婚活

【完全版】バツイチ子持ちの再婚事情!おすすめ再婚方法・結婚経験者だからこそ活かせる魅力についても解説

【完全版】バツイチ子持ちの再婚事情!おすすめ再婚方法・結婚経験者だからこそ活かせる魅力についても解説

バツイチ子持ちにとっての再婚は、

  • 離婚歴があるから難しい
  • 子供もいるし…

など、自分が再婚を成功させるイメージをはっきりと持てている方は少ないのではないでしょうか?

しかし、今の日本では再婚文化も馴染んできたため、バツイチ子持ちの再婚も珍しくありません。

そこで今回は、バツイチ子持ちの再婚事情をはじめ、素敵な人と出会うためのおすすめの再婚方法についてもご説明しいきます。

4人に1人は再婚夫婦!バツイチ子持ちの再婚は可能

4人に1人は再婚夫婦!バツイチ子持ちの再婚は可能

現在、4人に1人は再婚夫婦といわれています。

厚生労働省の人口動態統計の年間推計よりデータを見てみると、平成元年では、婚姻件数が70万8,000件、離婚件数が15万7,000件だったのに対し、平成28年では婚姻件数が59万件、離婚件数は20万7,000件でした。

このことから、1年間の婚姻件数は減少傾向にあり、離婚件数は増加傾向にあることがわかります。離婚の増加に伴い、再婚する人の人数も増えてきています。

同じバツイチでも、子どもがいる人の場合、再婚に慎重になる人は多いのですが、絶対に再婚できないということではありません。実際にバツイチ、子持ちで再婚をして幸せになっている人はたくさんいます。

【参考記事】シングルマザーが結婚相談所で再婚する方法!▽

シングルマザーが婚活で再婚する方法!バツイチ・子持ちの母子家庭でも素敵な旦那が見つかるとっておきのポイント
シングルマザーが婚活で再婚する方法!バツイチ・子持ちの母子家庭でも素敵な旦那が見つかるとっておきのポイント

バツイチ子持ちで再婚できる人の特徴

バツイチ子持ちで再婚できる人の特徴

では、バツイチ子持ちで再婚できる人にはどのような特徴があるのでしょうか。バツイチ子持ちで再婚をして、幸せになった人の特徴をみていきましょう。

特徴1.親としてだけでなく、自分の魅力磨きを忘れない人

特徴1.親としてだけでなく、自分の魅力磨きを忘れない人

子どもがいると、仕事と育児に追われ、忙しさで自分の身だしなみに気が回らなくなってしまう女性は多いですね。

ですが、あなたがもう一度恋愛をしてみたいと思ったとき、頭はボサボサ、身だしなみに清潔さが感じられず、だらしないファッションの男性にあなたは魅力を感じますか?

一緒に並んで歩く姿を想像したら、清潔感があり、身だしなみが整っていて、その人にあった服装をしている人を選びたいですよね。

バツイチであっても、子持ちであっても、親としての自分だけではなく、美容院に行く、おしゃれを楽しむ余裕を持つなど、1人の女性として自分磨きを忘れないように心がけましょう。

特徴2.離婚したことに対してポジティブに考えている人

特徴2.離婚したことに対してポジティブに考えている人

離婚経験した女性の場合、「私は結婚に失敗した」「結婚に向いていなかった」などネガティブな感情を持ってしまう人も多いですね。

「結婚に失敗した」と捉えてしまうと、ネガティブなものになってしまいますが、「結婚生活でうまくいかなくなる原因を経験しただけ」と捉えれば、離婚をポジティブに変換することもできます。

前の結婚生活での自分の至らなかった点を素直に認め、離婚を人生の中の1つの経験としてうまく生かせる人が、再婚を成功できる人になれるのです。

特徴3.結婚相手に対しての妥協点をもっている人

特徴3.結婚相手に対しての妥協点をもっている人

離婚を経験してしまうと、次に結婚する相手に対して理想がどんどん高くなってしまうことがあります。ですが、ダメな部分が一切ない完璧な人間は存在しないですよね?

人は、誰もが苦手なことや不得意なことがあります。

お互いに弱い部分を補い合い、お互いを思いあって生活ができたら、素敵だと思いませんか?

