結婚相談所で結婚するのに男性の年収はいくら必要?

結婚相談所で結婚するのに男性の年収はいくら必要?

婚活サイトや婚活パーティーなど、婚活サービスでは必ずと言っていいほどお相手の「年収」がひとつの目安になっています。

年収は結婚後の生活に大きくかかわってきます。とくに独身男性にとって年収は成婚率を左右するくらい、非常に大事な要素です。

経済面で家庭を支えることが多いため、結婚相談所に入会する際にある程度の年収があることが求められますし、独身女性は安定した年収のある男性をパートナーとしたいと考えています。

今回は結婚相談所で結婚するためには、男性の年収はいくら必要なのかを考えていきましょう。

年収によって利用できる結婚相談所が変わる

男性の年収は結婚相談所に入会する際、かならず収入証明書でチェックされる項目です。

結婚相談所によっては「年収1,000万円以上、医師限定」といったハイクラスの男性しか入会できないところもあります。

「年収が低いと、結婚相談所に入会できないのでは?」という不安が持ち上がってきますね。

実際に結婚相談所では男性の年収をどのように捉えているのでしょうか?

年収が低いと入会制限される場合もある

結婚相談所では会員の質を一定に保つために、必ず入会審査を設けています。

男性は将来的に経済面で家庭を支えていくことになるため、年収の低い男性との結婚は不安視されるからです。

入会審査では、本人の年齢、住所、年収、学歴、独身などを数種類の書類で確認しており、年収の審査には収入証明書を提出する必要があります。

結婚相談所によって基準はそれぞれありますが、いちおうの目安としては年齢×10万円の年収が相場とされています。

入会審査に関する詳しい情報を知りたい場合は、結婚相談所各社の資料請求や無料相談などのサービスを利用されることをおすすめします。

入会制限があるとしたらこんな結婚相談所

先ほど少し触れたように、ハイクラスの男性のみが登録できる結婚相談所は年収による厳しい入会制限を設けています。

これは他社の結婚相談所との差別化の一環であり、「年収が高い男性と結婚したい」という女性側のニーズを踏まえた独自のサービスと言えます。

ハイクラスの男性限定の結婚相談所には、以下のようなところがあります。どの結婚相談所も平均して男性会員の年収が高く、社会的地位の高い職業に就いています。

結婚相談所に入会する年収目安

男性の入会基準として年収がある以上、「どれくらいの年収があれば結婚相談所に入会でき、女性からも信頼されるのか?」というのは気になるところです。

国内最大級の会員数を誇る結婚相談所パートナーエージェントの調査によれば、「年収300万円未満の男性の婚活率は、年収600万円以上の男性の半分以下」という、非常にシビアな報告がされています。

参考:http://www.p-a.jp/research/report_45.html

婚活市場において、男性の年収は「結婚できる・できない」をも左右するという現実があり、年収格差が婚活の意欲にも影響を与えている」ということがよくわかる調査報告ですね。

ここからは、世代別に見る結婚相談所に入会するための年収の目安について見ていきましょう。

20代男性

20代男性なら、年収350万円がおおよその目安となります。

余裕を持って家庭を支えるには少し不安がある額ですが、まだ入社して10年が経っていない人がほとんど。会社では若手と呼ばれる年齢でしょう。

将来的に年収がアップしていく可能性を考えると、これくらいが目安となるのではないでしょうか?

30代男性

30代男性なら、450万円前後の年収があれば十分です。

夫婦共働きの家庭であれば、子供が居ても十分に余裕のある生活ができる額ではないでしょうか?

結婚相談所で30代の男性と言えば、まだまだ若手の部類です。これからの伸びしろも考えると450万円前後が妥当と言えるでしょう。

40代男性

40代の男性となると、若さという武器が使えない年代に差し掛かってきます。

それなりの経済力がなければ、結婚も難しくなってくるでしょう。

「若い」「見た目がいい」女性と結婚したいと考えるのであれば、より年収や給与状況に関して余裕が無いと婚活状況は厳しいと言わざるを得ません。

高望みをしないのであれば500万円以上、理想を追うのであれば600万円以上は欲しいところです。

年収が低くても結婚相談所に入会はできる

年収が低くても入会できる結婚相談所ももちろんあります。

結婚相談所には大きく分けて「仲人型」と「データマッチング型」の二種類があります。

「仲人型」の結婚相談所は料金が高く、入会審査が厳しい傾向にあります。一方の「データマッチング型」の料金は平均してリーズナブルで、収入による入会審査も緩めです。

仲人型のシステムを取り入れている結婚相談所IBJメンバーズでは、年収400万円以下の男性会員は全体の約4.3%であるのに対し、データマッチング型のゼクシィ縁結びカウンターでは、年収400万円以下の男性会員は全体の約24.5%となっています(資料請求による調査)。

