婚活

婚活の告白で保留!脈無しではないその理由とは?自分が保留した場合の注意点も紹介

婚活を進める中で勇気を振り絞って告白したが、結果は「保留」。

あなたも告白で「保留」された経験をしたことがありませんか?

「保留」されている身としては、毎日気がきじゃないですよね。

そんなあなたは安心してください!婚活における「保留」とはネガティブな意味だけではありません

そこで今回は、婚活における告白の保留の意味をはじめ、保留された時の対処法を解説していきます!

婚活デート3回目の転機

婚活デート3回目の転機

婚活では3回目のデートで転機がやってくるといわれています。

その転機というのが告白です。ではなぜ3回目なのか?

婚活ではまず、お互いについて知らない状態の人同士が出会います。

そして、仲を深めて実際に「会ってみたい!」と感じた時に1回目のデートにいきます。しかし、1回目のデートではあくまで様子見の状態といえるでしょう。

1回目のデートで、さらに相手について知りたいとお互いが感じたら2回目のデートへ。

2回目のデートを承諾してくれる時点で、相手はあなたに対する好意が一定以上は存在。

そんな2回目のデートでは、初デートでは聞けなかったお互いの深い部分について知っていきます。

さらに相手のことを知り、自然な流れの中で告白に至るというのが3回目のデートというわけです。

  • 期間が短すぎるのではないか?
  • そんなにすぐに決められるものなのか?

と思う方もいるでしょう。

もちろん、3回のデートで告白に至らない場合もあります

時には保留にされてしまう場合だってあるのです。

でもこの「保留」という状態。

人によっては様々な理由で保留にしたいと考えているため、保留が必ずしも脈がないというわけではありません

そこで次に、どういった時に保留になるのか?パターンをいくつか見ていきましょう。

【参考記事】意外と忘れがちですが、デート後のお礼はしっかりしてますか?▽

感謝の気持ちを書くにつなげるメッセージのポイント
婚活のお礼メールの送り方。サイトやアプリの初デート後に、次につなげるメッセージのポイント

他にも相手候補がいるから

他にも相手候補がいるから
恋愛の場合、他にお付き合いをしてみたいと思う相手がいることは、付き合っている相手からしたら激昂ものでしょうし、別れの理由にもなります。

ところが婚活では、複数の相手と同時進行で交流していることも一般的です。

  • この人感じのいい人だな
  • 少し気になるな

などと感じる方がいれば、連絡を取り合ったりデートしてみたりするもの。

いいなと思っている相手が複数いる場合、告白されても保留する場合があります

あくまであなたは、「この人良いかも!」と思われているの中の一人ということを、念頭におくと良いでしょう。

知り合って間もないから

知り合って間もないから

「中にはもう少し相手のことを知ってから…」と感じていて、それから告白を受け入れたいと考える方もいるでしょう。

逆に、自分のことをもう少し知ってもらいたいというパターンもあります。

誰もが自分のことを話すのが得意で、アピールすることができるわけではありません。

そのような場合は4回・5回とデートを重ねて、お互いを知ってから改めて次のステップへと進むことになります。

告白を受け入れるには人によってかなり差があるので、「なんで保留なんだ!」と考えるのではなく、「これも婚活のご酸味か〜」と考えながら相手のペースに合わせましょう。

結婚を慎重に考えているから

結婚を慎重に考えているから
婚活をしている人は、年齢によっても違いがありますが「結婚したい」という願望が高い人がほとんどです。

「付き合う人=結婚する人」の候補ということになります。

生涯を共に過ごす伴侶となる人を探す過程であるだけに、どうしても慎重になってしまうのは当たり前のこと。

恋愛相手ではなく、結婚相手として見ているからこそなのだと考えてみてください。

言い換えると、相手はそれだけ真剣にあなたのことについて考えていることを意味しているので、「そこまで真剣に自分との考えてくるてるなんて、ありがたい!」ぐらいの気持ちで待ってみるのも良いでしょう。

