婚活相談所の真剣交際と成婚に向けて気をつけること - Yumecon(ユメ婚)

婚活相談所の真剣交際と成婚に向けて気をつけること

婚活相談所の真剣交際と成婚に向けて気をつけること

結婚相談所の平均的なお見合いから交際へと発展するまでの期間は、およそ3ヶ月と言われています。

「そんな短い期間で相手をひとりに絞ることができるの?」と不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

普通の恋愛関係にある男女であれば、結婚までに2~3年かけて愛情を育んでいくことが一般的です。

とくに結婚相談所での婚活では、普段は聞き慣れない「仮交際」「真剣交際」といったそれぞれ異なる交際期間があり、ルールやマナーも違います。

今回は結婚相談所の真剣交際に関する疑問を取り上げ、真剣交際とは何か、真剣交際から成婚へと発展するために必要なことは何かについて考えていきたいと思います。

一般的な交際と結婚相談所の交際の違い

一般的に言う交際と、結婚相談所のお見合いを通じての交際には、さまざまなポイントで違いがあります。

たとえば、交際期間。一般的な交際は2年から3年といった長い期間をかけてじっくり愛情を育んでいくものですが、結婚相談所の交際は3ヶ月から6ヶ月、長くても1年以内の結婚を目指します。

なぜ結婚相談所の交際が短期間なのかというと、お互いに結婚を前提として婚活をしていること、最初から自身の結婚相手に求める希望条件に合ったお相手と交際をスタートしていることが理由です。

さらに、結婚相談所には交際中の二人が守るべきルールがあります。

例えば、お見合いをして交際することになった直後は「仮交際」というお試し期間が設定されており、仮交際の期間中は複数のお相手と同時並行して連絡を取り合ったり、デートしたりすることができます。

このように、交際期間や交際中のルールなど一般的な交際と結婚相談所の交際には大きな違いがあります。

これから結婚相談所に入会して婚活をスタートさせるという人は、事前に結婚相談所独自のルールやマナーを把握しておきましょう。

次の項では、意外と知られていない結婚相談所の交際について詳しく解説していきます。

仮交際から真剣交際へ

結婚相談所の交際には「仮交際」と「真剣交際」の2種類があります。

仮交際はお見合い後の交際のことで、お試し期間のようなものです。

このときは連絡先を交換しただけの、正式なお付き合いの段階ではありません。そのため、複数の異性とお見合いをしたり同時並行で交際することが認められています。

結婚相談所に入会後1年以内の結婚を目標としているのであれば、多くの人と会う機会を増やし、自分の結婚相手にふわさしい人を吟味する必要があります。

一方の真剣交際は本交際とも言われ、文字どおり二人が結婚を前提に真剣に交際することです。

仮交際のスタートから1~2ヶ月を目安にお付き合いをしてみて、パートナーにふさわしいお相手を1人に絞り、真剣交際へと移行する流れとなっています。

真剣交際へ移るタイミングで注意すること

仮交際から真剣交際へと進むということは、交際を続ける相手を1人に絞り、そのお相手と結婚に向けて突き進んでいくということです。

ここからは真剣交際へと移る際、真剣交際になった後で注意すべき点について解説していきます。

結婚相談所によっては交際期間が決められている

結婚相談所最大手のIBJ結婚相談所連盟では、交際期間を3ヶ月とするルールがあります。

会員は出会いから3ヶ月以内に交際相手と真剣交際に発展するのか、お断りするのかを担当者に伝えなくてはなりません(ケースによっては延長も可能)。

結婚相談所に交際期間のルールが設定されていなくても、3ヶ月から6ヶ月以内にプロポーズ、成婚を目指しましょう。

業界大手の結婚相談所パートナーエージェントの報告によれば、1~2週間程度で真剣交際に至るカップルもいるようです。

参考:http://www.p-a.jp/sentence/love-relationship.html

普通の恋愛の交際期間に比べるとかなり短い印象を受けますが、お相手の貴重な時間をムダにしないためにも、決断は早めを心がけましょう。

遠距離婚活など直接会う機会が少ないという状況であれば、担当者に相談して交際期間延長の申込みをするという方法もあります。

自分だけが真剣交際中と勘違いしない

仮交際はあくまでもお試し期間で、複数のお相手と交際が可能です。

便宜上「交際」という言い方をしますが、お相手とはあくまでお友達という関係であって、正式にお付き合いしているわけではありません。

それにもかかわらず、一方的に真剣交際中と勘違いしてしまう人が多いようです。

男性は特に、婚活相手の女性が自分の好みだったり、こちらに好意があると感じると、一気に気持ちが高まります。

女性にとってはまだ交際中の複数の男性の1人なのに、男性の方はすでに彼氏・彼女の関係にあるという気持ちのズレが原因で、交際が終了となってしまう可能性もあります。

相手に真剣交際に進みたいという申し出をして、了承が得られてからでないと正式な彼氏・彼女の関係にはならないということを肝に銘じておきましょう。

相手に真剣交際に進みたい意思を伝える

真剣交際に進む際は、お相手に「結婚を前提にお付き合いしてください」という意思を伝える必要があります。

意思表示は男性から女性に伝えるというのがマナーです。

言葉を濁したり、遠回しな告白では相手に真剣な思いは伝わりません。自分は真剣交際へと進む意志を伝えたつもりでも、相手に伝わっていないとのちのちトラブルの原因にもなります。

