結婚相談所の男女比の現状|男性不足・女性余りの理由 - Yumecon(ユメ婚)

結婚相談所の男女比の現状|男性不足・女性余りの理由

結婚相談所の男女比の現状!男性不足・女性余りの理由

婚活パーティーや結婚相談所で活動されている女性の方に質問です。

婚活中に「男性の数が少ない」と感じたことはありませんか?

それもそのはずで、いま婚活市場では「女性余り、男性不足」の現象が起きています。

日本全体として生涯未婚率の上昇、晩婚化が増加の傾向にあります。

婚活市場の女性余り現象は、結婚したくない男性たちが増え、結婚したい女性の婚活が不利になっているということなのでしょうか?

今回は結婚相談所の男性女性の比率を徹底追及し、「女性余り、男性不足」の状況下でも幸せな結婚を目指すための対策について考えてみたいと思います。

データで見る結婚相談所の男女比

生涯未婚率
2015年の国勢調査によれば、50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す「生涯未婚率」は、男性で23.37%、女性で14.06%という結果が出ています。

参考:http://www.asahi.com/articles/ASK453S6KK45UTFK00G.html

男性のおよそ4人に1人、女性のおよそ7人に1人が未婚という状況は、日本は「結婚離れ」が進んでいると言えます。

国勢調査によれば、男性の方が未婚者が多いということがわかりました。この結果を婚活市場に当てはめると、男性の方がサービス利用者が多くなりですね。

それでは、婚活市場における男女比を見ていきましょう。

会員男女比
日本最大の結婚相談所ネットワークであるIBJ日本結婚相談所連盟のデータによると、会員登録者の男女比は女性の方が多く、男女比はおよそ「男:女=4:6」となるそうです。

参考:http://www.ibjapan.com/data/

会員男女比
一方、結婚相談所のツヴァイの登録会員の構成は、男性会員が全体の49.8%、女性が50.2%と、男女比は5:5で均衡しています。

参考:http://www.zwei.com/service/

結婚相談所によって男女比に違いはあるものの、決して生涯未婚率の男女比と結婚相談所の男女比は一致しないようです。

では、以前より結婚相談所では男性の方が少ない状況だったのでしょうか?

昔は男性過多、今は逆に女性過多

結婚相談所で長らく仲人として未婚男女の婚活をサポートしてこられた方の話によれば、10年ほど前は男性の会員の方が多く、男女比は「男:女=6:4」だったそうです。

当時は婚活市場全体を見ても男性過多で、女性側も待ってさえいればお見合いのお申し込みが集まる状況だったようです。

現在は、男女比が逆転して女性過多の状況です。比率で言うと「男:女=4:6」から「男:女=3:7」くらいまで差が広がっています。

結婚相談所に限らず、婚活パーティーや街コンなどの婚活イベントでも、女性の参加者から席が埋まっていく状況が続いています。

なぜこの10年ほどで結婚相談所や婚活パーティーの登録者の男女比が逆転したのでしょうか?

次からは、男性が婚活に消極的になっていった理由を紐解いてみたいと思います。

「男性不足」の婚活市場で男性が婚活に消極的な理由

国勢調査の未婚率は男性の方が高かったにもかかわらず、結婚相談所の婚活男性の数は女性に比べて低いということがわかりました。

男性が婚活に消極的な理由として、一体何が考えられるでしょうか?