相手に完璧さを求めるのではなく、お互いに歩み寄り、許せる範囲で妥協点を見つけて、足りない部分を補える関係をめざしてみましょう。

バツイチ子持ちだからこそのアピールポイント

バツイチ子持ちだからこそのアピールポイント

バツイチで子持ちの女性の場合、再婚の条件としては不利なことが多いと思ってしまう人も多いでしょう。

でも、視点を変えてみると結婚の経験があるということは、経験のない人にはない強みがあると考えることもできます。

アピールポイント1.人生経験から生まれる頼り甲斐

アピールポイント1.人生経験から生まれる頼り甲斐

女性にとって、妊娠、出産、子育てはとても大きな経験です。

10か月間、自分のおなかの中で子どもを育て、痛みに耐えて子どもを出産したという経験は、今までの人生観を大きく変えてしまうくらい親としての大変さや、命の神秘さや尊さという大きな感動を味うことができます。

妊娠、出産を経験した人は、親としての愛や強さを持っているので、周りの人や男性から見ると頼り甲斐のある人に見えたり、優しさを感じたりする人も多いです。

子どもを持つ女性は、出産という貴重な経験がある人ということです。子どもがいることをマイナスにとらえるのではなく、逆に自分は出産という素晴らしい経験を持っていると考えてみましょう。

アピールポイント2.結婚経験者としてのアドバンテージ

アピールポイント2.結婚経験者としてのアドバンテージ

パートナーと恋人同士の関係で一緒にいることと、結婚をして夫婦として共に生活することはまったく違いますよね?

つまり、結婚を経験したことがない人と比べると、バツイチの女性には結婚の経験者としてのアドバンテージがあるということです。

「離婚している=結婚がうまくいかなかった人」と考えるのではなくて、結婚の経験者と考えると結婚の経験がない人よりも有利な部分があるような気がしてきませんか?

アピールポイント3.子持ちならではの包容力

アピールポイント3.子持ちならではの包容力

子持ちならではの包容力も武器の1つにしてしまいましょう。

子どもを持つ女性の場合、「自分らしさを心得ている」、「必要以上に男性に依存しない」人も多いですし、子育ての経験があるので、何も言わずにそっと見守る優しさの経験もあります。

落ち込んでほっておいてほしいときに、気持ちを察して何も言わずに見守ってくれる包容力のある女性にグッとくるという男性は意外と多いんですよ。

バツイチ子持ちの再婚でよくある失敗

バツイチ子持ちの再婚でよくある失敗

バツイチ、子持ちで再婚をする場合、大切にしなければならないのが、パートナーとなる男性とお子さんとの関係です。

そこで、バツイチ子持ちの再婚でよくある失敗にはどのようなことがあるのかご紹介します。

失敗1.家族生活に対する考え方の違い

失敗1.家族生活に対する考え方の違い

バツイチ子持ちの再婚でよくある失敗の原因は、家族生活に対する考え方の違いです。

子どもがいない人同士の結婚とは違い、バツイチ子持ちで再婚する場合は、家庭に初めから子どもがいる状態から生活がスタートします。

女性にとっては、パートナーは夫で、子どもは我が子ですが、男性にとってパートナーは妻ですが、子どもは我が子ではありません。

子どもがいることは初めからわかっていたとしても、男性にとってあなたは大切な一人の女性にすぎません。

そのため男性が母親ではない妻を求めてしまい、子育てとパートナーの間で不満がたまってしまうことがあるのです。

このようなケースは、交際期間が短く、再婚したカップルに多い失敗例です。

失敗2.パートナーと子供のコミュニケーション不足

失敗2.パートナーと子供のコミュニケーション不足

パートナーと子どもとのコミュニケーション不足が原因で、再婚に失敗してしまうことがあります。

具体的にはどんなことがおきてしまうのでしょうか。実際にあった具体例でご紹介します。

思春期のお子さんがパートナーを受け入れられず失敗したケース

思春期の娘を持つAさん。

再婚する前は、娘さんの気持ちを第一に考え、慎重だったのですが、娘が賛成してくれたので再婚に踏み切りました。

ところが、実際に同じ家で生活が始まると、娘さんは知らない男性が母と娘のプライベート空間に入り込んできたと感じるようになってしまい、パートナーを避けるようになってしまったそうです。