もちろん、「もう何度も会ってるんだからわかるでしょ」は絶対にNGです。

担当にも真剣交際へ移行したことを報告する

真剣交際への移行は、当事者同士で同意があればOKというものではありません。

真剣交際中であることを個人のプロフィールに反映させなければならないため、担当の仲人やカウンセラーに確実に報告をする必要があります。

まれに真剣交際に移行したにも関わらず、担当に報告しないまま結婚相談所を退会。

後で仮交際中だった相手と退会後にこっそり入籍していたのが発覚して、多額の違約金と追跡調査費用を支払う羽目になる会員の人もいるようです。

人生の一大イベントである結婚を前に、モラルに反するような行為は避けるべきでしょう。お互いが気持ちよく真剣交際を進めていくためにも、担当への報告を忘れずに。

真剣交際になったあとに注意すること

真剣交際がスタートすると、仮交際中にはできなかったことができるようになったり、逆にできなくなることもあります。

ここからは、真剣交際になったあとに注意することについて解説していきます。

真剣交際は相手が一人に限定される

仮交際中は複数のお相手とお見合いをしたり、交際をしたりすることが認められていましたが、真剣交際に移行した後は1人に限定されます。

真剣交際なのですから当然ですね。

この期間中はたとえ結婚相談所以外の人であっても、2人以上の方と同時に交際することは許可されていません。万が一発覚した場合は違約金を支払う事態になる可能性もあります。

異性の紹介がストップする

真剣交際に移行したことを担当に伝えると、結婚相談所の登録情報に真剣交際中であることが反映されます。

仮交際中は複数のお見合い相手の紹介を受けることができましたが、真剣交際に移行後は1人の方に限定されるため、当然ながら異性の紹介もお見合いの受け付けもストップします。

交際中の禁止事項を把握しておく

IBJ結婚相談所では、交際中の会員同士の性交渉(婚前交渉)や宿泊を伴う旅行など、成婚と見なされる行為が発覚した場合は、結婚の意志の有無にかかわらず成婚退会とするルールを設けています。

参考:http://www.ibjapan.com/manners/

ルールを設けていない結婚相談所であっても、交際中はトラブルの元になるような行為は控えるべきです。望まない結果を招かないためにも、契約内容は事前にしっかりと確認しておきましょう。

断る際は担当経由で伝える

たとえ真剣交際中でも、お相手がパートナーとして相応しくないと判断したら、交際をお断りすることが可能です。

ただし、当人同士で直接お断りの申し出をすることはルール違反となります。

仮交際中でも真剣交際中でも、交際のお断りは担当を介して行なうのがルールです。

短期間での成婚を目指す

結婚相談所での交際期間は、お見合いから交際までが3ヶ月とルールによって定められています。

よって、結婚相談所に入会してから半年、長くても1年以内の成婚退会(結婚が決まって退会すること)を目指しましょう。

「そんな短期間で結婚を決めるなんて無理」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、結婚相談所の交際はお相手がパートナーとして相応しいかどうかを見極めるのが目的です。交際期間を延長したところで、成婚率が高まるわけでもありません。

お見合いの時点で相手のプロフィールや結婚感など、結婚相手として見極めるために必要な情報はある程度揃っているため、あとは交際を通じて結婚を前提にお付き合いするのか、お断りするのかを見極めるだけなのです。

相手も貴重な時間を使って婚活をしているため、ダラダラと交際期間だけを延ばすのはマナー違反となります。

婚活のための貴重な時間やお金をムダにしないためにも、担当仲人やカウンセラーのサポートを受けながら、積極的に行動することが大切です。

まとめ

今回の記事では結婚相談所の真剣交際をテーマに、真剣交際とは何か、真剣交際に移行する時、移行してからに気をつけることを解説してきました。

結婚相談所によっては真剣交際や成婚の定義が他と異なるところも少なくありません。結婚相談所での婚活が初めての方には、交際期間の独自のルールやマナーについて不安に感じることもあるでしょう。

入会後ルールを知らなかったばかりに不利益を被らないためにも、事前に資料請求や無料相談を通じたリサーチをおすすめします。

仮交際から真剣交際へと発展させるためには、男性側が女性をリードすることが大切です。

どうしても気持ちを伝える勇気が出ないときは、担当の仲人や婚活アドバイザーに相談すると、的確なサポートを受けることができるでしょう。

「結婚を前提に、真剣にお付き合いしたい」という気持ちを相手にしっかりと伝え、素敵なパートナーと幸せな結婚を迎えてくださいね。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開