結婚相談所での交際中のルールとマナー - Yumecon(ユメ婚)

結婚相談所での交際中のルールとマナー

結婚相談所での交際中のルールとマナー

婚活サイトやお見合いパーティー・婚活パーティーといったさまざまな婚活サービスの中でも、とくに結婚相談所は会員の結婚に対する意識が高く、それゆえに成婚率も高いサービスのひとつです。

その分、会員ひとりひとりが守るべき結婚相談所の婚活ならではのルールとマナーが存在します。

結婚相談所に入会した際は、交際する二人がお互いに思いやりを持ち、気持ちのいいお付き合いをしていくためにも、その内容を把握しておく必要があります。

今回の記事では、結婚相談所で活動する会員が知っておくべき、交際中のルールとマナーについて学んでいきましょう。

結婚相談所での交際について

まずは、結婚相談所の独自のシステムである仮交際、本交際、そして成婚について解説していきます。

お見合いから成婚までの流れ、交際の各段階ではどのような行動や心構えが必要とされているのか、それぞれ確認していきましょう。

仮交際

結婚相談所の交際には「仮交際」と「本交際」の2種類があります。

紹介された、あるいはこちらから申し込んだお相手とお見合いをして、お互いの同意のもとで連絡先交換となったら、その時点で仮交際スタートとなります。

仮交際はあくまでも連絡先を交換しただけの仲ですので、この時点ではお友達レベルのお付き合いです。彼氏・彼女だと思って接すると、お断りされるケースもありますので注意が必要です。

この期間中は積極的に連絡を取り合ったり、デートを重ねたりしてお互いの距離を縮めていきましょう。仮交際はお互いに結婚相手に相応しいかどうかを見極める期間です。

さらに、仮交際の段階であれば複数の異性との交際も認められています。多くの人とお見合いをして、お付き合いするほど理想の出会いのチャンスが広がります。

一般的に仮交際の期間は3ヶ月から6ヶ月が目安とされています。入会してから最初の3ヶ月が勝負とも言われているため、この間は積極的に行動するように心がけましょう。

本交際(真剣交際)

本交際は真剣交際とも呼ばれています。文字通り、二人が結婚に向けて真剣に交際する期間のことです。

仮交際の期間中にお互いがパートナーとしてふさわしい相手として認め合ったら、本交際の申込みをします。

本交際を申し込むときは男性から「結婚を前提にお付き合いをしたい」と伝えましょう。言葉を濁したり、遠回しな言い方をしていては、女性側に告白と伝わらない場合があります。

この時点でいわゆる恋人同士の関係となります。一般的にはお見合いからから本交際へ発展する期間は1ヶ月~2ヶ月と言われています。

成婚

本交際中に結婚の約束を交わすと、晴れて成婚となります。プロポーズは男性側から行なうことがマナーです。

成婚は結婚とは異なり、あくまで「結婚が成立したこと」です。万が一、成婚後に何らかのトラブルで婚約が破談になることもあります。

多くの場合、成婚となったカップルは結婚相談所に報告し、成婚料を支払って退会することになります。

成婚については結婚相談所によって定義がバラバラで、婚約以外のケースを成婚と見なす結婚相談所もありますので、資料請求や無料カウンセリングなどで事前に確認しておきましょう。

結婚相談所での交際中のルールとマナー

一般的な恋愛関係・恋人関係と異なり、結婚相談所の交際には独自のルールとマナーがあります。

自分だけでなく交際相手にも関わってくる重要事項ですので、ルール違反を犯して「知らなかった」では済まされない事態となる可能性もあります。

これからご紹介する結婚相談所に関するルール、マナーについて事前に把握しておきましょう。

連絡先交換で気をつけること

お見合いは基本的に、ホテルのラウンジや結婚相談所がセッティングしたお店など指定された場所で二人で行います。結婚相談所のサービスによっては、仲介人として仲人が同席する場合もあります。