婚活で告白を保留されたときの対処法

婚活で告白を保留されたときの対処法
婚活の場には結婚をしたいもの同士だけが出会う場であり、お互いの相性が合えば結婚までは、とんとん拍子で進むと考えていて方も多いのではないでしょうか。

そんな中で告白を保留されてしまうと、ショックを受けてしまうことも。

でも、保留は断られたというわけではありません。「保留=振られた」と考えるのは時期焦燥です。

そこでここからは、保留されてしまった場合の対処法をご紹介します。

保留期間を決めておく

保留期間を決めておく
保留にされることはそれほどマイナスではありません。

  • より相手を知ることができる期間
  • 自分の気持ちをより固める期間

などの、じっくりと「結婚」を考える期間にもなったりしますね。

ただし、いつまでも保留の状態というのであれば状況は変わります

長く保留期間が続くと、婚活がストップして次に進めない期間も長引いてしまうことになる可能性も。

お互いにとってデメリットとなる状況を防ぐために、返事をもらうまでの期間を設けておくことがおすすめ。

2人で話し合い、どのくらいの期間で再度結論を出すのかを事前に決めておくと安心です。

催促をしない

催促をしない
保留期間は、「自分のことをどのように考えてくれているのか?」と、気になる期間でもあります。

ある程度の期間を設けたとしても、気になりすぎると思わず結論をせかしてしまうこともあるでしょう

でも、そんな時もぐっと我慢が必要です!

催促されるといやな気持になったり、じっくり考えられないと捉えてしまうこともあります。

保留期間を設けているのであれば、その期間は相手のことを待ち、返事をもらいたいのであればその後で聞いてみるようにしてください。

保留の理由を聞かない

保留の理由を聞かない
保留にされてしまうと、「どうして保留なのか?」つい理由を聞きたくなってしまうものですよね。

「自分に何か非があり、それが結婚に対してネックになっているのでは?」などとマイナスに考えがちな人もいます。

ただし気になっても、保留の理由は本人に聞かない方が無難

理由を聞いてしまうと

  • しつこい
  • 気持ちが重い

などと相手にマイナスの印象を与えてしまい、結果断られてしまうことにも繋がる可能性があるからです。

【参考記事】あなたは当てはまってない?返信をしたくない婚活相手に▽

婚活相手のライン(LINE)がめんどくさい理由と対処方法!ほどほどの回数でラインを終わらせるテクニックを紹介
婚活相手のライン(LINE)がめんどくさい理由と対処方法!ほどほどの回数でラインを終わらせるテクニックを紹介

婚活の告白保留中にやっておくべきこと

婚活の告白保留中にやっておくべきこと
婚活の告白で保留にされてしまっても、あくまでもそれは「保留」であり、2人の関係が終わったわけではありません。

保留期間は、気が気ではない状態で過ごしてしまう人もいるでしょう。

しかし、返事を気にしすぎるあまり、何もせずに過ごす期間になってしまうのはもったいないですね。

「そう言われても、思いつかない…」と感じる方に向けて、ここからは保留期間にやっておくと良いことについて解説!

自分磨きをする

自分磨きをする
婚活の先にあるのは「結婚」です。

しかし、結婚はゴールではありません。新たなスタートなのです。

そんなスタートに向けて、自分磨きをすることがおすすめ

自分磨きをしているあなたを見て、お相手も決めかねていた一歩を踏み出して、あなたに決めてくれるかもしれません。

今回のお相手に縁がなかったとしても、次の婚活の際に自分のアピールポイントにつながるかもしれませんよ

デートに誘う

デートに誘う
  • 相手のことをもっと知りたい
  • 自分のことをもっと知ってもらいたい

という意味で保留になっているのであれば、さらにデートに誘ってみることがおすすめ

お互いのことを知ることに繋がり、交際に発展する可能性があります

まだ知り合って期間が短いから、など保留の理由を伝えられたのであればデートをすることも効果的です。

ただし「ひとりで考えたい」という場合もあります。

このような場合はデートに誘うことは逆効果です。

あくまで、相手が保留にしている要因がお互いの理解不足の場合に、有効な手段であることをお忘れなく!

