結婚相談所のカウンセラーと婚活を進めていくコツ

結婚相談所のカウンセラーと婚活を進めていくコツ

婚活サイトやお見合いパーティー・婚活パーティーなど、婚活ブームに乗ってさまざまな婚活サービスが注目されています。

そのなかでも、「成婚率が高い」「プロが親身になってサポートしてくれる」という理由で支持されているサービスが結婚相談所です。

結婚相談所には大きく分けて2種類あります。

一つは「仲人型」といい、婚活の専門家と二人三脚で活動をしていく昔ながらのシステムです。

結婚相談所によって仲人、ブライダルアドバイザー、カウンセラー、コンシェルジュ、婚活コーディネーターなど様々な呼び方があります。

もう一つは「データマッチング型」といい、カウンセラーのサポートは少なめですが、結婚相談所のデータマッチングシステムを使って会員を検索、自主的な婚活を進めていくことができます。

今回は結婚相談所のカウンセラーをテーマに、カウンセラーの仕事や仲人型結婚相談所の婚活を成功させるコツについてご紹介します。

入会から成婚退会までのカウンセラーの仕事

婚活カウンセラーの業務内容から、その役割について見ていきましょう。

入会・新規登録

入会が決まったら結婚相談所の方からカウンセラーを引き合わされ、ここで初めて自分の担当者がわかります。

あるいは、入会前の無料カウンセリングなどで担当したカウンセラーがそのまま入会後も引き受けるケースもあります。

入会時はカウンセラーから会員活動の概要の話があったり、結婚相手への希望をヒアリング、プロフィールなどの情報から婚活プランの設計を行います。

プロフィール用の写真がまだ無い場合はカウンセラーがその場で撮影することもあるようです。

入会時はカジュアルな服装よりも、すぐにお見合いができるような服装で来店されることをおすすめします。

入会オリエンテーション

入会後、会員はスタートアップの説明会にあたる入会オリエンテーションに参加します。

オリエンテーションでは婚活のルールやマナーについての説明、個別の目標設定などを行います。

とくに活動の進め方、ルールについては重要事項があります。

  • 交際期間は原則3ヶ月
  • お見合いが成立したらキャンセルできない
  • 仮交際は複数交際OK、本交際は1人のお相手と真剣交際となる
  • 結婚相談所が成婚と見なす行為が発覚した場合、成婚退会扱いとなる

これら活動方針や婚活のルールは結婚相談所によって異なるため、オリエンテーションの段階でしっかりと確認・把握しておく必要があります。

多くの結婚相談所では、オリエンテーションと併せて「模擬お見合い」も実施しています。

結婚相談所を利用する方の多くは、恋愛経験が少なかったり、不慣れな方が多いもの。そこでカウンセラーがサポートしながら、異性との会話の仕方やマナーなどを学びます。

相談所によってはオリエンテーションに参加した男女で模擬お見合いをするところもあり、これがきっかけで交際に発展するカップルもいるようです。

お見合い

入会してから最初の1ヶ月は、とにかく出会いの機会を増やすに尽きます。

短期間での結婚を目指すのであれば、積極的にお見合いをすることをおすすめします。

カウンセラーが常駐する仲人型の結婚相談所では、カウンセラーから担当会員に紹介書を見せて、会員が紹介相手にお見合いの申し込みをするかどうかを判断します。

男性会員・女性会員がともにお見合いOKの返事を出せば、お見合い成立となります。

結婚相談所によっては、お見合いをする会員同士で日時や場所を決めるところもあれば、カウンセラーがセッティングをすべて引き受けることもあります。

ホテルのラウンジや結婚相談所内のサロンなどがお見合い会場として選ばれます。

お見合い成立後はカウンセラーから服装や進行についてアドバイスを受け、当日に備えます。

交際成立

お見合い後、お互いに「また会いたい」となれば、交際成立となります。

交際OKの連絡はお見合いの当日、あるいは翌日に担当のカウンセラーを介して相手に伝えます。結婚相談所によっては返事の期限を1週間と定めているところもあります。

お相手とはここで初めて、メールアドレスや電話番号など個別の連絡先を交換できます。

お見合い成立後の交際を、結婚相談所では「仮交際」と呼びます。

仮交際中は複数の異性と同時進行で交際することが可能なため、二人以上の異性とお見合い・交際する会員も少なくありません。

この場合、カウンセラーは会員にできるだけ早い時期に1人に決めるようアドバイスをします。

交際から成婚まで

仮交際を通じてだれと真剣交際に進みたいかの見極めができたら、お相手と真剣交際へ進みます。

真剣交際は結婚を前提としたお付き合いとなります。

将来的に夫婦となる関係ですので、心配事や懸念点など直接お相手に聞きにくいことも、カウンセラーを通じて確認していきましょう。

お互いの気持ちが結婚へ向けて固まったら、いよいよ成婚間近です。カウンセラーはご両親への挨拶プロポーズプランの演出について、2人を素敵な結婚へと導くアドバイスをします。

成婚退会時に支払う成婚料は、いわばカウンセラーへのお礼金です。

結婚相談所によっては100,000円を超える高額な成婚料が設定されているとこもありますが、しっかりと人生のパートナーを見つける手助けをしてくれた人へのお礼と考えば、決して「高すぎる」ということはないでしょう。

休会する際には

「お付き合いが始まったので、新しい紹介はストップしてほしい」というケースや、「仕事が忙しくなった」「婚活疲れで少し休みたい」となったケースには、休会という選択肢もあります。

