結婚相談所での複数交際のメリット・デメリット - Yumecon(ユメ婚)

結婚相談所での複数交際のメリット・デメリット

結婚相談所での複数交際のメリット・デメリット

一般的な男女の交際において、彼氏彼女以外の異性とも交際することは、「浮気」や「二股」というマイナスのイメージで捉えられます。

この記事をお読みになっているあなたも、浮気や二股はモラルに反する行為だと思われるでしょう。

一方で、結婚相談所の交際では複数の異性と同時進行で交際をすることは、むしろ推奨されています。

ネット婚活が普及したことにより、お見合いコンや婚活パーティーのようなオフラインの婚活に比べ、複数の異性とお付き合いすることが比較的容易になりました。

実際に結婚相談所で活動してみるとわかりますが、担当の仲人やカウンセラーは、あなたが1人のお相手とと交際を開始した後も、また別のタイプの異性を紹介してくるはずです。

今回は結婚相談所の複数交際をテーマに、複数交際の意義やメリット・デメリットについて考えていきたいと思います。

なぜ結婚相談所の複数交際は認められているのか?

全国の結婚相談所が加盟するIBJ結婚相談所連盟では、お見合い後の交際期間をお見合い日から3ヶ月というルールを定めています。

参考:http://www.ibjapan.com/manners/

IBJ以外の大手結婚相談所でも、成婚した男女の平均交際期間は2~3ヶ月とされています。

交際期間が3ヶ月しかないと聞くと、非常に短いという印象を持たれるかと思います。

一般的な恋愛関係と異なり、結婚相談所の婚活はスピード勝負です。ダラダラと交際期間だけを延ばしていると、あっという間に1年が過ぎ、婚期を逃してしまいます。

交際中のお相手と結婚へと進むか、お断りするかの判断を先延ばしにすることも、婚活のマナー違反にあたります。

3ヶ月という短期間でパートナーに相応しい相手を見つけ、スピード婚を実現するためには、複数の異性と交際を同時進行させることが最善の方法となります。

お見合い後の仮交際の段階はいわゆる「お試し期間」ですので、複数人との交際が認められています。

仮交際は恋人と愛情を育む期間ではなく、結婚相手として相応しい人を見極める期間です。ダラダラと無駄に時間を過ごすのではなく、効率的な交際が求められます。

結婚相談所の複数交際は、浮気や二股とはまったく別物であると考えましょう。

複数交際のメリット・デメリット

結婚相談所のスタッフが推奨しているほど、複数の方と同時進行で交際することは婚活を効率的に進めていくための有効な婚活方法です。

結婚相談所のサービスプランなどにもよりますが、お見合い相手として婚活アドバイザーから紹介される人数は、月に平均2~3人となっているようです。

一方で、闇雲に複数交際を続けていると、貴重な時間やお金を無駄にしてしまうケースもあります。

そこで、複数のお相手と交際をしていくうえでのメリット・デメリットを挙げてみました。これから結婚相談所での婚活をスタートされる方はぜひチェックしてみてください。

複数交際のメリット

コミュニケーション能力が向上する

多くの方と話す機会を作ることで、自分自身のコミュニケーション能力が向上していきます。

結婚相談所の交際は、見ず知らずの二人がお見合いをするところから始まります。普段異性と話し慣れていなかったり、顔見知りだったりする人であれば、不本意な結果に終わることもあるでしょう。

お見合いをする前から「タイプと違う」「条件に合わない」と選り好みをしていては、いつまでたっても交際へと発展させることはできません。

自分が今までに付き合ったことのないタイプの人、苦手意識があったタイプの人たちと交際していくなかで、コミュニケーション能力が磨かれていきます。

短期間での結婚を実現するためには、とにかく結婚相手を見極めるための選択肢を広げることが重要です。

コミュニケーション能力を磨いていけば、どんなタイプの人とも充実したお付き合いをするができるでしょう。

理想のパートナーがより明確になる

お見合いの前にある程度の理想のパートナーの条件は固まっていると思いますが、交際を続けていく中で、意外な理想のタイプに気づくこともあります。

しかし、たった1人のお相手との交際では、本当にこの人がパートナーとして理想の人なのかどうか、比較検討しようがありません。

いろいろなタイプの方と複数交際することで、本当に自分の理想とするタイプはどんな人なのか、じっくり見極めることができます。

たった1人の人生のパートナーを見極めるための婚活だからこそ、当初の理想だけにこだわらず、選択肢を増やすことが大切です。

複数交際で「自分」が磨かれていく

さまざまなタイプの異性とお付き合いをしていくことで、より客観的に自分を見つめ直すことができます。

結婚相談所でアドバイザーとして婚活をサポートする専門家に話をうかがってみても、会員の方が新規登録した頃、成婚した頃を比べると、人間的な成長が目に見えて実感できるそうです。

