結婚相談所の成功例と婚活を成功させるコツ - Yumecon(ユメ婚)

結婚相談所の成功例と婚活を成功させるコツ

結婚相談所の成功例と婚活を成功させるコツ

結婚相談所は他の婚活サービスと比較しても初期費用や成婚料といった会費が高く、入会の敷居が高いと感じる方もいらっしゃるでしょう。

結婚相談所に申し込みすれば必ず結婚できるわけではありませんが、結婚相談所ほど短期で結果が出るサービスは他にはありません。

サービスを上手く利用することで、入会から1年以内に結婚することも不可能ではないのです。

今回は、結婚相談所で婚活をスタートさせ、短期間で結婚できた方の成功事例をもとに、結婚相談所の婚活を成功させるコツについて考えていきたいと思います。

結婚相談所の婚活に成功した30代女性会員の例

女性Aさんの事例
これは30代後半で結婚相談所に入会し、1年以内に婚約された女性Aさんの体験談です。

Aさんは過去に婚活サイト・アプリや婚活パーティー・お見合いパーティー、さらには街コン・お見合いコンなど、あらゆる婚活サービスを利用してこられましたが、いずれも思うように理想の異性と出会えなかったようです。

年齢も30代後半にさしかかり、このタイミングで結婚できなければ後はないと一念発起。

高い初期費用を払って結婚相談所に入会されました。

担当の婚活アドバイザーによるカウンセリングやアドバイスに素直に耳を傾け、パートナー候補となる男性に求める最低ラインの基準を設けたら、短期集中で次々とお見合い。

相手のルックスやスペックよりも、カウンセリングで明らかになったAさんに足りない部分を補ってくれる包容力のある年上の40代の男性を選び、6ヶ月の交際を経て見事結婚されました。

Aさんの体験談には、結婚相談所での婚活を成功させるコツがいくつも隠れています。

あなたはAさんがなぜ結婚できたのか、その理由がわかるでしょうか?

婚活を成功させるコツ

先ほどのAさんの成功例をもとに、婚活を成功させるコツを7つピックアップしました。

結婚相談所の成婚者はどのようなポイントに気をつけて婚活したのか、いずれも幸せな結婚を目指すために欠かせない要素ばかりです。

現在進行形で婚活されている方はどれができていて、どれができていないのかをチェックして、今後の婚活の参考にしてみてください。

自分自身のことをよくを知る

あなたは、自分自身の性格を把握し、相手にアピールすることができますか?

結婚相談所の婚活では、自分で自分の「売り」を相手にアピールする必要があります。

より自分の理想に近い相手を見つけることができるかどうかは、自分をどのように相手にアピールするかによって変わってきます。

ところが、自分自身が思う自分という人間と、他人から見たあなたという人間は違っていることがよくあります。

この意識のギャップが、結婚が上手くいかない原因になることもあるのです。

結婚相談所では会員一人ひとりに婚活アドバイザーが付き、お見合いから結婚までを手厚くサポートしてくれます。

結婚のプロの第三者の目で自分を見てもらうことによって、思いがけないあなたの魅力だったり、足りない部分だったりが浮き彫りになります。

婚活を始めると、どうしても相手にばかり意識が向きがちですが、まずは自分自身のことをよく知ることが大切なのです。

結婚相手を選ぶ基準を明確にする

自分自身のことをよく知ることができたら、次は結婚相手について考えましょう。

結婚相談所に入会したら、最初のステップとしてお見合い相手を見つけるところから始まります。

最初にお見合いをする相手がパートナー候補になることもあるので、入会前後から結婚相手に求める条件を明確にしておきましょう。

自分で決めた条件を元に、さらに婚活アドバイザーのカウンセリングや性格診断テストなどでブラッシュアップしていくと、よりあなたにふさわしいタイプの人が明確になります。

基準が明確になっていないと自分にとっての理想の人が曖昧で、「もっと良い人がいるかもしれない」といつまでも理想のお相手探しをすることになってしまいます。

これでは、婚活のモチベーションを維持できませんし、いつしか婚活疲れを引き起こしてしまいます。

目標をしっかり見据えることで、1年以内に結婚するための積極的に行動ができるようになります。

出会いの機会を増やす

せっかく結婚相談所に入会したのに、プロフィールの内容だけで相手を判断したり、担当仲人が相手を紹介するのを待つだけでは、当然ながら良い結果は出ません。

仕事が忙しいことを理由に婚活のペースを落とす人もいますが、結婚後は仕事と家庭のバランスが大切です。

忙しさにかまけて婚活をないがしろにする人が、幸せな結婚を迎えるできるでしょうか?

