結婚相談所の費用(料金)を安く抑える方法

結婚相談所の費用(料金)を安く抑える方法

結婚相談所での婚活を検討している人は、その金額の高さに驚かれることと思います。

三菱UFJリサーチ&コンサルタントが2009年に20代~40代の男女に実施した調査によると、「結婚相談・結婚情報サービスにどのようなイメージを持っているか」との質問に対し、各世代の約4割が「サービスの内容よりも割高な料金である」と回答しています。

参考:http://www.service-js.jp/uploads/fckeditor/uid000003_201402251815517453e552.pdf

こと結婚相談所に至っては、入会時で100,000円前後の高い料金を支払う必要があります。

なるべくなら、費用を安く抑えて賢く結婚相談所を利用したいというのが本音ではないでしょうか?

今回は「結婚相談所の費用を安く抑えたい」という方必見の、費用を最大限に抑える方法について考えてみます。

なぜ結婚相談所は費用がかかるのか?

出会い系サイト・恋活サイトのように恋人との出会いを提供するサービスに比べ、人生のパートナーとの出会いを提供する婚活サービスは比較的高い料金体系となっています。

そのなかでも結婚相談所の料金は、とりわけ高額であることが知られています。

なぜ結婚相談所は他の婚活サービスに比べて格段に高いのか?

結婚相談所の料金が高いのは、もちろん高いだけの理由があります。

主な理由としては次のようなものが挙げられます。

ポイント

  • 仲人やアドバイザーのサポート力が高い
  • 婚活システムの完成度が高い
  • 会員の質、結婚へのモチベーションが高い
  • お見合いから成婚までのサービスが充実している

婚活サイトや婚活パーティーに比べ、婚活の専門家のアドバイス、手厚いサポートが受けられるのが結婚相談所の最大の強みです。

さらに仲人型の結婚相談所では、成婚退会の際に50,000~300,000円の成婚料を払うことになります。

成婚料は人生のパートナーとなる相手を紹介してくれた仲人やアドバイザーの成功報酬、お礼金と考えれば高すぎるということはありません。

安い結婚相談所は結婚できない!?

「結婚相談所に入会したいけど、費用が高くて手が出ない」という方もいらっしゃるかと思います。

一方で、費用が安くてもちゃんと成婚できる結婚相談所があれば、入会を考えたいという方もいらっしゃるでしょう。

では、「激安」「業界最安」などを売りにする費用の安い結婚相談所は、本当に安全・安心な婚活ができるのでしょか?

その実態を見ていきましょう。

結婚相談所の費用の相場

結婚相談所には大きく分けて2つ、仲人やカウンセラーの手厚いサポートを受けて婚活を進めていく「仲人型」と、相談所の会員検索システムを使って自主的に婚活を進めていく「データマッチング型」があります。

仲人型は成婚退会時に結婚相談所に支払う成婚料がかかるため、比較的費用が安く済むのがデータマッチング型です。

出会い系、恋活系のサービスは男性が高く、女性が安い(もしくは完全無料)という価格設定にしているところが多いですが、結婚相談所は男女とも同じだけの料金がかかります。

では、全国展開している会員数の多い結婚相談所の料金設定を見ていきましょう。

仲人型

IBJメンバーズ(エントリーコース)
IBJメンバーズ
初期費用 ¥165,000
月会費 ¥15,000
成婚料 ¥200,000

IBJメンバーズの詳細

パートナーエージェント(コンシェルジュコース)
パートナーエージェント
登録料 ¥30,000
初期費用 ¥95,000
月会費 ¥16,000
成婚料 ¥50,000

パートナーエージェントの詳細

データマッチング型

楽天オーネット(プレミアムプラン)
楽天オーネット
入会金 ¥30,000
活動初期費用 ¥76,000
月会費 ¥13,900
成婚料 ¥0

楽天オーネットの詳細

ツヴァイ(パーソナル・サポートプラン)
ツヴァイ
入会初期費用 ¥145,000
月会費 月会費¥9,500
成婚料 ¥0

ツヴァイの詳細

さらに、オプションとして写真撮影や個別カウンセリングなどで追加の費用を支払うところもあります。

いずれの結婚相談所も、入会金を含む初期費用だけで10万円以上はかかります。もしこれより安く5万円以下の結婚相談所であれば、少し疑ってかかった方が良いかもしれません。

安い結婚相談所は安全なのか?