複数の方と交際するということはそれだけ多様な異性の価値観に触れられ、自分を磨くことにもなるということです。

例えば、これまで年上の女性と付き合ったことがなかった男性は、安心感や包容力といった年上の女性ならではの魅力に気づくことがあるかもしれません。

「容姿はタイプじゃなかったけれど、交際中に温かい人柄に触れたことで結婚を決意した」というケースも、婚活中にはよく聞く話です。

多様な価値観に触れ、理解を深めていくことで、これまで見えなかった新しい自分の発見につながります。自分を客観視し、多様性に気づくことで、より人として磨かれていくことでしょう。

交際を断られても、1からやり直す必要がない

複数交際は、婚活の貴重な時間をムダにしないための手段でもあります。

例えば1人の異性と交際していたとして、もしも交際のお断りを言い渡されたらどうなるでょうか?

またイチからお見合い相手探しをする羽目になります。それまで1ヶ月、2ヶ月と交際期間として費やしてきた時間がもったいないですね。

本命のお相手とだけ交際するのは美談としてはありかもしれませんが、リスク回避のためという理由から多くの結婚相談所では複数交際が推奨されています。

複数の異性と交際を同時進行していたら、たとえ交際中の1人からお断りされても、選択肢の一つがなくなったに過ぎません。

複数のパートナー候補をキープしておくことができるので、1人交際と複数交際では交際がストップしてからのリカバリーに大きな差ができるのです。

複数交際はリスクマネジメントの一環としても有効ということですね。

複数交際のデメリット

異性の情報が多すぎて迷ってしまう場合がある

元来の性格が優柔不断な人などは、複数交際を同時進行させることで、情報量の多さで決断ができなくなるケースが考えられます。

複数交際が短期の結婚を実現する上で大事だとわかっていても、最終的に1人のパートナーを選ぶ決断力がなければ、ズルズルと交際期間が延長するだけです。

日頃から優柔不断な性格を自覚している人は、選択肢を増やしすぎないようバランスの取れた交際を心がけましょう。

結婚への本気度を疑われるおそれがある

複数交際が認められているとしても、複数のお相手と同時進行していることを交際相手に公言するのはおすすめしません。

せっかく結婚を前提として真剣に交際していたつもりが、自分が複数人と交際しているということがお相手にバレた途端、お相手の気持ちが冷めてしまうこともあります。

ただし、自分が複数交際をしていることがお相手にとって「この人を逃したくない」という危機感につながり、お互いの距離をグッと縮めるという効果をもたらす場合もあります。

これについては高度な駆け引きでもあるので、よほど相手の気持ちをコントロールする自信のある人でないと難しいと言えるでしょう。

モテていると勘違いして、選り好みするようになる

複数の相手と交際していると、「もっと条件の良い相手と交際したい」という気持ちが芽生えてくることがあります。

「容姿はタイプだけど、年収が希望より低い」「もっと年収が高くて容姿もタイプの人、いないかな」となってしまうと、どんどん結婚相手に求める条件が高くなっていき、交際期間だけが延びていってしまいます。

「複数の相手と交際していること=モテている」ではありませんし、どれだけ複数の相手と交際したとしても、最終的に成婚に繋がらなければ婚活の意味が無いのです。

結婚相手を選ぶ際には、スペックよりもその人の性格や価値観などを重視するようにしましょう。

婚活費用の負担が大きくなる

複数のお相手と同時進行で連絡を取り合ったり、デートに行ったりするということは、それだけ交際費や交通費がかかるということです。

ただでさえ結婚相談所の入会費用や月額料金は安くないのに、さらに毎週のようにデートを重ねていると、金銭的にかなりの負担となります。結婚相談所によっては成婚したときの成婚料も非常に高額です。

結婚という人生に一度の大イベントのための婚活なので、婚活資金は自己投資と考えて惜しみなく使いたいところですが、「婚活貧乏」になってしまっては元も子もありませんね。

まとめ

今回は結婚相談所の複数交際をテーマに、複数交際の意義と、メリット・デメリットについてご紹介しました。

結婚相談所での交際を通じて結婚した経験者のお話をうかがってみると、ほとんどすべての方が、お相手を1人に絞るまでは2~4人と交際を同時進行していたそうです。

出会いの数が多いほど、本当に自分が理想とするパートナーと出会える可能性は高くなります。

複数交際を通じてさまざまな人の価値観に触れることで、より理想のパートナーと巡り合うことはもちろん、自分自身をさらに磨いていくこともできます。

高いお金と貴重な時間を費やして婚活するからには積極的な行動を心がけ、短期間での成婚を目指しましょう。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開