結婚相談所の交際相手に好印象を与えるメールの内容 - Yumecon(ユメ婚)

結婚相談所の交際相手に好印象を与えるメールの内容

結婚相談所の交際相手に好印象を与えるメールの内容

婚活サイトではお互いに「いいね」してマッチングが成立したら、お見合いパーティーや婚活パーティーではお互いに「気になる相手」としてカップリングが成立したら、連絡先の交換ができるようになります。

一方、多くの結婚相談所では自分の希望条件に合った異性とお見合い後、交際スタートとなってから初めて会員同士で連絡先の交換ができるようになっています。

結婚相談所の交際は、あくまでデートやお食事など直接会ってのコミュニケーションがメインですが、メールや電話はお相手と会えない時間に二人の距離を保つための補助的ツールとなります。

メールを上手く利用して、お相手との信頼関係を深めることもできれば、逆に相手にとってマイナスの印象を与えることもあります。

今回は、メールのやりとりでせっかくの出会いを台無しにしなための、交際相手に好印象を与えるメールのポイントについてお伝えしていきます。

交際中のメールの役割

結婚相談所でお見合い後、両者が「また会いたい」となれば仮交際開始となります。

仮交際ではお互いの連絡先を交換し、直接メールや電話でやり取りしたり、デートの予定を組んだりができるようになります。

結婚相談所の交際は、いわゆる愛情を育んでいく恋人関係ではなく、結婚相手に相応しいかどうかを見極める期間です。

仮交際中は複数のお相手と同時進行でお付き合いができます。

よって、あなたが理想のパートナーと成婚できるかどうかは、婚活期間中にどれだけ多くの人と会う機会を作ったか、積極的に行動したかによります。

メールで継続的にコミュニケーションを取ることで、お互いに「デートに誘いたい」「結婚を前向きに考えたい」という気持ちを高めるのです。

とくに遠距離婚活をしている方であれば、会えない期間が長いため、メールや電話でのコミュニケーションを重視しなければなりません。

ファーストメールで押さえておきたいポイント

結婚相談所によってはお見合い成立前に、サイト内の機能を使って気になる異性にメッセージを送ることができますが、お見合い後に交際が決まってから連絡先交換となるケースがほとんどです。

そこで重要になってくるのが、ファーストメールの内容です。

ファーストメールだからこそ、相手に良い印象を与えて「また会いたい」と思ってもらうことが大切です。

ここからは、ファーストメールで押させておきたいポイントについてご紹介します。

交際を申し込んだ理由を書く

交際が成立して、初めてお互いの連絡先を交換することになります。連絡先交換後は、男性からファーストメールを送るのがマナーです。

ファーストメールでは、交際を申し込んだ理由を書きます。相手のどのようなところに興味を持ったのか、交際相手として惹かれたのかがはっきりとわかる内容を心がけましょう。

相手のプロフィールから共通の話題を引き出す

メールや通話を継続していく上で大事なのは、お互いの共通の話題を引き出すことです。「共感」は会話を盛り上げ、二人の心理的な距離感を縮めます。

国内最大級の婚活サイト「エキサイト婚活」が行ったアンケート調査によると、「メール交換が続く主な話題は?」という質問に対し、男性回答・女性回答いずれも「日常の出来事」がもっとも多く、次いで「趣味に関して」という結果が出ています。

メール交換が続く主な話題は?

メール交換が続く主な話題は?

参考:https://wedding.excite.co.jp/vote/780/

知り合ってすぐのうちは相手の日常についての話題を引き出すのは難しいですが、趣味であればお見合い前のプロフィールにも記載があるので、すぐに共通の話題としてメールで盛り上がることができます。

お互いの関係性に慣れてくると、日常の何気ないことにも共感でき、気軽にメールできるようになりますよ。

メールに必ず質問を1つ入れる

メールに質問を1つ入れることで、暗に「あなたのことに興味を持っている」というアピールになりますし、相手もメールの内容を1から考える手間が省けます。

ただし、1通のメールの中に2つも3つもNGです。しつこい印象を与えますし、何の話題をしているのかがぼやけてしまいます。

◯◯さん、こんにちは。

この度は交際をOKしていただきありがとうございます!

◯◯さんとお見合いさせていただいたところ、趣味や価値観がわたしと似ていると思うころがあり、もっとお話がしたくて交際を申し込みました。

とくに応戦している球団が一緒だったのは驚きです!

よろしければ、近いうちにドームでの観戦にお誘いしてもいいですか?