結論から言うと、料金相場の半額以下の費用で入会できる結婚相談所は、詐欺やセキュリティーに問題のあるケースが多いです。

結婚相談所が本当に安全かどうかを見極めるためには、料金コースだけでなく次の項目もチェックするようにしましょう。

入会審査は実施されているか

個人経営であれ大手であれ、結婚相談所では必ず入会審査を実施しています。

なぜなら、詐欺などの不正を未然に防ぎ、会員の質を一定以上に保つためです。

入会審査には身分証明書、独身証明書、収入証明書などの各種書類を提出する必要があります。

この書類審査がない結婚相談所は、詐欺目的やサクラ会員がいる疑いがあります。

プライバシーマークを取得しているか

プライバシーマークとは、日本工業規格(JIS)に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して付与されます。

参考:https://privacymark.jp/

結婚相談所も個人情報を扱う事業者に含まれるため、プライバシーマークの取得は健全な運営をしていることのアピールになります。

各結婚相談所のホームページにてプライバシーマークの有無を確認しましょう。

連盟や団体に加盟しているか

多くの結婚相談所は何らかの連盟や団体に加入し、会員情報の共有やカウンセラーの教育を行っています。

連盟や団体の加盟店は運営ルールを遵守する必要があるため、不正や詐欺は起こりにくいと考えられます。

主な結婚相談所連盟・団体は以下のとおりです。

料金プランやサービス内容について明確な説明があるか

初期費用を安く抑えている結婚相談所でも、入会後にお見合い料やプロフィール更新料などの追加料金を請求するところもあるようです。

事前に資料請求や無料相談などで、料金プランやサービス内容について説明を受けましょう。

口コミサイトやレビューサイトの評判も参考になる場合があります。

優良結婚相談所の費用をできるだけ抑えるコツ

リスクの高い格安な結婚相談所に入会するよりも、なるべくなら優良結婚相談所の費用をできるだけ抑えて賢く利用したいものです。

ここからは、優良結婚相談所の費用をできるだけ抑えるコツについてお伝えしていきます。

割引キャンペーンを活用する

婚活市場では20代女性は市場価値が非常に高く、引く手あまたです。

多くの結婚相談所も例外では20代女性向けの割引キャンペーンを実施しており、50,000~100,000円お得に婚活をスタートできます。

他にも、他社からの乗り換え割引、シングルマザー割引などが実施されています。

短期間で成婚できる結婚相談所に入会する

婚活費用を最大限抑えるコツは、短期間で成婚することです。

多くの結婚相談所では毎月の月会費がかかるため、3ヶ月や6ヶ月の短期間で成婚退会すれば、1年間在籍した場合の半分に抑えることができます。

そのためにも、自分の性格・生活スタイルに合った結婚相談所を選び、相性の合う担当者と連携して積極的にお見合い・交際を進めていきましょう。

高い実績のある結婚相談所を選ぶ

費用は安いけれど開業したばかりという結婚相談所よりも、多少費用が高くても実績のある結婚相談所を選びましょう。

「成婚率が高い」「担当スタッフの能力が高い」「会員の成婚までの平均期間が短い」など、高い実績を誇る結婚相談所を選ぶことも費用を抑えるコツと言えます。

サポートが充実している

結婚相談所の実績と同じように、サポートが充実しているかどうかもチェックポイントです。

費用が安くてもサポート内容が不十分なら、充実した婚活ができるとは言えません。

多少費用が高くても、費用対効果の高い結婚相談所を見極めましょう。

結婚相談所の無料相談を利用することで、担当スタッフからサービス内容の詳細について説明を受けることができます。

むやみに結婚相談所主催の婚活イベントに参加しない

結婚相談所が主催する婚活パーティーや婚活セミナーなどの婚活イベントでは、参加費がかかるところがあります。

出会いの数を増やすために積極的に参加することは推奨されますが、焦って参加しても得られるものは少ないでしょう。

参加するのであれば、どんな人が参加するのか、どんなプログラムに沿って開催されるのかを把握した上で、しっかりと準備をして参加しましょう。

同じく、お見合いするごとにお見合い料が請求される結婚相談所があります。

この場合も、気乗りのしない相手かの申込みを受ける必要はありません。

しっかりと自分の条件と相手のプロフィールを照らし合わせて、交際に進んでも良いと思えるお見合い相手を選びましょう。

上手く行かないときは引くことも肝心

