婚活サイトでラインを既読無視されたときのNG行動

婚活中にラインで既読無視されたときのNG行動

婚活でも連絡手段にラインを利用している人は多いと思いますが、ラインの大きな特徴の一つに自分が送ったメッセージを相手が開いたから分かる機能があります。

メッセージを開いたのに返事がこない「既読スルー」は普段の生活でもきになりますが、婚活中は特にこのまま返ってこないのではと不安になるものです。

今回は既読スルーの理由と、既読スルーされた時にどのように対処するのかを解説していきます。

既読がついたらすぐに返信が欲しくてソワソワしてしまうという方は、ぜひこの記事を読んで婚活の参考にしてください。

既読無視の理由

既読がついたけど返事がこない、その時相手は何をしているのか。

大きく分けて女性都合の理由と男性都合理由があります。

女性都合の場合には好意がある相手でも仕方ありませんが、男性側に原因があるようでしたら再度起きないように対策しましょう。

返信したつもりになっている

単なる相手のミスですが、返信したつもりになっていて向こうも返信をまっている場合です。

スタンプだけで返事ができる便利なツールではありますが、その分押したつもりになっていのかもしれません。

また電車でトンネルに入ったときなど電波が悪い状態では、送信が保留になっていて改めて、送信を押さなければメッセージが送信されません。

向こうが返信を気にして、自分とのメッセージページを開けば一瞬で分かることですが、それまで返事がくることはありません。

内容を考え中

単純に返信の内容を考えて遅くなっている可能性もあります。

連絡先交換して間もなければ、まだ信頼関係ができていないため、何を話せばいいかも悩んでしまいます。

特に婚活中のやりとりはたった一言で二人の関係が終わってしまうこともあるため、言葉選びは慎重になってしまうでしょう。

相手に嫌われたくないと思えば思うほど、悩んでしまい結局時間がかかった割に短い言葉しか送れないということもよくあります。

逆に力が入って長文を送ってしまうと、向こうも長文で返そうと一通一通のスパンが長くなってしまいます。

返信する必要性がないと思った

片方はまだやり取りを続けたいと思っていても、片方がすでにやり取りが完結したと思ってしまえば返信は返ってこないでしょう。

中には質問じゃないと返す必要なしとみなしてそのままスルーにしてしまう人もいます。

こういう婚活や恋愛に限らず、友達同士の連絡の際にも必要ないと判断した場合は返さないことが多いです。

スルーしている方はなにも気にしていないので、また連絡をすればいつも通り返してくれます。

逆に自分が返信の必要がないと返さないという人は、相手に同じ思いさせないためにも、せめてスタンプくらいは送ってあげて意思表示をしてあげましょう。

興味がないので無視

一番想像したくないとパターンかもしれませんが、自分自身に興味がなくなったので既読スルーされた場合です。

普通に断ってもらえれば諦めもつきますが、ただ無視されただけどと後味が悪いし、気持ちよく次にいけませんね。

断るにも精神的にストレスがあるので、はっきり言えない人はこのような手段に走りがちです。

「既読スルー=お断り」と思っておけば、素早く次にいけますし、仮に返信があった時は倍嬉しいので、最悪の状況を想定しながら婚活を続けましょう。

既読無視されたときにしてはいけないこと

既読スルーされた時に相手への気持ちがやり場を失ってどうすればいいか分からなくなる人も多いです。

しかし既読スルーされた時にとってはいけない行動もあるので解説します。

同じ内容を再送信

既読スルーされた時に何を思ってか同じ内容をコピペしてしまう人がいますが、絶対にやめましょう。

女性側からしたらとても怖いです。

既読がついたということは相手はちゃんとメッセージを読んでいます。

なのに同じ内容を送るというのは全く意味がありませんし、逆に相手との間に溝を作ることになり、もし相手が返信内容を考えていたとしても、返信する気持ちを削いでしまいます。

