手に聞いてはならないタブーな質問やNGな会話があります。

何気なく聞いたつもりでも相手は不快感をおぼえてしまい、せっかくの出会いのきっかけを棒に振ることになります。

次のような質問や話題は避けましょう。

個人情報、センシティブ情報

詳しい住所や勤めている会社の社名、親の職業など、個人情報や初対面の人に聞かれたくない質問は避けるべきです。

あまりにもしつこい場合は婚活パーティーの運営会社に通報され、強制退会させられる可能性もあります。

過去の恋愛経験、経験人数など

相手の過去を掘り下げるような質問にはデリカシーが感じられません。

思い出したくない過去もあるかもしれないので、絶対に避けましょう。

婚活の状況

婚活情報を発信するサイト「まりおねっと」の調査によれば、「婚活で出会った男性に聞かれたくない質問は?」という質問に対し、42%の女性が「なぜ今まで結婚しなかったのですか?」と回答したようです。

婚活で出会った男性に聞かれたくない質問は?(女性限定)

参考:https://marihonnete.com/chousa-report.html

結婚への思いが強い人ほど、婚活の状況は話題にしたくないものです。

  • これまでに何回パーティーに参加されたのですか?
  • どうして結婚してないんですか?

といったデリカシーのない質問も避けましょう。

一方的な自慢話

自分の仕事での実績や親の仕事などを自慢したところで、相手が興味を持ってくれるとは限りません。

むしろ自分大好きな人、高慢な人という悪い印象すら与えてしまいます。

初対面同士での会話では、相手を必要以上に詮索しないようにしましょう

相手の気持ちになれば、どんな話題が好ましくないかわかるはずです。

「ここで聞いてもいいのかな?」と迷うような質問であれば、しないほうが無難です。

上記の項目の他にも、言葉遣いには注意したいところです。

よく女性と話すときは敬語がいいか、タメ語がいいかという男性がいますが、初対面同士で会話をするときは、敬語を使うのがマナーです。

たとえ相手の女性が自分より年下だとしても、いきなりタメ語ではなすことは控えて、お互いに仲良くなってからでも遅くはありません。

まとめ

今回は婚活パーティーの会話を盛り上げ、良い印象を残すコツについて解説してきました。

婚活パーティーやお見合いコンなどでの会話は、何も相手をナンパするためのものではありません。

そんなことを考えていると、余計な緊張を強いられるだけです。

大事なことは、会話を楽しもうという気持ちを持つこと

余裕を持って楽しく会話ができていれば、自然と相手から好感を持たれます。

会話が苦手な人、顔見知りで緊張しがちな人は、今回の記事を参考にして自分ができるところから実践してみてください。

「会話を制する者は婚活を制す」ですよ!

年齢別の婚活パーティー

婚活パーティーランキング

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTYは、東証一部上場企業である株式会社IBJが運営する婚活パーティー。しっかりした企業が運営しているから、安心感があります。
毎月100種類以上のパーティーを開催しており、会場はすべて婚活のために作られた自社会場!PARTY☆PARTYなら、素敵な相手と出会えるはずですよ。

\\【体験談レポ】30代婚活女子がPARTY☆PARTYに行ってきた!//

OTOCON

「パーティーには興味あるけど、チャラチャラした人ばっかりだったら嫌」「ちゃんと婚活ができるかな?」と不安な方におすすめしたいのが、OTOCONです。
OTOCONでは、「1年以内に結婚したい方限定」といった参加条件を設けたパーティーを開催するなど、「結婚」を明確な目標としている人が多く参加しています。
小規模パーティーが中心なので、大勢でワイワイするより、じっくり仲良くなりたい派の方向け。

エクシオ

9年連続婚活パーティー参加者数ナンバーワンに輝いたエクシオ。
それだけ参加者の満足度が高く、知名度もあります。
婚活中の3人に1人がエクシオの婚活パーティーに参加しているというデータもあり、婚活をするなら一度は参加しておいて損はないです!
参加するほどにポイントが貯まるおトク情報も豊富にあるので、チェックしてみてください。
婚活パーティー体験レポ
\\ 30代女子がガチンコ参戦 //
婚活パーティー体験レポ
30代女子がガチンコ参戦