結婚相談所の掛け持ちのメリット・デメリットや注意点

結婚相談所の掛け持ちのメリット・デメリットや注意点

婚活サイトや婚活パーティーなどの婚活サービスは、複数の業者を掛け持ちして、出会いのチャンスを広げることが可能です。

短期間で成婚を目指すのであれば、むしろ積極的に掛け持ちすることをおすすめします。

一方、高額な入会金や月会費がかかる結婚相談所では、気軽に掛け持ちというわけにもいきません。

それでも「結婚相談所を掛け持ちすれば、婚活が上手くいくのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。

料金がかさむという問題がある一方で、掛け持ちという選択することで成婚率は高くなるのでしょうか?

今回は結婚相談所の掛け持ちをテーマに、そのメリット・デメリットと掛け持ちをする際の注意点を考えてみたいと思います。

実際に掛け持ちしている人もいる

出会いの機会を増やすために、結婚相談所を掛け持ちして婚活する方は増えています。

たとえば会員数の多い大手の結婚相談所であるパートナーエージェントやゼクシィ縁結びカウンターなどを利用しながら、個人経営の結婚相談所も同時に登録しているケース。

あるいは、結婚相談所と婚活サイトなどのネット婚活を併用しているケースです。

大手と小規模の結婚相談所であれば、会員データを共有していないこともあり、さまざまな年齢、年収、職業といったタイプの違う異性と出会うことができます。

「仲人型」と「データマッチング型」というシステムの異なる結婚相談所を掛け持ちすることで、それぞれ異なる婚活方法が試せるというメリットもあります。

結婚相談所の掛け持ちのメリット

複数の結婚相談所を掛け持ちすることで得られるメリットをまとめてみました。

出会いのチャンスが増える

複数の結婚相談所を掛け持ちすることによって、探せる異性の数、紹介されるお見合い相手の数が増えるので出会いのチャンスも広がります。

結婚相談所は「女性余り・男性不足」と言われています。

女性はとくに掛け持ちすることで条件の良い男性に出会える確率が高まります。

短期間での成婚が望める

出会いのチャンスが増えるということは、その分お見合いや交際の機会が増え、成婚率も高まります。

複数の結婚相談所でしっかりと活動すれば、3ヶ月から半年という短い婚活期間での成婚も可能になるでしょう。

婚活に関するさまざまなアドバイスが受けられる

結婚相談所で婚活スタートする際は、活動プランを設計することになります。

複数の相談所に登録すれば、その分さまざまな角度から専門家によるアドバイスを受けることができます。

ひいては、多くの価値観を受け入れることにつながり、自身の人間的な成長が見込めます。

結婚相談所の掛け持ちのデメリット

複数の結婚相談所を掛け持ちすることによって、デメリットも生じます。

ここからは、掛け持ちによって被るであろうデメリットも見てみましょう。

登録した結婚相談所の数だけお金がかかる

結婚相談所は新規登録時に100,000円近い入会金や初期費用、毎月10,000円前後の月会費がかかります。

複数の相談所に登録するということは、それだけ費用がかさむことになります。

結果が出なければ婚活費用を浪費して終わるだけになるので、「必ず結婚する!」という相当の覚悟を持って婚活に臨む必要があります。

婚活に使う時間が増える

複数の結婚相談所を掛け持ちして、お見合いやデートの機会を増やすということは、それだけ時間も使うことになります。

平日仕事がある人は休日のスケジュールのほぼすべてを婚活に充てることになり、他のことは一切できなくなる可能性もあります。

複数のお相手と交際を同時進行させることで、ダブルブッキングなどのトラブルも起こりやすくなるので要注意です。

婚活の方針がブレる

結婚相談所が複数あるということは、その分婚活をサポートする仲人や婚活アドバイザーも複数いるということです。

複数の担当者の間で婚活の方針がブレて、婚活が立ち行かなくなるといったデメリットがあることにも注意しましょう。

結婚相談所のサービス内容や理念、担当者の考え方などさまざまな要員がもとで、いただく意見やアドバイスが食い違うということも考えられます。

掛け持ちするときの注意点

結婚相談所の掛け持ちのメリット・デメリットを踏まえた上で、掛け持ちをすると決めた場合の注意点について考えてみましょう。

掛け持ちする結婚相談所が加盟する連盟が異なるかを確認する

多くの結婚相談所は連盟に加盟し、そのなかで会員情報の共有やカウンセラーの教育を行っています。

そのため、同じ連盟に加盟する結婚相談所を掛け持ちしても、紹介される会員もサポートの方針も同じになってしまい、ほとんど意味を成しません。

掛け持ちするのであれば、それぞれ異なる連盟に加盟してる結婚相談所を選びましょう。

主な結婚相談所連盟・団体は以下のとおりです。

掛け持ちしたから成婚できるわけではない

複数の結婚相談所を掛け持ちすることによるメリットを紹介しましたが、これらメリットはすべて一箇所の結婚相談所でもできることばかりです。

自身が積極的に結婚につながる行動をしたり、効率的な婚活ができるように担当者と連携することで、出会いのチャンスを増やすことも、短期間で成婚することも可能性は高くなります。

