結婚相談所一覧

【2019最新版】自分磨きから成婚を目指す結婚相談所「ブライダル」の口コミ・評判

ブライダル

「結婚相談所って良さそうだけど、なんだか敷居が高くて入りにくい」「インターネットの婚活サービスは気軽に利用できるけど、成果がいまいちなのでは」、そのように悶々とした気持ちを抱える婚活難民の方におすすめしたいのが、結婚相談所「ブライダル」です。

30年以上の歴史を持つ老舗の結婚相談所でありながら、インターネットサービスも手がけるブライダルなら、満足のいく婚活ができるかも!

ブライダルの口コミ

口コミによる全体的な印象

ブライダルは基本的にずっと同じコーディネーターが担当するシステムになっていますが、コーディネーターとの相性によってはサービス自体に満足できなかったと答える人もいるようです。

どこの結婚相談所にも同じことが言えますが、担当スタッフとの相性はそこでの婚活を左右する大きな要素になります。「合わない」と感じたら、勇気を持って変更してもらうことも必要ですよ。

その他、良い人と会えなかったという口コミも見られますが、ブライダルではパーティやセミナーも行っています。紹介に頼りっきりになるのではなく、自ら出会いの場を広げるべく動くという姿勢も大切です。

ブライダルのデータ

ブライダルの特徴

ブライダルの主な特徴を挙げてみました。

成婚にこだわった細やかなサポート

ブライダルがめざすのは「成婚」です。結婚相談所というからには、単なる出会いを提供する場としてだけでなく、会員一人ひとりが望む相手との出会いを経て幸せな結婚にたどり着くためのサポートをすべきだという考えなのですね。

現代はインターネットの普及により、SNSやさまざまなサービスを使えばいくらでも出会いが見つかる時代です。が、「理想の相手との結婚」というゴールにこだわるのであれば、やはり結婚相談所以上に頼りになるサポーターはいないでしょう。

「あいスクール」で自分磨き

長く、良いおつき合いをしていく上で、ありのままの自分を受け入れてもらい、愛してもらうことはとても重要なこと。ですがそれだけでなく、自分を磨き高めていく努力も忘れてはいけませんね。

ブライダルではそうした自分磨きのための「あいスクール」を、会員限定で開催しています。お見合いや交際はもちろん、ビジネスにも役立つ講座やセミナーを受講することができますよ。

「あいスクール」の「あい」は、

  • I・・・すべての始まりは自分のことを知ること、気づくこと
  • 愛・・・自分のことを好きになってこそ、相手のことも好きになる
  • Eye・・・確かな目、心を感じ取れる目を培う
  • 出会い・・・出会いたい人に出会える

この4つの「あい」から構成されています。

まずは自分の魅力を知り、好きになる。そこから相手を知り、良い関係を築いていく……というイメージでしょうか。そういった恋愛や人間関係において大切なことを、少人数制のグループワークを通して学んでいくのがブライダルの「あいスクール」です。

入会時から変わらない専任コーディネーター制

ブライダルの会員には、一人ひとりに専任のコーディネーターがつくシステムになっています。コーディネーター達は二ヶ月に一度集まって、お互いに情報交換や研修を行なっているプロフェッショナルです。

このコーディネーターは基本的に、入会の説明時からずっと変更されることはありません。時には悩み、苦しいことも訪れる婚活を乗り切るために、コーディネーターの協力は不可欠です。

コーディネーターに自身をよく知ってもらうこと、また会員とコーディネーター間でしっかりとした信頼関係を築くこと、婚活を成功させるためにはそういったことが欠かせません。人と人の信頼関係って、一朝一夕で築き上げることはできませんよね。

だからブライダルでは、コーディネーターがずっと一緒にゴールに向かって走り続けてくれるのです。

とは言え、コーディネーターと会員も人と人。「どうしても合わない」ということもあるでしょう。そんな場合はコーディネーターを変更してもらうことも可能なので、ご安心を。