結婚相談所では何人ものお相手とお見合いができ、仮交際の期間中であれば、複数のお相手と同時並行して交際することができます。

婚活支援サービスを提供するパートナーエージェントによれば、「結婚までのお見合いの平均回数は、半年で8回という方が多い」と報告しています。

さらに、「1年以内に結婚を決めた方のお見合い回数の平均は、30代前半で14回」となっているようです。

参考:http://www.p-a.jp/contents/omiai/after/times.html

出会いのチャンスが多いほど結婚相手の選択肢が増え、必然的に結婚までのスピードも早くなります。

2~3回のお見合いで結婚の可能性を諦めたり、1回断られたくらいで活動を休止するのは、非常にもったいないことです。

「複数のお相手とデートするのは気が引ける…」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結婚相談所のルールで複数の交際が認められている以上は、相手もそれを了承した上で交際しています。

1年以内の結婚を目指すのであれば、複数の方との交際は必ず必要になります。

二股ではなくルールに則った健全なキープですので、ぜひ積極的に交際を進めていきましょう。

相手の短所を許容する

よく「相手の年収が自分の希望条件を下回っていたのでお断りした」という方がいらっしゃいます。

希望条件はあくまでも基準であって、それを下回った人を片っ端から足切りしていては、パートナー候補となる人の許容範囲を著しく狭めてしまいます。

婚活の基本中の基本の心構えとして、「相手の長所に注目し、短所は許容する」というものがあります。

人間だれしも長所もあれば短所もあります。

結婚ではその短所に対してどこまで許容できるかが重要です。

ブライダル総研が2016年に行った離婚に関する調査では、男女とも離婚の理由に「価値観の違い」「性格の不一致」と回答した方が圧倒的に多かったというデータが出ています。

離婚の理由(男女別)

参考:http://www.recruit-mp.co.jp/news/pdf/20160706_01.pdf

アンケートの結果からもわかるように、結婚の決め手となるのはスペックよりも性格や価値観といった内面的なものです。

婚活中にお互いの欠点を理解して受け入れることができれば、結婚後に大きな衝突が起きることもないでしょう。

サポートが充実している結婚相談所を選ぶ

1年以内の結婚を目指すのであれば、結婚相談所選びも大切です。

結婚相談所各社はホームページなどで会員数や成婚率などを開示して、自社の強みをアピールしていますが、それらはあくまでも参考程度にしておきましょう。

結婚相談所選びで大事なことは、自分が求めるサービスを受けられるかどうかです。

結婚相談所での婚活は、担当仲人や婚活カウンセラーのサポートが不可欠。

できればメールや電話だけでやり取りするのではなく、直接会って面談したり、結婚の専門家の目で選んだお相手紹介などのフルサポートがついたプランがおすすめです。

もちろん、手厚いサービスになるほど初期費用や月額料金は高くなります。

人生最大の結婚を目指して結婚相談所に入会するわけですから、かかる費用は自分への投資と考えてサービスを最大限に活用しましょう。

ただし、生活費を削ってまで婚活に投資する必要はありません。大事なことは、身の丈にあった結婚相談所を選ぶことです。

そのため、結婚相談所を「大手だから、成婚率が高いから」という表面のデータだけで判断するのではなく、資料請求や無料相談などで情報収集をして、あらかじめ各結婚相談所のシステムや料金体系をリサーチしておくと良いでしょう。

「絶対に結婚する!」という強い意志を持つ

  • 今まで結婚できなかったんだから、結婚相談所に入会しても…
  • 自分の理想の相手が全然見つからないから、結婚できる気がしない
  • お付き合いしても断られるのが怖い

こんなネガティブ思考で婚活していませんか?

たしかに、結婚相談所に入会したら必ず結婚できるというわけではありませんし、理想の相手が見つかるとも限りません。

交際に発展しても成婚とならず、お断りされるケースもあります。

かと言って、そのたびに落ち込んで消極的になっていては結婚は遠のくばかりです。

結婚相談所に入会したからには「絶対に結婚する」と自分自身に言い聞かせて、前向きな気持ちで婚活をしましょう。

たとえご縁がなかったとしても、自分を責める必要はありません。

交際を断られた経験をもとに、いま一度自分の言動を振り返り、改善すべき点は改善していけばいいのです。

ひとりで抱え込むと婚活疲れの原因にもなるので、なかなか婚活が上手く行かないときは、担当者の婚活アドバイザーに協力を求めましょう。

決断は早めにする

結婚相談所で成婚している人の多くが、入会してから6ヵ月~1年で結婚を決めています。

結婚相談所の婚活は普通の恋愛と比べて、事前に相手のプロフィールや結婚観を知った上でお見合いをするからです。

1年以内の結婚を目指すなら、決断は早め、早めを心がけましょう。

パートナーを決めることはもちろん、見込みのない交際に見切りをつけることも重要です。

だらだらと交際期間だけ長くなっても、関係がより良くなるわけではありませんし、お相手の貴重な時間を長く拘束することにもなります。

決断はときに勇気が必要です。結婚相談所の担当仲人や婚活アドバイザーに相談すれば、プロポーズや交際お断りのための的確なアドバイスがもらえますよ。

まとめ

今回の記事では、結婚相談所の成功例から導き出した、婚活を成功させる方法について解説してきました。

ここまで見てきたように、結婚相談所の婚活は普通の恋愛とは違う考え方が必要です。

  • 自分自身のことをよく知る
  • 結婚相手の基準を明確にする
  • 決断を早くする

といった要素は、長い時間をかけてじっくり愛情を育む恋愛ではほとんど考えることがありません。

それらが結婚するに相応しい人間になるために不可欠なものと考えると、婚活はすなわち自分磨きにもなるということです。

お見合いや交際はもちろん、結婚相談所が開催している婚活イベントや婚活セミナーに積極的に参加し、素敵な出会いのチャンスを掴むとともに自分磨きを充実させていきましょう。

結婚相談所の婚活を経て結婚というゴールを迎えた頃には、あなたは婚活を始める前とは見違えるような魅力的な人間になっていることでしょう。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開