男女の年齢差

女性は妊娠・出産を考えて、30代半ばまでを一区切りとして、40代以上の女性は婚活市場において、言い方は悪くなりますが「売れ残り」とされています。

女性には年齢という壁があり、結婚を急ぐ大きな理由となります。

一方の男性は、30代後半で結婚するのは普通で、40代であろうが50代であろうが、婚活の区切りはありません。

40代の男性が20代の女性と結婚することも可能です。逆パターンは、なかなか考えにくいですよね。

こういったことから、男性には結婚に対する焦りがなく、女性に比べて積極性は薄いと言えるかもしれません。

年収が低い

女性の社会進出が進み、男女間の収入格差が縮小してきているとは言え、「家庭は男性が支えるもの」という常識は未だに根強く残っています。

さらに、多くの結婚相談所では、男性の入会条件に「年収◯◯円以上」を課しています。

婚活女性が男性の年収に求める希望条件として最も多い「年収600万円以上」の男性は、全体のわずか20%以下に過ぎないのです。

年収が低い男性にとっては、

  • 今の収入では到底家庭を支えられない
  • 結婚相談所に入会したくても、審査が通らない

といった理由で、婚活を敬遠する方が多いのも事実です。

結婚へのメリットが感じられない

本来であれば、夫婦支え合っていく、愛する妻が家庭にいるというのは結婚の大きなメリットです。

しかし、独身男性にとってはそれがメリットと感じられないこともよくあります。

例えば、独身のときに自由に使えた時間は、家庭のことや育児などに費やすことになります。

気ままな一人暮らしが夫婦生活になることで、常に家に誰かいる、相手に気を遣いながら生活する、といったことに耐えられなくなる人もいらっしゃるでしょう。

これまで自由に使えた時間もお金も家族のために使うことになったら、結婚にメリットを見いだせず、積極的になれない男性も少なくありません。

仕事が忙しくて婚活する時間も体力もない

30代、40代の男性は、いわゆる「働き盛り」に差し掛かる頃です。重要な仕事を任されたり、会社の管理職や役員になる方も少なくないでしょう。

仕事が忙しくなると、婚活する時間も体力も惜しくなってしまうものです。「できれば、楽をして結婚相手を見つけたい」という心理が働きます。

そのため、結婚相談所に比べて手軽に結婚相手探しができる婚活サイトなど他の婚活方法では、男性会員の人数が女性会員を上回っています。

婚活の中心年代である30代~40代の男性の仕事と婚活の両立が難しいことを考えると、結婚相談所の「男性余り」減少も納得が行きますね。

草食系男子の増加

昨今メディアでは、恋愛や結婚に消極的な草食系男子の増加が叫ばれています。

晩婚化や娯楽の多様化などが原因とも言われていますが、未婚女性の増加と草食系男子の増加には、何らかの相関関係がありそうです。

一方で、優しくておとなしい草食系男子は女性にモテる傾向にあるとも言われています。

恋愛に奥手な男性からのアプローチを待つよりも、女性の方から積極的にアプローチすることで、草食系男子をゲットできるかもしれませんね。

独身貴族

家庭に縛られず、お金と時間を自身の生活の充実のために使う独身男性を、昔から「独身貴族」などと呼んできました。

独身貴族でいることを信条としている男性は、そもそも婚活市場に出てくることはありません。

「女性余り」の婚活市場で女性が結婚を急ぐ理由

男性が婚活に消極的な理由についてさまざまな観点から考えてみました。

結婚相談所での男不足が顕著な中、一方の女性の婚活参戦者の状況はどうなっているのでしょうか?

「女性余り」の婚活市場で、女性が結婚相談所で活動する理由について見ていきましょう。

妊娠出産

少子化の時代にあっても、子供が欲しいと願う女性は多いものです。

いうまでもなく、女性の結婚と妊娠出産は切っても切れない関係にあります。

日本の医療で高齢出産も可能となりましたが、それでもやはり妊娠出産は20代、30代のうちにしておきたいというのが独身女性の心理ではないでしょうか?

一般的には、女性の婚活適齢期は25歳から、妊娠のリミットは35歳までと言われています。

そのため、「遅くとも30代半ばまでに結婚して、妊娠・出産したい」という気持ちが焦りにつながると考えられます。

周囲からのプレッシャー

女性は20代半ばくらいになると、周囲から

  • いつ結婚するの?
  • まだ結婚しないの?

