結婚相談所の結婚までの期間と早く結婚するために大切なこと

結婚相談所の結婚までの期間と早く結婚するために大切なこと

あなたの婚活はスタートしてから何ヶ月が経ちましたか?

結婚相談所に入会し結婚成立するまでの期間は、一般的に3ヶ月~6ヶ月と言われています。

これはあくまで目安ですが、結婚をしたくて結婚相談所に入会した多くの人は一日でも早く結婚したいと思っているはず。

そうでなければ、わざわざ高い年会費を支払ってまで、2年3年と婚活したいとは思わないでしょう。

今回は結婚相談所の結婚までの期間を考えながら、どうすれば短い期間で理想の相手を見つけ出し、結婚できるかについて考えてみたいと思います。

結婚相談所での結婚までの段階別期間

婚活サイト・アプリや婚活パーティーといった婚活サービスと異なり、結婚相談所にはお見合いから交際、交際から成婚までの各段階が明確に分けられています。

とくに「仮交際」「本交際」は結婚相談所の独特なルールになるので、まずはそれぞれの違いやルールについて把握しておきましょう。

仮交際と本交際の違い

お見合いをした男女が共にOKすれば、連絡先を交換したり、デートをしたりといった「交際」へと進むことになります。

結婚相談所の交際には「仮交際」と「本交際」の2種類があり、それぞれルールが異なります。

このルールを理解しないで交際を始めるとトラブルの原因になることもあるので、しっかりと仮交際、本交際について把握しておきましょう。

仮交際中にできること・やるべきこと

お見合いで意気投合したらお互いに連絡先を交換し、仮交際がスタートします。

仮交際中はお互いに連絡を取り合ってやり取りしたり、デートの約束をして二人っきりで会ったりすることができます。

仮交際はあくまでも「交際相手のことをよく知るための期間」であって、交際という体裁ではあっても、この時点ではお友達関係であることを理解しておく必要があります。

この期間は複数のお相手と交際が可能ですので、「何人ものお相手と交際するのは気が引ける…」などと思わず、積極的にデートを重ねて結婚相手にふさわしい人を吟味しましょう。

何度かデートを重ねたら、本交際へ進むお相手を1人に絞ります。

仮交際から本交際へと進むタイミングに明確な基準などはありませんが、多くの会員の方が、1ヶ月から3ヶ月くらいを仮交際期間にあてているようです。

プロポーズと同じように男性から女性へ本交際へと進む意思表示をするべきです。

その後、結婚相談所に本交際へ進むことを伝えたら、正式に本交際がスタートします。

本交際中にできること・やるべきこと

仮交際中に決めた1人のお相手と、結婚を前提とした交際をスタートすることを本交際、あるいは真剣交際とも言います。

本交際をスタートするときはお互いに同意したうえで、結婚相談所の担当仲人やアドバイザーに報告する必要があります。

自分は本交際のつもりでも、相手がまだ仮交際で複数の相手とやり取りをしていたら、お互いの意思疎通ができていないことになり、トラブルの原因となる可能性も考えられます。

多くの場合、本交際に進んだカップルは1ヶ月から3ヶ月程度で結婚を決めるようです。

お見合いの時点でお互いのプロフィールを確認しており、仮交際中にプロフィールではわからなかったお相手の内面やお互いの相性などを見ていれば、短すぎるということはないでしょう。

あくまで交際期間は平均値ですので、気にする必要はありません。焦ってお相手との関係を悪くするようでは本末転倒です。

「焦って決断する」と「早く決断する」は別物です。

交際中にじっくりと結婚の将来設計が立てられれば、短い期間で婚約に進むことも不可能ではありません。

交際期間3か月ルールとは

全国の結婚相談所が加盟する結婚相談所連盟IBJでは、すべての会員に仮交際の期間を原則3ヶ月とするルールを定めています。

参考:http://www.ibjapan.com/manners/

「出会いからたった3ヶ月で結婚相手を見極めることができるの?」と思われる方も多いかもしれませんが、結婚相談所の婚活はお見合いの前にお相手のプロフィールや結婚観などの情報が事前に公開されるため、「恋愛を通してじっくりお相手のことを知る」期間が必要ありません。

さらには3ヶ月というリミットがある方が、交際期間を延々と続けてお金や時間を消耗することもないので、決断の後押しにもなっています。

せっかく意気投合して交際が始まったのに、期間が決まっていないばかりに結婚に踏み切れず交際を解消することになったら、かけたお金も時間ももったいないですよね。

もちろん、3ヶ月で結婚が決められなかったとしても、退会させられるようなことはありませんし、結婚相談所によっては3ヶ月ルールを設けていないところもあります。

あくまでも3ヶ月ルールは会員を縛るものではなく、結婚を後押しするものと理解して、適切な期間と適切なタイミングで二人の大事な決断をしましょう。

成婚したことを結婚相談所に伝えて退会する

お互いに結婚への気持ちが固まったら、プロポーズ、ご両親へのあいさつなどを経て、いよいよ婚約となります。

結婚が成立することを「成婚」と言います。

成婚となったカップルは結婚相談所にそのことを伝え、成婚料を支払って退会という運びになります。

多くの結婚相談所では、退会後もご両家の顔合わせや結納、結婚式のプランニングなど、結婚にまつわるイベントのサポートを提案してくれます。

結婚までの期間を短くするには

交際から結婚に至るまでの期間は人によりけりですが、年齢や年会費のことを考えると、決して「交際期間は長い方が上手くいく」とも言えません。

とくに女性は仕事や出産など結婚後で生活環境が大きく変わるので、2年3年と婚活を続けることで不利になるケースも考えられます。

では、短い交際期間でも幸せな結婚を迎えるにはどうすればいいのでしょうか?