少々長くなりましたが、今後も◯◯さんとのご縁を大切にしていきたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願います。

交際中のメールで押さえておきたいポイント

結婚相談所で出会ったお相手とメールでやり取りする際、押さえておきたいポイントをまとめてみました。

親しい友人や会社の同僚とのメールと、結婚を前提にしたお付き合いをしている相手とのメールでは、気をつけるべき点が異なります。

これから結婚相談所での交際がスタートする方は、ぜひチェックしてみてください。

会ったらその日のうちにお礼のメールをする

交際相手とデートや食事をしたその日のうちにお礼のメールを送りましょう。

お付き合いを続けるかどうかにかかわらず、貴重な時間を割いて会ってくれたことへの感謝の気持ちを伝えられれば、お相手に誠実な印象をあたえることができます。

直接会っていたときに話せなかったことや、フォローしておきたいことなど、記憶が新しいうちにデートを振り返ることもできるでしょう。

何よりも、帰宅後のリラックスしている時にメールが届いたら嬉しいものです。

次に会う約束をする

お相手と良好な交際を続けていきたいのであれば、なるべく早いタイミングで次に会う約束をしましょう。

結婚相談所の仮交際の段階では、複数のお相手との交際が可能です。よって、会う約束が後手に回ると、他の交際相手とのスケジュールを優先されてしまいます。

会ったのその日のうちに送ったお礼のメールと併せて、

  • 次にどこへ行きたいか
  • どんな話がしたいか

という話題を触れられれば、スムーズに約束を入れることができますよ。

今日はお食事に付き合っていただいてありがとうございました!

連れて行ってもらったお店の◯◯、とっても美味しかったです^^

今度は▲▲でデートしたいですね!

それでは、明日からも頑張りましょう。

メールの長さを相手に合わせる

お相手とメールで良好な関係を保つテクニックの一つとして、「メールの長さを相手に合わせる」があります。

例えば、先ほどの【メールの内容例】と同じようなメールが届いたとして、その返事が「ありがとうございます。おやすみなさい」だけだったら、あまりにそっけないですよね。

  • デートで何かまずいことでもあったかな?
  • もしかして嫌われてるのかな?

と、相手を不安にさせてしまいます。

逆に100文字程度のメールに対して1000文字を超えるような長文で返信するのも、相手を驚かせてしまいますよね。

伝えたいがたくさんあるときは、返信のたびに小出しにするなどして、お相手のメールのボリュームとのバランスを考えましょう。

踏み込んだ内容はNG

恋人関係であれば気兼ねなくできるような内容でも、結婚相談所の交際中のメールでは失礼にあたる内容もあります。

例えば、これまでの交際経験や交際人数、現在同時進行でお付き合いしている人がいるか、などです。

結婚相談所の仮交際は「交際」という名がついていても、あくまでもお友達関係のお試し期間です。

恋人同士になった感覚でメールを送ると、相手に不快な思いをさせてしまう場合もあります。

メールは一旦送ってしまった内容を取り消すことはできません。

万が一相手を傷つけてしまったり、嫌な思いをさせてしまう内容であっても、すぐにフォローできないというデメリットがあります。

踏み込んだ内容の話をするのであれば、真剣交際に移行してから。メールで触れるよりも直接会って話す方が良いでしょう。

絵文字や顔文字を使うときは内容とのバランスを考えて

交際中のお相手とのメールに関する質問で、意外と気にされている方が多いのが「絵文字や顔文字を使うのはアリか?」です。

最近だとLINEアプリをメールの代わりに使う人も多いので、LINEのスタンプも同様ですね。

結論から言うと、「絵文字や顔文字は使わないよりは使った方がいいが、内容とのバランスを考えて」です。

例えば、40代以上の男性が「初めまして」のあいさつメールで絵文字・顔文字をふんだんに使っていると、受け取った相手を驚かせてしまいます。

逆に、20代の女性が一切の絵文字・顔文字を使わないメールだと、

  • ガードが堅いのかな?
  • 打ち解けてないのかな?

と相手を不安にさせてしまうことも。

一番良いのは相手に合わせることです。

普段のメールではデコレーションしない方でも、ちょうどいいバランスの絵文字・顔文字を使えば、お相手に好印象を与えることもあります。

まとめ

今回は結婚相談所の交際相手とのメールの内容をテーマに、その役割と押さえておくべきポイントについてお伝えしました。

昨今ではネット婚活が主流となっているからこそ、直接会えない時間のメールやLINEのやりとりの重要性も高くなったように思われます。

婚活が上手くいっていない方のほとんどが、交際中のメールを普段やり取りしている友人や家族とのメールの延長線上で考えています。

あるいは、仮交際中なのに勘違いして恋愛中のカップル気分のメールを送ってしまうことも。結婚を真剣に考える婚活の場で、そのようなメールが相応しいとは到底言えません。

相手に「いいな」と思ってもらえるメールとは、特別な文章力や奇をてらった言葉で作れるものではありません。相手の気持ちを考え、気配りができている内容のメールこそ好まれます。

今回の記事を参考に、交際相手に好感を持って読んでもらえるメールの内容を目指してください。別の記事で指摘していますが、メールを送る頻度や回数などにも配慮が必要です。

ただし、あくまでもメールはコミュニケーションの補助でしかありません。大切な気持ちを伝えたり、将来を見据えた話をするのは、直接対面した時にしましょう。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開