  • 半年以上、お見合いしても交際まで先に進まない
  • 1年以上活動しているのに成婚できない

このようなケースでさらに活動期間を延ばしても、婚活の状況が好転するとは限りません。

思い切って結婚相談所を休会したり、退会することも費用を抑える方法の一つです。

婚活が上手くいかない状況が続くと、婚活疲れで気持ちが前向きにならないもの。

無理に活動するよりも、リフレッシュして気持ちも新たに婚活を再開したほうが上手くいく場合が多いです。

最大限に安くしたいならネット婚活を利用する

結婚相談所にこだわらずに婚活をするのであれば、ネット婚活を利用するのも費用を抑える方法のひとつです。

いわゆる婚活サイトは、1ヶ月あたりの月額費用約3,000~4,000円で活動できます。

結婚相談所のような手厚いサポートは期待できませんが、パソコンやスマホを使って空いた時間に自主的に婚活ができます。

ここでは、主なネット婚活サイトをご紹介します。

ブライダルネット

ブライダルネット

日本最大級の婚活サービス企業であるIBJが運営する婚活サイトです。

2000年から婚活事業を開始した実績と自社運営の結婚相談所で培ったノウハウで、毎月約15,000人がカップル成立しています。

婚活コンシェルジュが会員一人ひとりの活動を丁寧にサポートします。

有料会員の会費

月会費コース 3,000円(税込)/月
年会費分割払いコース 2,500円(税込)/月
※一括 30,000円(税込)

ブライダルネットの詳細

ユーブライド

ユーブライド

累計利用者100万人、年間2,464人が成婚している日本最大級の婚活サイトです。

24時間365日専門のスタッフが年齢確認や個別のサポートを行っているため、初心者でも安心して婚活ができます。

スタンダートプラン有料会員

3ヶ月プラン 8,918円(2,970円/月)
6ヶ月プラン 13,920円(2,320円/月)

ユーブライドの詳細

マッチドットコム

マッチ・ドットコム

アメリカ発、世界最大級の恋愛・結婚マッチングサービスサイトです。

日本での利用者も増加傾向にあり、国内の会員だけでなく海外在住の会員も検索することができるため、国際結婚志向の方におすすめです。

基本プラン

3ヶ月コース 2793円/月
6ヶ月コース 2467円/月
12ヶ月コース 1750円/月

マッチ・ドットコムの詳細

まとめ

今回は結婚相談所の費用を安く抑えるポイントについてお伝えしてきました。

結婚相談所に入会して結婚するまでの成婚費用の相場は、およそ300,000円とも500,000円とも言われており、業界の中でかなりばらつきがあります。

結論として言えることは、格安を売りにしている結婚相談所を選ぶよりも、優良な結婚相談所で短期間に成婚を実現するほうが、結果的に費用を抑えることができるということです。

結婚相談所の費用が高いのには高いなりの理由があり、高いお金と貴重な時間を最大限に活かして婚活をすることこそ、成婚への近道と言えるでしょう。

結婚相談所を選ぶ際は、無料相談などでサービス内容や料金システムについて徹底的に説明を受け、比較検討されることをおすすめします。

年齢別の結婚相談所

結婚相談所ランキング

ゼクシィ縁結びカウンター

婚活中の人なら誰しもが憧れるであろう「ゼクシィ」の名前を冠した結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」。
ご存じリクルートグループによる運営で、知名度は抜群!会員数もどんどん増えています。
シンプルかつリーズナブルな料金体系も魅力の一つ。「結婚相談所って高いんでしょ?」というイメージを、良い意味で裏切ってくれるサービスです。

ツヴァイ

イオングループにより運営されている結婚相談所「ツヴァイ」。
全国区のイオンだけに店舗が全国にあり、サポートが受けやすい、地方での婚活に強い!という魅力もあります。
年間5,000人以上、1日当たり15人が成婚退会しているというデータもあり、実績も申し分ありません。活動スタイルに合わせて料金プランが選べるのも嬉しいポイント。

IBJメンバーズ

東証一部上場企業の株式会社IBJが運営している結婚相談所が、「IBJメンバーズ」。会員数6万人と、圧倒的なボリュームを誇ります。
また、入会審査が厳しく設定されているため、職業や年収などハイクラスな会員が多く在籍しているのも特徴の一つ。
返金保証制度を導入しており、他社と比べて返金率がかなり高く設定されています。
結婚相談所おすすめランキング
口コミからわかった結果を大公開!
結婚相談所ランキング
口コミでわかった結果を大公開