結婚相談所によっては休会扱いになった会員はカウンセラーの婚活サポートを受けられないところもあります。

良心的な相談所であれば、限定的ながらカウンセラーが休会中も婚活サポートを継続してくれ場合もあります。

カウンセラーとの相性が一番大事な理由

結婚相談所の婚活を成功させるコツは、相性がいいカウンセラーと組むことです。

優れたアドバイスや婚活ノウハウを提供してくれる婚活の専門家でも、担当する会員によって相性の良し悪しがあります。

おせっかいなくらいに世話を焼いてくれるカウンセラーが良いという人もいれば、一定の距離を置いて必要なときだけ対応してほしいという人もいます。

自分を担当するカウンセラーとは、入会前のオリエンテーションなどで話す機会があるので、ここでしっかり相性を見極めるようにしましょう。

カウンセラーにはなんでも相談する

カウンセラーの仕事は担当する会員を成婚に導くことです。

プロフィールの作成、希望条件の摺り合わせ、婚活カウンセリングからマッチング、交際中のアドバイスなど、婚活に関する幅広いサポートをしてくれます。

婚活成功の鍵は、カウンセラーを婚活の頼れるパートナーとして使い倒すことにあります。どんな小さな疑問、悩みも相談し、不安を払拭することで婚活が上手く進んでいきます。

どうしても合わないカウンセラーは替えてもらう

いざカウンセラーがついて婚活をスタートさせてみたものの、相性が合わない、自身が希望する相手を紹介してもらいえないといった問題があれば、担当を替えてもらうこともできます。

担当を替えてもらう際は、カウンセラーのスキルや相性の良し悪しをしっかりチェックしましょう。

カウンセラーの質にばらつきがある

結婚相談所によってカウンセラーのスキル、経験値などレベルがまちまちです。

単純に相談所がカウンセラーに重きを置いていないということもあれば、ベテランが不在というところもあります。

大手の結婚相談所では1人のカウンセラーが担当する会員の数が多く、きめ細やかなサポートが行き渡らないというケースもあります。

カウンセラーのサポートを重視した婚活を望むのであれば、カウンセラーの育成に力を入れている結婚相談所を選びましょう。

日本結婚相談所連盟の加盟店や日本仲人連盟などは、カウンセラーの教育や育成方針についてホームページなどで紹介しています。

カウンセラーとの上手な付き合い方

婚活は多くの人にとって人生で初めての経験で、不安や悩みはつきものです。結婚相談所で婚活を進めていく上で、カウンセラーの存在はとても重要で強い味方といえます。

ここでは、カウンセラーとの上手な付き合い方のポイントについて解説します。

多くの成婚者や成婚事例を知っている

カウンセラーは会員の結婚のサポートを通じて、多くの成婚者の事例を見ています。

それはつまり、結婚相談所に入会してから成婚できる人、できない人の違いをよく知っているということです。

実際に短期間で成婚できる人はどんな婚活をしていたのか、カウンセラーとどのように連携していたのか、を参考にすると、あなたの成婚も上手く進んでいきます。

カウンセラーの意見に耳を傾ける

実際に結婚相談所でカウンセラーをされている方に話を聞くと、短期間で成婚できる会員の特徴として「カウンセラーの話を素直に聞き、実践できる人」を挙げています。

カウンセラーは婚活の専門家であり、多くの会員を成婚に導いてきた経験と実績、それに基づくノウハウがあります。

そのアドバイスを素直に実行できる人が成婚できている、というのは当然ですね。

カウンセラーと会員の相性が良く、お互いに意思疎通がしっかりとできていれば、短期間での成婚も十分に実現可能と言えるでしょう。

カウンセラーとのコミュニケーションが大事

結婚相談所の婚活をスムーズに進めていくためには、カウンセラーとのコミュニケーションが大切です。

カウンセラーの能力が高くても、当の会員が受身の姿勢であっては婚活も上手くいきません。

また、会員が自分の考えだけで希望条件を設定したり、お見合い相手を選んだりしていても成婚は実現しないでしょう。

婚活を進めていく上での悩み、お見合いや交際の不安など、些細な事でもカウンセラーにアドバイスを仰ぎ、聞き入れることが婚活成功のカギです。

まとめ

あなたが成婚へとつながる道を走るクルマであれば、カウンセラーは正しく道先を案内するナビゲーションシステムです。

クルマが好き勝手に走っていては、いつまで経ってもゴールへはたどり着けません。ナビが運転の難しい道ばかりを示しても、目的地の到達に時間がかかるだけです。

半年から1年で成婚を実現した会員の多くは、相性の良いカウンセラーと出会っています。

もしカウンセラーと会話が噛み合わない、希望どおりの相手を紹介してくれない、押し付けがましかったり消極的だったりといった不安を感じるのであれば、ウマが合わないと判断し、担当を変えてもらうことも大切です。

カウンセラーとの相性を事前に知るためにも、入会前の無料相談やオリエンテーションを利用してしっかりと見極めることをおすすめします。

年齢別の結婚相談所

20代のおすすめな結婚相談所ランキング
30代(アラサー)のおすすめな結婚相談所ランキング
40代(アラフォー)におすすめな結婚相談所ランキング
50代におすすめな結婚相談所ランキング
中高年(シニア)におすすめな結婚相談所ランキング

結婚相談所ランキング

パートナーエージェント

2017年オリコン顧客満足度調査において、顧客満足度No.1を獲得した結婚相談所の「パートナーエージェント」。
また、成婚率No.1も獲得しています。(株式会社ネオマーケティング調べ)
支持率、満足度No.1に輝いた要因は、パートナーエージェントが提唱する「婚活設計のPDCAサイクル」にあります。
精神論でなく、豊富なデータに基づいた婚活メソッドにより、会員を成婚へと導きます。

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開