相手候補を探してみるのアリ

相手候補を探してみるのアリ
婚活は恋愛とは違い、あなただけでなく他の方とも会うような、同時進行の状態があります

あまり考えたくはないですが、あなたを保険と考えて、他の方とデートしていることもあり得るのです。

そのため、あなたが相手に対して一途に待ち続けたにも関わらず、「本命と付き合うことに成功したのでサヨウナラ」といったことも可能性として存在。

そんな状況にならないためにも、あなた自身が他の相手を見つけておくことも必要です。

あくまで、交際には発展していない、言わば「お友達」の状況なので、相手に遠慮することもありません。

婚活では、一途にならなくてもいいのです

【参考記事】同時進行は婚活においては当たり前ですが、注意点も存在!▽

婚活で同時進行はあり?なし?サイト・アプリ・結婚パーティー・婚活相談所で複数の相手と交際するときの注意点

自分が婚活で告白を保留をした場合

自分が婚活で告白を保留をした場合
婚活をしていると、あなたが「保留」にしたいと決断を急ぎたくない時も存在します。

しかし、「保留」される側にとっては

  • どうして保留なんだろう?
  • 何か気に触ることしたかな?

など、気がきでない期間を過ごすことになります。

そこでここからは、あなたが相手に「保留」を出す上で意識することについて解説!

長く保留しない

長く保留しない
保留期間を設定せずに、長い間保留してしまうことにはデメリットがあります

婚活をしている人は「結婚したい」と考える人がほとんどなため、結婚までの流れをスムーズに進めたいと考えている方も多く存在。

そんな中で告白を保留されてしまうと、気持ちが冷めてしまうことも

保留するのであれば、結論を出すまでの期間がどれくらいなのかを伝え、相手の気持ちをつなぎとめておきましょう。

「保留」期間を終え、実際に相手と交際しようと考えたときに、「逆にお断りされた」なんて笑えないですよね。

相手を避けない

相手を避けない
勇気のある告白を保留にしてしまうとをなんだか心苦しく感じて、気まずくなり連絡をとらなくなってしまうことがあります

告白後の関係が進展しない時の空気といったら、もどかしくてイヤになりますよね。

しかし、これでは婚活の意味がありません。

保留期間中に相手のことを知ることもできなくなり、保留期間を設けている意味がなくなってしまいます

保留したからこそ、積極的に連絡を取り合うようにしてください。お互い仕事があるのであれば、平日はLINEやメールでのやり取りで良いでしょう。

たまには、電話することもおすすめ!

どうしてもダメなときは

どうしてもダメなときは
一度告白を保留にしてみたものの、いくら考えても答えが出せなかったり、交際するのが難しいと感じることもあります

そんな時は先延ばしせずに返事をしましょう。

相手側にとっても、いつまで「保留」されているのは、生きた心地がしません。

確かにお断りをするのは心苦しいものです。しかも、一度告白を保留にしたのならなおさら。

でも、先延ばしにすればするほど、お互いにとってはマイナスにしかなりません

むやみに先延ばしせず、思い切って告白をお断りすることも大切です。

まとめ

まとめ
今回は婚活をしていて告白した際に「保留」になった時の、対処法をその心理について解説してきました。

「保留」されたからといって、落ち込む必要はありません。あくまで、本気で結婚を考えているからこその保留といったケースも多く存在してます

あなたが保留期間だからこそできることを積極的に行えば、どのような結果になったとしても理想の相手を見つけることができるでしょう。

自分い必要なことを一度冷静に考えてみて、あなたのペースで婚活を進めて行くことが大切です!

【参考記事】真剣に結婚を前提にしたいと考えるそこのあなた!こんな婚活方法もおすすめ▽

結婚相談所のおすすめランキング
【2019最新】大手結婚相談所のおすすめランキング!アラサー婚活女子が全て体験した経験をもとに徹底比較