「入会したいが相談所で活動するお金がない」という方や、「仕事が忙しくて相談所に行く時間がない」という方は、データマッチング型の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

年収には「希望」と「最低」がある

結婚相談所で言われる年収には、「希望年収」と「最低年収」があります。

結婚相談所の担当者は、婚活プランを設計する時に希望条件として「年収◯◯万円」を掲げる一方で、「最低◯◯万円あれば許容する」といった基準を設けるように指導します。

希望年収にとらわれていると、いつまでも結婚は実現できません。しっかりと「希望年収」と「最低年収」の違いを把握して婚活を進めていくことをおすすめします。

高年収よりも魅力的なもの

高年収は男性のステータスになりますが、本当に魅力的なのはその額よりも高年収を実現する人柄や能力です。

社会的に認められている仕事に就き、多くの人からの信頼を勝ち得ていないと、高い年収を稼ぐことはできません。

だからこそ結婚相談所は、入会審査に年収の基準を設け、「高い年収を稼ぐくらい信頼できる人」を選び抜いているわけです。

一方で、年収が低いからといって、その男性が高年収の人に比べて人柄や能力で劣っているということは決してありません。

婚活女性は年収だけで男性を判断するのではなく、お見合いや交際をとおして、しっかりと男性の内面を見る必要があります。

結婚相談所で年収はあくまでも条件の一つ

結婚相談所で言われる年収は、あくまでも条件の一つです。

結婚後の生活を左右する収入は確かに大事な要素ですが、年収さえ高ければ幸せな家庭が築けるということはあり得ません。

ブライダル総研が2016年に実施した「離婚に関する調査」に、その実態を示すデータでは、男女共に多かった離婚理由として「価値観の違い」「人生観の違い」「性格の不一致」が挙げられています。

離婚の理由(男女別)

参考:http://www.recruit-mp.co.jp/news/pdf/20160706_01.pdf

たとえ年収が1000万円以上あろうとも、夫婦間の価値観のズレ、性格の不一致が原因で離婚に至るケースが非常に多いということです。

お相手の高年収を決め手とした結婚には、このような事態が起こらないとも限りません。

メディアの影響で年収の高い男性がもてはやされることが多いですが、それに踊らされて相手の性格や価値観が見えなくなっていては、素晴らしい結婚生活を迎えることはできないでしょう。

あくまで年収は条件の一つとしてとらえ、それ以外の相手の魅力をしっかりと見極めることが大切です。

出会いの数を増やすことでチャンスは広がる

「年収600万円以上の男性会員としかお見合いしない」と頑なに自分の希望条件を譲らない女性に、出会いのチャンスは訪れません。

逆に「年収600万円が希望だけど、400万円以上の人ならまずは会ってみたい」という姿勢の人であれば、出会いのチャンスが大きく広がります。

これが「最低年収」と「希望年収」という2つの指標での相手選びです。

たとえ年収の基準に満たない相手でも、それ以外の部分の魅力に触れて結婚を決意するというケースは、結婚相談所ではよくある話です。

短期間での成婚を実現している人は、成婚までに多くのお相手とお見合い、交際をしています。

結婚のチャンスをものにしたい女性の方は、希望条件に縛られず出会いの機会を増やすことを優先しましょう。

まとめ

今回の記事では、結婚相談所で気になる男性の年収について解説してきました。

女性にとっては非常に気になる男性の年収ですが、年収だけが男性の魅力ではありません。

先ほどのブライダル総研の調査にもあったように、結婚生活が順調に行くかどうかは、年収の高低よりも、お互いの性格や価値観が合うかどうかです。

ある程度の基準を設けることは大事ですが、それ以外に人柄や価値観など、本当に結婚に必要な要素を重視していただきたいと思います。

男性も年収が低いからといってネガティブにならず、また高年収だからと言ってそれにあぐらをかかず、人間的な内面の魅力を磨いていってください。

年収はあくまでも基準の一つととらえ、婚活を進めていく中で本当の自分の魅力に気づくことが重要です。

年齢別の結婚相談所

結婚相談所ランキング

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。

IBJメンバーズ

東証一部上場企業の株式会社IBJが運営している結婚相談所が、「IBJメンバーズ」。会員数6万人と、圧倒的なボリュームを誇ります。
また、入会審査が厳しく設定されているため、職業や年収などハイクラスな会員が多く在籍しているのも特徴の一つ。
返金保証制度を導入しており、他社と比べて返金率がかなり高く設定されています。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開