ここで気をつけないといけないのが、連絡先の交換についてです。

お見合いで意気投合してお互いが交際OKとなれば、連絡先の交換をして仮交際スタートとなります。

しかし、当人同士で連絡先を直接交換するのはルール違反です。必ず担当仲人、あるいはカウンセラーを介しての交換となります。

連絡先を交換したら、当日中に必ず男性から女性にお礼のファーストメール、あるいはファーストコールを送るようにしましょう。

返事がなかったり、折り返しの電話がないからといって、しつこく連絡を取るのは相手へのプレッシャーとなるのでNGです。

定期的に担当に状況を伝える

交際がスタートしたからと言って、担当者と連絡を取らなくてもいいということはありません。

多くの結婚相談所では最低でも月に1回の婚活状況の報告を推奨しています。強制ではありませんが、担当と二人三脚で婚活を進めていくことが結婚への近道でもあります。

できればデートの前後に、

  • いつ、だれとデートをする
  • どこに食事に行く
  • デートの結果どうなった

といった報告をすると、担当からアドバイスをもらったりして、交際の質を高めていくことができるでしょう。

交際期間の延長は担当に相談

結婚相談所によっては、交際期間を設けているところがあります。

全国の結婚相談所が加盟するIBJ結婚相談所連盟では、お見合い後の交際期間をお見合い日より3ヶ月をルールとしています。

この期間内に、担当のアドバイザーまで成婚(成婚退会)の意思表示をする必要があります。

お相手が遠距離の方だったり、諸事情で会う機会が少なかったなど、延長が必要になった場合は担当に交際期間の延長を申し入れることができます。

ただし、交際期間が長くなればなるほど相手の時間も拘束してしまうこと、婚活疲れになってしまうおそれがあることに気をつけましょう。

万が一、延長の報告を一切入れず、退会後に交際相手とこっそり成婚した場合は、調査費用や成婚料相当の違約金を支払うことになります。

交際お断りの連絡は担当を通して行う

お見合いした方と交際してみて、価値観や相性が合わない、希望した相手でないと思ったら、交際お断りの申し込みをする必要があります。

この場合も担当のカウンセラーに連絡して、カウンセラーを介して相手に交際お断りの意志を伝えます。直接お相手にお断りの意志を伝えることはマナー違反となります。

結婚相談所の交際は、長ければ長いほど結婚しやすいなどということはありません。1ヶ月~2ヶ月で交際相手を見極め、合わないときは速やかにお断りすることもマナーです。

  • 相手に申し訳ない
  • まだ相手を見極めるには期間が足りない

からといって、交際を長引かせることは相手の時間を拘束し続けることにもなりますので、絶対に避けましょう。

交際終了後はお相手の連絡先などは速やかに削除して、一切の関係を絶ってください。

交際が終了した方と直接連絡をとることは厳禁です。しつこい場合は迷惑行為として通報される可能性があります。

交際中の金銭のやり取りは禁止

  • 将来的にお相手と結婚するつもりがある
  • お互いに信頼関係があり、同意もしている

からと言って、交際中の金銭の授受や貸借は厳禁です。

例えば、一方の生活が厳しいからと言って家賃や生活費を工面してもらうようなことは避けましょう。

交際中はお互いに信頼関係があったとしても、交際が破談してからトラブルを招く恐れがあります。

成婚とみなされる行為に注意

記事の上の方で成婚について解説しましたが、一口で成婚と言っても、結婚相談所によってその定義はバラバラです。

例えば、全国の結婚相談所が加盟するIBJ結婚相談所連盟では「結婚の口約束」「宿泊」「宿泊を伴う旅行」「婚前交渉」「同棲」「交際期間を延長し通算6ヵ月を経過した場合も「成婚」と見なされます。

参考:http://www.ibjapan.com/manners/

それらの行為が結婚相談所に発覚した場合は、成婚退会の手続きを取ることになります。

公式サイトのみならず、契約書にも成婚についての記載がありますので、「知らぬ存ぜぬ」では通用しません。

入会前にあらかじめ情報をリサーチしたり、入会後に婚活アドバイザーに確認するなどして、結婚相談所が何を持って成婚と見なしているのかを把握しておきましょう。

まとめ

今回は結婚相談所で婚活する際に必ず知っておくべき、交際中のルールとマナーについて解説してきました。

ここまで見てきたように、ルール違反はお相手に迷惑をかけるのみならず、強制退会処分となったり、多額の違約金を支払う羽目になったりと、リスクの高いことばかりです。

また、婚活中のマナー違反は交際の破談を招くことにもなりかねません。

せっかく結婚相談所に入会したからには、しっかりルールとマナーを守って活動しましょう。交際にわからないことがあれば、いつでも仲人やアドバイザーなど婚活の専門家たちがサポートしてくれますよ。

「ルールとマナーを守って積極的に行動する」ことが、半年から1年以内という短期間で理想のパートナーと成婚する近道となります。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開