婚活サイトの相手とのライン(LINE)・メール頻度はどのくらいが理想なのか

婚活サイトの相手とのライン頻度はどのくらいが理想なのか

婚活でもラインを頻繁に使う人は多いですが、相手とのやりとりをどのくらいの頻度で行うかで悩む人も多いです。

普段、友達とやり取りするのにメッセージを送るタイミングをいちいち考える人は少ないですが、婚活ではラインを送るタイミングも重要になってきます。

ラインはメールとは違う部分がたくさんあるため、メールで連絡をとっていた時代に比べ便利な反面悩むことも多くなりました。

今回はラインを送る頻度やタイミングについて解説していきます。

今までなんとなくラインやり取りしていたという人はぜひ婚活の参考にしてください。

婚活中の頻繁なライン・メールは厳禁

まず原則として婚活サイトで連絡をする時は頻繁にライン・メールを返信するのはおすすめできません。

頻度はどれくらいにすればいいかというのは、ネットなどの恋愛相談でも多数寄せられる内容ですが、次にあげるような理由から頻繁な連絡はNGです。

がっついている印象

自分が送ったメールに即座に長文の返信が来るとあなたにその気持ちがなくても、がっついているように印象を与えてしまいます。

男性でも女性でも相手に追われるのが好きという人はいますが、少なくとも自分を追いかけてくる相手に心の余裕があるようには感じません。

情熱的に恋愛を楽しむなら話は別ですが、婚活での結婚相手探しはけっこう冷静です。

自由恋愛のように相手が自分一人の場合であれば、うまく行く可能性もありますが、たくさんの相手から一人を選ぶ婚活中に余裕がない相手は魅力的には映りません。

婚活をしているというとそこそこ落ち着く年齢である可能性が高いので、特にがっついてくる男性は幼稚な印象を与える可能性もあるのです。

メールであっても相手との距離感を感じながら、焦らずゆっくり距離を詰めるようにしましょう。

他に相手がいないのでは

最後には一人に絞らなければいけない婚活ですが、婚活中は複数の異性と同時に連絡を取るのも珍しいことではありません。

その中で自分との連絡に常に即レスということは、他に相手がいないのでは?と思われても仕方ありません。

交際してからは自分だけを見て欲しいと思う女性ですが、他に相手からいないから自分というのは少し気になります。

モテてるとまではいかなくても、何人かの女性の中から自分を選んで欲しいというのが本音の女性も多いのです。

また女性以外でも普通に連絡を取り合う男性もいないのではと思われては、婚活自体上手くいきません。

女性は本来、男友達が多い男性に男らしさを感じるため、男友達が少ないというのは同性にも持てない=男としての魅力がないと思われる可能性もあります。

連絡のレスの速さだけでここまで連想されることはあまりないかもしれませんが、そう見られる可能性もあることを頭に入れて婚活を続けましょう。

ライン・メールの最適な頻度

ラインを送りすぎてはいけないという話をしましたが、それではどれくらいの頻度ラインを送ればいいのでしょうか。

次に挙げるポイントを考えてラインを送りましょう。

やり取り回数で好感度は上がらない

恋愛経験の少ない男性の中には、ラインのやり取りを重ねれば、自然と距離も近づくと考えている人もいます。

しかしメル友になりたいのであれば話は別ですが、闇雲にラインでやり取りをするだけでは婚活としては不十分です。

特に婚活サイトでカップリングした相手の場合は、向こうも結婚に対して前向きなため、結婚のことも考えてやり取りしたほうがいいでしょう。

ライン交換した直後は1通でも多くラインをやり取りしたいかもしれませんが、それが返って相手に負担をかけてしまうこともありますし、間延びした感じを与えてしまいます。

やり取りする間隔も考えて、効果的に距離を縮められるようなやり取りをしましょう。

要件だけを伝えるだけのラインも無味乾燥ですが、あまり無駄なやり取りを重ねないよう気をつけてください。

じっくり余裕をもってやる

あまり異性との接触経験がない男性は婚活を始めると、女性とのやり取りについ緊張してしまい、いつも通りのやり取りができないことも少なくありません。

しかしラインであっても向こうが緊張している感じは伝わってくるものです。

緊張すること自体は悪いことではありませんが、やり取りが不自然になったり自分をよく見せようとかっこつけるのは、今後のことを考えるとあまりいいことではありません。

すぐには難しいかもしれませんが、婚活中だからこそじっくり余裕をもってやり取りを重ねましょう。

余裕を持つのは意識してできることではありませんが、意識して女性とのやり取りを重ねれば慣れてくるので余裕も生まれてくるでしょう。

週数回程度が目安

ラインのやり取りを始めたころは週数回程度を目安にしてみましょう。

時間を置くことで冷静に考えることもできるので、緊張せずに文面を考えることもできます。

相手にがっついた印象を与えることもなく、スローペースになることで実際にがっつくこともないでしょう。

しかし状況をみながら臨機応変に対応することも大切です。

やり取りが盛り上がってきたときには、返信もペースアップさせましょう。

逆にやり取りの熱が冷めてはもったいないので、盛り上がったのを見計らって好意があることを伝えて初回デートに誘うのもおすすめです。

無理に約束を迫るのは逆効果ですが、自然な流れで食事や映画に誘ってみてください。

お互いの日程が合わずどうしても直接会うのが難しい場合はラインで電話してもいいか質問してみましょう。

ライン上でメッセージのやり取りをしているだけよりも、ずっと距離を縮めることができます。

向こうからの連絡の変化を見ながら、自分でペースをコントロールするのが理想です。

決してその場の雰囲気に流されて機会を見逃さないようにしましょう。