独自の審査をクリアした会員のみで構成される

ブライダルでは約7割が有名国公立・私立大卒の会員で構成されています。

ブライダルの入会資格を確認しておきましょう。

男性

  • 年齢26歳以上の方
  • 確かな職業に就かれている方、安定した企業にお勤めの方、または安定収入のある方
  • 四年制大学卒以上の方

女性

  • 年齢22歳以上の方
  • 短大・専門卒以上の方

公式サイトにはこのように明記されています。一見すると、それほど厳しい条件には思えませんね。

しかしブライダルでは公にされていない独自の審査システムを導入しており、誰でも入会できるわけではないとしています。

ブライダルがどのような審査をしているかははっきりしませんが、入会制限を設けているほかの結婚相談所の例を見てみると、学歴や職業、年収や性格などを条件として設けているところがありますよ。ブライダルでも、このあたりを重点的に審査していると見ておそらく間違いないでしょう。

4つの出会いのスタイル

ブライダルでは、4つの出会いのスタイルを用意しています。

  • 毎月の定例紹介
  • オリジナルセミナー「あい」スクール
  • 会員制パーティ
  • 会報誌BridalClub

理想の人と出会い、結婚という結果を出すためには、多くの人と会ってみることが大事になります。出会いのチャンスは多ければ多いほど良いですから、ただ結婚相談所からの紹介を待つ以外にも婚活できるという点はメリットだと言えます。

ブライダルではパーティの企画運営も行っているため、より多くの人と出会いたい、ネットワークを広げたいという人にはパーティへの参加も積極的にしていくと良いでしょう。百聞は一見にしかずと言います。会って顔を見て、ビビっときた直感から始まる恋もアリですよ。

会報誌BridalClubブライダルクラブというのは、会員専用の季刊会報誌です。自己PRやメッセージを掲載することができるので、それを見た誰かが「おっ」と思ってくれれば、そこから思わぬカタチで良い人と巡り会えるかも。

ブライダルの料金

ブライダルには、2つの料金タイプがあります。どちらもサービス内容は同じなので、活動スタイルによって選ぶと良いでしょう。「ちょっと合わないかな」と感じれば、会員期間更新時に変更することもできますよ。

料金体系

ブライダルコース
Aタイプ
ブライダルコース
Sタイプ
登録料 30,000円 30,000円
会員サポート費 60,000円 60,000円
月会費12回分 120,000円 210,000円
※入会時に必要な費用の合計
210,000円 300,000円
見合料 5,000円 なし
成婚料 150,000円 なし

タイプごとの料金体系はこのようになっています。

一つ注意したいのが、入会時に紹介12回分の活動費用を一括で支払わなくてはならない点ですね。どちらのタイプを選ぶかによって、10万円近く初期費用に差が出てしまいます。

ただ初期費用を抑えようとしてAタイプを選んだ場合、お見合いをする都度5,000円がかかってしまう他、成婚退会時には成婚料として150,000円を支払う必要があります。

いずれにしても安くない費用ですので、どちらが自分のスタイルに合っているかをよく考え、納得したうえで契約しましょう。

ちなみに入会時に必要な費用の支払いに関しては、提携クレジット会社利用によるローン払いも可能ですよ。

サービス内容

ブライダル会員期間中に利用できるサービス内容は以下の通りです。これらは料金タイプごとに違いはありませんので、どちらのタイプを契約しても同じように利用できます。

  • プロフィール紹介定例紹介
  • パーティセミナーへの参加資格
  • 会員情報誌Bridal Club
  • 担当コーディネーター制
  • お見合い設定

パーティセミナーに参加する際には、参加費として別途5,400円32,400円ほど必要になります。

まとめ

関東、関西地方を中心に、7つの支社を持つ結婚相談所「ブライダル」についてご紹介しました。

創業から30年以上経っている老舗の結婚相談所ながら、インターネット婚活サービスなども手がける「伝統」と「新しさ」のミックスされたシステムが大きな魅力です。

長く運営されてきた認知度や信頼性は、それだけ結果を出してきたということの裏返し。確実な成果を求める人に、一度検討してもらいたい結婚相談所です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です