結婚したい人のイメージを明確にする

「結婚相談所に入会したのになかなか良い相手が見つからない」という人は、自分の中で結婚したい理想の人のイメージが固まっていないケースが多いと考えられます。

「もっと良い人」とひとくちで言っても、実際に具体的な理想像を説明できる人がどれくらいいるでしょうか?

もっと良い人を探し求めている本人ですら理想像が明確になっていないために、「もっと良い人」「もっと良い人」の繰り返しで一向にお見合いも交際もできない負のスパイラルに陥るのです。

そんなときこそ、結婚相談所の担当仲人やカウンセラーに相談して、あなたが結婚したい相手の理想像を明確にしましょう。

明確な判断基準に基づいた「理想のお相手像」があれば、いろんなタイプの相手を紹介されてもブレることがありません。

プロフィール内容と写真は重要

結婚相談所に入会したら最初に作成するプロフィールと顔写真。

これらは相手をよく知るための手がかりであり、理想の相手に選ばれるための武器になります。

たかがプロフィールと軽く考えずに、ひとつひとつの項目に真剣に向き合いましょう。

プロフィールには名前や年齢といった基本情報から、趣味や自己PR、さらには結婚の価値観、結婚後のプランまで、お見合い前に相手にアピールできる唯一の手段です。

極端な話、プロフィールが誰の琴線に触れなかったらお見合いすらまともにできません。

プロフィールを作成するときはプロフィールを読むお相手のことを想像して、「選ばれるプロフィールづくり」を心がけましょう。

プロフィールを書くときは素直に、かつ謙虚に自分をアピールすることが、お見合い、引いては婚活を成功させるカギとなります。

結婚を見極める最低限のラインを決める

結婚相手にふさわしい相手を選ぶとなると、どうしてもあれこれ条件を付けがちですが、これだと結婚へのハードルが非常に高くなってしまいます。

それよりも、結婚を見極める「最低限のライン」を決めて、それを満たしている相手と結婚すると考えた方がより短い期間での結婚が実現できます。

例えば、「30代、身長は175cm、年収は1000万円、都市部に住んでいる男性」を結婚相談所で探すとなると、条件に当てはまる男性は非常に少なくなってしまいます。

一方で、「40代以下、年収は最低500万円以上は欲しい」というラインを設ければ、お相手の選択肢も幅広くなりますし、譲れるところ、譲れないところも明確になります。

もちろん、最低限のラインは漠然と設定するのではなく、結婚後の将来設計から導き出されたものである必要があります。

できるだけ多くの人に会ってみる

「仮交際中は複数のお相手と会うことができる」と述べたように、仮交際中であればできるだけ多くの人と会って、より良い結婚相手を見つけるべきです。

あくまでも、結婚相談所の仮交際は恋人関係ではなく友人関係に近い状態です。

ルールがそれを認めている以上、お金や時間が許す限りは積極的に複数のお相手とお付き合いしてみることをおすすめします。

お金、性格、価値観など、人によって相手に求める条件は異なります。

「最初はお金重視で相手を選んでいたのが、交際中に相手の価値観に共感して結婚の意思を固めた」というケースもよくあります。

できればタイプの違う複数の相手と交際し、自分が本当に結婚相手に求めているものがその人にあるかどうかを確認していきましょう。

まとめ

今回は結婚相談所に入会してから結婚するまでの期間と、短い期間で理想の結婚を迎えるための具体的な方法、心構えについてご紹介しました。

結婚相談所に入会して待ってさえいれば、仲人やカウンセラーがあなたのために理想の相手を引き合わせてくれるわけではありません。

入会したからには、自分から行動を起こす必要があります。

婚活は積極的に行動した人が、理想のお相手と出会うチャンスを掴むのです。

結婚までの期間が短いか、長いかはあなたの努力と意志で変わります。今回の記事を参考に、ぜひあなたの婚活を充実させてくださいね。

年齢別の結婚相談所

結婚相談所ランキング

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。

IBJメンバーズ

東証一部上場企業の株式会社IBJが運営している結婚相談所が、「IBJメンバーズ」。会員数6万人と、圧倒的なボリュームを誇ります。
また、入会審査が厳しく設定されているため、職業や年収などハイクラスな会員が多く在籍しているのも特徴の一つ。
返金保証制度を導入しており、他社と比べて返金率がかなり高く設定されています。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開