一度は母親の幸せを願って賛成してくれた娘さんでしたが、実際に生活を共にするようになるとパートナーの存在を素直に受け入れることができなかったんですね。

子どもがママを取られてしまったと思ってしまってしまい失敗したケース

子どもと一緒のデートを重ね、子どももパートナーになついてくれていたので安心して再婚に踏み切ったBさん。

しかし、一緒に暮らし始めた途端、子どもがママを取られたような気持ちになって精神的に不安定になってしまい、パートナーを完全に拒絶するようになってしまいました。

子どもの拒絶状態が続いた結果、結局Bさんとパートナーの関係もギクシャクしてしまい、うまくいかなくなってしまったそうです。

パートナーと子どもとのコミュニケーションに問題がないと思っていても、このようなケースもあるんですね。

子連れで再婚する場合、一般的には子どもの年齢が小さいほうがうまくいくといわれています。

ですが、子どもの年齢が小さかった場合でも、Bさんのようにうまくいかなくなってしまうことがあるんです。

バツイチ子持ちにおすすめの婚活方法

バツイチ子持バツイチ子持ちにおすすめの婚活方法ちの再婚での成功方法

再婚を考えるなら、まずは出会いの場所を見つける必要がありますよね。

そこで、下記でご紹介する婚活方法のそれぞれの特徴やポイント、料金の相場についてご紹介します。

圧倒的本気度の結婚相談所

圧倒的本気度の結婚相談所

本気で再婚したい、もう一度最良のパートナーに出会いたいという人に圧倒的におすすめなのは「結婚相談所」です。

結婚紹介所の一番の特徴は、他の婚活方法に比べると利用料が高額であることです。

結婚相談所によって費用の設定は異なりますが、一般的に初期費用(入会費)が15万円前後、それ以外に月の利用料が1万円程度必要になります。

つまり、これだけの費用を支払い、本気でパートナーを求めている人が利用しているので、結婚を前提としたパートナーを真剣に探している人と出会える可能性が高いということです。

また、バツイチ、子持ちの再婚を希望している場合、結婚相談所を利用している男性は相手の離婚歴や子どもの有無を気にしない人が多いというデータがあります。

これは、初めからバツイチの女性や子どもがいる女性を希望している男性が多いというわけではなく、相手の女性を気に入った場合は、相手の過去もお子さんのこともすべて受け入れたいという男性が多いことが理由です。

本気で再婚相手を探したい人は、結婚相談所を利用する方法をおすすめします。

【参考記事】大手結婚相談所のおすすめ人気ランキング!▽

結婚相談所のおすすめランキング
【2019最新】大手結婚相談所のおすすめランキング!アラサー婚活女子が全て体験した経験をもとに徹底比較

量が勝負の婚活パーティー

量が勝負の婚活パーティー

なるべくたくさんの人と出会いたいという人におすすめなのは、婚活パーティーです。

現在では、婚活パーティーや街コンが全国各地で開催されています。場所によっては、自治体がバックアップをしていて、市区町村が主催している婚活パーティーもあります。

婚活パーティーの特徴は、パーティーに参加したからといってその場で必ずしもパートナーを見つける必要がないことです。

また、参加費用も男性よりも女性の方が安いことが多く、1,000円~5,000円程度とリーズナブルな金額で参加することができ、気軽に参加できるのも特徴です。

たくさんの出会いの中からパートナーを見つけたいという人は、婚活パーティー・街コンに参加してみる方法がおすすめです。

【参考記事】本気の恋が始まる婚活パーティーおすすめ人気ランキング!▽

婚活パーティーおすすめランキング
【2019最新】本気の恋が始まる婚活パーティーおすすめランキング!料金・規模・参加年齢・お見合いスタイルを徹底比較

今すぐできる婚活サイト

今すぐできる婚活サイト

今すぐ再婚したいわけではないけれど、またいつかパートナーが見つかればいいな~と思っている女性におすすめなのが、婚活サイトです。

婚活サイトの特徴は、パソコンやスマホがあれば気になったときにいつでも登録できることです。

サイトによって費用は異なりますが、アプリのダウンロードは無料で、サイトを実際に利用する場合は、月額3,000~4,000円くらいの費用が必要です。

ただし、本人確認の必要がないサイトや身分証明書の提出の必要がないサイトの場合、危ない商品の勧誘目的や遊び相手を探すことを目的に登録している男性がいる場合があります。