わざわざ活動にかかる費用を増やしてまで相談所を掛け持ちするよりは、現在所属している相談所での活動を改善することで、成婚率は劇的にアップすることがほとんどです。

次からは、掛け持ちを検討する際に考えるべきことについて考えていきましょう。

婚活疲れ

株式会社マクロミルが「過去に婚活をしていたが、今はやっていない人」にアンケートを実施したところによると、「婚活を辞めた理由は?」という質問に対し最も多かった回答が「なかなか相手が見つからず疲れたから」の59%でした。

過去に婚活をしていたが、今はやっていない人

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000248.000000624.html

「出会いが見つからない」という理由で結婚相談所を掛け持ちしたとして、必ずしも出会いのチャンスが高まるとは限りません。

アンケートの回答にあるように、婚活疲れを引き起こすおそれもあります。

婚活疲れ対処法としては、いったん婚活を休むことが挙げられます。

年齢のことなどを考えると焦る気持ちも十分に理解できますが、気持ちをリフレッシュしないと婚活も上手くいきません。

掛け持ちをする前に考えるべきこと

掛け持ちをする前に考えるべきこととして、次のようなことが挙げられます。

自身の活動と照らし合わせて、改善できるかどうか考えてみましょう。

婚活が上手くいっていない原因を追究する

まず最初に考えるべきことは、婚活が上手くいっていない原因です。

掛け持ちをするということは、現在の活動に不満があるということ。何が不味いのか、どこを改善すればよいかを徹底的に考え、問題を洗い出しましょう。

そのためにも、担当者に活動の現状を報告して、アドバイスを素直に聞き入れる姿勢が大切です。

出会いの数が少ないと感じているのであれば、結婚相手に求める条件をゆるくしてみたり、結婚相談所が主催する婚活パーティーに参加するなどして改善を試みることができます。

もし担当者とウマが合っていない状況であれば、担当者を変更してもらうことで改善する場合もあります。

いずれにせよ、掛け持ちする前に現状をしっかりと把握して、より効率的な改善策を講じることが大切です。

原因が掛け持ちで解消するか判断

結婚相談所を掛け持ちすることで解消できることと言えば、出会いのチャンスが広がることと、異なる相談所の担当者によって、新たな婚活プランが設計できることです。

現在の婚活が上手く行かない状況を打破する最善の方法が、結婚相談所の掛け持ちであればすぐに実行に移しましょう。

ただし、たいていの問題は先ほど触れたように、いま在籍している結婚相談所内で解決できることばかりです。

登録している結婚相談所が自分の性格や生活スタイルにフィットしないのであれば、掛け持ちよりも一度退会して仕切り直したほうが良い場合もあります。

自分のプロフィールを改めて見直してみる

「出会いがない=お見合い相手が見つからない」ということであれば、あなたのプロフィールに問題があるかもしれません。

年齢や年収などはすぐに変えられるものではありませんし、虚偽記載はもちろんNGですが、写真や自己PR、希望条件は改善の余地があります。

たとえばプロフィール写真をフォトスタジオで撮影したものに変えると、かなり第一印象が改善されます。

自己PRを1~2行程度しか書いていないのであれば、もっと文字数を増やして相手が自分に興味を持ってくれるような内容に書き換えてみましょう。

結婚相手に求める希望条件も厳しすぎないか・許容できないかを意識すると、出会える異性の範囲が広がります。

これらの改善策はお金をかけなくても出会いのチャンスを高めることができますので、ぜひ試してみましょう。


まとめ

今回は結婚相談所の掛け持ちをテーマに、そのメリット・デメリットと掛け持ちをする際の注意点を考えてみました。

「お金と時間をいくらかけてでも結婚したい」という気持ちは理解できますが、掛け持ちしたことで婚活成功となった実例はほとんどありません。

掛け持ちよりも、いったん婚活から離れて気持ちをリセットすることが大切な場合だってあります。

たいていの「婚活が上手くいっていない」という問題は、いま在籍している結婚相談所のなかで改善することができます。

結婚相談所には婚活のプロが入るわけですから、成婚できない焦りや悩みは1人で抱え込まずに、信頼できる仲人やアドバイザーと一緒になって解決していきましょう。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開