という声が聞こえてくるようになります。

ご両親から「早く孫が見たい」と結婚を急かされている方もいらっしゃるでしょう。

周囲からの声だったり、友人知人が次々に結婚していったりは、未婚の女性にとってプレッシャーになります。

老後など将来への不安

女性も30代後半、40代あたりになってくると、老後のことが気になってきます。

自分の祖父母が他界したり、介護をする両親の姿を見ると、ますます実感として老後の不安が重くのしかかってくるものです。

さらに、自分が働けなくなったときの収入面での不安もあるでしょう。

そういった心配事を払拭するのであれば、ともに支え合っていけるパートナーを求めるようになるのは必然と言えます。

女性の社会進出による年収格差の縮小化

「女性は稼ぐほど結婚できない」と聞いたことはありませんか?

最近は女性の社会進出で男女間の収入格差が縮小化され、「男性よりも稼ぐ女性たち」も珍しくない時代です。

男性側からすると、自分より収入があって社会的ステータスが高い女性は結婚相手としてあまり選びたくないという心理があります。

せっかく仕事ができて、収入もある女性が結婚できないという現実。そういった女性が結婚を目指して結婚相談所に入会するケースも珍しくありません。

20代女性の婚活市場への進出

一昔前までは、結婚相談所と言えば30代から40代の女性が年齢構成の中心となっていました。

最近は20代で婚活市場へ進出する「婚活女子」が急増しています。

その理由は、長引く不況や周囲の30代・40代女性の婚活事情を目の当たりにし、「若いからチヤホヤされる」うちに結婚しておきたいという心理が働くのだそうです。

婚活中の男性も、できれば20代の若い女性と結婚したいと考えています。30代、40代の女性にとっては、強力なライバルの登場です。

結婚できずに婚活期間だけが延びると、どんどん年を取っていくばかり。下からは若い女性の突き上げ。女性が結婚を急ぐのもわかりますね。

男性が引っ張りだこというわけではない

婚活市場が男性不足、女性余りと言っても、男性が引っ張りだこというわけでは決してありません。

結婚相談所は結婚相手のいない女性に適当に男性をあてがうようなことはしませんし、女性にも希望条件に見合った男性を選ぶ自由があります。

男性は男性で、「男性が不足しているんだから、結婚相手はすぐに見つかるだろう」なんて呑気に構えていられないということですね。

結婚相談所において男女比は関係ない

冒頭に示したIBJ日本結婚相談所連盟の発表では、IBJの会員の男女比は「男:女=4:6」でした。

男性よりも女性の方が会員数が多いということは、一見すると男性側が有利な感じがしますね。

しかし、結婚相手として選ばれるためには、学歴や収入などのスペック以上にお互いの性格や価値観の一致が重要です。

結婚相談所には男性会員が少ないから、厳しい入会審査を通過しているハイスペックな会員だからというのは、多少箔が付くことはあっても、結婚の決め手にはならないということです。

女余りはメディアに踊らされているだけ

多くのメディアでは「婚活ブーム」という言葉が飛び交っています。昨今ではまさにブームになっているかのように、婚活市場が活況を帯びています。

しかし、メディアで伝えられる婚活市場の女性余りを鵜呑みにして、「結婚相談所に入会すれば、結婚ができる!」という単純な考えに至るようでは、メディアに踊らされているだけです。

本当に女性余りで男性が引っ張りだこなのであれば、ここ数年で男性の成婚率は急増しているはずです。

実際に結婚相談所が発表しているデータを見てみると、成婚率は右肩上がりに上昇しているのものの、男性の成婚率が急増していることが立証できる数値はありません。

まとめ

今回は結婚相談所の男女比の現状を紐解き、「女性余り・男性不足」の婚活市場において、如何にして結婚を目指すかについて考えてきました。

婚活成功のカギは男女比や女性余りなどではなく、婚活する人の結婚に対する意識にあります。

どれだけ優れたスペックを持っていても、「結婚したい」という強い意志がなければ、いつまでたっても成婚することはできません。

スペックに自信がなくても、結婚への高い意識を持ち、積極的な行動ができる人は、結婚のチャンスが手の届くところにあると言えます。

男女比や女性余り・男性不足という現状に左右されることなく、男性も女性もしっかりとした心構えを持って婚活を進めていきましょう。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開