婚活サイトを利用する場合は、料金や口コミだけではなくサイトのサービス内容をしっかり確認をしたうえで利用するようにしましょう。

【参考記事】本気で結婚できる婚活サイトおすすめランキング!▽

【2019最新】本気で結婚できる婚活サイト・アプリおすすめランキング!出会うためのサイトの使い方を徹底比較
【2019最新】本気で結婚できる婚活サイト・アプリおすすめランキング!出会うためのサイトの使い方を徹底比較

バツイチ子持ちの再婚での成功方法

バツイチ子持ちの再婚での成功方法

バツイチ子持ちの女性が再婚を成功するためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

幸せな再婚をするために必要なことについてご紹介します。

離婚の原因を理解した上で婚活に臨んでいる

離婚の原因を理解した上で婚活に臨んでいる

あなたは、離婚の本当の原因を自分なりに理解できていると思いますか?

あなたの立場から考えると、「元夫のみに原因があった」と考えている人もいるでしょう。

仮に夫だけが一方的に悪かったとしても、その夫と結婚すると決めたのはあなたの意思だったと思うのです。

離婚の原因を夫や周りの人、環境などのせいだけにしてしまうと、また同じ結果を繰り返してしまうかもしれません。

再婚を決める前にもう一度離婚の理由を考え、理解した上で婚活に臨みましょう。

価値観・人生観を確認している

価値観・人生観を確認している

新たに素敵なパートナーと出会い、再婚したいという気持ちになったときは、再婚を決める前にお互いの価値観や人生観を確認することが大切です。

再婚の場合、二人だけの生活からスタートするのではありませんね。あなたにとって子どもとの生活はあたりまえになっていますが、パートナーにとっては、こどもとの生活は未知の世界です。

これから一緒に生活する上で相手な子どもにとってどんな存在になりたいと考えているのか、あなたに対して何を望んでいるのか、この先どんな生活をしたいと思っているのか、また、お互いの金銭感覚に違いはないかなど、価値観や人生観についてしっかり話をしておきましょう。

【参考記事】価値観・人生観を確認しながら婚活を進めたい方にはゼクシィ縁結びがおすすめ▽

【2019最新版】ゼクシィ縁結びの口コミ・評判まとめ。データから成婚率や活動期間を読み解く
【2019最新版】ゼクシィ縁結びの口コミ・評判まとめ。データから成婚率や活動期間を読み解く

結婚生活に必ず必要なことを明確にする

結婚生活に必ず必要なことを明確にする

特に、あなたの年齢が若く、子どもを授かる可能性がある場合は、前夫との子どもとパートナーとあなたとの子どもの関係にパートナーが悩んでしまうこともあります。

もし、二人が再婚することにしたら、二人の子どもはどうしたいのか、前夫と子どもとの関係をどうしていきたいのか、共働きをするのか、生活費や家事の分担をどうするのかなど、結婚生活に必ず必要になることをあらかじめ明確にしておきましょう。