即返信はしない

何度もいっていますが、即レスは基本的にNGです。

理由は先ほど挙げた通り。普段から即レスがクセのようになっている人は、メッセージを読んだら一度スマホ、またはアプリを閉じる意識をしてみましょう。

目の前に返していないメッセージがあると気になると思うので、一度目を話して別のことを考えてみましょう。

即レスの場合は返事の内容も熟考せずに送信している可能性が高いため、冷静になって見返すと後悔してしまうこともあります。

返信は相手に合わせた時間に

即レスがだめならどれくらいの感覚でメールを送信すればいいのでしょうか。

明確な答えがあるわけでなく、できれば相手によって変えましょう。

例えば、向こうが返信を返すのがいつも翌日であれば、あなたも翌日に返しましょう。

人はそれぞれ自分のリズムがあり、それを乱されるとストレスを感じますし、同じようなリズムを持っている人には安心感を感じます。

ある程度関係ができている状態であれば、多少リズムがずれていても問題ありませんが、最初のまだ相手を見定めている時には、少しでもリズムの差を埋めた方がいいでしょう。

メールを送信する時間帯も、普段向こうが返信をくれる時間を考えて送ってあげるといいでしょう。

その時間帯は向こうもリラックスしながら返信している可能性が高いからです。

仕事などで忙しくて疲れている時にきたメッセージは、その相手が全く悪くなくても疲れている記憶が一緒についてしまうことがあります。

逆にリラックスしている時に見たメッセージであれば、好意的に受け取ってもらいやすくなるので、同じに内容でも相手の捉え方が違うのです。

相手のリラックスタイムを考えることは、相手のことを考えるトレーニングにもなるので、メッセージの文面にも影響があるかもしれません。

臨機応変な対応も必要

何度も即レスNGと書いては来ましたが、頑なにルールを崩さないのではなく、状況に応じて即レスも使い分けましょう。

次に挙げるようなことも考えに入れて即レスも友好的に使いましょう。

盛り上がっているときは早めに

始めはあまりお互い探り探りメッセージをやり取りしてあまり盛り上がりませんが、やり取りを重ねているうちに盛り上がるタイミングがきます。

そんな時は相手もレスが早くなってくるので、あなたもその流れと勢いに乗って二人の関係性を発展させましょう。

盛り上がりの頃合いを見てデートに誘えれば、相手のOKを引き出せる可能性もグンと高くなります。

婚活サイトで連絡を取り合っている人たちは、ラインの連絡先の交換を提案してみるのもいいでしょう。

恋愛経験の少ない男性は盛り上がりの頃合いや、デートに誘うタイミングを見極めるのが難しいかもしれません。

しかしやり取りの流れを読んで、会話をコントロールするのは実際に会った時にも活きることなので、トレーニングだと思って意識してみましょう。

熱が冷めては逆効果

盛り上がったタイミングを見逃して、そのままマイペースのままメールを返しているとどうなるのでしょうか。

せっかく盛り上がった空気は冷め、デートに誘う機会も逃してしまうことになります。

その後もやり取りが続けば、いづれ信頼関係ができて実際に会えるかもしれませんが、出会いまでの時間は何倍も長くなる可能性が高くなります。

頃合いを見計らい、臨機応変に即レスも使い分けれるようにするのが、婚活サイトで出会いまでもっていくポイントです。

まとめ

ラインは既読かどうかが分かる機能がついているため、メッセージを開いてしまうとつい早く返さないとという心理が働いてしまいます。

しかし焦れば焦るほど無駄なやり取りを重ねてしまい、相手を疲れさせて余計距離を広げてしまうことに。

1週間も返事がないなど極端な話でなければ、多少返事が遅くても印象が悪くなることはありません。

焦ってあまり意味のなりメッセージを送るよりも、心に余裕を持ってどうすればデートに誘えるか、どうすれば2人の距離を縮められるかを考えてメッセージを送りましょう。

年齢別の婚活サイト

10代(大学生)向けのおすすめな婚活・恋活サイトランキング
20代向けのおすすめな婚活サイトランキング
30代(アラサー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
40代(アラフォー)向けのおすすめな婚活サイトランキング
50代(アラフィフ)向けのおすすめな婚活サイトランキング
60代(シニア)向けのおすすめな婚活サイトランキング

婚活サイトランキング

マッチ・ドットコム

マッチ・ドットコムはアメリカ発祥のサービスで全世界では1500万人以上、日本国内では187万人の会員がいる人気の婚活アプリです。
6ヶ月で出会えなかった場合の補償制度あり、結婚を強く意識する年齢層が多く登録し活動しています。
厳しい本人確認も設けており、安心安全で真剣に婚活に取り組めるような環境が整っています。

ゼクシィ縁結び

リクルートグループが運営する「ゼクシィ縁結び」は、2014年にスタートした比較的新しいサービスです。
ユーザーの検索履歴の学習機能やコンシェルジュによるデート調整代行など、後発組の強みを活かした使いやすさがユーザーに支持され、会員数はどんどん増えています。
また新しいサービスなので、婚活に積極的な会員が多いのも魅力の一つです。

ブライダルネット

東証一部上場企業であるIBJが運営する婚活サイトが「ブライダルネット」。
IBJは結婚相談所や婚活パーティーの婚活サービスを提供しており、ノウハウが豊富です。
ブライダルネットで日本最大級のカップル成立数を誇り、毎月約20,000人がカップル成立しています。
婚活サイト・アプリおすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
婚活サイト・アプリ
口コミでわかったランキング