返事を催促する

どんなに相手からの返事を待ちわびても、返事を催促するのだけはやめましょう。

まだ相手を気遣うような内容であればいいですが、自分勝手に返事がないことを責めるような内容は絶対にNGです。

女性側のミスで返信した気になっていたり、単純に忘れているだけであればいいですが、本当に返信の内容を考えている時に催促されたら確実に男性への気持ちが冷めてしまいます。

連絡先を知っているだけの関係で返信をされるのは消して気持ちのいいものではありませんし、その後人間関係を築いていく気にもなりません。

仮に交際したあと彼氏になったとして、催促するのは人間関係を壊す原因になってしまいます。

普段催促してしまうという人は、今のうちに直しておきましょう。

相手のことを思えば思うほど早く返信がきてほしいものですが、相手からの返信は気長に待ちましょう。

再アプローチの仕方

返事を催促をするのはNGと書きましたが、中には本当に相手のミスでただ忘れているだけのこともあります。

それで二人の関係が終わってしまうのももったいないので、マナーを守って再アプローチするのがおすすめです。

既読無視された時の対処法として再アプロ―チをする際には次のような点を気をつけましょう。

数日おく

返事がないからと言ってすぐに再アプローチをしてはいけません。

あまりに期間が短いと優しい口調で言っても催促されているように感じてしまいます。

できれば最低でも3日、余裕をもって5日くらい待ってもいいかもしれません。

返信を待つ方からすれば3日や5日はとても長く感じてしまうかもしれませんが、その間にどのようなメッセージを送れば相手が返しやすいか考えましょう。

違う内容で興味をひいてみる

既読スルーされたのは間違えれば最後のメールに原因があった可能性も考えられます。

例えばデートにさそったのが時期尚早で、相手もなんと答えればいいかわからずそのまま放置していた可能性も考えられます。

そんな相手にまたデートの話をしても余計距離が広がってしまうだけになるので、できれば相手が答えやすいような内容を送ってあげた方がいいです。

相手が答えやすい質問をしてあげることで、その前の少し答えづらい話題にも一緒に答えてくれることもあるので、一歩引いて話題を変えてあげましょう。

人によって価値観も違うため、答えやすい質問もそれぞれですが、「はい」「いいえ」で回答できるようなクローズドクエスチョンがいいでしょう。

それでも既読スルーだった場合には潔く諦めましょう。

既読スルーが苦しくならない方法

既読スルーは精神的にキツク、その辛さから返事を催促してしまったり、余計な一言を言ってしまうことがあります。

なぜこんなことが起きてしまうかというと一人に対して執着しすぎだからです。

婚活もある程度いけば一人に絞らなければいけませんが、最初の方は一人に絞る必要はないのです。

最初から絞ってしまうと、特に恋愛経験が少ない男性ほどうまく女性とコミュニケーションがとれなくなってしまいます。

しかし何人かの女性と同時に連絡をとっていれば、一人から返ってこなくても他の相手の返信をしなければならずさほどダメージがありません。

そうすれば返信が遅くなったときも余裕をもって対応できるため、相手にも懐の広い人間であるように思わせられます。

最終的に一人に絞らなければいけない婚活だからこそ、同時に複数の女性の相手をすることが大切になってくるのです。

まとめ

既読スルーの問題は返信がないとか遅いということではなく、既読スルーされている間のあなたの心理状況です。

既読スルーによってみだれた心では、余裕をもったやり取りができず、結果的に空回りしてうまくいきません。

大事なのはそんな時もいつも通り対応できる心の余裕です。

婚活をしていると不安になったり、イライラすることも多いですが、負の感情に支配されている時にはいい人には出会えません。

まずは自分の気持ちをコントロールして気持ちよくいられれば、自然と周りにいい人たちが集まってくることでしょう。

婚活サイトランキング

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ユーブライド

国内大手SNSサービスであるmixiが運営する婚活サイトが「ユーブライド」。
累計会員数100万人以上と規模が大きく、たくさんの出会いのチャンスが得られます。
再婚に対するサポートも手厚く、さまざまな層のユーザーを取り込むことに成功しています。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。