うやむやのまま生活をスタートしてしまうと、お互いの小さな不満が積み重なり、結婚生活がうまくいかなくなってしまいます。

バツイチ子持ちだからと遠慮せず、積極的に活動する

バツイチ子持ちだからと遠慮せず、積極的に活動する

バツイチ子持ちの女性の場合、「離婚歴がある」「子どもがいる」ことで自分を卑下してしまい、新たな出会いを求めることに積極的になれないという人も多いでしょう。

ですが、離婚は悪いことではなく、たまたま結婚した相手とうまくいかなかっただけの話です。

バツイチ子持ちだからと遠慮せずに、積極的に出会いの場所を見つけて活動してみましょう。

【参考記事】バツイチ子持ちだからこそ自分から積極的にアプローチをかけよう▽

婚活で女性から積極的にアプローチするのはあり!女性から男性をデートに誘おう
婚活で女性から積極的にアプローチするのはあり!女性から男性をデートに誘おう

バツイチ子持ちが再婚で注意すること

バツイチ子持ちが再婚で注意すること

バツイチ子持ちの再婚で、女性が自分を必要以上に卑下する必要はないというお話をしました。

ですが、子持ちで再婚する場合は、注意しなくてはならないことがいくつかあります。どんな点に注意しなければならないのかについて詳しくご紹介します。

バツイチ子持ちを打ち明けるタイミングを考える

バツイチ子持ちを打ち明けるタイミングを考える

1つめは、自分がバツイチ子持ちであることを打ち明けるタイミングです。

たとえば、同じ会社の男性から告白されたケースであれば、かなり仲良くなってから打ち明けられるよりも早い段階で告白したほうがお互いに気持ちよく交際をすることができるでしょう。

しかし、婚活パーティーや街コンなどで、最初から「バツイチ子持ち」を宣言してしまうと、交際に発展する前に男性が尻込みしてしまう可能性もあります。

また、もう少し相手の気持ちがわかってから打ち明けようと秘密にしたまま交際が進んでいくと、バツイチ子持ちを打ち明けるタイミングを失ってしまい、悩んでしまうことも…。

離婚理由、子どもの年齢、相手の性格などを考慮して、打ち明けるタイミングを考えるようにしてみてください。

再婚に対して焦りすぎない

再婚に対して焦りすぎない

シングルマザーとして、仕事と子育てを両立するのはとても大変ですね。素敵なパートナーを早く見つけて、できるだけ早く再婚したいと思う女性もいるでしょう。

ですが、相手男性にとってあなたの子どもの存在は、決して小さなものではありません。

あなただけではなく、子どもの人生にも責任を持つ覚悟が必要だからです。

もちろん、あなたのお子さんにとっても新しい父親ができることはとても大きな問題です。

再婚に対して焦りは禁物です。あなたと子どもとパートナーがよい関係になれるように、ゆっくり関係を築いていきましょう。

【参考記事】婚活における焦りはトラブルの原因にも…巻き込まれないためにも把握しておこう▽

【総集編】これを読めば婚活でよくあるトラブルが全て分かる!トラブルの対処法と巻き込まれない対策を解説
【総集編】これを読めば婚活でよくあるトラブルが全て分かる!トラブルの対処法と巻き込まれない対策を解説

子供のお父さん・お母さん探しを目的に再婚しない

子供のお父さん・お母さん探しを目的に再婚しない

バツイチ、子持ちの女性が新しいパートナーを探す場合、注意しなくてはならないことは、子どものお父さん(お母さん)探しを目的にしてはいけないということです。

結婚の元となるのは、あくまでもあなたとパートナーとの関係です。

あなたにとって、これから一緒に生きていきたいと心から思える人と出会うことが大切なんです。

子どもはいずれ独立して、あなたの元から巣立っていきます。

子どものことを考えて再婚をする必要はありますが、最初から子どもの父親探しを目的にパートナー探しをしないように注意してくださいね。

まとめ

バツイチ、子持ちで再婚するのは難しいと思っていませんか?

もちろん、同じバツイチでも子どもがいる人といない人では、子どもがいる人のほうが考慮しなくてはいけないことがたくさんあります。

ですが、男性は相手のことを本気で好きになったときは、相手の過去も子どもの存在もすべて受け入れたいと考えている人は多いです。

離婚は悪いことではなく、たまたま結婚した相手とうまくいかなくなってしまっただけにすぎません。

自分を磨き、出会いの場所に積極的に出かけて幸せな再婚をめざしてください。

そして、あなたには母親としてだけではなくひとりの女性として幸せになる権利があることを忘れないでくださいね。

【参考記事】バツイチ子持ちの婚活パーティー事情!シングルマザーはハンデではない!▽

【婚活サイト編】シングルマザーにおすすめの婚活サイト
バツイチ子持ちの婚活パーティー事情!シングルマザーはハンデではない!